【マイティ・ソー】ロキがかわいい!ヴィランを超えた魅力の秘密とは!

映画マイティー・ソーの主人公ソーの宿敵であるロキの人気が高まってきています。巷ではロキが可愛いと評判らしいのです。今回はロキの魅力についてたっぷりと特集致します!

『マイティ・ソー』ライバル・ロキとは? 

ロキはマーベルコミックに登場するスーパーヒーローチーム、アベンジャーズに登場するキャラクターです。実写映画マイティ・ソー、マイティ・ソー・ダークワールド、及びアベンジャーズシリーズではトム・ヒドルストンが演じました。
アスガードの支配を企む男性であるロキはマイティ・ソーの義弟であり宿敵でもあります。マイティ・ソーは北欧神話の神を登場人物に準えていますが、ロキは北欧神話の悪知恵に長けた悪戯好きのロキから由来しています。
マイティ・ソーのお話の中でロキはアスガードのオーディン王がローフェイ王を倒した後に要塞の中で発見して、拾われ育てられた子供だったのです。そに事実はソーが地球に追放された時にオーディン王から知らされることとなります。

ロキの魅力1:ロキを演じる役者はトム・ヒドルストン


マイティ・ソーやアベンジャーズでロキを演じるのは、イギリス出身のトム・ヒドルストンです。トムは1981年2月9日生まれで、トムの父親はスコットランド出身の科学者なのです。
トムの母親はイングランド・サフォーク出身の舞台マネージャーで母方高祖父は準男爵なので貴族の家系につながるのだそうです。ただし直系ではないのでトムは貴族ではないそうです。
とてもハンサムな顔立ちのトムですが、勉学も優秀で名門のパブリックスクールのイートン校出身、その後ケンブリッジ大学へ進学し最優等生で卒業し2005年に王立演劇学校を卒業しました。

ロキの吹替え声優さんに注目!


マイティ・ソーやアベンジャーズに登場するキャラクターの中で敵キャラながら人気が急上昇しているロキ日本語吹き替え版の声優さんを紹介していこうと思います。
ロキの声を担当しているのは平川大輔さんで平川さんは1973年6月4日生まれの新潟県出身の声優兼歌手です。平川さんは甘い声を発する声優さんとして名があります。
スイートマスクのロキにスイートヴォイスの平川さんということでバッチリはまっている感じがします。昔は保育士になりたかったという平川さんはある日突然声優になる決心をしたそうです。

ロキの魅力2:トム・ヒドルストンの性格と役柄についての面白エピソード?


先述でロキを演じるトム・ヒドルストンを紹介しましたが、更にトムがどのようなお方なのか興味ありませんか?特にマイティ・ソーファン、ロキファンの女性の方は特に気になる所ではないでしょうか。
トム・ヒドルストンの性格は優しく、またファンへのサービス精神も旺盛と言われています。サイン会の時にトムのファンの一人が誕生日だったことを知ると、その場で即興でバースデーソングを歌ってお祝いしてくれたそうです。
マイティ・ソー/ダークワールドのプレミア試写会にサプライズで現れファンと写真を撮ったり、ある時はレッドカーペットで寒中の取材中、薄着の女性レポーターにさりげなく自分の上着をかけるなどとても紳士なお方なのです。

ロキを演じることとなったエピソード

噂によればトム・ヒドルストンは時期007のジェームズ・ボンドの役をやるのではないかと候補に挙がっているらしいのですが、トムがマイティ・ソーのロキを演じるきっかけとなったのは監督のケネス・プラナーが関係しているようです。
マイティ・ソーの監督であるケネスはトムに出演の打診をしていたのだそうです。そしてマイティ・ソーのオーディションを受けることになったトムなのですが当初はソー役でオーディションを受けていたそうです。
ソーを演じるために1ヶ月以上にも渡る厳しいトレーニングと10kgの増量に成功するなどしたトムでしたが最終的に制作側の考えでロキの役を演じることになったのです。

ロキの魅力3:ロキのパワーと能力に迫る

それではロキのパワーと能力について説明していきます。ロキはフロスト・ジャイアントの末裔として語られています。ソーとは違う能力の持ち主で、様々な訓練を積んだロキは魔法を得意としています。
ロキの得意な魔法能力は異次元空間への瞬間移動や、催眠術飛行能力もあります。他には超人的な能力を生物や無生物に与える力や自分自身の体力を一時的に増加させる力も持っています。
ロキの魔法能力はアスガルドで最も腕が立つベテラン魔女カーニラのものと等しいとされています。また、ロキは変身能力も持っていて自分の姿を動物や時にはソーに変身したりもします。

ロキの魅力4:ロキはヴィランだけどかっこいい?

出典:https://www.amazon.co.jp

スーパーヴィランとはアメコミにおける悪役を示す言葉です。悪役の中でも特に強いパワーを秘めた超存在であります。ロキはその一定の基準を超えた驚異的な悪役として描かれています。名作には名悪役有りと言った言葉が似合うロキです。
主なスーパーヴィランはスパイダーマンのベノムバットマンのジョーカーX-MENのマグニートなどが代表されます。ロキもまたスーパーヴィランの内の一人なのですが、悪役の中でもかなりの人気を誇ります。
しかもロキの場合は、キャラクター人気と同時に演じているトム・ヒドルストン自身にも人気があるのです。特に女性からの人気が高いと噂されているトムの人気は今後も上昇していくと考えられます。

悲壮感漂うロキ

ロキはヴィランということですが、第1作目のマイティ・ソーの中で非常に悲壮感漂う雰囲気を醸し出していたような気がします。幼き頃から共に育った兄弟。血は違えど寝食を共に過ごした兄弟。
将来はどちらかがオーディンの後継となってアスガルドの王位を継承しなければなりません。オーディン王はロキがラウフェィの子だということを知っていますので、どうしてもソーに対しての気持ちの方が強くなるような気がします。
幼心のロキはオーディン王の気持ちや空気を感じ取って生きていたのでしょう。ソーに対してヤキモチを焼くといったことは日常茶飯事だったのではないでしょうか。その気持ちがロキの悪の心を増幅させたのかもしれません。

ロキの魅力5:ロキがかわいいと話題に?

そうなんです大見出しの通り、ロキの人気が急上昇しています。前述でも述べていますようにロキを演じているのはトム・ヒドルストンです。トムの人気が上がってきているのと同時に、ロキの人気も上がってきているのです。
そして巷ではロキが可愛いと評判になっているようです。トムは今後も活躍が期待している役者さんです。もし本当に007のジェームズ・ボンドの役を演じることになるのならば、その名はさらに世界的に広がるでしょう。
ファンサービスも旺盛なトムはきっと日本人女性にも受ける性格の持ち主なのでしょう。気さくで笑顔が素敵なロキことトム・ヒドルストンは可愛いくてカッコ良い紳士的な役者さんなのです。

ロキの魅力6:名言で知るロキの魅力!

友よ何事だ?

マイティ・ソーのロキの魅力などが少しずつ分かってきたところで、ロキが作中で言った台詞をいくつかまとめてみました。まず一つ目は「友よ何事だ」です。このセリフは英語だとMy Friendsでしたが、日本語字幕では「友よ何事だ」と訳されています。
レディ・シフと三銃士達は地球に追放されたソーの追放を取り消してもらうようにオーディン王のところへ行きましたが、王の玉座に座っていたのは、ロキだったのです。シフ等を見たロキが一言、「友よ何事だ」と言ったのです。
シフ等がオーディン王の居場所を尋ねるとロキはオーディン王は目覚めないかもしれない眠りについたことを説明、取り急ぎの用事であれば、王になった自分に言うようにとシフ等に言い聞かせたのです。

この国へようこそ

@twhiddleston #loki #tomhiddleston #thor #thorragnarok

Lokiさん(@lokiismyking)がシェアした投稿 –

ロキは自分がラウフェィの息子であることを知った後、ヨトゥンヘイムに向かいラウフェィに会います。そこでロキは無防備に眠っているオーディン王の殺害をラウフェィに依頼します。報酬は古代の冬の箱です。
オーディンの部屋にあなたを迎え入れると約束をしたロキに、ラウフェィはなぜ自分で王を始末しないのだと問うと、王を殺し王位を継承するなど、優しいアスガルドの民も許すまいと言いました。
虹の橋の監視者ヘイムダルにビフレスト(地球とアスガルドの架け橋)の封鎖を命じ、地球にデストロイヤーを送ったロキ、その後ソーが復活しデストロイヤーを倒しますが、アスガルドにはラウフェイが到着します。その際にロキが言った一言が「この国へようこそ」です。

立派な息子だと認めてもらうためだ

「立派な息子だと認めてもらうためだ」ロキはどうしても王の座につきたかったのです。幼き頃からオーディン王に、ソーと何かと比較されていたのでしょう。ロキはソーに対してかなりの嫉妬心があったのだと考えることができます。
ロキはオーディン王を殺そうとするラウフェイを殺します。形の上で王を暗殺しようとしたラウフェィを倒したロキは英雄となります。ロキという男は本当に悪知恵が得意な男です。ラウフェィもこんな形でロキが裏切るとは思っていなかったでしょう。
しかしそんなロキの思惑を阻止しようとする、ソーはロキに問います。何故巨人達を大勢殺したのかと。その時に答えたセリフが、「立派な息子だと認めてもらうためだ」なのです。ロキはソーよりも自分の方が王に相応しいと認めてもらいたかったのです。

ロキの魅力7:ロキ好きは「ダークワールド」が必見!

#loki #marvel #madametussauds #amsterdam

Dan Farmerさん(@danielpfarmer)がシェアした投稿 –

マイティ・ソー/ダークワールドはスーパーヒーロー集団アベンジャーズがロキ率いるチタウリと激戦を繰り広げてから1年後の世界のお話です。映画で公開されたのは2013年です。監督はアラン・テイラーが務めました。
気になる裏の主人公ロキはと言いますとアスガルドの地下牢に閉じ込められています。ネタバレになってしまうのであまり多くは述べませんが、ダークワールドでのロキはどうやらソーと協力して戦うシーンがあるのです。
それを聞いただけでもロキファンの皆さんはドキドキ・ワクワクしませんか!?絶対必見ですよね。筆者も執筆しながらドキドキします。でもロキのソーに対する悪戯は続く様ですが。見逃せません。
こちらの記事もオススメ!

敵か味方か・・・ロキはヴィランを超えた存在

うここまでくるとロキはヴィランを超えた存在って感じですね。マイティ・ソーもアベンジャーズもロキが出てこないと始まりませんし、やっぱりロキって弟キャラなんだなって気がします。
本当はお兄ちゃん大好きなんじゃないでしょうか。男性目線から見てそんなところは少しばかり可愛いかもしれません。だからお兄ちゃんのソーにそんなに悪戯しないであげてぇ、なんてね。
まぁそれでは物語が成立しませんけどね。今回はロキを特集しましたが、やはり名作には名悪役ありってことでしょうかね。今後もロキのそしてトム・ヒドルストンの活躍に期待したいです。
こちらの記事もオススメ!