【十二大戦】断罪兄弟の驚愕の能力とは?仲良し戦士の全てを紹介

西尾維新のバトルロイヤル小説、【十二大戦】。12人の戦士たちが12年に1度集まり、ただ1人生き残るための壮絶な殺し合いが始まります。12人の戦士の中、今回ご紹介するのは、「辰」と「巳」の2人戦士「断罪兄弟(たつみきょうだい)」を同時に!十二支の中でも異例、2人1組で戦う双子の兄弟の魅力をたっぷりご紹介いたします。

『十二大戦』辰/巳の戦士・断罪兄弟とは

十二支の戦士たちは、互いに殺し合うということもあり、お互いに名前は知っていても親しい間柄でないのがふつうです。ですが、「辰」と「巳」の戦士だけは例外で、伝統的に2人1組で戦います。その中でも、今回の断罪兄弟は歴代の兄弟の中でもコンビネーションがナンバーワンのペアなのです。
外見は瓜二つで、唯一違うのは前髪の分け方が左右対称なことくらい。話さなければどちらがどちらか分からないほどです。兄弟仲良し?なのかどうかは微妙なところですが、軽口は叩き合うものの、兄弟喧嘩などはついぞしたことがないようです。さすが双子、というところでしょうか。
今回ビックリなのは、「十二大戦」が始まる前に、弟の「巳」の戦士が「卯」の戦士「憂城(うさぎ)」に首を切断されて殺されてしまったということです。最初から死体で紹介とか…。とはいえ、死体になっても活躍する弟です! 断罪兄弟の魅力、6段階に分けて紹介して参ります。
こちらの記事もチェック!
【十二大戦】ストーリー結末ネタバレ!十二支バトルロイヤルの結末は? | festy(フェスティー)

■12年に1度、十二支の戦士が集まり、誰か1人生き残るまで戦うバトルロイヤルが開催されます。戦いの優勝者は、どんな願いでも1つだけ叶えることができますが、戦いの行方は果たして…?という、どこかの世界の物語。戦いの結末は?戦士たちそれぞれの願いや想いは?そして優勝者は何を願うのか…?この秋アニメ化もされて話題沸騰中の【十二大戦】をネタバレ!徹底的にご紹介いたします

断罪兄弟の全て1 十二大戦でも異例!兄弟での参戦

今回の「十二大戦」は「獣石(じゅうせき)」という毒の塊を飲み込んでいることもあり、12時間という時間制限がついています。そのため、即席でチームを組んで戦う様子も幾つか見られました。が、本来戦士たちは皆敵同士。通常はチームなど組むことなく、1人きりで戦います。
そんな中、異例なのが「辰」「巳」の兄弟です。伝統的に兄弟ペアで戦うこの戦士は、それだけでも他の戦士たちより有利な状況にあるわけですね。それぞれの実力もさることながら、優勝候補の一角に据えられるのは、まず兄弟ペアである、ということが大きいでしょう。
外見だけではなく、性格も似通った2人。戦いに際して、名乗りをあげる肩書きはどちらも同じ、「遊ぶ金欲しさに殺す」。兄弟で力を合わせて、悪党から稼いだ金を慈善事業に使うといった遊びに興じていたりします。

断罪兄弟の全て2 兄は江口拓也、弟は鳥海浩輔が担当!

断罪兄弟の声を演じるのは、「辰」の戦士である兄は若手声優・江口拓也(えぐちたくや)さん。「巳」の戦士である弟は、兄役の江口さんより、声優活動が10年以上も先輩となる鳥海浩輔(とりうみこうすけ)さんが演じています。
両名とも現在大人気の声優さんで、数々のアニメ作品やゲーム、ドラマCDなど、活躍の場は多岐にわたります。声優活動の他にも、ユニットを組んでの活動など、精力的にかつお仕事を楽しまれている様子のお2人です。
どちらも女性に人気の「イケメン」キャラを演じることが多く、今回の断罪兄弟も双子という設定やビジュアル面から、女性からの人気が高いキャラクターですね。兄と弟では声でも見分けがつきますが、もう1つ見分ける方法は、兄は自分自身を「俺様」と呼んでいます。

断罪兄弟の全て3 能力・天の抑留/地の善導で戦場を支配

断罪兄弟の特徴といえば、真っ先に目につくのがおのおの背中に背負ったタンクです。ほぼ同じような作りのタンクですが、中身は正反対。兄の「逝女(ゆきおんな)」氷冷放射器、弟の「人影(ひとかげ)」火炎放射器です。
ですがこの武器の他にも、断罪兄弟にはそれぞれものすごい特殊能力があるのです!その名も「天の抑留(てんのよくりゅう)」「地の善導(ちのぜんどう)」。それぞれの「辰」と「巳」の特性が活かされた特殊能力です。
「天の抑留」は、兄「辰」の戦士の技。十二支の中でも唯一空想上の生物である「辰」は、空の高い高い場所が住処です。そこから眼下を見下ろすのが当たり前、というわけで、「辰」の戦士も自在に空を駆けることができるわけです。

代わって弟「巳」の戦士の特殊能力は「地の善導」。こちらは地面に這いつくばる蛇のように、地面に接している足の裏からの振動で、周囲の状況が把握できるというものです。この能力があれば、それこそ空の上の「辰」以外の戦士については全て正確に居場所が分かってしまいます。
残念ながら大会が始まる前から早々と死体になってしまいましたが、「卯」の戦士、憂城の能力は「死体作り(ネクロマンチスト)」。断罪兄弟、弟は憂城の「お友達」となって、ゾンビ化した後もその「地の善導」を活かして戦うのです。
ちなみに皮肉にも、この能力が断罪兄弟、弟の死のきっかけを作ってしまったともいえます。「十二大戦」開始後しばらく後に、床をぶち抜いた仕掛けですが、弟は「地の善導」によってこの仕掛けに気が付いていました。ただ、そのことを兄に伝えようとした途端、一瞬の隙をついて首が吹き飛ばされてしまったというわけです…。

断罪兄弟の全て4 断罪兄弟の本名や過去を紹介

断罪兄弟の本名は、兄「積田長幸(つみたながゆき)」弟「積田剛保(つみたたけやす)」。2人は「十二大戦」以前から常に一緒に行動し、コンビで行動することが当たり前の暮らしをしていました。仕事も一緒、悪さをするのも一緒、遊ぶのも一緒です。
断罪兄弟には戦士としての誇りというか、ポリシーというか、そういったものは一切なく、ただお金のためだけに仕事を引き受けます。そのため、弾劾裁判にかけられるなど、批判されることもしばしば。
とはいえ悪党や金持ちから奪ったお金のほとんどを慈善事業に使うというような義賊っぷりも見せています。もしかして、本当は良いやつら…?なんて勘違いしてしまいそうですが、決してそういうわけではなく、彼ら断罪兄弟は純粋に全ての行為を遊びの一環として行っているのです。

アニメ第8話では、悪徳製薬会社の人体実験により、目が見えなくなってしまった兄弟の手術費用をばらまいて救っていますが、そのすぐ後に別の依頼者からの仕事で
その病院を建物ごと燃やしています。(これによってその兄弟の兄は死亡してしまいます。)
ただ遊びのためだけに行動する断罪兄弟。考えようによっては逆にそれがポリシーともいえますね。悪行も善行も関係なく、ただ遊ぶために行動する。むしろ分かりやすいです。
ちなみに断罪兄弟、弟の生前の趣味は爬虫類の飼育でした。中々のものだったようで、彼の飼育ブログは世界中のその道のマニアたちに大人気だったとか。飼っているペットが死んでしまった場合には、自ら焼いて食べ、きちんと供養します。そのために弾劾裁判の出席をサボったりするのですがね。

断罪兄弟の全て5 仲良し(??)断罪兄弟の願いとは…?

本編のストーリー進行上では紹介されずじまいなのですが、断罪兄弟にももちろんそれぞれ「たったひとつの願い」が存在するわけです。これまで外見から肩書きから、何もかもがお揃いの仲良し断罪兄弟。ここは願い事も同じなのでしょうか?
結論からいってしまいますと、断罪兄弟、兄の願い事は「何も欲しくない」弟の願い事は「金が欲しい」。違う願い事でしたね。しかしやっぱり似ているというか、何というか…。
弟の「金が欲しい」というのは、肩書きの「遊ぶ金欲しさに殺す」と同じ意味でもありますし、そもそも自分でその金を調達できる以上、兄の願いである他には「何も欲しくない」というのも頷けます。願い事は違っても表裏一体、やっぱり仲良し兄弟ですね!

断罪兄弟の全て6 断罪兄弟それぞれの最後…ネタバレ注意!

さて、それでは「十二大戦」の本筋に関わる、断罪兄弟それぞれの最後について、ネタバレを含みつつご紹介していきます!とはいえ、弟の方は大戦開始前から殺されてしまっているんですよね。では、兄の方だけ紹介ということに??
いやいや、たとえ「卯」の「お友達」となっても、弟は「十二大戦」の最終ステージ近くまで活躍。もともと戦士としての素晴らしい資質のある彼ですから、(自らの意志でないのは残念ですが…)死体ながらに大きな働きをしてくれるのです。
「丑」と「寅」の強力タッグに対しても、その蛇のようなしつこさで果敢に挑んでいきます。(腕が引きちぎられても、その腕で両戦士を絞め殺そうとがんばります!)そんな弟ががんばってくれるなか、そのチャンスを活かすべく断罪兄弟、兄もいよいよ大戦に参加しようと決心するのですが…。(兄は大戦開始直後から、ずっと「天の抑留」によってはるか上空から地上の様子を観察していましたとさ。)

そんな兄の手の中に弟の生首がストンと落ちてきます。噛みつかれた一瞬の隙に、今度は憂城の刃物によって胴体をまっぷたつに…!こうして兄弟なかよく憂城の「お友達」となってしまいました。
その後は生前のコンビプレーよろしく、「丑」「寅」タッグを相手に兄弟そろって(死体ではありますが)戦います。「丑」の策略により、断罪兄弟、兄の「逝女」を利用されてしまい、最後には兄弟そろって氷漬けに…。
凍った身体はそれぞれ粉々になり、一緒くたになり、兄弟はこれでもう死なば諸共、というわけです。大戦前に分かれてしまったけれども、結局最後の最後は一緒。兄弟の縁は死んでも、いや、死んでからこそ強く結びついたのですね。

最後まで一緒!断罪兄弟はやっぱり仲良し。

断罪兄弟について、お互いどんな存在だったのか、お互いをどのように思っていたか、考えれば考えるほどよく分からなくなっていきそうです。実際本人たちもそうだったのかもしれませんね。2人でいることがあまりにも自然な存在、それが断罪兄弟です。
2人1組で戦うことがセオリーの断罪兄弟であるにも関わらず、今回の「十二大戦」では、戦い前から分断されてしまった兄弟。でもやっぱり、最後には一緒になって砕け散ることになったわけです。
憂城が最初に声をかけたのも、断罪兄弟2人の絆に対して知らず知らずのうちに、何か感じるところがあったのかもしれませんね。断罪兄弟の縁は特別!やっぱり仲良し兄弟です!!
こちらの記事もチェック!