クラウドはFFを代表する主人公!誰もが忘れられない魅力を徹底解説!【ファイナルファンタジー】

不朽の名作『ファイナルファンタジー7』は伝説的なゲームで、そこに登場するクラウドもまた伝説的な主人公です。人気作には必ず人気のキャラクターが存在し、クラウドには主人公として魅力がたくさん詰まっています。

『ファイナルファンタジー』クラウドとは?


クラウド・ストライフは大人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」の伝説的ナンバリング『ファイナルファンタジーVII』に登場する主人公です。よく喋る主人公のイメージが強い「ファイナルファンタジー」シリーズですが、クラウドは無口でクールな性格をしています。
クラウドには物語の確信をつくほどの謎が含まれており、経歴やそれまでに至る経緯も複雑で一言では語り尽くせないバックグラウンドを持っているのが特徴的です。それだけに他のスピンオフ作品で多くの視点からクラウドの過去が語られてきました
基本的なプロフィールはニブルヘイム出身の21歳であることです。誕生日は8月11日。血液型はAB型で、身長は173センチメートルあります。金髪のツンツン頭に青い瞳が特徴的な美青年です。

『ファイナルファンタジーVII』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

『ファイナルファンタジーVII』は国産RPGシリーズの代表である「ファイナルファンタジー」シリーズの第7作品目です。これまでの純然なファンタジーとは異なり、SF要素も取り入れた作品になっています。
テーマに星の生命があり、その星の力によって魔法が使えるようになるのはファンタジー的です。その反面で、星のエネルギーを吸い取り、それを電力として供給する世界は科学的要素を持っています。
元ソルジャーという立場のクラウドは、星のエネルギーを吸い出し、星を蝕む神羅カンパニーと戦っていました。そこで宿敵セフィロスが生きていることを知り、やがて星の命運を握る戦いに巻き込まれていくストーリーです。

クラウドの魅力1:元ソルジャーのエリート


ゲームのプロローグで登場したとき、クラウドはなんでも屋としてアバランチと呼ばれる集団に雇われていました。彼らは神羅カンパニーが星から魔晄エネルギーを吸い出している行為は、やがて星の命を奪う行為だと考えています。
クラウドはそんなアバランチが魔晄エネルギーを吸い出す発電施設を爆破するテロ行為に加担していました。アバランチが彼を雇った理由に、元ソルジャーである肩書が理由にあります。
このソルジャーは神羅カンパニーの私設兵で、魔晄エネルギーを浴びており、超人的な身体能力を有しています。しかもクラウドはそんなソルジャーの中でも一番階級の高いクラス1stにいたというのです。RPGの主人公らしい強さを兼ね備えています。

クラウドの魅力2:冷たいけど何かと助けてくれる良いヤツ


クラウドの口癖は「興味ないね」です。両手を上にあげたポーズとこのセリフとがセットになって印象深く残っています。言葉通りに態度も冷たく、口数も少ないキャラクターです。他人に興味がないように見えます。
しかし、元ソルジャーの肩書を持っているだけあって、頼りになります。過激グループのアバランチに雇われているだけあって、どんな危険なことでもやってのけるのです。元同僚である神羅のソルジャーたちと戦う姿にも頼もしさがあります。
強さだけでなく、優しさも持ったキャラクターです。足がはまって動けなくなったメンバーを助けに戻ったり、偶然出会った花売りのエアリスを助けてあげたりと、頼りがいがあります

クラウドの魅力3:幼馴染のティファという存在


クラウドにとって、『ファイナルファンタジーVII』という作品にとって、幼馴染のティファという存在は大きいです。「ファイナルファンタジー」シリーズ屈指の人気ヒロインではないでしょうか。
ティファは強くて、可愛く、そしてスタイル抜群です。大きな胸とミニスカートから突き出た健康的な脚が特徴的となっています。それに加えて、格闘技で戦う様は勇ましく、男でも憧れるほど強いです。
物語の後半ではクラウドの支えとなるほど重要な役割を持っています。クラウドが自分自身を取り戻せたこと、そして世界を救う命がけの戦いに挑めたことは、ティファの功績が大きいです

クラウドの魅力4:どデカいバスターソードがトレードマーク


クラウドといえば、背中に背負った大剣です。初期装備はバスターソードと呼ばれ、なんだかどでかい包丁のように見えます。刃の根元にあいた2つの穴が特徴で、そこにマテリアを嵌めることで、様々な恩恵を受けます。
特筆すべきは、元ソルジャーという身体能力で、これは魔晄の力によって強化されたものです。魔晄を浴びたものに特徴的な青い瞳を持っているクラウドは、それに見合うだけの身体能力を持っています。
その証拠が彼の使う大きな剣です。大剣を軽々と振り回す身体能力だけでなく、それを扱う剣術にも優れています。リミット技と呼ばれるゲージを貯める特殊攻撃も強力で、パーティーの主砲となりえる火力を持った主人公です。

クラウドの魅力5:バイクで無双する新感覚ヒーロー


クラウドの特徴といえば、バイクで失踪するヒーローです。これはファンタジー登場する主人公としては異例で、仲間のピンチに颯爽とバイクにまたがって登場するクラウドの姿はインパクト大です。
そのシーンは神羅カンパニーに捕まったクラウドたちが仲間たちと脱出を図るシーンで、多くの追手がきます。追手もバイクに乗っており、それを剣でばっさばっさ薙ぎ倒していくイベントは、代表的なミニゲームとなりました。

クラウドの魅力6:元祖アイデンティティ系主人公の苦悩


元ソルジャーという肩書があり、英雄と呼ばれたセフィロスとの宿命もあるクラウドですが、このセフィロスとの出会いによって運命を徐々に狂わされていきます。はじめはセフィロスを追うクラウドでしたが、まるで導かれるようになります。
世界を滅ぼすのに黒マテリアをセフィロスが求めていると知ると、それを阻止しに行きます。しかしそこで黒マテリアを手に入れたものの、クラウドは自らの意思でセフィロスに黒マテリアを渡してしまいます
さらにはセフィロスの黒マテリアによるメテオ召喚を阻止するため、ひとりで白マテリアによってホーリーを呼び出しているエアリスにまで手をかけようとしてしまいました。自分の意思が自分の物ではなくなっていく感覚にクラウドは戸惑います。

クラウドの魅力7:自分を探しあてて発見した意外な自分の正体


そしてついにクラウドは眠っていたセフィロスを起こしてしまいます。これまでクラウドたちが追ってきたセフィロスは偽物で、彼の思念によってジェノバと呼ばれる宇宙からきた生命体がセフィロスに姿を変えていたものだったのです。
それはセフィロスがこのジェノバと呼ばれる生物の細胞によって生み出されたから成せる業でした。そしてクラウドについても驚愕の事実がわかります。それは行方不明になったセフィロスを探すためにジェノバの細胞を使って生み出されたセフィロスコピーだったのです。
バラバラになった細胞がそれぞれを感知して、お互いに集合するジェノバの特性を活かしたものでした。クラウドは因縁ではなく、セフィロスを探しあてたい神羅の思惑によってセフィロスを追っていたに過ぎなかったのです。


クラウドは魔晄エネルギーの源であるライフストリームに落ちてしまいます。仲間たちが見つけたときには廃人化しており、自分を見失っていました。しばらく主人公不在でゲームが続きます
ティファの献身的な介護により、偽りの記憶と自分を取り戻すことができました。彼女との記憶を頼りに、自分がニブルヘイム出身の少年で、英雄セフィロスに憧れてソルジャーになるべくミッドガルドへ出て行ったことを確認します。
しかし、自分がソルジャーであることは偽りの記憶でした。ふたりで記憶を追って行くと、ソルジャーとして故郷の危機を救ったのはザックスと呼ばれるソルジャーであることがわかったのです。そのときクラウドは一般兵として、軍服を着て参加していました。


『ファイナルファンタジーVII』のスピンオフである『クライシスコア』ではそのできごとが詳しく描かれています。ザックスに代わりセフィロスに致命傷を負わせたクラウドは、ザックスと共にセフィロスコピーの実験に選ばれました。
もともとソルジャーだったザックスは魔晄の力に耐えますが、クラウドは精神が崩壊し、廃人化してしまいます。そうしてザックスに助けられたのは5年後。彼らは神羅の追手から逃げることになります。
そこでザックスはクラウドになんでも屋をやることや、自分のことを話しかけており、廃人化しながらもその話を聞いて元ソルジャーであるなんでも屋のクラウドという人格を作り上げていったのです。

クラウドの魅力8:強大な敵セフィロスとの因縁の対決


こうして本当の自分を取り戻したクラウドは、セフィロスとの対決を改めて決意します。仲間もそんなクラウドを歓迎し、死ぬかもしれない戦場へと赴いて行くのでした。
そこはセトラの民が約束の地と呼ぶ場所。ライフストリームが濃く、強大な敵も多いです。そんな死地を物ともせず突き進み、セフィロスの元へと辿り着きます。
しかしセフィロスもまた強大な力で迎え撃つのでした。その姿はまさに片翼の天使。仲間たちの強い想いがひとつになり、セフィロスに打ち勝つのは熱い展開です。最後のクラウドとセフィロスの一騎打ちは盛り上がります!

クラウドの魅力9:『アドベントチルドレン』では櫻井孝宏ヴォイスに!


『ファイナルファンタジーVII』のその後を描いたアニメ映画『アドベントチルドレン』ではクラウドの声を声優の櫻井孝宏が担当しました。『モノノ怪』の薬売り役で有名なあのイケヴォです。
クールで二枚目な声を見事に演じ切っています。それは別としてあれこれに悩み、くだらないことにこだわり過ぎた思春期のような弱さも見せています。前作で世界を救ったクラウドがさらに成長する姿が見られるのです。

クラウドの魅力10:セフィロスと夢の再対決!


その『アドベントチルドレン』では宿敵セフィロスとの夢の再対決が見られます。今回の敵はカダージュ一味と名乗る謎の新勢力でした。彼らはジェノバを母さんと呼び、リユニオンするために探していました。
必至にそれを止めようと集結する仲間たちでしたが、リーダーのカダージュにジェノバの首が渡ってしまいます。そしてジェノバの首と一体化したカダージュはセフィロスとなるのでした。
最新の技術で蘇ったクラウドとセフィロスの対決は、迫力満点でファンも満足できる物になりました。最強の敵セフィロスに繰り出すクラウドの猛攻はゲームをプレイしたものなら誰でも知っている技で場が盛り上がる演出です。

FF7の主人公クラウドは自分探しの旅をする主人公


その壮大な物語によりファンの多い『ファイナルファンタジーVII』は多くのスピンオフが作られ、リメイク計画も進行中の大人気コンテンツです。その物語の主人公であるクラウドもまた多くの魅力を持っています。
セフィロスという強大な敵に挑むクラウドですが、自身にもまた複雑な境遇を持っています。セフィロスコピーとして生み出された彼はセフィロスの思惑通り動いてしまっていたのです。
しかし仲間の助けを借りて本当の自分を取り戻したクラウドは、宿敵のセフィロスとの戦いを決意します。仲間との絆を武器に、世界の命運に立ち向かう主人公像はかっこいいです。