「デート・ア・ライブⅡ」ストーリー完全まとめ!士道再びのデート!

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」のストーリーと見どころをネタバレアリでザックリと紹介します。アニメ「デート・ア・ライブⅡ」を鑑賞する暇がないけどストーリーだけはザックリ知っておきたい!という方はぜひ読んでいってください。

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」とは


まずは「アニメ「デート・ア・ライブⅡ」とは何ぞや?」という人に向けて、アニメ「デート・ア・ライブⅡ」という作品の基本的な情報を紹介をしていきたいと思います。
アニメ「デート・ア・ライブⅡ」は2014年に放送されたアニメーション作品で、2013年に放送されたアニメ「デート・ア・ライブ」の続編にあたる作品です。監督はアニメ「デジモンアドベンチャー tri.」の監督を務める元永 慶太郎氏が務めています。
またシリーズ構成はアニメ「ゾイドフューザーズ」(2004)や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(2015)のシリーズ構成を務める白根秀樹氏が担当しています。


アニメーション制作はアニメ「俺、ツインテールになります。」(2014)や「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」(2016)のアニメーション制作を担当したプロダクションアイムズが担当しています。
監督、シリーズ構成は1期の「デート・ア・ライブ」と変わりませんが、アニメーション制作は1期を担当したAIC PLUS+とは異なる形になっています。(だからといって作品自体には特に大きな違いはありませんので安心してください)
そんなアニメ「デート・ア・ライブⅡ」は1期の「デート・ア・ライブ」に引き続き、主人公の五河 士道(いつか しどう)が精霊の女の子たちをデレさせることに奔走する物語となっています。


今回はそんなアニメ「デート・ア・ライブⅡ」のストーリーをネタバレありでザックリと紹介していきたいと思います。アニメ「デート・ア・ライブⅡ」の内容をザックリと把握したい人はぜひ読んでいってください。
ただ、あくまでネタバレアリなので、作品自体を楽しめなくなる可能性があります。なのでまだアニメ「デート・ア・ライブⅡ」を鑑賞していない人はその点考慮したうえで、以下を読み進めてもらえると嬉しいです。
ということで、さっそく次からアニメ「デート・ア・ライブⅡ」のストーリーと見どころの紹介をしていきたいと思います。
こちらの記事もチェック!

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」ストーリー1 八舞姉妹をデレさせろ


五河 琴里(いつか ことり)と鳶一 折紙(とびいち おりがみ)の遊園地での戦闘からしばらくの月日が経ち、高校2年生の士道たちは修学旅行を迎えていた。行先はアルビ島。
もともとは沖縄の予定だったが、クロストラベルという旅行会社が全ての費用を持つかわりにこの行先となったのであった。クロストラベルはDEMインダストリーの系列会社であるため、令音はこのことを気にしていた。アルビ島に着いた士道たち。
しかし、アルビ島で士道は八舞 耶倶矢と八舞 夕弦という2人の精霊と遭遇。さらにこの2人の対決に巻き込まれてしまう。


具体的には2人のどちらが魅力があるかということで、2人は先に士道を落とした方を勝ちとする勝負を始めてしまったのである。耶倶矢と夕弦は元々は八舞という単一の存在であったが、今のように2人がそれぞれ別の人格として存在するようになった。
そこで2人は「八舞に戻るにあたってどちらの人格を残すか?」ということを決めるために対決をするのであった。
つまり士道が耶倶矢と夕弦のどちらかを選ぶ対決でありながら、士道が耶倶矢と夕弦のどちらかを選べばどちらかの人格が消えて無くなってしまう。そんな対決であった。しかし、この対決に関して耶倶矢と夕弦にはそれぞれある思惑があった。


耶倶矢は夕弦に生きて欲しいと願い、この対決であれば夕弦が勝利し、生き残ることができるだろうという思惑のもとに対決に臨んでいた。
そして、夕弦もまた耶倶矢に生きて欲しいと願い、この対決であれば耶倶矢が勝利し、生き残ることができるだろうという思惑のもとに対決に臨んでいた。そして2人は士道にそれぞれこの対決では相手の方を選んで欲しいとお願いするのであった。
しかも物騒なことに2人とも、もし相手を選ばなかったらこの島ごと士道の友人を吹っ飛ばすと士道に念押しするのであった。


さらに、耶倶矢と夕弦は士道がこのことを十香に話しているのを聞いてしまい、そのことによって2人はそのまま武力対決となってしまう。一方士道と十香はある集団に襲われる。その集団の1人は旅行会社から派遣されたカメラマンであった。
(残りはバンダースナッチと呼ばれる機械)十香はカメラマンと戦うも敗北し、集団に連れて行かれそうになる。しかし、士道がここで謎の覚醒をする。サンダルフォンを使いこなしバンダースナッチのいくつかをを撃破する。
さらに、残りのバンダースナッチも不具合を起こし、カメラマン自身も士道の同級生が掘った落とし穴に落ちてしまう。、このような幸運が士道たちに味方してか、士道と十香はその場から逃げだすことに成功する。


士道は十香と一緒に耶倶矢と夕弦の場所に戻り、耶倶矢と夕弦に精霊の力を失う代わりに2人が生き残る道を提案し、必死に説得する。
その甲斐あって耶倶矢と夕弦の2人は対決を止める。さらにお礼として士道に2人同時にキスをするのであった。これにより2人は霊力を封印されるのであった。

八舞姉妹がかわいい!


このパートで見どころとなるのはやはり八舞姉妹のかわいさでしょう。普通に顔がかわいいのに加え、2人とも性格がかわいいのです。
しかし、どちらもめちゃくちゃ仲が悪そうで、実は互いが相手のことを大切にしているという人格者だったりもします。「デート・ア・ライブⅡ」を観るなら八舞姉妹に注目しないのは損ですよ。
ぜひ、「デート・ア・ライブⅡ」を視聴する際に八舞姉妹に注目してみてください。

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」ストーリー2 男嫌いのアイドル精霊・ティーヴァをデレさせろ


ある日の夕方、天王祭(天宮市内の高校10校が合同で開催する文化祭)の実行委員に選ばれてしまった士道は外で空間震警報を聞き、士道は現場へ行く。現場にいたのはディーヴァという精霊であった。
士道はディーヴァをデレさせようと試みるも、ディーヴァは男性嫌いのためまったく上手くいかない。そこで次の作戦として琴里は士道に女装をさせ、さらに変声器で声を変えさせてディーヴァとコンタクトを取らせることにする。
そして結果的にこの作戦は上手くいく。しかし、士道によるディーヴァの説得は難航。


最終的に天王祭の1日目で士道の高校が最優秀賞を取れば霊力を封印させても良い代わりに、ディーヴァの高校(ディーヴァも精霊ではあるが、高校生という別の顔を持っている)が勝ったら士道と士道が封印している精霊を貰う、ということで話は決着する。

士道の女装にご注目!


このパートでは男性嫌いのアイドルであるティーヴァとデレさせるため士道が初の女装に挑戦します。この女装した士道。めちゃくちゃかわいいです。もう1度言います(悔しいですが)めちゃくちゃかわいいです
なんならどの精霊よりもかわいいんじゃない?というくらいのレベルです(ちょっと言い過ぎ盛りすぎかも…)。本来ならティーヴァに注目すべきパートのなのかもしれないんですが、筆者的にはここでは士道に注目して欲しいです(笑)
ちなみに士道が女装している時の名前は五河 士織(いつか しおり)です。(うーん、安直な名前なのにかわいい)

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」ストーリー3 天王祭の決戦


そして天王祭当日、士道は妨害やハプニングを乗り越えて何とか十香、耶倶矢、夕弦との4人でバンド演奏を行う。そして、ステージの結果では士道たちはディーヴァの学校に負けてしまったものの、1日目の総合順位の優勝校は士道の高校となった
しかし、ディーヴァは約束を守らず、士道と精霊を奪おうとする。しかし、ディーヴァは士道の身体に触れた際、士道が女装して変声器で声を変えた男であることを知り、激怒。
士道はディーヴァによって操られたバンドメンバーの耶倶矢や夕弦、そして観客として会場に来ていた四糸乃などに攻撃され、絶対絶命のピンチを迎える。


しかし、イヤーモニターを付けっぱなしにしていた十香だけはディーヴァに操られておらず(ディーヴァは音によって他者を操っている)、十香は耶倶矢や夕弦、四糸乃の攻撃が士道に直撃するすんでのところで士道を助けるのであった。
しかし、その後も士道たちの苦しい状況は変わらなかった。さらに、会場に修学旅行の時のカメラマンが十香と士道を確保しようと現れる。そして、十香はカメラマンによってさらわれてしまう
しかし、士道は十香が庇ったおかげで、会場の外に投げ出される。会場の外に投げ出された士道は会場から逃れることにするのであった。しかし、ディーヴァは数万人の人間を操り、士道を探す。士道はこの状況に困り果ててしまう。

十香の歌声がとても綺麗!


このパートで見どころとなるのは天王祭の十香です。というのも士道と十香、八舞姉妹でバンドを組んでライブをするのですが、この時の十香の声がめちゃくちゃ綺麗なのです。
澄んだ美しい声が素晴らしいので、ぜひ天王祭の士道たちのライブでは十香の声に注目してみてください。ちなみにそんな綺麗な声をした十香の声を担当している声優さんは井上麻里奈さんです。
アニメ「僕のヒーローアカデミア」の八百万百 やアニメ「魔法科高校の劣等生」の渡辺摩利を演じている声優さんです。もし興味があれば、ぜひ井上麻里奈さんに注目してみてください。

アニメ「デート・ア・ライブⅡ」ストーリー4 かつての敵狂三の協力と十香の救出


そんな士道の前に現れたのは時崎狂三であった。狂三はディーヴァに操られていなかった。そんな狂三に士道は十香を助けるのに力を貸して欲しいと頼む。狂三はこの頼みを受け入れるのであった。
狂三と士道はまずディーヴァの家に行く。十香を助ける前にディーヴァの件を片付けるためである。そして狂三は自身の能力によってディーヴァの過去の記憶を入手するのであった。その後、士道と狂三はディーヴァのところに行く。
そこで士道はディーヴァに十香を助けるのを手伝って欲しいと頼むが、ディーヴァにこれを拒否されてしまう。


しかし、狂三はディーヴァに狂三を警戒させることに成功したことや得た情報から、十香救出をディーヴァが邪魔することはないだろうと予測する。
そして、狂三は士道に十香のいるおおよその場所が判明したことを伝え、2人は十香救出のために十香のいるDEM日本支社第1社屋へと向かうのであった。士道はDEM日本支社で第1社屋内に侵入する。
そして、思うところあったディーヴァが協力に現れたこともあり、士道は十香のいるDEM日本支社18階にたどり着く。そして18階の部屋の中で士道と十香は再会する。しかし、士道と十香は透明な壁に隔たれ、士道は十香の目の前で刺されてしまう。


さらに、士道は続けて十香の目の前で殺されそうになる。これにより十香は反転体となってしまい、人格が別のものとなってしまう。別人格となった十香は士道たちの前に敵として立ちふさがる。そして、十香は士道とティーヴァに攻撃を加える。
その際、ティーヴァが絶体絶命のピンチに陥るが士道はこれを自らの身の危険を顧みないガードで守るのであった。、そして士道はさらに自らの身の危険を顧みることなく、十香の元へ近づき十香にキスをする。
これにより十香は元の人格に戻るのであった。翌日、士道はティーヴァのライブ会場に足を運ぶ。そして士道とティーヴァは控室でキスをし、ティーヴァの霊力は封印されるのであった

反転した十香がカッコイイ!


このパートの見どころは反転した十香です。「デート・ア・ライブⅡ」のラストで十香が反転するのですが、これがとてもカッコイイのです。
コスチュームもスタイリッシュですし、終焉の剣(ペイヴァーシュヘレヴ)もめちゃくちゃカッコイイデザインとなっています。
ということで反転した十香はとてもカッコイイのでぜひ「デート・ア・ライブⅡ」を視聴する際には注目してみてください。

士道と十香のさらなる活躍が見逃せない


ここまでアニメ「デート・ア・ライブⅡ」のストーリーと見どころを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?この記事が皆さんのお役に少しでも立ったのであれば幸いです。
さて、アニメ「デート・ア・ライブ」シリーズは先日3期が発表されました。つまりアニメ「デート・ア・ライブ」やアニメ「デート・ア・ライブⅡ」はこれからますます盛り上がっていくことが予想されます。
そんなビッグウェーブに先駆けて乗っておかない手はありません。もしまだアニメ「デート・ア・ライブ」や「デート・ア・ライブⅡ」を観ていない人はぜひこのタイミングで観ておくことをオススメします。


ということで今回はここまで。お付き合いありがとうございました。