【ワンパンマン】地獄のフブキの意外な素顔!魅力に迫る9つのポイント!

今回は人気漫画、テレビアニメでも大人気となりその拳の勢いはとどまることを知らないワンパンマン。そのワンパンマンに登場する超セクシーで強い女性キャラクター地獄のフブキに迫ります。フブキの意外な素顔やサイタマとの関係を9つのポイントで分析。

1.可愛すぎて失神者続出!?地獄のフブキとは

ワンパンマン 9 (ジャンプコミックス)
ONE氏によるWebマンガ及び村田雄介氏作画によるマンガ「ワンパンマン」に登場人物する人気キャラクター・地獄のフブキ。ONE氏いわく「フブキのイメージはクラスに居る暗くてモテなさそうな娘とのことなのですが、リメイク版作画担当の村田雄介氏はどれだけ美人に描いても暗さは残る様にしているそうです。かなり丁寧に作られているキャラクターなのがわかりますね……。
ルパンの峰不二子やうる星やつらのラム、ONE PIECEのナミ、ドラゴンボールのブルマ等に勝るとも劣らないセクシーさ加減は、ワンパンマンの読者である男達を翻弄する妖艶な魅力を放ち続けています。
B級1位で23歳、身長167cm体重非公開でフブキ組を統率する女頭、S級2位のヒーロー戦慄のタツマキの妹であるフブキを9つのポイントで徹底分析します!
こちらの記事もチェック!

2 アニメ版の声優を担当するのは早見紗織さん

Live Love Laugh
フブキの声優さんに迫って見たいと思います。上記の写真の通りとても可愛らしい声優さん、早見沙織さんが地獄のフブキの声の担当をしているのです。早見沙織さんが演じるフブキはとても大人っぽく雰囲気のあるキャラです。
1991年生まれ東京都出身の早見沙織さんはオードリー・ヘップバーンの映画を吹き替えで鑑賞していたことがきっかけとなって、声の仕事に興味を持ち声優を志したのです。
当時吹き替え版を鑑賞した早見沙織さんは日本語で違和感なく動くオードリー・ヘップバーンにかなりの衝撃を受けたそうです。ワンパンマンにてフブキの声を担当している早見沙織さんは本当に魅力のある声の持ち主です。ぜひチェックしてみてください。
こちらの記事もチェック!

婚姻届必須!CV早見沙織の新妻になって欲しいキャラ3選! | festy(フェスティー)

■07年デビュー以降数ある作品に出演し、魅力的な少女をさらに魅入られるほどに輝かせ昇華させる早見沙織のその声には新妻が秘められている。はやみんの演じた中から新妻になって欲しい少女たちを紹介させていただこう!

3 壮絶な過去が?地獄のフブキとタツマキの関係

「私はいつかあなたに勝つ」そう言い放ったのは地獄のフブキでした。フブキがこの強気な発言を行った相手とは、実の姉である超能力の使い手、S級ヒーロー2位の戦慄のタツマキです。
幼き頃フブキは魔女だ魔女だと揶揄われていました。そんな虐められているフブキを助けていたのは超能力を使いこなす姉のタツマキでした。小さい頃はいつも一緒に遊んでいた姉妹。フブキは他に遊ぶ相手がいなかったのです。
それはタツマキのせいだと言い放ちました。フブキは強い姉に怯えていたのです。タツマキの存在が怖くて、生きている世界を窮屈に感じていたフブキ。この姉妹の因縁にはサイタマも少々あきれ気味かもしれません。
こちらの記事もチェック!

4 超能力学生集団会長・フブキの強さを検証

フブキの強さが気になるところですが、フブキはB級1位のヒーローです。物語の中でもそこそこの強さを見せてくれます。おまけに超美人(すこし残念ですが)。皆が憧れるわけです。そして何よりS級2位のタツマキの妹
サイコキネシスとテレキネシスを使い分ける超能力者であるフブキは身体能力自体はC級ヒーローよりも劣り、肉体の強さは一般男性とほぼ同じであることが分かっています。飛行能力もあるが使用頻度は少なめです。
フブキの技には周囲の瓦礫を操作してぶつける地獄嵐や、離れた相手に念動力で衝撃を与える念打、極め付けは念流廻転嵐という念動力の歪曲操作を持っています。総合力ではA級ランカーですが、A級では1位になれない為、あえてB級の1位に止まっているのです。

5 フブキ組のメガネ君から見たフブキ組の一面

メガネ君はフブキ組の新入りです。本人が言うには自ら加入したと言うよりは拾われた元サラリーマン。パッと見ヒーローには見えませんがメガネ君はB級21位のヒーローなのです。後にある人物との出会いによりフブキ組を脱退します。
そのある人物とはサイタマなのですが、見た目は本当スラムダンクの小暮に似ている気がします。メガネ君はフブキの方針に疑問を抱き、努力だけで超絶な力を手に入れたサイタマに一目置いてフブキ組を脱退したのです。
おそらく筆者予測ですと、元々サラリーマンだったメガネ君は、組織での生き方には向かなかったのだと考えられます。サイタマの何だか広い世界観には心を打たれるものがあっての脱退なのではないでしょうか。

6 なんか見たことあるドレッドヘアーやマツゲも登場!フブキ組と番外編

フブキ組はB級ヒーローたちで構成されていて、そのトップに君臨しているのがフブキ様なのです。ドレッドヘアーの組員はサイタマを組にしつこく勧誘する番外編の時に初登場しています。
その際のドレッドヘアーのセリフは「今なら組の全員係で倒せるかも」と言い、何としてもサイタマを勧誘したい様子が伝わってきました。サイタマにとっては迷惑な話っぽいですけど…。ドレッドヘアーのその男、意外にも人気があるキャラなのですよ。村田雄介氏の別マンガに似たようなキャラがいたような・・・。
ドレッドヘアーやマツゲが目立つ部下など、モブキャラがなんだかいい味を出してるフブキ組なのでした。

7 フブキの登場回を紹介!

今や漫画界で超アイドル級に人気のあるフブキですが、村田先生版のフブキは女性として大変魅力あるキャラクターとなっています。そんなフブキの初登場回はと言いますと、意外と遅かったことが分かりました。
オリジナルのONE先生版だと47話目で村田先生版だと9巻となっています。フブキ登場の最初のセリフは「集まったわね!これよりターゲットのアジトに乗り込む」でした。サイタマを勧誘しに行く場面です。
派閥の問題などを色々と説明した挙句あっさりとサイタマにフブキ組加入を断られたフブキは、サイタマに攻撃を仕掛けますが「ヒーローなめんじゃねー」とサイタマに一喝されます。途中ジェノスとソニックの戦闘により勧誘話は一時中断、これがフブキの初登場となりました(なんだかかわいそう)。

8 実年齢より大人っぽい!フブキの年齢調査

フブキの年齢設定についてですが、当初は25歳設定だったそうですが、後に23歳へと変更されたそうです。原作者のONE氏によると、25歳であの性格は流石にきついなぁと思ったので23歳にしました。というコメントが残っています。
読者からするとフブキの23歳設定というのはONE先生が言う通り妥当ではないかと思います。ですが女性としてのオーラ的なものは実年齢よりも大人びた雰囲気を醸し出しています。特にフブキ組と一緒の時は・・・。
設定ではサイタマは25歳、姉のタツマキは28歳と言う年齢になっています。よくフブキとタツマキの姉妹関係の順番を間違える方がいると聞きますが、容姿はあべこべなタツマキ・フブキ姉妹でした。

9 本当は仲間が欲しい!?フブキとサイタマの関係は?

フブキは姉のタツマキにいつも勝ちたがっています。フブキ組という組織を作りB級ではあるが自分がトップであるということを周囲に認識させていたフブキ。実力はA級ランクや時にS級ランクだって目をみはるといいます。
サイタマの部屋でランクなど関係なく和気藹々としているサイタマやジェノス、キングの姿を見て私も仲間にと何か羨ましそうにみえます。フブキは仲間が欲しかった、幼き頃のトラウマやタツマキとの因果も関係しているのでしょう。
プライド高き女性ヒーロー地獄のフブキは、どこか孤独な影のあるキャラクターです。すこし残念な所もフブキの魅力。今後も目が離せないキャラクターですね。
こちらの記事もチェック!

ワンパンマンの隠れヒロイン・フブキの魅力を見逃すな!

サイタマにいつしか「お前は生き残れない、ヒーローをわかっていない」「ヒーローなめんじゃねーぞこの野郎」と言われてしまったフブキですが、フブキはフブキで色々と心の葛藤があり今の地位を築きあげたのです。
ワンパンマンの隠れヒロイン地獄のフブキ。元々ワンパンマンは女性キャラの登場が少ないので十分に目立ち魅力を放ちまくっている間はありますが、タツマキとの2大ヒロインで今後もファンを楽しませてくれることは間違いなさそうです。
独自の意見ですがこの手の女性は彼氏ができるなり結婚なりすると人が変わったように尽くしてくれる女性に変貌したりもします。我こそはフブキ様とお付き合いしたい、結婚したいという勇者がいればぜひ挑戦してみては(笑)。それではまたお会いしましょう!