【夏目友人帳】柊が可愛い4つの理由!ミステリアスなその素顔とは?

『夏目友人帳』に登場する妖の1人である柊。仮面を被った姿をしている彼女ですが、その仕草はとっても可愛くて魅力的。今回はそんな柊の魅力ついて紹介します。

『夏目友人帳』柊とは


柊は夏目友人帳に登場するキャラクターの1人です。名取さんと同じくアニメでは1期の9話に登場。ある事件を経て以来、彼の式として行動を共にするようになります。常にお面を被り素顔を隠している妖怪で、無口なことも相まってミステリアスな風貌をしています。
しかし、多くのかわいい妖たちの登場する本作。仮面で素顔を隠した彼女も、その仕草はとてもかわいく、そんな妖たちに負けず劣らずとても愛くるしくって素敵です。今回はそんなかわいい柊の魅力について紹介します。
こちらの記事もチェック!

【柊の魅力1】寡黙で不器用なやさしさがかわいい!

クールだけど実はやさしい妖


柊の魅力は何といってもその仕草! 常にお面で素顔を隠している彼女は、基本的に無口であまり感情を感じられないクールな装いですが、その実とっても優しくって気遣い上手。いつも恩人である夏目や名取さんのことを気にかけています。
ただ、不器用で言葉足らずなため、その行動の真意をくみ取って貰えないこともしばしば。特に登場間もない頃はよく、夏目に「(お守りの呪いを体に書くから)服を脱げ」という一言足りないセリフなどを放ち、逆セクハラ認定されたりしていました。

意外とユニーク


また、クールに見える彼女ですが意外とユニーク。妖は感情を読み取りにくいものが多いですが、彼女はかなり思慮深く、人間の細かな機敏も感じ取れるようです。時には夏目相手に冗談やお世辞を言ったりする様子も描かれています。
けれど、その様子は淡々としていてやっぱりちょっと不器用。対する夏目の方もあまり人好き合いが上手いとは言えず、対応はたどたどしく……。そんなやさしいけど不器用な二人のやりとりがとても魅力的です。

【柊の魅力2】演じている声優がゆきのさつきさん


そんな柊を演じる声優はゆきのさつきさん。1992年に声優デビュー。を果たした声優さんです。2000年頃に『犬夜叉』日暮かごめ役を務め、人気を爆発。『フルメタル・パニック!』千鳥かなめ役や『銀魂』志村妙役など、様々な作品で主要キャラやヒロインを演じています。
ちなみに、何回か微妙に芸名を変えている声優さんで、元々は「雪乃 五月」として活動を開始し、2003年5月に「雪野 五月」へ改名。そして、2015年5月に再び改名し、現在の「ゆきの さつき」になりました。

【柊の魅力3】その素顔は?ミステリアスな風貌が魅力的


そんなゆきのさつきさんの演じる柊のもう1つの魅力はその隠された素顔について! いつも仮面で顔を隠しているミステリアスな装いも大変魅力的なのですが、やっぱり素顔も気になりますよね。だって絶対美人さんだもん! ということでこの項では彼女の素顔に迫りたいのですが……。
――ここまで引っ張ったのに大変申し訳ありません。実は彼女の素顔は未だに完全に公開されていません。本編で垣間見えたのは初登場回の面の一部が割れた際のあの一瞬だけです。けど、見えた一部だけでも分かるくらい、とても美人さんでした! ……ということで許してください!

【柊の魅力4】名取さんとの関係について

名取さんの標的として登場


ところで、本編のある事件を経て、名取さんの式になった柊。その事件や名取さんとの関係もとても魅力的でした。ということで、ここからはそんな名取さんとの関係についておさらいしたいと思います。彼女の登場回のことなので、かなり今更ですが、まだ見たことのないからはネタバレに注意してください。
初めに紹介した通り、彼女が登場したのは1期の9話。土蔵の守護をし、蔵を争うとする人間を襲う妖怪として登場。最近、蔵に入った人間に不幸が続くとして、名取さんはこの柊を祓おうとやってきましたが……。

山の守り人をしていたところを人に捕らわれる


柊だって、好きで蔵を守っていたわけではありませんでした。彼女は元々山の守り人をしていた妖だったそうですが、不幸なことにある日人間に捕まってしまい、呪で縛られて長い間無理やり土蔵の守護をやらされていたのです。
役目を果たさないと首に掛かっている縄が締まり、自分が死んでしまう呪いをかけられてしまいます。これは命じた者が死んでからも有効で、現在まで柊は何年も何年も逃げられず、ただボーっと蔵の前で座るだけの日々を過ごします。そんな時、柊は幼いころの名取さんと偶然出会うことに……。

以降、名取さんの式として活躍


子どもの名取さんは、縄をほどこうともがいてボロボロになった柊の手へ包帯を巻いてくれました。幼いころの話なので、名取さんはそのことを覚えていません。けど、どうせ死ぬなら、と祓い屋として名取さんがやってきた時、柊は「彼の手柄になれば」と自ら祓われることを望みます。健気やなあ……。
その話を聞いた夏目の手によって、結果的にその後も生き残った柊。この事件によって、自分のことを縛っていた呪いも解け、自由になった彼女ですが、その後も彼女は名取さんに恩返しをしようと彼の式として役に立つ道を選択しています。

名取さんの行動に柊は?夏目との今後に注目


そんな律儀でやさしい柊。けれど、主である当の名取さんはかなり妖のことを憎んでいます。夏目や柊と出会ってからは、妖に対しても少しだけ対応の変わった彼ですが、きっと根本的な憎悪がなくなることはないでしょう。
そんな名取さんは夏目が妖と関わっているのを良く思っていない様子。密かに、夏目の身辺を探るよう式に命じていたりしていますが、夏目にも恩義を感じている柊はそんな名取の行動にどんな感情を持っているのか? また今後の名取さんの行動に柊はどんな反応を示すのか? ということで今後の柊からもまだまだ目が離せません。
こちらの記事もチェック!