トリコは四天王最強のグルメ細胞の持ち主!魅力を徹底紹介!

少年ジャンプでも大人気の「トリコ」の主人公、トリコについてどれくらい知っていますか?あなたの知らないトリコがまだまだいるかもしれませんよ…!今回はトリコの魅力を11個ご紹介します!

『トリコ』トリコとは?

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

「トリコ」に出てくる主人公のトリコ、大柄な迫力のあるキャラクターですが、まだまだ隠し持っている魅力があるかもしれません。あなたが気になっているトリコの謎が解けるかも…?!今回は11の魅力についてご紹介していきます。

トリコの魅力1:こう見えて小松とタメ

出典:http://www.toei-anim.co.jp

大きな体と渋い顔立ちのトリコは一緒に旅をしている小柄で童顔な小松に比べて、かなり年上に見えますよね?しかし、なんと2人は同じ年の25歳なのだそうです…!

トリコも小松も、それぞれの意味で25歳らしからぬ外見ですよね…。こんなにもキャラが違う2人ですが、同級生ということもあり気が合うのかもしれません。

しかしながら、小松は誰に対しても敬語を話しており、トリコに対しては尊敬の念を抱いていることもあり、2人が同じ年だと夢にも思わずにいる読者も多いことでしょう。

トリコの魅力2:声優は置鮎龍太郎さん

トリコの声を担当しているのは、ベテラン声優の置鮎龍太郎さんです。「おきあゆ」と読む変わった名字ですが、本名活動をされています。

この「おきあゆ」という読み方について、本来ならば「おいあい」と読むと親戚に指摘されたそうですが、お父様が結婚前に変えていたことが発覚したそうです。

そんな珍しい苗字を持っている置鮎龍太郎さんは、トリコだけでなく多くのメインキャラクターをこれまで演じています。

「地獄先生ぬ〜べ〜」の鵺野鳴介役が初主役だという置鮎さんですが、きっとあなたも一度はその声を耳にしたことがあるはずです!

トリコとギャップがありすぎる声まで!



置鮎龍太郎さんはこれまでに「SLAM DUNK」三井寿、「テニスの王子様」手塚国光、「金色のガッシュベル」高嶺清太郎、「BLEACH」朽木白哉、「ONE PIECE」カクなど誰もが名前を聞いたことがある有名な作品でメインキャラクターを担当しています。

男の子が見るような作品ばかりかと思いきや、「おねがいマイメロディ」マイメロパパをこなしてみたり、時には「ママレード・ボーイ」松浦遊で甘い声を出してみたり…。さすがベテランですね…!

トリコは大男なだけあって、低い深い声が特徴ですが、こんなにも多くの役をされているのを見てみると声優の腕の良さがよくわかりますね。

トリコの魅力3:警察犬も驚く超嗅覚!

トリコに出てくるキャラクターたちは、それぞれ飛びぬけた能力を持っているのですが、トリコにおいては人並み外れた「超嗅覚」を持っています。

その嗅覚は普通の人の1万倍以上で、警察犬をも上回るほどなのだそうです…!そのため、生物の体臭を察知することで、居場所や体調、精神状態まで正確に把握することができます。

においで体調までわかってしまうなんて、お医者さんにもなれそうですね…!そしてこの嗅覚のおかげで自分や仲間が残したにおいを逆に辿り、ジャングルや迷宮からも迷うことなく脱出できるようです。

普通の人がにおいに敏感というのはあまり嬉しくないかもしれませんが、料理人としては味付けや食材探しにも役立つ力強い味方になりそうですね!

トリコの魅力4:イカツすぎる!男らしすぎる外見

青い髪に太い眉毛、服が引きちぎれんばかりのごつい筋肉…。トリコはかなりの大男に描かれていますがプロフィールでは身長220cm、体重230kg、足のサイズ45cmと尋常ではないサイズ感になっています。

足のサイズが45㎝って、お店では買えませんね…!小松は155㎝しかないので、大人と子ども並の身長差があります。小松がものすごく小さく描かれているように思えますが、トリコが2m越えをしているなら当然ですよね…。

性格は豪快でおおらかで、外見通りの期待を裏切らない設定になっています。小さいことは気にしないカラっとした性格のため、周囲から好かれやすく、信頼も厚いようです。

トリコの魅力5:胃袋大丈夫!?食事量がゾウ並

トリコは大男だけあって、食欲も旺盛です。しかし、その量が尋常ではないために「四天王一の食いしん坊」と呼ばれており、なんと最大食事量は1日8t以上なんだそうです!8tってゾウ並ですよね…!

王食い対決では、自分よりも何倍も大きな巨大プリンを数時間で間食し、風船のようにおなかが膨らんでしまったこともあります。8tを胃袋に入れることはできるようですが、いっきに量を食べるとやはり苦しいようです。

食べる時にはしっかりと「いただきます」と手を合わせており、食材に対する感謝も忘れません。時に食材のことに夢中なあまり人の話を聞いていないこともありますが、食べる時は一人よりも大人数で美味しく食べたいと思っているようです。

トリコの魅力6:即行動の見習いたいモットー!

豪快な性格のトリコですが、その豪快さは行動力にも表れているようです。「思い立ったが吉日」という言葉を例に出し、それならその日以降は全て凶日であるとして、即行動をモットーとしています。

即行動ってなかなかできないですよね…!いろいろ考え始めて動けなくなる人が多い中で、トリコは考えながら走るということを飛び越えて、考える前に走ってしまうタイプのようです。

また、一般的に嫌われている生物や人に対しても偏見を持つことなく自分で確かめようとするため、ここも多くの人に好かれる秘密なのかもしれません。偏見を持つということも、先に考えてしまっている証拠ですもんね…!

絶対に命を無駄にしない精神

1人では絶対に食事をしないというトリコは食べることに関して特別な思いを持っています。先ほどもお話ししたように食材に対する感謝の気持ちは常に持っています。

様々な生物を捕獲しては食べるということを生業にしていますが、食べる目的以外での無意味な殺生はしません。そのため、操られた寄生昆虫に襲われた際には正当防衛のために殺してしまったので、責任をとって食べています。 

寄生虫を食べるというのは気が引けますが、トリコはそれほど食材、そして命に対して徹底しているために、人体に悪影響がないものならば迷わず口にすることをモットーとしています。

残酷なニュースなどが多い現代で、こんなにも命を大事にするヒーローがいるなんて、親としては子どもに読んでほしい漫画の一つになりますね。 

トリコの魅力7:壮大なフルコースメニューとは?

出典:http://www.toei-anim.co.jp

危険な目にあったり、未開の地に踏み入れたりと、トリコが旅を続けているのは、世界中の珍しい食材を使った「人生のフルコースメニュー」を作ることを目標としているからです。

このフルコースはオードブル(前菜)、スープ、魚料理、肉料理、メインディッシュ(主菜)、サラダ、デザート、ドリンクの8つから構成するものになっています。そして、ビジョンはそれだけにとどまらず、最終的には伝説の食材「GOD」を狙っています。

伝説と言われる「GOD」が出てくることにより、争奪戦が勃発する可能性もありますが、トリコは「GOD」を世界中の人々に分け与えて戦争を阻止すると心に決めているそうです。壮大すぎる目標、大男ほど夢は大きいのかもしれませんね…!

トリコの魅力8:旅三昧でもちゃんとリア充…!

トリコにはヒロインとなる女性のメインキャラクターがいないことで有名ですが、野郎ばかりで旅をしているトリコには恋人がいるのです…!ちゃっかり彼女いるのかー!と思った人も多いかもしれませんね。

やはり、トリコレベルの出来る男は年中旅をしていてもちゃんと待ってくれている彼女がいるようです。しかも、その彼女、リンからは逆プロポーズされるほどの愛されっぷり…!

夢も成功も愛する人も手に入れる…!これこそ男のロマンですね。ある意味トリコは現実世界の男性にとっても憧れのヒーローの象徴なのかもしれません。

トリコの魅力9:ネタバレ御免アカシアとの関係…!

出典:http://www.toei-anim.co.jp

アカシアと闘い、敵対していたトリコでしたが、実はアカシアはトリコの親にあたる存在だったのです。トリコはアカシアとフローゼの子供で、さらに死闘を繰り広げたスタージュンとは兄弟の関係にあります。

最終的にスタージュンとは協力するのですが、最終的にはアカシアを圧倒し、頂点に上りつめるのです。気付けば、家族で闘っていたということになるのですが、やはり血は争えないようですね。

最強と思われるトリコは同じ遺伝子を持つスタージュンに負けそうになり、親であるアカシアに立ち向かう…家族内でこんなにも死闘を繰り広げるなんて、トリコの親族は人類最強といっても過言ではないかもしれませんね。

トリコの魅力10:死の危機を乗り越えた友情

出典:http://www.toei-anim.co.jp

さきほどでてきたスタージュンとの戦いは、トリコによって命の危機を感じる死闘となりました。その闘いで右足と左腕を失った上に、右足をへし折られるという瀕死の重傷を負ってしまいます。

小松がなんとか蘇生包丁を一振り施したため、目を覚ました時には右足と左腕が回復しており、傷が完治していたという友情のおかげで命拾いできました。さらには、八王が感知する程の強さを手に入れていたために、禍を転じて福と為す形となりました。

しかし、自分が負傷してしまったために、小松を守れなかったことからトリコは意気消沈し、1日8t以上食べるはずの食欲も失ってしまったのです。お互いが思いあっている男の友情がよくわかるエピソードですよね。

トリコの魅力11:トリコが持っているグルメ細胞が凄すぎる!

トリコにあるグルメ細胞の悪魔というものは、遺伝子の一部の人格と説明したらわかりやすいかもしれません。数億年前に地球に打ち込まれ、増殖したグルメ細胞がついに地球の地殻を凌駕するサイズまで膨れ上がりました。

それがグルメ界に住まう強大で美味な生物を作り出したという歴史があります。 グルメ細胞の悪魔とは、そんなグルメ細胞が他の生物や物質と混交することなく単体で生物として存在しているものです。

主にトリコには赤、青、白の鬼という悪魔が棲みついており、これらの悪魔の影響によって能力が発揮されたり、食材を尊ぶ精神が生まれたり、トリコ自身を構成する細胞として生きています。しかし、これらは宿った本人そのものを食べてしまう危険性もあるのです。

しかしトリコは最終的にそれらに食われることなく、自分の中に吸収するという良い結果に落ち着いたので事なきを終えています。

トリコは無限の可能性を秘めたスーパーヒーローだった!

出典:http://lineup.toei-anim.co.jp

いかがでしたか?トリコについて読む前よりも魅力を感じる存在になったでしょうか。旅ばかりしていても、ちゃっかり彼女がいたり、1日8t以上の食事量があるなど、驚くことばかりでしたね…!

グルメ細胞という斬新な設定があるところも、作品がしっかりと作り込まれていることがわかります。最終的に、宇宙に旅に出て物語が幕を閉じていますが、続編が始まるとしたら次は舞台が宇宙になるということです。

トリコだけでなく、物語の広がりにも無限の可能性を感じますね!今後が楽しみです。こちらの記事もオススメ!