【はたらく細胞】血小板が擬人化作品界で最もかわいい3つの理由

清水茜による新感覚擬人化マンガ『はたらく細胞』のかわいい担当・血小板(たち)!見た目は幼児、仕事はオトナの凄腕建設集団!かわいくはたらく血小板の仕事に密着します!

『はたらく細胞』血小板がかわいい!

清水茜による新感覚擬人化マンガ『はたらく細胞』の癒しキャラ、それが血小板です!役目は血管の損傷の修復です。血管が破れてしまったら、一斉に集合!せっせと傷口を塞ぎ「血餅」を作ります。小さな体でも仕事っぷりはプロフェッショナル!まるで建設現場のような大掛かりな工事を、みんなで協力して完成させます。

小さな血液細胞であるがゆえに、幼児に擬人化された血小板。工事という体力が必要そうな仕事を小柄な血小板が頑張る光景が何とも言えないかわいさ・・・思わず表情が緩んでしまいます。「うんしょ、うんしょ」と一生懸命な様子に自分の仕事を放り出して手伝いたくなっちゃう!

目立った活躍は少ないけれど、体を健康に保つには血小板の存在は不可欠です。そんな縁の下の力持ち・血小板のかわいさを見逃さぬよう、「はたらく細胞」を読むときは1コマずつ丁寧に読みましょう!かわいいものはいくら集まっても可愛い!!隅から隅までお見逃しなく!!

こちらの記事もチェック!

【はたらく細胞】赤血球がかわいい!3つの魅力を紹介!

『はたらく細胞』ヒロイン?赤血球とは

新感覚擬人化マンガ『はたらく細胞』に登場するキャラクター(細胞)たちは、身体の…

『はたらく細胞』血小板がかわいい理由1 子供に擬人化!一生懸命はたらくのがかわいい!

血管の修復は、交通整備も重要な仕事!工事をする時には看板も立てるのですが「うかいじゅんろ」「つうこうどめです」と全部ひらがなで記載されているのが子供らしくてかわいらしい・・・。プロの仕事をする血小板ですが、子どもらしい要素満載です。

また、小さな身体ゆえ、些細なことでも工事が滞ってしまいます。血餅に必要なカルシウムを運搬した業者が、積み荷を降ろさず積み上げたままにしてしまったときのこと。血小板は積み荷を降ろすことができなく「とどかないー」と悪戦苦闘

梯子や踏み台を持ってきたりと奮闘するも届かず・・・積み荷の周りに集まって、背伸びをして積み荷を降ろそうとプルプル・・・。そんな姿を見たら助けずにはいられません。通りかかった赤血球と白血球により、無事積み荷を降ろすことができたのでした。

『はたらく細胞』血小板がかわいい理由2 頼れるお兄さん白血球!血小板はかわいい妹!?

出典:https://www.amazon.co.jp

血管で会うと「こんにちは!」「おつかれさまです!」と元気いっぱいの挨拶をする血小板。このかわいさには、狂戦士・白血球も面倒を見ずにはいられません。熱中症で体が熱くなった時には「ちべたいお茶」を振る舞い、ポスターを貼れないと困っていれば忙しくても手伝わずにいられない!

「ねぇ、右ってどっち?」「雑菌ぶっころすってやつやってー」と血小板達も白血球を頼りにしているようです。大勢の血小板にてんてこ舞いになりながら相手をする白血球は、まるで大家族のお兄ちゃん!

血小板を構いたいのは白血球だけではありません。赤血球も血小板の髪をみつあみにしてあげたりと妹のようにかわいがる・・・時には緊迫した環境となる体内において、血小板のかわいさは細胞たちみんなの癒し的存在なのです。

『はたらく細胞』血小板がかわいい理由3 かわいいだけじゃない!頼りになる血小板

大きな荷物に大苦戦!階段は一段ずつ慎重に・・・子どもらしく奮闘する血小板をホンワカ眺め、細胞たちは今日も体内の平和を実感していました。しかしこの平和も束の間、血管の外壁の崩壊が!どうやら体に擦り傷ができてしまった模様・・・大量の雑菌が舞い降ります

その中でもリーダー的存在だったのが「黄色ブドウ球菌」。様々な雑菌を引き連れて身体を乗っ取ろうとします。即座に白血球が駆けつけるも、体外からどんどんやってくる大量の雑菌にてが回りません。マクロファージなどの強力な免疫が到着するのはもう少し時間がかかる・・・。

「好中球(白血球)さえ始末すれば後はこっちのもの」黄色ブドウ球菌の高らかな勝利宣言が響き渡ります。しかしながら、白血球はあわてず騒がず・・・全く動じていませんでした。なぜなら、こんな時に頼りになる仕事人の存在を信じていたからです!

緊急事態も落ち着いて!指さし確認してGO!

「おつかれさまです!」菌のはびこる戦場にいつも通り元気いっぱいの笑顔で登場した血小板たち!フィブリンを血液凝固因子でつなぎ合わせて、あっという間に血栓完成!これによって、体外から菌が侵入することができなくなりました。

白血球が最後の1匹となった黄色ブドウ球菌にとどめを刺し、こうして体の平和は守られたのです。しかし、血小板の仕事はまだ終わっていません。周囲の血球をつかって、傷が治るまでの間傷を塞ぐ・・・そう、いわゆるカサブタと呼ばれる、2次血栓を作るのも血小板の仕事。

フィブリンに絡めとられ連行される赤血球や白血球・・・とらえられた血球は、傷がふさがるまでの間動くことはできません。それでも血小板たちは、容赦なく血球たちを材料としてカサブタ作成にいそしむ・・・助けを求める血球の悲痛な叫びがこだまするのでした・・・。

『はたらく細胞』血小板は小さな働き者!せっせと働くかわいさに注目!


ふとした瞬間、見切れ寸前で登場する血小板。にもかかわらず、可愛さにより圧倒的存在感を放っているのです!出血を止めるという重要な役割を持ちながらも、さりげない登場が多い血小板。

細胞たちの日常に溶け込む血小板を、コマの隅々までじっくり探して隠れ血小板を見つけましょう!漫画「はたらく細胞」は細かいところまでネタ満載。読み返すごと見つける小ネタが癖になること間違いなし!

5巻発売記に際してアニメ映像化した「はたらく細胞」。アニメ化が決定する日も近い?!かわいい血小板の活躍をアニメ映像でも楽しみたい!アニメ化を願って、これからも血小板のかわいい活躍を応援していきましょう!

こちらの記事もチェック!