【エウレカセブン】ホランド・ノヴァクは子供な大人?成長と活躍を振り返る!

『交響詩篇 エウレカセブン』では子供時代の青春と成長がテーマです。物語の中心人物の一人、ホランドは「大人」ですが、その内に「子供」っぽさも秘めています。そんな彼が大人として成長していく様子と、活躍を紹介していく記事です!

『交響詩篇 エウレカセブン』ホランド・ノヴァクとは?


ホランド・ノヴァクは『交響詩篇 エウレカセブン』とそれに関連するメディアミックスに登場するキャラクターです。物語の要となる空賊ゲッコーステイトのリーダーで、みんなのまとめ役です。
見た目もクールで男前なのですが、メンバーからは二次成長期まっただなかと揶揄されるくらい子供っぽいところがあります。とくに目立つのが怒りっぽいところです。特に主人公のレントンには思うところもあり、八つ当たりのように怒りの矛先を向けます。
本作のテーマが成長であるように、ホランドもまた成長するキャラクターなので、この大人なのに子供っぽい設定が面白いです。はじめはずるずると色々な物を引きずっていてみっともなく見えますが、だからこそ成長し活躍する姿がよりかっこよく見えます。

『交響詩篇 エウレカセブン』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

『交響詩篇 エウレカセブン』はアニメ制作会社のボンズによって企画・制作された作品です。2005年から2006年にかけて50話が放送されました。ボンズはバンダイと共同で「Project EUREKA」を立ち上げ、同じ世界観を共有するゲームや漫画も出ています。
レントン・サーストンという名の少年がニルヴァーシュと呼ばれるLFO(本作における戦闘ロボット)に乗った少女と出会い、恋をし、ゲッコーステイトのメンバーとなって世界を救う旅に出るストーリーです。冒険の中でレントンは英雄と呼ばれた父親のことや、世界の秘密を知って行きます。
レントンたち主人公が多くの人たちと出会い、別れていくことで世界とどのように向き合うのかを決意していく成長の物語が高評価を受けました。いまなお人気の続く作品で、2017年から新たな劇場版「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が随時公開されています。

声優は藤原啓治!


ホランド役に抜擢されたのは『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役でお馴染みすぎる藤原啓治です。そのためネット上でファンたちからひろしと呼ばれることも多くあります。『エウレカセブンAO』では成長し大人になったレントンの声も担当しました。
声質は渋いおじさまといった感じで、野原ひろしのようなひょうきんな声とは反対に強くかっこいい男性キャラクターも多く演じています。また冷徹な声も非常に似合ってより、悪役をやらせてもかっこいいです・・・!

新劇場版「ハイレボリューション」のホランドは森川智之が担当


新劇場版では病気療養中の藤原啓治に代わり、森川智之がホランドの声を担当しています。森川はホランドの他にも野原ひろし役でも代役を任されました。藤原と同じく、やわらかくコミカルなおじさんの声もでき、冷徹な敵役もこなせる超ベテラン声優です!
二枚目のさわやか系を演じることが多い森川智之氏ですが、悪役やライバル役にも定評があります。『地獄先生ぬ〜べ〜』の玉藻京介『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の吉良吉影など、クールで知的でワルい役もこなせます。

ホランドの全て1:ゲッコーステイトのリーダー


ホランドはゲッコーステイトと呼ばれる空賊のリーダーです。彼らは空を自由に飛び回りながら、「Ray-Out」という雑誌を刊行し、塔州連合政府が隠蔽している事実を広めて回っています。
リーダーとしての才能は申し分なく、状況判断が的確です。物事を見る目を持っており、危機を感じたり、作戦変更してその危機を脱したりと活躍する様子は劇中で何度も観られます。カリスマ性があり、チームをまとめあげる力をもった人材です。
銃撃などの白兵戦にも長けており、チームを指揮しながら自らも戦場で戦います。LFO乗りでもあり、機体編成の先頭に立ち、仲間と連携する姿がかっこいいです。まさに戦う男という感じがします。

ホランドの全て2:レントンも憧れるトラパー乗りのスター選手

主人公のレントン・サーストンはホランドと出会う前から彼に憧れていました。ホランドが空中のトラパーを読み、サーフィンのようにボードを使って滑空するリフボーダーであるからです。彼は最年少の大会優勝記録を持っており、リフボーダーたちの憧れの的になっています。
そんなホランドに憧れるレントン少年もリフに乗る日々を過ごしており、ホランドのようなトラパー乗りを目指しています。とある事件をきっかけにゲッコーステイトと出会ったレントンは、ホランドを生で見たとき感動すらしていました。
ゲッコーステイトに参加してからもレントンはリフに乗り続け、ホランドをお手本にしたいと思っています。リフボードでもLFOでも飛ぶことの上手いホランドはそんなレントンの師匠的立場にあるのです。

ホランドの全て3:恋人タルホとケンカの日々


ホランドにはタルホという恋人がいて、大人な付き合い方をしています。お互いに尊重しあったり、敬愛しあったりと、理想(?)の恋人像です。そんなふたりがリーダーとなって引っ張って行くゲッコーステイトもなかなか良いチームとなっています。
そんな仲の良いふたりですが、喧嘩することがしょっちゅうです。それはお互いにまだ「子供」で成長しあっている段階だからという理由もあります。が、ゲッコーステイトにおいて主人公レントンとヒロイン・エウレカという特別な存在もひとつの理由です。
このエウレカという少女には特別な何かがあり、ゲッコーステイトのメンバーも彼女を特別扱いしています。レントンもメンバーにとって鍵となる存在で、彼の扱いかたもチームの課題です。そんな成長が必要なチームだからこそ、その中心にいるふたりはぶつかりあいます。

ホランドの全て4:レントンとぶつかり成長する子供な大人

第二次性徴期真っ最中の子供なんて言われることも・・・


子供な大人ホランドにとって本物の成長期で思春期まっただななかのレントンは生意気に映ります。さらにレントンのほうも思春期特有のなんでもできるという思い込みがあって、ホランドとの対立は絶えないです。
レントン加入前はエウレカとの絆もあり、自分が彼女を守る存在だと思っていたホランド。しかしエウレカがレントンのことを認めはじめ、彼女の機体ニルヴァーシュへの適性をレントンが見せ始めると、渦巻く嫉妬心にホランドは戸惑います。
さらにホランドが子供なためにレントンに手をあげてしまうこともしばしばです。恋人のタルホにそのイライラが向くこともあります。しかしそんな「子供」なホランドとレントンがお互いに認め合い、成長していく物語は熱いです!・・・ちょっとホランドが子供すぎるシーンもありますが!!

ホランドの全て5:愛用機体デビルフィッシュで戦闘では頼りになる!


『交響詩篇 エウレカセブン』といえば、LFOと呼ばれるロボットたちが繰り広げる空中戦!ゲッコーステイトはターミナスと呼ばれる連邦軍が特殊部隊用に開発した機体を使用しています。
その中でもホランドは初期型であるデビルフィッシュを愛機としています。この機体を動かすのには強い精神状態を必要としており、搭乗者は特定の薬物の使用も必須です。ピーキーなデビルフィッシュを乗りこなすだけでもホランドの凄さがわかります。
LFO乗りとしても優秀ですが、チームのリーダーとしても優秀です。戦闘になって仲間の機体を導くだけでなく、状況の冷静な判断もできるリーダーの器があります。そんなホランドはいざというとき頼りになる男でもありますね。

ホランドの全て6:ホランドとエウレカの関係は?


恋人のタルホや新メンバーのレントンといざこざの絶えないホランドですが、その中心にはエウレカがいました。彼女は世界の命運を握る鍵という存在で、エウレカの力を知ったホランドは何が何でも彼女を守り、導くと自負しているのでした。
そのためにホランドは恋人のタルホよりもエウレカを優先に行動しています。そのためにタルホはエウレカに嫉妬し、そのせいでふたりはいつも衝突するのです。そんなふたりの関係も成長していきます。
レントンはニルヴァーシュを通してエウレカと特別な関係を築いていきます。自分の場所を奪われたと思ったホランドはレントンに嫉妬心を向けました。レントンもホランドもお互いに成長すると、親子のような絆を作っていきます。

ホランドの全て7:ついに始動! ゲッコーステイトの真の目的


レントンはエウレカがコーラリアンと呼ばれる星をおおう生命体の一部であることを知らされます。コーラリアンは人間を理解するために人間の形をした自分たちのコピーを送り込み、人間たちのことを学ばさせていたのです。
ゲッコーステイトはコーラリアンが意思を持つ生命体である事実を世界に広めながら、彼らと知的対話をすることを目的としていることをレントンは知ります。しかしその事実を隠ぺいする軍と対立して、戦争行為に発展していたのです。
物語の佳境になって、驚きの事実と共に『交響詩篇 エウレカセブン』というアニメも面白くなってきます。ゲッコーステイトが大きく動き出し、それをリーダーとして率いるホランドはかっこよく、たくさんの活躍をしてくれることになります。

ホランドの全て8:軍での過去・兄の呪縛


ホランドたちゲッコーステイトは軍の特殊部隊として活躍していた過去があります。エウレカもその中にいました。彼らは軍の命令で罪のない人々まで虐殺します。そのことに疑問を抱いた彼らは、リーダーのホランドを中心に反乱を起こし、軍から追われる身となったのです。
その軍の上層部に兄デューイがいました。彼はコーラリアンを世界から消滅させようと目論みます。ホランドは兄と軍にいたときから対立しており、兄デューイは物語後半で最大の敵としてホランドの前に立ち塞がるのでした。

ホランドの全て9:子供たちに未来を託し、最後の死闘

コーラリアンとの対話を目指して動き出したゲッコーステイトですが、デューイも目的を達成させるために動きだします。そして恐ろしい蛮行に出ます。彼らはコーラリアンを刺激し、結果その余波で罪もない人々に多くの犧牲が出ることに・・・
そしてコーラリアンを人類の敵であると発表すると、世論を味方につけてコーラリアンを殲滅しようとします。そして対話と共存を望むゲッコーステイトと真っ向から対立、最後の戦いに発展しました。
戦闘は激しく、ホランドたちはコーラリアン代表のエウレカと人類代表のレントンをコーラリアンのもとへと送ろうとします。人類の未来を子供たちに託して死地に送り込みながら、自分も死地で必死に戦うホランドの姿は最高にかっこいいです・・・!

ホランドの全て10:ホランドの名言3選!

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」


『交響詩篇 エウレカセブン』に登場する一番の名言であり、多くの人間に語り継がれています。レントンの父親であり、ホランドの師であるアドロック・サーストンが残した言葉です。この名言をホランドはいつも大切にしています。

「だせーよな、俺。ホント、だせーよ…」


子供っぽいホランドは怒りにまかせた失敗も多いです。本人自身もこのことを自覚しており、それだけにかっこいい名言です。自分の弱さを認められる人間が真に輝ける人間だとおもいます。

「あいつには大人がいなかったんだ。きちんと叱ってくれる大人が」


子供っぽい大人のホランドですが、レントンに対してはいつも大人でありたいと思っています。子供っぽい嫉妬をレントンにぶつけてしまうホランドですが、父親のような存在でもあるのです。

見た目はオトナ/中身は子供なホランドの成長がかっこいい

出典:https://www.amazon.co.jp

主人公のレントンの憧れの存在として登場したホランドですが、実は内に子供っぽさを秘めた男でした。失言も多く子供っぽいダサさを見せますが、根も見た目もかっこよく、失敗と活躍を多くみせてくれるキャラクターです。
その子供っぽさを自分の弱さと認めたホランドはより強くなって目的のために進むことができるようになります。彼はリーダーとして戦士として成長し、活躍してくれるキャラクターです。