【るろうに剣心】神谷薫はかわいすぎる剣術小町!魅力を紹介

主人公緋村剣心を中心に明治の剣客たちの戦いを描いた名作「るろうに剣心」。神谷活心流継承者の美少女剣士で、剣心の妻ともなるヒロイン神谷薫の魅力に迫ります。

『るろうに剣心』神谷薫とは?

幕末の伝説の剣客「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心が、明治の世で「不殺」(ころさず)を誓う流浪人としての活躍を描いた名作「るろうに剣心」。神谷薫はそのヒロインとして、江戸の剣術道場「神谷活心流道場師範代」として初回から登場し、時に剣術小町と呼ばれる美少女剣士として、時に料理などが苦手だったり酒癖が悪かったりと少々がっかりな少女として、また時には敵にさらわれるお姫様役として描かれています。

初期から流浪人である剣心が唯一別れを告げたり、鵜堂刃衛との戦いで人斬りに覚醒しそうになった剣心を踏みとどまらせたりと特別な存在であり、最終的に剣心と結婚し妻となります

神谷薫の家族



父は神谷活心流創始者の神谷越路郎で、西南戦争で死亡したことになっています。(後述しますが、実は生きていて北海道編で登場しそうです。)母に関しては一切触れられていませんが、作中では故人となっているようです。祖父も故人で登場はしませんが、剣術家で水墨画家であったようで、祖父の水墨画を売って生計を立てていたことも描かれています。

また、前述のように原作のラストで緋村剣心と結婚し、2人の子供である剣路という男の子も登場しています。

こちらの記事もチェック!

神谷薫の魅力1 かわいさと強さを兼ね備えたヒロイン

神谷薫はかなり可愛い設定で出稽古先の道場では剣術小町と言われ憧れの的となっています。明るく正義感が強く誰からも好かれる性格でもあります。弥彦や左之助にはブスと言われますが、それも親愛を込めて言われています。料理が下手で、酒癖が悪いどじっ娘として描かれている完璧なヒロインではない所もかわいいですね。

そして、かわいさだけではなく、強さも兼ね備えています。剣術の強さは女子としては強いという程度ですが、鵜堂刃衛の心の一方を剣心が人斬りに戻らないために自力で解いたり、剣心たちと数々の修羅場を乗り越えたりと心の強さも持っています。

神谷薫の魅力2 アニメ版声優は女優として活躍する藤谷美紀

神谷薫の声優を務めるのは、第1回「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、14歳で芸能界デビューした女優の藤谷美紀です。代表作は三田村邦彦とのダブル主演の京都祇園入り婿刑事事件簿や藤谷主演の山村美紗サスペンス狩矢父娘シリーズなどのサスペンスドラマです。

声優としての役は他にはストリートファイターII MOVIEの春麗役のみです。剣心役も宝塚歌劇団出身の涼風真世が務めたということもあり、メインの2人が声優ではなく女優であることもアニメ化当時話題となりました。ちなみにアニメに先駆けて制作されたオーディオブックでは、アニメでは巻町操役の声優櫻井智が神谷薫役を務めています。(剣心は緒方恵美です。)

神谷薫の魅力3 死因は梅毒?アニメ版の最期とは



OVA星霜編では、剣心の最後が描かれています。死因は当時不治の感染症であった梅毒で、薫も剣心から感染するというショッキングな最期となっております。梅毒は江戸時代の感染率は50%にも及ぶと言われ、20世紀にペニシリンが発見されるまで確実な治療法がない病気でした。感染経路は剣心のことなので、感染者を助けた時に傷口などからうつったのではないかと推測する意見もあります。

星霜編自体は高評価の声も聴きますが、2人の死因については反対の声が多いような気がします。しかしこの星霜編は、あくまで原作者和月伸宏は製作に関わっておらず、るろうに剣心のパラレルワールドと言われていますので、今後剣心と薫の往年が描かれる可能性もありますので、その時は違った死因になるかもしれないですね。

神谷薫の魅力4 神谷活心流師範としての実力は?



登場時は神谷活心流師範代で後に師範となる神谷薫ですが、たびたび戦闘シーンも描かれています。登場時は剣術小町として見た目だけでなく実力も備えているようですが、あくまで一般人相手には強いというくらいの強さでした。初期のやられ役比留間伍兵衛には刃が立たず、剣心にも実力が数段違うことを指摘されています。

しかし、度重なる実戦を目の当たりにしたことや、弥彦への稽古を通じて弥彦の成長に伴い実力を高めていったと思われます。結果、十本刀の大鎌の鎌足に竹刀で勝利するなど、剣心たちのハイレベルな戦闘には及びませんが、神谷活心流の使い手としての活躍も見せます。

神谷薫の魅力5 人誅編では縁の手で死亡!?

作中で神谷薫は一度死亡したことになります。人誅編で雪代縁が剣心への復讐として薫を殺し剣心を絶望の淵へと落とします。しかし、薫の死体は外印によって人誅計画完成のために薫に似せて作られた屍人形でありました。

単行本の中で作者和月伸宏は、本当に薫を死んだことにするか迷ったという発言をしており、もしかしたら薫が死に剣心がさらに罪の意識にさいなまれるバッドエンドもあったのかもしれません。

神谷薫の魅力6 武井咲演じる実写版での魅力

実写映画版で神谷薫役は、イオンのCMなどでお馴染みの女優武井咲が務めました。剣心を警察に迎えに行くシーンや、原作での名場面でもある鵜堂刃衛の心の一方を解くシーンなど、漫画では伝わりにくい薫のかわいさや強さを上手に演じていたと思います。

しかし、EXILEのボーカルTAKAHIROとの入籍が発表され、2018年撮影予定の実写映画第3作の薫役は降板のようで、代わりを務めるのは誰になるのか注目されます。

北海道編での活躍予想と父越路郎について

2017年9月よりジャンプスクエアで待望の北海道編の連載が始まりました。なんと今まで死亡扱いだった父越路郎が北海道で生きている可能性が出てきて、薫は剣心たちと北海道に向かうことになります。

父越路郎が登場するかもしれないということで、当然娘の薫の出番も多々出てくると予想できます。父親を探して剣心と北海道を奔走、そして感動の対面になるのか、今後の展開が楽しみです。

神谷越路郎とは!?

神谷越路郎は、神谷薫の父で神谷活心流創設者。西南戦争に従軍し戦死したと言われていた人物で中越流前川道場の道場主前川宮内の親友でもあります。また、原作のパイロット版である読み切りでは剣心の志士時代の戦友であったり、銀幕草紙変では斎藤一と西南戦争の戦友であったという設定が出てきたりします。

まだその実力は不明な点が多いですが、薫がそれほど強くはなかったと言っている反面、パイロット版では剣心に剣の腕は日本で一番強いと賞賛されたり銀幕草紙変では激戦の中でも常に峰打ちで相手を殺さないように心掛けていたりと、普段は実力を隠し実は相当な腕前なのではないかとも予想されます。今後の北海道編での登場が待ち遠しいですね。

今こそ再び「るろうに剣心」にハマれ!

連載終了後も名作として実写映画化もヒットし、3作目も制作予定。そして何より北海道編の連載が開始した今こそ再び「るろうに剣心」ブームが本格化の気配があります

登場が予想される瀬田宗次郎や不二などの旧キャラの成長とその活躍も楽しみですし、新たに登場し始めた敵になるであろう剣客集団、そして登場が予想される神谷越路郎や元新撰組永倉新八など楽しみが盛りだくさんです。作者の逮捕で休載というトラブルも出てきましたが、是非打ち切りにならないようファンとしては祈るばかりです。

こちらの記事もチェック!