フェイト・テスタロッサは優しすぎる魔導師!強さや過去を知る9つの魅力!【魔法少女リリカルなのは】

「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の初期から登場する魔法少女・フェイト。主人公の魔法少女・なのはと敵対する立場で登場しましたが、事件が終わってからはかけがえのない友達同士に。そんなフェイトの魅力をご紹介していきます!

フェイト・テスタロッサとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

「魔法少女リリカルなのはシリーズ」は、アニメ・漫画・映画などの多方面のメディア展開が行われているシリーズです。元は、恋愛シュミレーションゲームである『とらいあんぐるハート3 〜Sweet Songs Forever〜』スピンオフ作品の一種として始まりましたが、登場人物が増えるにつれて徐々に独自性を持つようになっていきました。
始まった当初は、小学3年生の主人公・高町なのはを中心とした「魔法少女もの」としての匂いが強かったのですが、次第に「魔法を使ったバトルアクション」「少年漫画のように熱い心理展開」で好評を博すようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フェイト・テスタロッサは、シリーズ第1期のテレビアニメ『魔法少女リリカルなのは』(以下、無印)で初登場したヒロイン。この時点での年齢は、主人公のなのはと同じ9歳(特殊な生まれであるため、あくまで外見年齢です)。身長誕生日などは不明です。
無口無表情で、どこか「寂しげな目」をしている少女。本当は争いごとが嫌いな優しい性格の持ち主なのですが、ある理由のために、なのはと戦っていました。ここからは、そんなフェイトの魅力をご紹介していきます!

フェイトの魅力1:主人公・なのはのライバルとして初登場!

出典:https://www.amazon.co.jp

平凡な暮らしを送っていた小学3年生の少女・高町なのはは、ある日傷ついたフェレットのような生き物を見つけ、保護します。その生き物の正体は、異世界から来た少年・ユーノ
彼が散らばってしまった異世界の遺産「ジュエルシード」を集めるためにこの世界に来たことを知ったなのはは、彼を助けることを決意。ユーノから託されたインテリジェントデバイス「レイジングハート」を手に魔法少女となり、ジュエルシード集めを開始します。
フェイトはなのはと同じく、「ジュエルシード」を集める魔法少女として登場。フェイトと対立する中で、なのははフェイトの瞳の奥にある「寂しさ」が気になるようになっていきます。対するフェイトも、なのはの優しさ心を揺らすようになっていくのです・・・。

フェイトの魅力2:紅白出場歌手!水樹奈々が声を担当

出典:https://www.amazon.co.jp

フェイトの声は、歌手・ラジオパーソナリティーなどとしても活躍する人気声優・水樹奈々が担当しています。1980年1月21日生まれ38歳(2018年1月現在)。『NARUTO -ナルト-』の日向ヒナタ役や、『戦姫絶唱シンフォギア』の風鳴翼役などで有名です。ファンからは奈々様、奈々ちゃんなどの愛称で親しまれています。
2009年に初めてNHKの「紅白歌合戦」の舞台に立ち、その後6回連続で出場。劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の主題歌「PHANTOM MINDS」、映画『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』の主題歌「BRIGHT STREAM 」を紅白の舞台で歌っています。

フェイトの魅力3:悲しすぎる過去!「プレシア・テスタロッサ事件」の顛末

出典:https://www.amazon.co.jp

フェイトはジュエルシードを集めるために、なのはと対立することになりますが、それは「母」であるプレシア・テスタロッサの願いを叶えるためでした。プレシアはジュエルシード集めが遅れるフェイトに対し、虐待同然のような酷い仕打ちをしますが、フェイトはそんな「母」に尽くすことをやめようとしませんでした。
フェイトの正体は、実は「プロジェクトF.A.T.E」という計画を元につくられた人造人間。プレシアがその計画の技術を利用し、亡くなってしまった自分の娘・アリシアのクローンとして造り出しました。
プレシアは自分の娘が完全に蘇ることを望みましたが、フェイトとアリシアとの間にある差異に気がつき、失望。フェイトのことを「失敗作」と断じてしまいます。そして、プレシアは今度こそ自分の娘を蘇らせるために、フェイトに「ジュエルシード」を集めることを命じたのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フェイトは自分の正体と、プレシアから愛されていなかった事実を知り、大きなショックを受けます。しかし、プレシアとの最終決戦の際、それでもプレシアのことを「母」として愛しているという想いを伝えます。しかし、プレシアはフェイトの手を取ることなく、アリシアの遺体とともに虚数空間へと消えてしまいます
事件が終わった後、フェイトはなのはと完全に和解します。フェイトにとってなのはは、生まれてはじめて対等に接することのできる「友達」となり、フェイトはなのはが困った時に必ず助けにいくことを約束し、いったんのお別れをするのでした。

フェイトの魅力4:ハラオウン家の養子に!家族に照れる顔がかわいすぎる


シリーズ第2期のテレビアニメ作品『魔法少女リリカルなのはA’s』(以下、A’s)で、「プレシア・テスタロッサ事件」に関わった時空管理局の提督・リンディ・ハラオウンが、天涯孤独の身となってしまったフェイトを養子に誘っていることが明らかになります。
「プレシア・テスタロッサ事件」で色々あったこともあり、フェイトの気持ちの整理がつくのを待つような状態になるのですが、当のフェイトはリンディのあたたかな対応のひとつひとつに喜びの感情を覚えては、照れたり、戸惑ったりしている様子。


シリーズ第3期のテレビアニメ作品『魔法少女リリカルなのはStrikerS』(以下、StrikerS)では、フェイトとリンディが正式な親子となってからしばらくの年数が経過しています。
フェイトの名前は「フェイト・テスタロッサ」から「フェイト・T・ハラオウン」に変わり、リンディのことを「母さん」と呼んで慕っています。フェイトがリンディの実の息子であるクロノのことを、慣れきった様子で「お兄ちゃん」と呼ぶと、クロノは照れくさそうにしていました。

フェイトの魅力5:StrikerSではライトニング分隊の隊長を務める!


StrikerSで、フェイトは19歳となります。時空管理局の執務官となり、親友の八神はやてが立ち上げた部隊「機動六課」に招かれます。「機動六課」全体の指揮は部隊長であるはやてが行いますが、フェイトはその中の前線フォワード部隊「ライトニング分隊」隊長を任されます。無印で出会ったなのはも同じく「機動六課」に所属することになり、「スターズ分隊」隊長を務めます。

フェイトの魅力6:心配性で優しい「母」としての一面


フェイトが隊長を務める「ライトニング分隊」には、赤髪の少年・エリオ・モンディアルと、桃色の髪の少女・キャロ・ル・ルシエが所属しています。2人はかつてフェイトに保護された過去があり、それ以来、フェイトと「家族」のように親密な関係を築いてきました。それぞれ辛い事情を抱えていた2人は、愛情深く接し続けてくれるフェイトに対し、大きな感謝の念を抱いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

StrikerSの中盤で、時空管理局はヴィヴィオという子どもを保護することになります。ヴィヴィオに気に入られてしまったなのはは「ヴィヴィオのママ」を引き受けることになり、フェイトはそんな2人の後見人を務めることになります。
ヴィヴィオが転んでしまった時にはすぐに助け起こしに行き、心配性の「母」としての一面を覗かせていました。この関係はStrikerS以降も続いており、ヴィヴィオには「フェイトママ」と呼ばれて慕われています。

フェイトの魅力7:バルディッシュの使い手!戦闘能力は?


StrikerSで、フェイトは魔導師ランクで「空戦S+」をとるほどの実力の持ち主となります。近接戦闘と射撃を得意とし、近接戦闘では優れたスピード多彩な魔法で相手を翻弄します。「防御」よりも「攻撃」を重視した魔導師です。
戦闘で使用するのは、インテリジェントデバイスである「閃光の戦斧」・バルディッシュ・アサルト。無印の頃は「バルディッシュ」という名前のデバイスでしたが、A’sで一度壊れてしまった後、ベルカ式カートリッジシステムを搭載した「バルディッシュ・アサルト」として復活します。鎌型の形態になったり、剣型の形態になったりすることで、近接戦闘の得意なフェイトをサポートします。

フェイトの魅力8:私服とブレイズフォームが素敵!フィギュアをご紹介!

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』(=無印の内容を元に制作されたもの)の際のフェイトの私服姿金色の長い髪赤い瞳には、黒で統一した衣装がよく似合います! バルディッシュを両手に持っているところもカッコいいですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』(=A’sの内容を元に制作された映画)で見せた「ブレイズフォーム」のフェイト。振り上げられた剣形態のデバイスはもちろんのこと、風を受けて広がるマント凛々しいフェイトの表情が素敵です!

フェイトの魅力9:魅力にあふれた名言の数々

「ホントの自分を始めるために、今までの自分を終わらせよう」

出典:https://www.amazon.co.jp

無印で自分の正体を知り、母親から愛されていなかったという事実に打ちのめされたフェイトが、立ち直ったときに言った台詞。主の想いに応えたバルディッシュを手に、前を向いたフェイトのカッコよさが感じられる台詞です!

「友達が泣いてると、同じように自分も悲しいんだ」


「プレシア・テスタロッサ事件」が終わったあと、フェイトとなのはは友達になります。なのはに促されて、フェイトがおずおずとなのはの名前を呼ぶと、なのはは思わず涙を流してしまいます。その時にフェイトがなのはの涙をぬぐいながら言ったのが、この台詞です。なのはのことを大事に思うフェイトの名言であり、この先ずっと仲の良い関係を築いていく2人の名シーンです!

「私は弱いから・・・、迷ったり、悩んだりを、きっとずっと繰り返す。だけど、いいんだ。それも全部、私なんだ!」


StrikerSで、事件の黒幕に心の弱い部分をつかれてしまったフェイト。通信で流れてきたエリオとキャロの励ましで立ち直り、真・ソニックフォームとなって黒幕に立ち向かいます。フェイトの与え続けた愛情にエリオとキャロが答える名シーンであり、フェイトの人間としての魅力がつまった名言です!

フェイトは「運命」に挫けなかった心優しいヒロイン!

出典:https://www.amazon.co.jp

ここまで、フェイトの魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
フェイトは「人造生命」として産まれ、幼少期にたくさんの辛さを味わって育った女の子でした。けれど、数々の幸運な出会いに恵まれ、自分の「運命」に打ち負けずに成長し、同じように辛い境遇にある子どもたちに手を差し伸べられるようになりました。そんな心優しさをもったフェイトの今後の活躍に、期待です!