【オーバーロード】デミウルゴスが作中で最も万能なキャラである6つの理由!

丸山くがねによるライトノベル作品「オーバーロード」。魔王側が主人公として描かれる奇抜な作品として話題ですが、今回はその中から万能キャラ、デミウルゴスをご紹介します!あまりに万能すぎて裏切りの嫌疑もあるデミウルゴスさんですが・・・はたしてどんな秘密と魅力が?「デミウルゴス、皆に説明してあげなさい」

「オーバーロード」階層守護神デミウルゴスとは?



皆さん「オーバーロード」という作品をご存知でしょうか?同作は丸山くがねによるライトノベルが原作となっています。小説は2012年から現在にいたるまでKADOKAWAから出版されているのですが、アニメとしてのオーバーロードは2015年に第1期、2018年に第二期が放送されました。

その人気の高さから若い作品ではあるものの、アニメは2クールまで制作されました。もともとは小説投稿サイトの「Arcadia」にて連載されていて、その後に小説家なろうに掲載されます。現在第11巻まで発行されていて累計発行部数は300万部を記録しています。

基本的にはロールプレイングにおける魔王が主人公となったという作品で、主人公およびその部下がしばしば残虐非道な行為を行うような描写もあります。

デミウルゴスが万能すぎる!1 声優は加藤将之!



今回紹介するキャラクターはデミウルゴスというキャラクターなのですが、このキャラクターの声をアニメで担当しているのは加藤将之(かとうまさゆき)という声優です。加藤将之は1972年9月23日生まれ、東京都出身の声優で現在はマウスプロモーションから賢プロダクションに移籍しています。

加藤将之はプロフィールがかなり独特なものとなっており、大学卒業後はホームセンターで働きます。しかし、アフリカで開催されるサハラマラソンに出場するために休業し、大会終了後に本当に自分がやりたいことを見つめ最終的に声優という道を選んだそうです。

デビュー作は2002年に放送された攻殻機動隊でそれからはNARUTOや金色のガッシュベル、絶対可憐チルドレンなど数多くの有名な作品に声優として出演を果たしています。

デミウルゴスが万能すぎる!2 アインズを支える(深読みしすぎな)参謀!


デミウルゴスはモモンガが軽く口にした世界征服という言葉を信じてしまい、ナザリックの大方針を定めた張本人です。彼はナザリックの住人として主人であるアインズが自分達を凌駕する鬼謀の持ち主だと信じ込んでおり、中身凡人であるアインズは知ったかぶりをしながら常に彼らの期待に応える羽目に陥っています。

なのでアインズ本人が立てた計画をのぞき、だいたいはアインズがデミウルゴスの策を追認しているという流れに・・・。適当な発言に対して深読みをされることによってアインズ本人が置いてけぼりのままデミウルゴス達の間でどんどん話が進んでいくパターンがお決まりになっています(本作のギャグシーンでもありますね)。

「デミウルゴス、皆に説明してあげなさい」はオーバーロードの隠れた名(迷)言かもしれません!?

デミウルゴスが万能すぎる!3 作中最弱??強さやスキルの詳細は?

デミウルゴスは種族レベルが最上位悪魔(アーチデヴィル)Lv.5となっていて、かなりのツワモノに分類されるのではないでしょうか。職業レベルはカオスLv.10などです。属性は極悪でカルマ値は-500となっています。

ナザリックの第7階層を担当しており、「溶岩」の守護を任されている階層守護者です。Lv.100で同階層内の赤熱神殿に住んでいます。巧言令色を弄していて、人間を陥れ破滅に追いやることを悦びとするまさに悪魔!しかし、守護者の中では戦闘向きではなく、まさかの最弱クラス・・・。

悪魔という種族やそのインテリめいた姿に相応しくナザリック最高峰の頭脳の持ち主なので、まあ戦わなくてもいいですよね。ウェブ版では外交・内政・軍事を含んだ全ての分野において活躍。書籍版ではアルベドがその役を肩代わりしていますが、ナザリックに無くてはならない存在です。

デミウルゴスが万能すぎる!4 なんといってもかっこいい!



デミウルゴスのキャラデザインを見てもらえればわかると思いますが、デミウルゴスは悪魔属性にも関わらず小綺麗な格好をしています。書籍版では三つ揃えのスーツを着用し、黒髪をオールバックにした東洋系の顔立ちを丸メガネで彩った知的ホワイトカラーのような出で立ちをしています。

さらに銀のプレートで覆われた6本の棘付きの尻尾も生え、悪魔っぽさはしっかり出していますね・・・。ナザリック至上主義なデミウルゴスはナザリックに所属するものには優しく接してくれます。

ウェブ版では深紅の豪奢なローブを着、黒髪を刈りそろえ、赤い瞳に巨大な翼と、より悪魔らしい外見に。デミウルゴスが多くのファンを抱えるのにはやはり彼の見た目と実際の中身の違いから来るギャップが影響しているのではないでしょうか・・・。

デミウルゴスが万能すぎる!5 裏切りそうな外見…実際はどうなのか?



先ほど書籍版のデミウルゴスの外見はスーツに身を包んだ小綺麗なホワイトカラーのようと書きましたが、アニメにはよく「あ、この人裏切りそうだな」という外見のキャラクターがいますよね。デミウルゴスのような外見は意外とそのキャラクターに当てはまると思いませんか?

しかし、デミウルゴスはナザリック至上主義を掲げているため、ナザリックに関してだけは非常に忠誠心をもって支えています。ただし人間に関しては、比較的種好意的ですが「面白いおもちゃ、あるいは使える家畜(ひどい)」と見なしているにすぎず、おかげでセバス・チャンとはそりが合いません。

作中ではぼかされるか直接に描写されることこそないものの、悪魔らしく捕らえた人間達に対しおぞましい所業を行っているとか・・・デミウルゴスは有能な分、こういうところが怖いですね。

デミウルゴスが万能すぎる!6 謎の施設・デミウルゴス牧場では羊皮紙を生成!

コワすぎる「牧場」の秘密とは・・・

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

デミウルゴスは「デミウルゴス牧場」を経営し、「聖王国両脚羊アベリオンシープ」と称した「羊」から皮を剥ぎ取ってスクロール用の「羊皮紙」を生成しています。

デミウルゴスはとても楽しく牧場を経営。激務疲れをのどかな農耕作業で癒やすのかな・・・などと呑気なことを考える前に「アベリオンシープ」の特徴を確認しましょう。
「主食は小麦。ミンチ状にすれば同族の肉も食べる雑食性」「一回皮を剥いで死なれると損なので毎回治療魔法で治す」 「愚かで可愛らしい玩具」・・・。

そう、つまりデミウルゴスが経営するのは「人間牧場」!!なんて残酷なんでしょうか・・・怖気が立ちますね・・・。しかし彼は、失態を繰り返す同僚を余所に王都を舞台にした一大作戦「ゲヘナ」を立案し、八本指への報復及びナザリックへの傘下の組み入れや王国民1万人の拉致などを成功させます。まちがいなくアインズにとって必要な人材なのですが・・・。

デミウルゴスは作中で最も万能なキャラ!



今回の記事ではオーバーロードに登場する悪魔、デミウルゴスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?デミウルゴスは作中で一二を争うほどの万能キャラクターとっても過言ではないでしょう。

彼という人物について気になった方は是非原作やウェブ版をチェックして見てください!