『CCさくら』木之本桃矢は究極のお兄ちゃん?思わず惚れる6つの魅力

2018年1月より、「クリアカード編」がアニメで放送される大人気漫画『カードキャプターさくら』。その中に登場する木之本桃矢は、主人公の魔法少女・さくらの頼れるお兄ちゃんです。そんな彼の魅力について、ご紹介していきます!

『カードキャプターさくら』木之本桃矢とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

「CCさくら」の略称で知られる『カードキャプターさくら』は、女性漫画家集団・CLAMPによる「魔法少女もの」漫画作品。1996年から2000年にかけて、月刊少女漫画雑誌・なかよしにて、「クロウカード編」「さくらカード編」が連載されました。1998年から2000年にかけては、原作者の1人である大川七瀬がシリーズ構成に参加した上で、様々なオリジナルの展開を含んだアニメが放送され、大きな人気を呼びました。
連載開始20周年である2016年からは、新編「クリアカード編」が連載開始。当時とほぼ同じ監督・スタッフ・キャストが結集した上で、2018年1月から「クリアカード編」のアニメが放送されることになり、大きな話題を呼んでいます!
こちらの記事もチェック!
16年ぶりの新作!カードキャプターさくらの名言・名シーン30選! | festy(フェスティー)

■16年ぶりにクリアカード編が公開されたカードキャプターさくら。懐かしいあのシーン、涙した名シーン…男女問わず長年愛され続けるカードキャプターさくらの思い出が蘇る!原作・アニメの両方から名言・名シーンを30選しました!


木之本桃矢は、主人公の魔法少女・木之本桜の7つ年上のお兄ちゃんです。私立星條高校に通う2年生で、サッカー部に所属(「クリアカード編」では、大学生になっています)。誕生日は2月29日で、血液型はO型。好きな花はで、好きな色は成績優秀スポーツ万能、おまけに家事ができて、さまざまなバイトもやりこなせるという超ハイスペックの持ち主! ここからは、そんな桃矢の魅力をご紹介していきます!

桃矢の魅力1:男らしい声が素敵!関智一が声を担当!


桃矢の声は、大人気声優の関智一(せきともかず)が担当しています。1972年9月8日生まれの45歳(2018年1月現在)。『PSYCHO-PASS サイコパス』の狡噛慎也役や、『Fate/stay night』のギルガメッシュ役、『ドラえもん』の骨川スネ夫役などで有名です。ファンからは、関智(せきとも)チイチなどの愛称で親しまれています。
ちなみに『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』という作品には、異世界にいる桃矢が登場しているのですが、そちらの声は『ポケットモンスター』のコジロウ役や、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のロイ・マスタング役などで有名な声優・三木眞一郎が担当しています。

桃矢の魅力2:妹のさくらを見守る姿がカッコいい!


桃矢は妹のさくらに対してちょっと意地悪な態度をよくとります。さくらが自宅の階段をドタドタと降りてくる足音を聞いたときには、「怪獣」と言ってさくらを怒らせたことも。けれど、それはあくまで愛情の裏返し。本心では、さくらのことをいつも大事に思っています。親友である雪兎(ゆきと)に「こいつ(=さくら)で遊んでいいのはおれだけだ」と言ったときには、「とーや、シスターコンプレックスってしってる?」と言われて笑われていました。


桃矢の育った木之本家は、(=藤隆)・息子(=桃矢)・(=さくら)という3人構成。母親である撫子は、さくらが3歳、桃矢が10歳の頃に亡くなりました。父親である藤隆は大学講師の仕事の都合で家を空けることがあるので、桃矢はまだ幼い妹のさくらが、困ったり寂しくなったりしないように、半分保護者のような気持ちで見守ってきたのかもしれません
実は桃矢は、さくらとは種類の異なる強い魔力の持ち主。それもあって、さくらが内緒でクロウカードという災いをもたらすと言われる魔力を持ったカードを封印・収集していることに、桃矢は気がついているのですが、さくらのことを心配しながらも、何も言わずに見守っています

桃矢の魅力3:クロウカード・ミラーの片思い


桃矢の優しい人柄を知ることのできる名エピソードの1つとして、クロウカードの1枚であるミラー(鏡)とのエピソードがあります。さくらによって封印される前、ミラーはさくらの姿を模して様々な悪戯をしていました。その標的の1人となってしまった桃矢は、「落し物をした」と言うさくらの姿をしたミラーに導かれるまま、林の中に入り、崖から落ちてしまうのです。
桃矢はそこで立ち上がれない状態となってしまうのですが、すぐ傍までやってきたミラーに、「ちゃんと落し物が見つかるまで付き合うから、さくらの姿でいるのはやめてほしい」と言うのです。桃矢はほぼ初めからミラーがさくらではないと気がついていました。きっとさくらに化けた幽霊なのだろうと思い、傷つけられても尚、満足いくまで落し物探しに付き合ってあげようとしたのです。


そのまま気を失ってしまった桃矢を前に、ミラーは反省し、さくらにヒントを与えて封印される道を選びます。この出来事で、どうやらミラーは桃矢に対して淡い恋心を抱いてしまったようで、また桃矢と話をする機会を得られたときには、とても嬉しそうにしていました。
ちなみに、「さくらとカードとプレゼント」というアニメオリジナルエピソードでは、桃矢が「いつもさくらのためにありがとな」と言って、こっそり買ったリボンをミラーにプレゼントしたこともあります(その後、「ミラー」のカードのイラストは、髪にリボンが巻かれたものになっていました)。・・・ここまででお分かりいただけるかと思いますが、桃矢兄ちゃん、圧倒的イケメンです!
こちらの記事もチェック!

桃矢の魅力4:小狼を敵視!理由はもちろん・・・


小狼(シャオラン)クロウカードを集めるために、香港からさくらの学校に転入した少年です。初めのうちは同じクロウカードを集める存在であるさくらのことを敵視していましたが、徐々にさくらと協力し合うになっていきます。
桃矢は出会ったときから、小狼にバチバチと火花を飛ばしています。何故なら、いつか小狼がさくらのことを好きになり、さくらもまた小狼のことを好きになると直感していたからです(妹が大事な兄としては、それはもう気に食わなかったわけですね!)。とはいえ、小狼が香港に戻ることになった時には、バスの時刻に間に合いそうになかったさくらをバイクの後ろに乗せて走り、ちゃんと香港に戻る前の小狼に会わせてあげたという、兄としてとてもカッコいいところを見せていました。

桃矢の魅力5:実は観月先生と恋人関係だった!?


観月先生こと観月歌帆は、一時期さくらの学校で算数の先生をしていた人物。月峰神社の宮司の娘で、強い魔力の持ち主です。クロウカードを集めるさくらのことを密かに見守り、さくらが大きな試練に直面した際には、さくらに助け舟を出すような役割を担っていました。大学生の頃は、教育実習生として、桃矢の通う中学校に赴任。教育実習の最終日に桃矢に告白され、実は1年ほど付き合っていました
しかし、海外に留学をすることが決まった後、桃矢に別れを告げます。その時に「今度会うときにはお互いに他に好きな人ができている。その時には、大事な友達になることができる」という予言めいた言葉を残していました。本当にその通りになってしまったので、実際に再会したときに桃矢はちょっと悔しそうな顔をしていました。

桃矢の魅力6:好きな人は誰?気になる雪兎との関係は・・・


桃矢の好きな人が誰であるのかは、とても気になるところですよね。本編を読む限り、桃矢の好きな人(少なくとも、一番大事な人)は、親友の月城雪兎(つきしろゆきと)であると推測されます。
雪兎は、桃矢のクラスメート親友優しく穏やかな性格の持ち主です。実はその正体は、クロウカードの守護者の1人である審判者「月(ユエ)」仮の姿。魔術師クロウ・リードによって産み出された存在なので、人間ではありません。ユエと雪兎の意識は別々のものになっているので、雪兎は自分がそのような存在であることに気がついていません。しかし、無意識のうちに、桃矢にだけは自分が人間ではないことを知られたくないと、願い続けていました。


さくらカード編で、新しく主と認めたさくらの魔力が足りず、雪兎とユエは消失の危機に陥ることになります。たびたび邪魔が入り続けたことでなかなか伝えることができませんでしたが、桃矢は「おれは・・・おまえが人間じゃないって知ってる。だから隠さなくていいんだ」と雪兎に伝え、ユエに初めて対面。「さくらとユエ自身の身を守る」という条件をつけ、自分の大切な魔力をまるごと譲り渡すことで、雪兎とユエを救います
その後、雪兎はさくらに「(一番好きな人は)お兄ちゃんですか?」と尋ねられたときに、素直に頷いています。その時にさくらは「お兄ちゃんもきっと雪兎さんが一番だと思います」と言っていました。その「好き」の気持ちが、どのような種類の感情であるかは読者の判断に委ねられていますが、少なくとも、お互いがお互いにとって一番大切な人であることは確かでしょう。
こちらの記事もチェック!

桃矢はみんなが大好きになる究極のお兄ちゃん!


ここまで桃矢の魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
桃矢はぶっきらぼうでちょっと意地悪なところがありますが、とても優しくて面倒見のいい性格をしたお兄ちゃんです。ユエに全ての魔力を渡してしまった後遺症で、しばらくは眠気がとれない状態になっていましたが、どうやら「クリアカード編」で回復し、新しくできることが増えた模様です。「クリアカード編」でいつかその力を使う日がくるに違いありません。これからの桃矢の活躍に、期待です!