【地獄少女】骨女はコスプレの似合う妖艶な美女妖怪!その過去や正体とは?

人気アニメシリーズ「地獄少女」は、みなさんご覧になったことがありますか?主人公の「閻魔あい」も可愛いのですが、主要キャラクターである「骨女」が、とっても可愛くて、しかも妖艶な美女なのです。この地獄少女の骨女のコスプレ姿や正体など、その魅力をたっぷりとご紹介していきます!

『地獄少女』の骨女とは?

美少女「閻魔あい」がこの怨み、地獄へ流します


「地獄少女」とは簡単に説明すると悪人を地獄に流すというお話です。
現世において怨みを抱えている人間が、深夜零時にのみアクセスできる「地獄通信」というサイトにアクセスし、その怨みの対象人物の名前を入力することで、地獄少女である「閻魔あい」と接触することができます。そしてその際に手渡された藁人形の糸を解くことで契約が成立して、怨まれている相手は「地獄流し」によって地獄へと流されるのです。


そして「骨女」とは、閻魔あいに付き従う使い魔的存在の三人の内の一人。ちなみにこの3人の使い魔を「三藁(さんわら)」と言います。この骨女がとにかく美しく、その魅力は男子のみならずコスプレイヤーの女子なども巻き込んで多くのファン獲得しているんです。
ということで、この骨女の様々なコスプレ姿や正体、恋話などなど、骨女の魅力を丸ごとご紹介していきます!

骨女の魅力1:妖艶でかわいいコスプレ姿

骨女のセクシー過ぎる着物姿七変化


まずは骨女のデフォルトの状態である着物姿から。こちらは第一期の着物姿です。花魁風の前結びと肩出し。シンプルながらも美しいですね。


そして第二期となる「二籠」での骨女の衣装。薄く淡い青地に牡丹の花が咲いています。骨女というと「牡丹燈籠」にもつながりますから、牡丹デザインなのではないでしょうか。


第三期の「三鼎」での骨女。カンザシが派手になった分でしょうか。帯は普通に後ろで結んでいます。しかし美しい。


そして第四期の「宵伽」での着物姿。再び花魁風に前結びになっています。長羽織がまたセクシーですよね。

骨女の艶やかな胸元とうなじ


骨女と言えばこの胸元。着物を着崩した胸元がセクシーなんです。そして露出した肩やうなじがまた色っぽいんですよね。


ドレスアップした洋装も似合い過ぎです。こちらは「スナック骨」のママの時の衣装。こんな美人ママがいたら、みんな通っちゃいますよね。

今風のファッションも色っぽく着こなす骨女


今風のお洒落なファッションもばっちり着こなしています。


こちらは「きくり」(幼女風のキャラ)の母親を演じていた時の衣装。こんな色っぽいお母さんがいて良いのでしょうか!?

骨女の白衣姿に世の男性陣は釘付け


「ニ籠」の第四話で披露した骨女のナース姿。こんなナースがいたら、世のお父さんたちは退院しなくなるのでは?


同じく「ニ籠」の第六話から。今度は保健の先生です。こんな保健の先生がいたら男子生徒は保健室に行きっぱなしです。

何を着ても美しすぎる骨女


保健の先生に続いては、第三期の「三鼎」で市立賽河原第四中学校の体育教師だった時のジャージ姿。ジャージ姿ですらセクシーです。


わたしが個人的に好きなのはこのスーツ姿の骨女。「三鼎」の第12話や、PS2ゲームの「地獄少女 澪縁」で見ることができます。


最後は普段は髪をアップしている骨女の珍しいショット。髪を下ろしているのもセクシーですよね。この他にもビキニ姿やスクール水着(競技用?)姿なんかもあるので、ストーリーを見て探してみてください。

骨女の魅力2:最もかわいいセリフはコレ!

独断と偏見に基づいたおすすめの骨女のセリフ


地獄少女は、実はギャグアニメだと言われるほど、オモシロ要素もあり、特に地獄流しの際の「責め苦」は「地獄コント」と呼ばれるほど、なかなかのぶっ飛びぶりで、この時にも色々な名台詞は飛び出しますが、個人的に一番好きな骨女のセリフはコレです。


「自分でフーフーしな。」
きくりが幼稚園児の格好で串に刺さったフランク(ウィンナー)を持ち、骨女に「冷まして!」と言ったことに対する返答がコレ。きくりも可愛いですが、骨女のこの「自分でフーフーしな。」って可愛くないですか?
ちなみにその後に、きくりがフランクを冷まそうとして振り回して、串からフランクがスっぽ抜けて、てんやわんやしているんですが、それを見て骨女が疲れた表情で「きくり、何でもいいからよそへ行って遊んどくれ。」と言うのもまた可愛くて好きです。

骨女の魅力3:正体とその悲しき過去

遊郭に売られ殺された骨女の怨念


第二期「ニ籠」の21話「紙風船ふわり」は、骨女の過去に触れるストーリーとなっています。
薬問屋に奉公していた骨女は人間時代「つゆ」という名で、そこの若旦那と駆け落ちをしたのですが、実はその若旦那に騙されており、借金の肩代わりに女郎屋へ売られてしまいます。


その女郎屋で後輩の女郎を逃がそうとして段取りをつけた骨女ですが、その当の後輩から裏切りられ、その際のいざこざで刀で切られて死んでしまうのです。
そして死体は川へと流され、つゆは骨女となったのです。こうして妖怪となった骨女は閻魔あいと出会うことで三藁の一人となったのです。ちなみに奉公時代のまだ少女だった頃の骨女もとっても可愛いですよ。


ところで「骨女」とは、鳥山石燕の「今昔画図続百鬼」にも描かれている妖怪で、その名の通りに髑髏姿の女性の妖怪です。
また、ストーリー中で骨女を裏切った後輩の女郎は妖怪の「ウブメ」となって登場していました。ウブメもまた女性の妖怪で、京極夏彦先生のデビュー作「姑獲鳥の夏」では、このウブメを題材として取り上げています。

骨女の魅力4:現世での恋話回

ダメンズに入れ込むところがまたかわいい


人情家でもある骨女は、現世の人間と関わることも多いのですが、第ニ期「ニ籠」の10話「曽根アンナの濡れた休日」では、骨女の現世での恋が描かれています。
現世を歩いていた骨女を見染めたうだつが上がらない映画監督の「根来哲郎(ねごろてつろう)」が、骨女を女優としてスカウトし、「曽根アンナ」という芸名をつけます。


この根来があっちの女やこっちの女とフラフラし、稼ぎもない典型的な駄目男なんですが、その部分が母性本能をくすぐるのでしょうか、どうしても気になってしまうようで何かと世話を焼き、交友を深めていきます。まあ正確には「恋心」ではなく「姉心」みたいなものでしょうか。
しかし結局この根来は見ず知らずの男に怨まれ、地獄に流されてしまい、骨女も戸惑いを隠せない様子でした。
ちなみにこの回の序盤では、普段から無表情な閻魔あいちゃんがダジャレ(?)を言って、顔を赤らめるシーンもあって可愛いですよ。

骨女の魅力5:演じた声優と実写版キャスト

美しい骨女を演じた女性たち


最後に、美しい骨女の実写版を演じた女優さんやCV担当の声優さんをご紹介しましょう。


実写版となる「地獄少女」は日本テレビにて制作されました。そしてその際に骨女を演じたのがタレントの「杉本彩」さんです。豊満な胸やその艶やかさは正に杉本彩さんにぴったり。骨女そのものの美しさで、巷での評価も高かったですね。


骨女のCV担当の声優さんは「本田貴子」さんです。映画バイオハザートシリーズなど、ミラ・ジョボビッチの専属吹き替えも担当している声優さんです。

地獄少女は悲しくも美しく怖い物語


現在、第一期から第四期まである地獄少女は、オムニバス形式のお話なので、途中から観ても充分に楽しむことができます。ただやはり全体の流れを知るためには通して最初から観る方がおすすめです。
悪人が地獄流しを受ける勧善懲悪によるカタルシスもありますが、各話の中には、え?それくらいで地獄に流しちゃうの?なんてストーリーなどもあり、どのお話も面白いです。
そして骨女や閻魔あいの着物姿の可愛さ、美しさ、悲哀感あるストーリーと全体的に耽美で儚げな印象の作画、何よりも閻魔あいの決め台詞「いっぺん、死んでみる?」が、とにかく良いんです。
ということで地獄少女をまだ未見の方は、是非一度その世界をご自身で体験してみてください。