【カードキャプターさくら】全クロウカード一覧!55枚のカードをまとめて振り返ろう!

主人公の木之本桜はある日、家の書庫で不思議な本と封印の獣ケルベロス(通称・ケロちゃん)に出会い、町中に散らばってしまったクロウカードを集めることになります。クロウカードは様々な効果を持った魔法のカードなのでたくさんの騒動を起こしてしまうわけですが、さてさくらはどうやって解決していったのでしょうか? 「カードキャプターさくら」のクロウカードを一覧でまとめてみました!

目次

クロウカードを巡る少女の奮闘!カードキャプターさくら

キュートな衣装で戦う姿に大注目!


アニメは勿論ゲーム化もされ連載開始から長く時間が過ぎても尚愛されている作品、それがカードキャプターさくら(以下CCさくら)です!1996年から2000年まで講談社なかよしにて連載されたCLAMP(クランプ)による漫画が原作で、クロウカードを巡り奮闘する主人公・木之本桜の可愛い姿がとても印象的ですよね。さくらが着る衣装は全て彼女の戦う姿を記録する親友・大道寺知世が作ったものでした。
そんな衣装について語りたいところですが、CCさくらを語るにあたって欠かせないのは、やはりクロウカードの存在です。ストーリーの鍵となるクロウカードは魔術師クロウ・リードが作った魔法のカードで、原作では全部で19枚となっていますがアニメにしか登場しないものもあります。
では一体どんなカードがアニメ『カードキャプターさくら』に登場したのでしょう?さくらの奮闘を振り返りながら各クロウカードの効果と事件について紹介していきますね!
こちらの記事もチェック!
16年ぶりの新作!カードキャプターさくらの名言・名シーン30選! | festy(フェスティー)

■16年ぶりにクリアカード編が公開されたカードキャプターさくら。懐かしいあのシーン、涙した名シーン…男女問わず長年愛され続けるカードキャプターさくらの思い出が蘇る!原作・アニメの両方から名言・名シーンを30選しました!

「風」ウインディ【THE WINDY】


第一話に登場しさくらが一番最初に手にしたカードが、風を生み出す力を持つウインディです。アニメでは不思議な本の一番上に収められていたこのカードの名前をさくらが呼んでしまったことで魔法が発動し、カードがばらばらになってしまいました。ある意味このカードが原因みたいなものですね。
ウインディの能力解放時には風をまとう女性の姿で現れ、風を操り相手を捕まえたり動きを封じたりとクロウカード回収にあたり大活躍してくれるカードです。転落しかけた人を救うこともできたりととても使い勝手が良く頼りになる魔法だったので、クロウカードの中で一番姿を見られたカードだと思います。

「翔」フライ【THE FLY】


ウインディに続いて登場したのが、大きな鳥の姿が印象的なフライです。その姿の通り飛行魔法を有するカードで、イラストなどで杖の先に翼を生やし魔法のホウキのように跨り空を飛ぶさくらの姿をよく見かけたかと思います。
こちらもウインディと同じくらい使用頻度が高いので、作中で何度もその姿を披露してくれます!最初は杖の先に翼を生やしていたのが、物語が終盤になり『さくらカード』となった後はさくらの背中に翼を生やし天使のような姿をお披露目してくれますよ!
原作では大人しい性格の様でしたがアニメでは荒々しく、就寝準備中のさくら達の前に突風を起こしその姿を現します。フライの起こす突風に半泣きのさくらでしたが、初めてクロウカード・・・ウインディを使用し果敢に立ち向かい、見事封印に成功しました。

「影」シャドウ【THE SHADOW】


ある日さくらが学校へ行くとひと騒動起きていました。何故か校庭の真ん中で机や跳び箱などが高く積み上げられ教室の中もめちゃくちゃ・・・おかげで生徒たちは後片付けに追われています。
ローブをまとった人のような姿で顕現するシャドウはその名の通り影を操る力を持ちます。この騒動を起こしたのがこのシャドウなのでした。たくさんの影を操りさくらを翻弄しますが知世の機転により学校のライトを使うことで本体を見つけ出すことに成功し、ウインディを用いてシャドウを封印しました。
ちなみにここで初めてさくらの衣装がお披露目されます。特別なことをするときは特別な服を、という信念を元に知世が用意したたくさんの衣装の中から選ばれたのは、赤いリボンのマントが印象的なデザインのものでした。

「水」ウォーティ【THE WATERY】


水がたくさんある場所が好きで、水族館の水槽の中に身を潜めていたウォーティ攻撃特化なのでとても気性が荒く、近づいた人の足を引っ張って溺れさせようとしたりなかなか危険なことをしていました。
人魚のような姿で登場しますが実体がない(水なので)ため、封印はとても厄介な相手でした。しかし水は凍りますよね!さくら達の手によって水族館の冷凍室に誘導されたウォーティは凍らされ、無事封印することができました。ウォーティ封印時のさくらの衣装は、ピエロのような可愛い衣装でした!

「樹」ウッド【THE WOOD】


植物を生み出したり操作したりする力を持つウッド。木の精霊っぽく葉っぱが連なったような長い髪が印象的です。つる草を生やし相手の動きを止めたり、巨大な樹木を出してクッション代わりにしたりとなかなか応用が利く能力を持っています。
次に紹介するレインという雨の力を持つクロウカードと一緒にいたため、植物の栄養源でもある水の恵みを得て急成長してしまいました。しかも光合成のために家を壊そうとまで・・・ですがレインが封印されるとウッドは大人しくなり、自らさくらの手に飛び込んだのでした。

「雨」レイン【THE RAIN】


ウッドと共に行動していたのがこの雨の名を持つレインです。ピエロのような可愛らしい姿ですが、その姿に相応しいいたずらっ子です。アニメオリジナルのクロウカードとして初めて登場したカードでした。
雨の力を使ってウッドの成長を早めひと騒動起こしたレインを、さくらはウォーティの能力を応用し封印します。この時のさくらは、近未来っぽさのあるワンピースでウッドとレインの前に立ち向かいました。

「跳」ジャンプ【THE JUMP】


原作ではこのジャンプが最初に封印されていますが、ジャンプがアニメに登場したのは第5話のこと。登場するアニメオリジナルキャラクターである松本真樹が経営する雑貨屋『ツイン・ベル』のぬいぐるみの中に紛れ込んでいました。白い花があしらわれた紺のワンピースをまとい、さくらはジャンプと対峙します。
好戦的な性格で耳がとても長い羽根を生やしたようなウサギ姿のジャンプですが、あまり頭はよろしくないようです。巨大化し封印しようとするさくらに立ちはだかったもののバランスを崩して転倒してしまい気絶したところを・・・という流れで封印されるというドジな一面を見せてくれました。

「幻」イリュージョン【THE ILLUSION】


万華鏡のきらめきのようなイリュージョン。その名の通り幻を相手に見せます。一番心の中で思っているものを映し出すので、公園前の池に住み着いてしまったイリュージョンはその能力で怪談騒ぎを起こしてしまっていました。
さくらの前に亡き母・撫子の姿を見せて惑わし、危うくさくらは怪我をするところでした。この幻は幽霊なのか、幽霊なら何故自分の前に現れたのかと悩むさくらに大好きな月城雪兎(つきしろゆきと)が『お母さんなら、さくらちゃんを危ない目に合わせたりするかな?』と声を掛けます。
再びイリュージョンの前に立ったさくらは華やかな黄色の衣装で戦い、雪兎の言葉を胸にイリュージョンを封印しました。ちなみに一緒にいた知世には大きな肉まんを見せていたそうな。

「静」サイレント【THE SILENT】


口元を大きな襟で隠した女性の姿で描かれたカード、その名はサイレント。レインに続くアニメオリジナルのクロウカードです。その名の通り静かな場所が好きなので、アニメでは美術館の絵の中に忍んでいました。
取りついた絵の作者の子供が、この絵に誰かが落書きしてしまったということでパレットナイフで剥がそうとします。というのもサイレントが取りついてしまったので元の絵と内容が変わってしまったのですね。ですが、うるさいのが嫌いなサイレントは音を出してしまったその子を力を使い追い払ってしまいます。
これがクロウカードの仕業だと判断したさくら(と知世)は怪盗風のコスチュームで美術館に忍び込みますが、やはり音を立ててしまうとサイレントの力で外へ強制的に移動させられてしまいます。しかし咄嗟に使ったシャドウの力で閃いたさくらは影から間接的に封印を試し無事成功させました!

「雷」サンダー【THE THUNDER】


原作だとシャドウを捕まえるのに活躍したのがこのサンダーなのですが、アニメでは第9話の登場となりました。雷雲が空に立ち込めても雨が降る気配を一切見せない不思議な天候を疑問に思ったさくらは絶縁ゴムで作られたコスチューム(なぜか黒猫)に身を包んで空へ飛び出します!
このアニメ第9話はさくらのライバルとなる李小狼(リ・シャオラン)が登場する回でもあります。小狼もクロウカード収集を目的としていて、サンダー捕獲の際には小狼の活躍によりさくらはシャドウでサンダーを包み封印することが出来たのです。
カードキャプターとしてはまだまだ駆け出しのさくらに対し、小狼は冷たいダメだしを浴びせさくらに暗い顔させちゃいます。なんだかんだ付き合う内に絆され小狼はさくらに心を開いていくのですが、この出会った当初を見ていると小狼の冷たさが胸に刺さりますね・・・!

「剣」ソード【THE SWORD】


細い刃が特徴のレイピアのような姿のソードは、持ち主の意のままになんでも斬れちゃうすごい剣のクロウカードです。峰打ちも可能で使い手の思い次第で切れ味を変えられるのですが、その意識を支配してしまうこともありやや危険な一面もあります。
アニメでは友達・利佳とでかけたさくらの前にピンブローチに扮して現れ、それを購入し身に着けた利佳を操り攻撃させようとしました。実はこのソード、クロウカードを封印して回るさくらの噂を聞いてやってきたそうです。
支配されても手からソードが一瞬でも離れれば支配は解けるという助言を聞き、さくらはイリュージョンを使うことで利佳の気を逸らし隙を見せた所でソードを叩き落とす事に成功!そして利佳の洗脳が解け、ソードも無事封印されたのでした。ちなみにこの時は珍しく制服姿での封印となりました。

「花」フラワー【THE FLOWER】


ケルべロス曰く魔術師クロウ・リードの気まぐれから創られたというフラワーは、その名の通り花を操るクロウカードです。さくらの学校で開催された運動会のために花を降らせたフラワーなのですが、ちょっと量が多すぎて逆に困らせることになってしまいました。
異常な量の花が降る中さくらはフライで空へ飛び上からクロウカードの気配を探ることにします。花の発生源である場所でようやく楽しそうに踊るフラワーを見つけることができたのですが、とにかく陽気なフラワー。さくらは戸惑いつつも何とか封印に成功しました!
最後は昔からの知り合いらしいさくらの父・藤隆知世の母・園美の前に撫子の花を降らせ、花の運動会はしっとりと幕を下ろしました。このエピソードではコスチュームらしいコスチュームは登場しないのですが、体操服で走るさくらやチアリーディング姿を見ることができますよ!

「盾」シールド【THE SHIELD】


翼をモチーフにデザインされたカッコいいシールドは、防御に優れた盾のクロウカードです。とても性格が良く使用者の思いに呼応するかのようにその防御力を高めます。
アニメでは知世とその母・園美が大切にしている箱を守っていたのですが、守ろうとするあまり開錠のための鍵まで弾いてしまっていました。そんな困った現象はやはりクロウカードが原因だとにらみ封印することに。今回さくらは知世の家へ遊びに来ていた時だったので、衣装は無くお出かけ着(ピンク色のワンピース)のままです。
しかしシールドは防御力が高く、大体のクロウカードはシールドに通用しません。しかし盾と来たら剣・・・つまりソードなら対抗が可能!使い手の意のままに切れ味を変えられるソードなら、箱を切らずにシールドが張ったバリアだけを斬ることが出来るのです。そうして本体を出現させさくらはシールドを封印したのでした。

「時」タイム【THE TIME】


第12話に登場したのはアニメオリジナルのクロウカード・タイムです。実体化した時には砂時計を持つローブ姿の老人風になり、『一日に一度だけ午前0時に戻せる』という力で悪戯を働き、おかげでさくらは笛のテストを繰り返し、ケルべロスはやっていたゲームのセーブデータが無くなるという災難に見舞われます。
妖精風の衣装を纏い立ち向かうさくらですが、時を操るのでさくらの時間を巻き戻して元の場所に戻したり、スローにさせた間に逃げてみたり、なかなかタイムに近づくことが出来ません。一度は封印に失敗しまた同じ日を繰り返すのですが、今度は小狼と協力し挟み撃ちのような形でタイム封印に臨みます。
小狼の指示でシールドを使いタイムの力を無効化したさくらは、予め貼られていた小狼の護符により捕まえたタイムをようやく封印出来ました。しかし今回タイムを封じたのは小狼と判断され、タイムのカードは小狼の手元へと行きました。

「力」パワー【THE POWER】


タイムに引き続きパワーもアニメオリジナルのクロウカードとして第13話に登場しました。使い手にとんでもない怪力を与えてくれるカードなのですが、パワーは力自慢することがとっても大好きなようで公園の遊具をひっくり返したりゾウを軽々投げ飛ばしたりと相当やんちゃです。
遠足で訪れた動物園にて騒動を巻き起こすパワーを封印しようとしますが、パワーに対抗するには『力』をぶつけなければいけません。そこで協力してくれたのが動物園のゾウです!綱引きで対決しますが、やはりパワーの方が圧倒的に強く不利な状況は続きます。
そこを手助けしてくれたのが小狼です。タイムを使ってパワーの動きを止め縄から手を離させることに成功、そして時が戻り自分の手に縄が無かった事からパワーは負けを誤認し大人しく封印されたのでした。ちょっと卑怯な手でしたが、仕方ないですよね!

「霧」ミスト【THE MIST】


霧の名を持つミストもアニメオリジナルのクロウカードとして登場しました。さくらの兄・桃矢(とうや)の星條高校に現れたミストの力はあらゆる金属や物を腐らせるというなんとも厄介な力を持っています。力の発現時には緑色のような黄緑色のような霧を発生させ、桃矢が出ていた演劇の足場を腐らせてしまいました。
さてミストは霧なので実体がありません。ではどうやって封印すればいいのか・・・そこでケルべロスが出したヒントは『霧をまとめて全部包めばいい』というもの。それにピンときたさくらはシャドウを使って影を作り見事ミストを封印することに成功したのでした!
ちなみにこの時演じられた劇はシンデレラ(主人公はもちろん桃矢)なのですが、何故か『捨てられた後長い月日を経て魔法の力を得た』というサバ缶役として雪兎も出演します。一体どんなシンデレラなんだ・・・劇を見たさくらと小狼の感想は『変な劇』でした。

「嵐」ストーム【THE STORM】


続いても、アニメオリジナルのクロウカードです。見た目は縦ロールヘアーの少女ですが性格はとても好戦的魔法使い風な可愛らしい衣装に身を包んださくらは、ストームが起こす凄まじい突風の前に苦戦を強いられます。
吹き飛ばされようと怯まない小狼の一手でストームの力が弱まったところでどうにか封印することができましたが、しかしタイムの時のようにストームの力を封じたのは小狼です。なのでストームのカードは小狼の手へ渡り、小狼が持つ二枚目のクロウカードとなりました。

「浮」フロート【THE FLOAT】


カードの絵は気球ですが実体化した時には風船の形で現れるフロート。ストームを封印した後でさくらと喧嘩をし家出したケルべロスが遭遇するクロウカードです。こちらもアニメオリジナルのクロウカードとして登場しました!
ひょんなことから出会った少女あかねの前に現れたフロートは『自分も空が飛べたら天国のパパに会いに行けるのに』という呟きを拾い、周囲の物はもちろんあかね自身も浮かせてしまいます。あかねと行動を共にしていたケルベロスは当然放っておくことなど出来ず追い掛けるのですが、強風のせいで事態は悪い方向に。
そこへ駆け付けたのがさくらなのです。フライの力で空を飛んださくらはすぐにフロートを封印、そして落下していくあかねとケルベロスをウッドの力で樹をクッション代わりにして衝撃を抑えることで二人を救ったのでした。

「消」イレイズ【THE ERASE】


臨海学校に来ていたさくらはそこで友達からある怪談話を聞きます。それは岩場の洞窟にまつわる話で、橋を渡った向こうにある祠で人が消えたそうな。しかもそれがさくらたちと同じ日程で臨海学校に着ていた生徒らしく、おばけなどの類が苦手なさくらは恐怖に震えます。
しかし実はその事件を起こしたのが、人や物を消してしまうイレイズなのでした。不思議な気配を察したさくらと小狼なのですが、さくらがとにかく怖がるものですからその場は一度切り上げてしまいました。しかし肝試しの夜、友達の一人が消えてしまったのを皮切りに異変が次々と起こります。
一人、また一人と消え知世も消え、フロートの力で静かに移動することにしますが、とうとう小狼まで消えそうになります。不安に陥ったさくらでしたが小狼に励まされ、勇気を出し祠の中にいたイレイズを封印することが出来ました

「灯」グロウ【THE GLOW】


さくらはある夜不思議な夢を見ます。一本の大木に淡い光が多数宿ってる光景に見惚れ何かを呟こうとしたとき、残念ながらそこで夢は終わってしまいました。何だろうと思いつつこの日は夏祭り、知世を誘う予定のさくらでしたが二人だけでは心配な桃矢とその気持ちを汲んだ雪兎も一緒に行くことになります。
可愛い浴衣姿をお披露目してくれたこのエピソードで登場するのが、蛍のような灯りをともすグロウです。夢で見た光景と同じものに出会い不思議な気配を感じたさくらはその場に留まり・・・ようやくグロウの存在を知り静かに封印しました。

「移」ムーブ【THE MOVE】


物質の瞬間移動が可能なムーブもアニメオリジナルのクロウカードです。物の運搬用に創られたそうなのですが、ケルベロスも認めるほどその能力はあまり重宝されていないようです・・・なんでもあまり重量のある物や生き物は移動させられないようで、一度に移動できる距離も大して長くはないそうです(むしろ短い)。
ただ困ってしまう程のいたずらっ子で、さくらと小狼の本を瞬間移動させたりととことん困らせてきます。なんとかムーブを捕まえようと奮闘しますが、あっちこっちに移動するに翻弄されてしまうさくら達。そこでさくらは精神を研ぎ澄ませ集中してみると、ムーブが移動する際に赤い軌跡を残すことに気づきました。それを元に次の移動先を読んださくらは見事封印・・・が、そこは川の上。小狼は川に落ちそうになるさくらを助けようとしますが、結局二人して川へ落ちてしまうのでした。

「闘」ファイト【THE FIGHT】


こちらのファイトもアニメオリジナルのカードです!カードには拳法着姿の人物が描かれています。ファイトは使い手を格闘術の達人にしてくれる力を持っているのですが・・・さて、さくら達の住む友枝町では格闘家への闇討ち事件が起きていました。実はファイトは強い者との戦いが大好き!なので強い人を見つけては戦いを仕掛けては相手をやっつけてしまっていたんです。そんなファイトを巡るアニメ第20話では、オリジナルキャラクターである李苺鈴(リ・メイリン)が初登場します。
ファイト封印にあたり活躍したのがパワーのクロウカードで、闘うのが好きならパワーの時のように力を示せばいいのです。こうして無事ファイトの封印に成功、この時のさくらはかわいいピンクのバルーンスカート姿でした。

「輪」ループ【THE LOOP】


見た目からなんとなく能力を察せられそうなこのループは、次元を繋ぎ無限ループ空間を作り出せます。こちらもアニメオリジナルのクロウカードとしてアニメ第21話に登場しました!ループが現れたのはマラソン大会でのことで、参加していたさくら達は折り返したはずなのに後ろから誰も続いてこず、同じ場所を延々と走らされてしまうという目に遭ってしまいます。
ループは次元の繋ぎ目を断ち切ればその姿を現すと聞き、小狼は羅針盤を使って次元の繋ぎ目を探し、さくらはケルベロスと共に探しに行きます。繋ぎ目の切断は小狼とほぼ同時でしたが、さくらの方が若干早かったのでループのカードはさくらの物となりました。

「眠」スリープ【THE SLEEP】


こちらもアニメオリジナルなカード・スリープはさくらの父・藤隆の勤める大学に現れてあっちこっちに眠りの粉をばら撒いては人々を眠らせてしまっていました。妖精風な姿なので動きが素早くなかなか捕まえられずにいましたが、ウィンディにかかればなんのその。ウィンディの風に包まれてスリープは封印されるのでした。
ところで強い魔力を持つ者なら眠らないそうなのですが、スリープが登場した第22話ではケルベロスも眠っていましたね。もしかしてスリープの力にはムラがあるのでしょうか・・・?

「歌」ソング【THE SONG】


ある日さくらはとても苦手な幽霊の話を聞きます。なんでも誰もいない音楽室で歌声が聞こえるというのです。さくらの学校の近くにある兄・桃矢の通う高校でもその歌声が聞こえてくるらしく、ケルベロスから夜の学校へ行くぞと言われても首を縦に振らなかったさくらでしたが大好きな雪兎がその歌声を聞いてみたいと言ったらねぇ・・・?行くしかないですよね!
というわけでそこで登場したのがアニメオリジナルのカード・ソングなのです。このソングは気に入った相手の声をコピーしその人と同じように歌えるので、ここでは知世の歌声をコピーしていました。ですが知世が練習中のところだったのでソングも練習するように夜な夜な歌っていたのです。屋上で知世が歌うことでソングを誘い出し封印しました。ここでのさくらは音楽にちなんでかエレガントなドレス風の装いでしたよ!

「小」リトル【THE LITTLE】


アニメオリジナルのクロウカードとして登場するリトルの力は、触れた対象を小さくしてしまうもの。知世の作った新しいコスチューム(大きなリボンが可愛いアリス風)を試着していたところクロウカードの気配を察知したのですが、遭遇した光の粒(リトル)が飛び掛かって来て次の瞬間にはさくらの身体は小さくなっていました。
ぴょんぴょんとすばしっこく逃げ回るリトルを追い掛けますがなかなか捕まえられません。しかしリトルの力を知らない知世が触れそうになった寸前をさくらは制止し、その際リトルに触れさくらは元通りの大きさに戻りようやく封印できたのでした。ちなみにリトルが登場する第24話の冒頭でさくらは大きなお城に住むお姫様に憧れていましたが、小さくされたせいで大きな家の大変さを知りエピソードが終わるころにはもうこりごりな様子でした。

「鏡」ミラー【THE MIRROR】


任意の相手や物に変身できるというミラーは、さくらの姿で様々ないたずらをやらかしていました。クロウカードであることはもう一目瞭然なのですが、特殊なカードのミラーに魔法は通用しません。ミラーを封印するには名前を言い当てる、つまり何のクロウカードなのか正体を見破らねばいけないのです。
さてそんなミラーはさくらの兄・桃矢に近づき嘘を言って怪我させてしまうのですが、桃矢は一切責めようとしません。実はこのさくらが偽物であると始めから見抜いていており、ミラーを幽霊だと勘違いしていた桃矢は残した未練を成就させてあげようとしていたのですね。そんな桃矢の優しさに触れたミラーは、駆け付けたさくらに自ら正体をばらすような素振りをし名前を呼ばせたのでした。

「迷」メイズ【THE MAZE】


メイズ迷路を作り出し迷わせる力を持っています。恋愛成就に効果があるという月峰神社に訪れたさくら達を作り出した迷路の中に閉じ込めてしまいました。厳しい性格のようで不正を一切許さず、ソードで壁を壊して突破しようとしたりフライで空を飛んで抜け出そうものなら、まるで罰を与えるかのように迷路をより複雑化してしまいます。
そんなさくらを助けたのがこのエピソードで初登場となった観月歌帆です。さくら達のクラスの新しい数学の先生として赴任してきた歌帆は月峰神社の宮司の一人娘で、手に持っていた鈴で壁を破壊しさくら達の脱出を手伝ってくれました。この時歌帆がメイズを封印した形になってしまいましたが、歌帆はすんなりとさくらへメイズを渡してくれます。アニメでは怪しさぷんぷんな雰囲気を纏う歌帆でしたが、原作ではドジっ子な一面が描かれていますよ。

「戻」リターン【THE RETURN】


アニメオリジナルのクロウカード・リターンの能力は対象を過去へ飛ばすというものです。しかし人を過去へ送るには魔力消費が激しく特殊な条件下でないと魔法を発動できない上、過去へ送れるのは一人のみという制限付きでした。月峰神社の神木に潜んでいたリターンは、さくらを時空の穴へと落としてしまいます。
リターンが見せた過去とは歌帆と桃矢の関係。なんと二人は元恋人同士だったのです。しかし歌帆の留学を機にお別れしてしまったそう・・・そこまで見てさくらは現代へと戻っていきました。小狼が同じ時の魔法であるタイムを使いリターンの隙をつく形でさくらを助け出したので、今回のリターンは小狼の物となりました。

「撃」ショット【THE SHOT】


アニメオリジナルのカードとして登場のショットは、ジャンプ封印の際に登場した真樹の店『ツインベル』で売られていたおまじないカードに混じっていました。おまじないカードと見た目がそっくりだったので、混ざってしまったようです。
恋愛成就の噂を聞きカードを購入した苺鈴でしたが、それがショットなのでした。『小狼のハートを狙い撃ち』と呟いた苺鈴の言葉によって魔法が発動し、小狼はショットに狙われてしまいます。さくらはミラーのカードを使ってショットの攻撃を跳ね返し、見事封印したのでした。

「甘」スイート【THE SWEET】


引き続きアニメオリジナルのカードとして登場したのは、どんな食べ物も何でも甘くしてしまうスイートです。アニメではさくら達の学校の家庭科室に現れて、生徒が作ったケーキを元々甘いのをもっと甘くしてしまいました。クロウカードの気配を察したさくら達は目の前で次々と甘いお菓子に変えるスイートの封印に取り掛かります。
自分たちの作ったケーキをおとりにスイートをおびき寄せ・・・スイートに塩攻撃をお見舞いします!しょっぱいものに塗れてしまったスイートは気絶し、無事封印することができたのでした。しかし調理実習でケーキを作るなんて設備が整っていないとなかなかできないですよね!さくらの学校がちょっぴり羨ましいです。

「駆」ダッシュ【THE DASH】


短距離移動はお任せあれ!アニメオリジナルのクロウカード・ダッシュは、さくらに一度捕獲されましたが無理矢理脱出し怪我をしてしまいます。そこで出会ったのがさくらの同級生・玲です。見た目は普通の動物なので玲によって保護されたダッシュは『ピューイ』と名付けられしばらく可愛がられていました。
ダッシュに力を与えられている事に気づかない玲は所属する陸上部での活動でどんどん記録を更新していきます。最初は封印を躊躇い先延ばしにしようとしていたさくらですが、ケルベロスの叱咤に意を決しダッシュを封印しました。ですがダッシュを追い詰めたのは小狼なのでダッシュは小狼の物となったのでした。
封印後ピューイと呼んでダッシュの姿を探す玲の姿が切ないですが、陸上大会の日決勝戦に臨む玲の前に小狼はダッシュを連れて見せるという粋なことをしてくれましたよ!自分自身の力で玲は優勝し、このエピソードはめでたく幕を下ろしました。

「大」ビッグ【THE BIG】


リトルのように触れたものの大きさを変えてしまうアニメオリジナルのクロウカードです。深夜の町に現れては魚や猫などを巨大化させるといういたずらを繰り返していましたが、元々は大人しい性格らしく、ビッグは大人しくフライで近づいたさくらに封印されました。
しかしビッグ封印のあと、さくらは別の不可思議な現象に出会い連続でクロウカードの封印に臨むことになります。ちなみにこの時のさくらは羽根襟が鎧のようにも見えるカッコいいコスチューム姿で奮闘していました!

「創」クリエイト【THE CREATE】


さくらの友達・奈緒子が出会った本の正体がこのクリエイトです。その本に描いたことを実体化させる能力があり、そこに奈緒子が物語を書き綴ったことでドラゴンなどが町へと飛び出してしまいます。
さくらはビッグを使って巨大化し対抗しますが、ドラゴン達の消し方が分からず戸惑いながらの応戦となりました。ですが、奈緒子が眠ろうとして本(クリエイト)を閉じたためにドラゴンたちは消え始め、それらが完全に消える前にさくらはどうにかクリエイトを封印するのでした。

「替」チェンジ【THE CHANGE】


アニメオリジナルのカードとして第32話に登場したチェンジは、触れたものの魂を入れ替えるという力があります。さくらとケルベロス、そして小狼の三人で協力し合い封印しますが、その前にチェンジへ触れてしまっていたケルベロスと小狼が入れ替わってしまうという事態に。
元に戻るにはチェンジの効果が弱まるまで待ち、もう一度チェンジを発動させた際に対象の二人が抱き合っていなければいけません。仕方なく入れ替わった小狼とケルベロスはそれぞれになりきって一日を過ごすことになるのですが、それがなかなか見ものでした。色々とトラブルに見舞われてしまいますが(主にケルベロスになった小狼が)、最後は無事元に戻ることが出来ました。

「凍」フリーズ【THE FREEZE】


こちらのフリーズもアニメのみに登場するオリジナルのクロウカードです。大好きな冷気に惹かれてやってきたフリーズが現れたのはさくら達がスケート場でした。巨大な魚の姿をしているフリーズは、氷の下を泳ぎ回りどんどんスケート場の気温を下げ、最終的には魔力の無い知世たちを凍らせました
凍らなかった小狼とさくらで封印に臨みますが、途中さくらは攻撃を受け気絶してしまい凍りかけてしまいます。隙を見てさくらを起こした小狼はおとりとなってフリーズを引き付けさくらに封印させました。無事フリーズを封印できたことで凍ってしまっていた人々は元に戻り、フリーズのカードは小狼の5枚目のカードとなったのでした。

「火」ファイアリー【THE FIREY】


大好きな雪兎とクリスマスデートをすることになったさくらは大喜び。クラスメイトから遊園地のチケットを貰っていたので、クリスマス当日は雪兎と遊園地へ出かけます。ちなみに知世とケルベロスもこっそりついていきました。
そんなデートを邪魔するように現れたのが四大元素を司る火のファイアリーです。遊園地で起きた異変に小狼はタイムを、さくらはスリープを使って一般人を眠らせた後でファイアリーと対峙しました。
火の猛攻は激しく、ウィンディでもウォーティでも太刀打ちできません。しかしケルベロスの助言により、ウィンディとウォーティ同時に使うことでファイアリーの動きを止めたさくらは無事封印を成功させました。そして幸せなデートの続きを楽しむのでした。

「雪」スノウ【THE SNOW】

温かな春の陽気に包まれた新学期、そこへエイプリルフールのような出来事を引き起こしたのがスノウです。アニメオリジナルのクロウカードで、4月だというのに大雪を降らせ街全体を雪で覆てしまいます。
異常気象をクロウカードの仕業だと判断したさくら達はフロートの力で雪の上を進むのですが、突如として襲いかかってきた吹雪に飲まれさくらは雪兎から貰った腕時計を失くしてしまいました・・・
可愛いうさぎパーカー姿のさくらでしたがこれには大激怒します。瞳に怒りの炎を灯しそしてファイアリーの力を発動させ、思いの力であっという間に雪を溶かしつくしてみせました。さくらの猛攻にスノウは追い詰められ封印されます。その後歌帆が見つけてくれたおかげで無事腕時計もさくらの手元に戻り、これにて一件落着です。

「声」ヴォイス【THE VOICE】


アニメオリジナルとして第37話に登場したヴォイスは、ソングと違い気に入った者の声を奪ってしまいます。ここで狙われたのが知世の声・・・声を失くしてしまい歌えなくなってしまった知世の姿は傷ましいものがありました。
しかもこのヴォイス、声を取り返されるのを恐れて隠れてしまう卑怯な子なんです!そこでさくらは以前知世の声をコピーしていたソングを使いヴォイスを誘き出すことに成功、そして小狼の護符の結界に逃げるのを阻まれたヴォイスは無事封印され知世は声を取り戻したのでした。その後描かれたコンクールのシーンでは素敵な歌声を響かせる知世の姿が見られますよ!

「錠」ロック【THE LOCK】


その姿から分かるように鍵の力を持つロックもアニメオリジナルのクロウカードです。鍵穴に取りついて何人たりとも施錠することを許しません。アニメではさくら達が訪れるイチゴ農園の資料館の扉を閉ざしてしまいちょっとしたニュースになっていました。
ミラー同様特殊なカードなのでロックには魔法が一切通用しません。普通の鍵でももちろん開けることが出来ないのですが、さくらが持っているのは普通の鍵だけではないですよね!・・・そう!封印の鍵です。開錠しようとした際ロックが暴れてしまい資料館の中はめちゃくちゃになってしまいますがなんとか封印し、さくら達は片付けの後で美味しいイチゴを味わうのでした。

「雲」クラウド【THE CLOUD】


ある日熱にうなされたさくらの前に町全体を覆う程の雲を作って見せたのがこのクラウドです。名前の通り雲を操るクラウドも、アニメオリジナルのクロウカードとして登場しました。
熱があり本当は寝てなきゃいけないさくらですが、ミラーに自分のふりをしてもらうことにして封印に向かいます。しかし一度桃矢に見抜かれているなんてさくらは知らず、桃矢にバレバレでした
小狼や苺鈴の協力もありクラウドを封印したさくらでしたが、ここで活躍したのは小狼なのでクラウドのカードは小狼の方へ渡ります。ですがここで小狼はなんと『どうせ最後は自分のものになる』と言ってさくらにクラウドを返したのです。なんていうツンデレ・・・最高でした。

「夢」ドリーム【THE DREAM】


神官風の女性が描かれたこのクロウカードもアニメオリジナルとして第40話に登場しました。力を使った相手に予知夢を見せるようで、水色の蝶として現れたドリームはさくら達に夢を見せ翻弄します。
実は訪れた東京タワーに入った時、さくらはドリームのカードを踏んでしまっていました。それに気づいた小狼がタイムでドリームの力を封じたので、小狼のカードとなったのでした。クラウドの時と違ってさくらに渡してくれないんですね・・・

「砂」サンド【THE SAND】


砂を自在に操るサンドが登場したのはアニメ第41話でした。民族衣装風の女性が描かれたこのクロウカードもアニメオリジナルのカードです。劇をやることになり早朝練習のため学校へ来ていたさくらと小狼に襲い掛かります。
特性は砂なのでどれだけ集まっている所を狙って封印しようとしても、四散してしまえばいとも簡単にサンドは逃げることが出来ます。そんな厄介なサンド相手に、砂の中に飲まれそうになっていた小狼がさくらにウォーティを使うよう指示を出し、サンドが水に濡れたところで今度はフリーズを使って凍らせました。
やっとのことで封印できたサンドのカードを二人は拾おうとしますが、封印出来たのは小狼のおかげと言ってさくらはそれを小狼に譲るのでした。さくらは本当に素直でいい子です・・・

「光」ライト【THE LIGHT】


友枝小学校の学芸会の日、桃矢と雪兎たちが見守る中練習した成果を見せるため劇に臨んださくらでしたが、突如として暗闇に取り込まれ独りぼっちになってしまいました。
暗闇の中一人になってしまったさくらは涙を堪えカードの正体を探りますが、ダークの仕業だと突き止めても名前だけでは封印できず闇の深さにさくらの心は折れそうになります。そこでさくらの助けになったのがここで紹介するライトなのです。
ライトはクロウカードの封印が解けた後からずっとさくらの中に身を潜めていたらしく、スリープに見せられた予知夢で聞いた『絶対、だいじょうぶだよ』という言葉を聞いて姿を現してくれたのでした。

「闇」ダーク【THE DARK】


闇を操るダークはさくらが本当にカードの主として相応しいかを試すために闇の中にさくらを閉じ込めたのでした。ライトと対になるカードで、ダークとライトは二つで一つの存在です。ライトと共に闇から抜け出したさくらは、現れたダークとそしてライトを二つ同時に封印しそれぞれのカードを手にしたのでした。
ちなみにさくら達が演じようとしていたのは『眠れる森の美女』で、さくらは王子、小狼が姫役を務めていました。サンドの時練習していた劇もそうです。どちらも姫を目覚めさせるためのキスシーンに入ろうとしたところでサンドやダークが現れたので、いい感じに視聴者の邪魔をしてくれました。

「双」ツイン【THE TWIN】


最後のアニメオリジナルのカード・ツインの力は生き物問わずあらゆる物を二つにしてしまうというものでした。それによって町を混乱させひと騒動起こしていました。
香港に帰る事になった上小狼と喧嘩してしまった苺鈴とゆっくり話していたところ、さくらはクロウカードの気配を察知し先に戦っていた小狼と合流します。以心伝心なプレーを見せるツインに小狼もさくらも悪戦苦闘・・・しかもツインは双子なのでライトとダークのように同時に封印しなければいけません。
そこでさくらが提案したのは、小狼と長年小狼を見て来た苺鈴なら出来るのではないかということ。最初は無理だと遠慮する苺鈴でしたが小狼の『行くぞ苺鈴』の一言に一念発起し、合図も無しに見事な連携プレーを決めツイン封印に成功したのでした。

「地」アーシー【THE EARTHY】


原作アニメ共に最後に登場するのがこのアーシーです。大地の力を持ったアーシーは巨大な龍の姿で大地を割ってさくら達の前に現れました。ちなみにカードの絵は綺麗な女性が描かれています。
このアーシーの封印には、さくら一人で方法を見つけ立ち向かわなければいけませんでした。そのためいつもは助言をくれるケルベロスも何も言えなかったのですが、歌帆がヒントとなる行動を示してくれたおかげでウッドの力を使い見事アーシーを封印したのでした。最後のクロウカードを封印したさくらでしたが、この後更なる試練が待っているなんて思いもしませんでした・・・

「矢」アロー【THE ARROW】


その名の通り矢の力を持ったアローは、カードキャプターさくらの劇場版アニメに登場するオリジナルのクロウカードです。魔力で創り出した矢を放ち、そして放った矢を分裂させて攻撃を仕掛けていました。
さくらはウィンディの力でアローを翻弄し捕獲したところを見事封印して見せます。劇場版でもしっかり知世特製コスチューム姿を披露してくれるので、それを楽しみにしている人は劇場版も是非見た方がいいですよ!

【名前のないカード】


アニメオリジナルのカードであるこれには名前はありませんアニメ最終回にて登場しました。ハートを包むような翼の絵が印象的なこのカードはさくらの小狼への想いが溢れだし生まれたカード・・・つまり、魔術師クロウ・リードでもなく紛れもなくさくら自身が作り出したカードなのです!
絵柄から想像するに心や愛が関連しそうなこの『名前のないカード』は、一体どんな力を秘めているのでしょうか?劇場版第二弾『封印されたカード』にてこのカードの正体が明かされます。

「無」ナッシング【THE NOTHING】


カードキャプターさくらの劇場版第二弾『封印されたカード』に登場するオリジナルのカードです。真の意味でさくらが最後に封印したカードとなります。クロウ・リードの地下に封印されていたナッシングは、プラスの力となる52枚とバランスを保つために創られたマイナスの力を持ったカードなのですが、他のクロウカードが全てさくらカードに変わってしまったために封印が解かれてしまったのです。ナッシングの存在はカードの守護者である月もケルベロスも知りませんでした。
絶大な力の前に次々とさくらカード達の力を無に帰し奪ってみせますが、ずっと独りぼっちだったナッシングは友達が欲しかっただけ・・・奪ったカードは結局さくらの元に戻ってしまい泣き崩れるナッシングをさくらは温かく迎え入れ封印することが出来たのでした。

「希望」ホープ【THE HOPE】


ナッシングを封印した対価として最も魔力が強い者一番大事にしている思いが消されてしまいます。この場で魔力が最も残っていたのは小狼・・・小狼の大事な思い、それはさくらを想う心でした。
消えそうになるさくらへの想い・・・ですがさくらが小狼の名前を叫んだ瞬間、あの『名前のないカード』から光が放たれ、ナッシングと名前のないカードは融合され新たなカードへと生まれ変わります。それが希望の名を持つホープなのです。
小狼の心が消えてしまったと思い悲しむさくらの希望となったホープは『絶対、だいじょうぶだよ』と語りかけ、さくらの手に納まりました。小狼の心は消えずに残り、クロウカードを巡る物語はこうしてハッピーエンドを迎えたのでした。

名前だけ登場したクロウカード


さてたくさんのクロウカードが登場したアニメ『カードキャプターさくら』ですが、中には名前しか登場しないものもありました。ここでまとめて4つ紹介させていただきます!
まず一つ目は、人魚風な少女が描かれたバブル(THE BUBBLES)のカードです。なんでもケルベロスを洗うために創られたそうで、魔術師クロウ・リードはこのバブルの力で食器なども洗っていたようです。そんな実用的なカード、私も欲しいです。ちなみに『封印されたカード』に登場する知世のビデオ映像にてバブルの捕獲シーンと思われる記録が見られます。
続いて二つ目のカードは、ウェイブ(THE WAVE)です。その名の通り波を操る力を持っていますが、残念ながら捕獲シーンはなく名前だけの登場となりました。カードには波の絵が描かれています。


三つ目はライブラ(THE LIBRA)のカードで、その名は『』を意味しています。たぶんですが重量もしくは重力を操る力があるのだと推測できるますが、詳細は不明です。ウェイブのように捕獲シーンはなく名前だけ登場しました。
最後に紹介するのがスルー(THE THROUGH)のカードです。物質の通り抜けが得意なこのスルーは、魔力の比例に応じて抜けられる壁の厚さが変わるようです。カードにはチャイナ風の女性が描かれ、アニメ版にて名前だけの登場となりました。

さくらにまた会える!待望のクリアカード編スタート!

知世ちゃんの手作り衣装は?小狼との関係は?


融合したナッシングと名前のないカードも含めて、カードキャプターさくらに登場したクロウカードは55枚となりました!如何でしたか?本当に様々な力を持ったカードの数々ですよね。
ところで皆さん新しく『クリアカード編』が始まっていることご存知ですか?講談社なかよし2016年7月号から、中学生となったさくらの新しい物語が連載中です。しかも、2018年1月より最新アニメの放映もスタートするんですよ!公開されたPVを見る限り、知世の手作り衣装に身を包んださくらの姿が期待できそうですね。
小狼とも再会を果たし、二人の関係はどうなっていくのか。そしてクリアカードを巡るストーリーはどんなものとなるのか。ドキドキしながらさくらの活躍を見守っていきましょうね!
こちらの記事もチェック!