【地獄少女】ゆずきの正体は次の地獄少女!?その理由とは…

【地獄少女】では貴重な?「人間らしさ」を持つ御景ゆずき。その正体を知った時…そして彼女の過去やこれからの運命を考えると、可哀想で…思わず守ってあげたくなるようなヒロイン。3期に登場したゆずき、どうして地獄通信と関わっていくのか…順を追って紹介します!

【地獄少女】御影ゆずきとは…


【地獄少女】に登場したキャラクターの中でも人気の高い、御影ゆずき…閻魔あいとは違うタイプの「ゆずき」ですが、意外な“共通点”…というべきか辿るべき運命は同じ身の2人。本作を見た事がない方は、タイトルだけ聞くとホラーアニメ?
と、連想しがちですが…どちらかというとヒューマンドラマ系としての展開が多いような…今回紹介する「ゆずき」も、悲しく救いようのない少女の1人。“少女だった”という方が当てはまるかもしれませんが、ネタバレは後に回し先ずは簡単に「ゆずき」の紹介したいと思います!

演じた声優は佐藤聡美さん!

アニメ3期におけるキーパーソン!


アニメ3期【地獄少女/三鼎】から登場した、サブヒロインの「ゆずき」を演じたのは、佐藤聡美さん!閻魔あいを演じる能登麻美子さんとは、ゆずきに関して「この子普通じゃない」と思ったそう。お二人とも鋭い…!
佐藤聡美さんといえば、私のなかでは【けいおん!】の律役での印象が強いのですが…デビューしたばかりの頃は「大人しいキャラクター」を演じる事が多かったそうです。「ゆずき」も、大人しいキャラクターではありましたが…


“御景ゆずき”は極々普通の中学生。登場したばかりの頃は、やや内気なことが友人たちとの会話からも伝わるものの、あいとの出会いにより段々と性格にも変化があらわれていきます。
二重人格…というわけではありませんが、2つの異なる「ゆずき」を演じ分ける佐藤聡美さんにぜひ注目してみてください。
こちらの記事もオススメ!

どこにでもいる、普通の中学生のはずが…


2期にあたる【地獄少女/二籠】の最終回では、まさかの結末を迎え“地獄少女”という仕事を放棄してしまった閻魔あいが地獄少女としての任を解かれ地獄へ堕ちていくことに…。あんまりにも、やるせない終わりだった2期ですが、本作がこれで終わるはずもなく!
【地獄少女/三鼎】へと続きます。余談ですが、三鼎とは“3つのものが等しく対峙している様子”だそう。地獄へ堕ちていった「元地獄少女」のあい…三鼎の始まりはとある山中の町、寂れた駅「賽河原駅」から…かつての、あいの使い魔たちは、それぞれの暮らしにも慣れ、人の世界に溶け込んでいた頃…
突然の、あいの復活に三藁たちは招集され、新たに「山童」という名の少年が使い魔に加わりました。そして、御景ゆずき―…高校受験を控えた中学3年生、友人にも恵まれ残りの中学生活を勉強に励みながらも楽しんで過ごしていましたが、ある日「問題」が起きます。


1人の教師を訴えようと「ゆずき」の友人「平石逸子」が持ちかけ、巻き込まれる形で協力した「ゆずき」と「高杉秋恵」の2人は、あまり乗り気ではないようで特に「ゆずき」は本当に訴えるのだろうか…と、湯船につかりながら悩んでいました。そんな「ゆずき」に呼びかける少女が…
湯の中に引きずり込まれ、まるで夢を見ているような体験をした「ゆずき」。特に気にすることもなく、教師の「丹波」を陥れる日がやってきましたが…失敗よりも酷く、手痛いカウンターを受けてしまいます。
その日の晩…プライドを傷つけられた「逸子」は地獄通信へアクセスし藁人形を受け取りました。そして「ゆずき」は、その様子を“夢”の中で見るのです。

閻魔あいに憑依され「地獄流し」を見せつけられる


閻魔あいに憑依された「ゆずき」は、その後も…見たくはないであろう地獄流しなどを、あいを通して見ていく事に…。ある意味こちらの方が地獄のような気がしませんか?友人の逸子が、不安や勘違いから教師を地獄に流し、転校していってからが「ゆずき」と「あい」2人の少女の物語の幕開けのようにも感じました。
その後は「ゆずき」が通う賽河原第四中学の生徒たち・賽河原市に住む住民たちに軸を置いた物語が展開され、どうして「ゆずき」は憑依されたのか…そして、突然に復活した地獄少女「閻魔あい」の謎など、気になる部分が明らかになっていきます。
【地獄少女/三鼎】は、10年近く昔のアニメになりますが、ストーリーのキレもさることながらアニメーションの美しさにも目を惹かれますね~怖くて悲しい話なのに「ゆずき」と「あい」2人の絡みは美しすぎます。
こちらの記事もオススメ!

<ネタバレ注意>ゆずきは既に死んでいた…!?彼女の正体とは!


ストーリーが進むと1話から登場していた「ゆずき」の友人「高杉秋恵」も地獄流しにあい、どんどんと孤立していく「ゆずき」…。しかし、小さな市で死人(行方不明者)がちょこちょこ出るって怪しすぎませんかね…。
「秋恵」がいなくなり、受験の日も近づくころ…その後は「地獄通信」に関与しないように勉強へ打ち込むようになります。そのかいがあってか、見事!高校に合格した「ゆずき」でした…が、受験番号が他人と被っており、困惑。こんなミスは起きる事ではないですよね…?
クラスメイトの仲良しトリオもいつの間にか消え、友人は「ゆずき」の事を失念し、どんどんと「ゆずき」という存在が薄れていく事態が発生!一体何が起きているのか…?


両親と別居して団地に1人暮らしの「ゆずき」…中学生で団地で1人住まいって、めちゃくちゃ怪しいですよね。“普通じゃない”です!どんどんと自分の周りが、崩れていく中で住んでいた団地までが廃墟のようになっていく!
当たり前のように住んでいた部屋が当たり前じゃなくなり、そこにあったものがなくなり…なかったものが見えてきました。そこにあったのは、まだ子供のものだろう…と、分かる白骨化した亡骸。
この小さな亡骸を見た時…「ゆずき」は自分はもう死んでいる、この世のものではない…と、思い出すのです。

成仏できるのか?掟を破ったゆずきへの審判の時


どうして「ゆずき」の亡骸は子供のものだったのか…というのは、話せば長くなってしまいそうなので、簡単に記しますが、生前の「ゆずき」は小学生であり、死に逝く中で窓から見えた中学生たちの姿に憧れた為…だそう。
どうして「ゆずき」が死んだのか…両親はどうなったのか?気になる方はぜひアニメを御覧ください!そんなこんなで、記憶を取り戻した「ゆずき」でしたが…取り戻したと同時に自分が“地獄少女”になる運命だとも知り、それを受け入れます。本当に救いようのないアニメだな…。
そして地獄少女「御影ゆずき」となり、「あい」と同じように目の色は緋色に変化!「ゆずき」の初仕事の時…そのターゲットとなったのは…


偽りの生活の中で得た、友人…「高杉秋恵」を地獄送りにした「真山梓」!友人を死に…いえ、地獄においやった相手がターゲットだと知った「ゆずき」は、復讐の鬼と化します!普通に考えて、仇みたいなものですものね…。
そうして激情に身を任せ、仕事(依頼)ではなく「私怨」でターゲットを地獄へ流そうとした「ゆずき」!その様子を伺っていた人面蜘蛛により重い罰がくだされる事に…。ちなみに、ターゲットの「真山梓」はしっかり地獄流しを受けます。

最後はハッピーエンド?意外な展開をみせる


本来であれば地獄少女になった者は、地獄でも償う事が出来ない罪を背負う運命にある少女ですが…「ゆずき」は私怨に流された以外には罪という罪を背負っている事もなく、地獄少女となったのも地獄通信の必要性を理解し、地獄少女の存在を認めたにすぎないような…。
こうして考えると、とっても理不尽な気がしてきませんか?人面蜘蛛により永遠に地獄を彷徨う罰を受けた「ゆずき」でしたが…元地獄少女の閻魔あいが代わりに罰を受け、そして再度…地獄少女としての任に就くことで解放されます。
「ゆずき」の魂は、地獄に堕ちることなく安らかに成仏していったのが、せめてもの救いでしょうか…。
こちらの記事もオススメ!

あいVSゆずき…どちらも可愛いし甲乙付け難い!


閻魔あい派か…それとも御景ゆずき派か…二択を迫られると、非常に悩むところ…。皆さんはどちらの地獄少女が好みでしょうか?私は、どちらか選ばないといけないのなら…「ゆずき」を選ぶと思います!
外見の可愛さ・声の可愛さも重要なポイントですが、一番は「人間らしさ」でしょうか。本作にはゲスい人間は大勢登場しますが、人間ってやっぱ良いなって思えるようなキャラクターって少ないと思うのが正直なところ…。


勿論、主人公の閻魔あいも、淡々と仕事をこなしているようで、ちゃんと痛みは分かっている「人間」ですが…。そう考えると、やはり閻魔あいも捨てがたく…!この悩みは私が地獄に流される日がやってきても、解決しないようにも感じます。
今後のシリーズでの登場はあまり期待できない「ゆずき」ですが、過去回や総集編などがあった際は見る事ができそうですよね!これまで計:3名の地獄少女がいましたが…「ゆずき」ほど人間らしい地獄少女はいなかった!この言葉で締めさせていただきたいと思います!
こちらの記事もオススメ!