【るろうに剣心】相楽左之助は二重の極みを使いこなす元喧嘩屋!魅力を解説

おいしいところは頂いていく?剣心と共に、様々な敵と拳をあわせてきた男、相楽左之助!彼の半生、そしてこれまでの活躍など多岐にわたりご紹介しましょう!

『るろうに剣心』相楽左之助とは?


『るろうに剣心』において必要不可欠なキャラクターの相楽左之助は、色々な意味(ネタ含む)で活躍して、そして剣心の良き相棒であり弥彦からしたら良き兄貴分!本作に登場するキャラクター達の多くは、実在した人物がモデルとなるケースが多く、左之助も例外ではありません。
名前・雰囲気から分かる方なら一発で見抜いたであろうモデルは新撰組十番隊組長の原田左之助です!2人の共通点は微妙ながらにあり「左之助」という名前以外にも血気盛んな性格…そして、『るろ剣』の左之助は物語終盤では日本を出てモンゴルへ渡り馬賊となったとあります。
そして原田左之助の場合、あくまでも「伝説」として、戊辰戦争を生き抜いた後に大陸へ渡り馬賊の頭になったというものがあり、深く考えると混乱してしまいそうですね(笑)知れば知るほど納得してしまう武勇伝を持つ左之助のモデル「原田左之助」もかっこいいです。

アニメ版の相楽左之助を演じた声優はうえだゆうじ


喧嘩っ早く粗暴な左之助は剣心達と馴れ合うようになってからは、ほんの少し丸くなったような…?そんなような気がしました。後半は「二重の極み」などを習得して、更に更にパワーアップしていく左之助を演じきったのは、うえのゆうじさん!
個人的に、うえのゆうじさんと言えば…『ハーメルンのバイオリン弾き』で主人公のハーメルン役や『ポケットモンスター』のタケシ役などを連想しますが、他にも同じくポケモンからソーナンス役、また『おじゃる丸』ではキスケなどなど…
後者2つのキャラクターと同じ方が演じているとは…想像できません!左之助と言えば、意見は別れるでしょうがやはり志々雄の十本刀の1人、明王の安慈との件はコミックでもアニメでも…特に!推すならば、うえだゆうじさんが熱演したアニメで見ていただきたいところ。

相楽左之助の魅力1:元赤報隊の少年隊員だった過去

名字の「相楽」は相楽総三からとったもの


さて、貧しいながらも東京府の長屋で暮らす左之助は元々の出自は信濃国、現在でいうと長野県です。家族構成は父・母(故人)弟・妹と極々普通な感じ、大根農家の長男として生まれた左之助は、家業を継がずに少年時代に家出。
左之助が憧れたものは、民間部隊の一種「赤報隊」でした。掲げていた目標は四民平等・年貢半減と、弱い立場の人間からしたら応援せずにはいられないもの!そして、赤報隊の隊長「相楽総三」に感化され、同じく准隊士だった月岡克浩(後の月岡津南)と共に新たな時代を築こうとしていましたが…
偽官軍の汚名を着せられ、隊長の相楽総三はさらし首に…左之助にはあまりにも辛い出来事…これが原因で明治政府を恨み荒れる結果へとつながります。左之助の名字「相楽」は、もうおわかりの通り隊長の名字からもらったもの。ちなみに左之助の本名は東谷左之助…う~ん相楽左之助の方がしっくりきますね!(笑)

相楽左之助の魅力2:喧嘩屋「斬左」としての武器は斬馬刀


喧嘩屋として暴れまわっていた時の左之助の通名は“喧嘩屋 斬左”であり「斬」ってどこからきたんだ?と、お思いの方…それは、当時左之助が使用していた武器、斬馬刀の一文字からきているのです!
名前からして超絶物騒な武器である事が分かる「斬馬刀」は馬上の人間ごとぶった斬る事を目的に、主に中国で用いられていた武器のようです。(文献によると)ひと目見たら忘れられず、思わず「それは剣と呼ぶにはあまりにも大きすぎた…」と、ドラゴン殺しを連想するほど(笑)
本来ならば、斬馬なので切れ味も期待できそうな代物ですが、左之助が用いる斬馬刀は文献に残るものとは別物の設定で、応仁の乱で使用された後400年の間、手入れされる事がなく、斬れ味は皆無…本当に鉄の塊という感じ…。


そもそも人間が使う武器じゃねえ!と、ツッコミを入れたい気持ちを抑えながら紹介を続けますと、喧嘩屋として剣心と戦った際に斬馬刀は綺麗に真っ二つに折られてしまうのです。逆刃刀VS斬馬刀で前者に勝敗が上がるのも凄いですね~。
そんなこんなで、登場する機会がなくなり…左之助が二重の極みを習得した後は、再登場は絶望的だな…と、思われていたその時!なんと「人誅編」で、無理くり修復した斬馬刀が再び日の目を見ることができました…!しかも、超大活躍します!(笑)

相楽左之助の魅力3:映画では青木崇高さんが左之助役だった

実写では、そこまでのトリ頭ではなかった左之助ですが、先述した斬馬刀を用いての剣心との戦いを見事に“実写で再現”した左之助役の青木崇高さん!左之助を演じる際には、かなり特訓されたとインタビューなどで応えておりました。
青木崇高さんの左之助ぽさがよく出ていたな~と分かる部分に、身長が高くイケメンなのに骨格がしっかりしてるところなどなど…特に身長に至っては青木崇高さんは185センチもあると公式の情報に記載されています!
ちなみに左之助の身長は179センチ…実写ではありがちな「イメージと違う」「○○はそんな小さくない」という声が出なかったのは、凄いところだと思いませんか?

相楽左之助の魅力4:左之助と高荷恵の関係は…


モテそうなのに、意外とそういった描写が少なかった…と、いうよりも全くなかったと言ってもいいくらいの左之助でしたが、彼の周りには「美人」が多いのは羨ましいところ!特に、診療所で働く高荷恵は左之助と似合っていると思いませんか?
作者の和月伸宏先生いわく「絵としては蒼紫とお似合い」「性質的には左之助とお似合い」だそう。美男美女のカップルは最高ですが、ちょっとだけ年上の彼女に引っ張られている左之助を想像すると、こちらも中々…良い!
恵は剣心の事を想っている節がありましたが…生傷が絶えない左之助の面倒を見ている内に、特別な感情がわいてもおかしくないような、そんな気がするんですけれどね~と、どちらのファンの希望的観測でした(笑)しかし、あえてカップリングしなかったのも逆に良いのかもしれません、その理由はこのように色々と考えられるので!

相楽左之助の魅力5:左之助の強さは何番目だ!


バトル漫画において、絶対的に論争に発展するのが強さ番付…!もちろん、左之助を紹介するこの記事でも、その点に切り込んでみたいと思います!…が、こういった話題になると「○○の方が▲▲なんだから強い」「○○は■■よりも強かった」とレスバに発展する可能性が見えてくるのが悩みどころですねぇ。
なので、今回はフワフワした感じで左之助の強さについて考えたいと思います!まず、登場したての頃は喧嘩屋をなりわいとしており、その頃から腕っ節にはかなりの自信と武器の斬馬刀を持った戦闘スタイルでは剣心すらも一瞬押していましたね。
この頃は、正直に言って…「頭一つ分抜けているチンピラ」程度だったんじゃないかと個人的には思います。

深く考えなければ美味しい強さポジション?


そこから、様々な敵や超えたい壁の斎藤一などを意識し始め、京都編での安慈との出会い…この時点では中の下、そして二重の極みを習得した頃には中の上くらいにはなっていたのかな~…と、思いますが…
なにせ他のキャクター達が桁外れに強い人たちばかりなので、やや一般的(?)な左之助の強さを並べるには難しく感じますね~。人誅編では、二重の極みがうまい具合に使えなかったという事もあり京都編での強さからワンランク下がってしまったようにも感じます。
しかし、体力面なども考慮して強さへ付加させてみると、若干の変動がある可能性などもあり、成長過程を見てもポテンシャルを秘めていることは間違いないでしょう。そして何気に戦う相手の事はちゃんと事前にリサーチする細かさも持ち合わせています(笑)

相楽左之助の魅力6:もはや伝説のネタ「フタエノキワミアッー」とは?

左之助と言えば二重の極み、二重の極みと言えば「フタエノキワミアッー」というネタが有名かと思います。と、言っても流行ったのは随分前…その伝説の始まりは2007年、英語版『るろうに剣心』の動画が某所に投稿され、言葉では言い表す事が難しいほどの熱量ある吹き替えは多くのファンの心を射止めました。
その中でも、左之助の二重の極み!熱い演技ゆえに、多少イメージとは異なるものでしたが色々な意味で人気になり…英語版だけではとどまらず世界のキワミアッーを検証する動画なども現れ、18ヶ国語の様々な二重の極みを見る事が出来たのが懐かしいです…。
18ヶ国に渡る吹き替えからも分かるように『るろ剣』は世界的に人気のアニメーションだったんですね~私は南米スペイン語版の二重の極み(ゴブリンバット)がツボにハマり暇があれば見ていました。

元ネタを知れば知る程楽しめる!それが『るろ剣』


左之助と言えば、OVA版ではめちゃくちゃ美男子に改変され、新たなファンを獲得したとかしないとか…確かに、線が細めのイケメンとして描かれているOVA版も非常に良い感じです。ただ、原作の暴れっぷりを思い出すと…ちょっと物足りないような気も…。
左之助まみれの記事となりましたが『るろ剣』は、様々な元ネタを知れば知った分、また1から楽しめる名作!ここで紹介しきれていない分の左之助の魅力や「こんな小ネタがあったの!」というような驚きなど、まだまだ隠れていると思いますし本作に詳しい方などは「これが入ってない!」とお怒りになるかもしれません(笑)


原作の最後では、少年時代に実家を飛び出したままの左之助でしたが…家族のピンチを聞き助ける為とはいえ政府高官を敵に回してしまいました。それがきっかけとなり国外逃亡する流れですが…スケールが最後まで大きすぎます!国外逃亡って!(笑)
そんな左之助ですが…新章と第打たれていた続編では、めちゃくちゃ強キャラ登場か!?と、思われるようなシーンで描かれワクワクさせられました!また続編を見ることがかなった時には、渋い男になったであろう成長と変貌へ期待したいですね!
こちらの記事もオススメ!