【オーバーロード】モモンガの声優・日野聡はどんな人?出演キャラ&人柄まとめ!

アニメ第2期の放送が決まり、ますます勢いをつける『オーバーロード』。その主人公モモンガ役を務めたのが声優の日野聡です。そんな日野聡のこれまでに演じたキャラやエピソードをまとめてみました。

『オーバーロード』の主人公!モモンガ役の日野聡とは?


『オーバーロード』で主人公モモンガ役を担当したのは声優の日野聡です。1978年生まれの39歳で、アメリカ合衆国のサンフランシスコで生まれています。身長は170センチメートルと長身です。児童劇団に所属していた過去があり、同じ声優の坂本真綾と同じ劇団に所属していたこともありました。
もともとは舞台俳優を目指していましたが、『ER緊急救命室』の吹き替えに参加したことがきっかで、声優を志しています。声優デビューは2003年の『一騎当千』で、周瑜という重要なキャラクターを任されています。
代表作は『灼眼のシャナ』の坂井悠二役や『ゼロの使い魔』の平賀才人役などです。これらの役は声の高い少年の役ですが、『オーバーロード』のモモンガ役は渋くて低い声の演技をしていました。幅広い演技のできる声優です。

日野聡が出演した『オーバーロード』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

日野聡が出演した『オーバーロード』は丸山くがねによるライトノベル作品です。2015年にテレビアニメ化され、2018年には第2期が放送されています。仮想ゲーム世界への異世界転生ものです。
オンラインゲームのサービス終了時に、ログインしたまま眠ってしまった男が目覚めると、拠点がそのまま別世界へと転移してしまっていたという内容です。容姿はキャラクターの姿になっていました。
その姿が異業種のアンデッドであることが他の作品とは一味違います。突然な状況で戸惑う様子はコメディタッチですが、物語が進むにつれダークファンタジーの様相を呈してきました。
暗躍する秘密結社や、人を虐殺するアンデッドや魔獣などダークな要素がその魅力です。主人公は魔王なので、恐ろしいほどの強さを持った魅力的な仲間たちも見どころとなっています。
こちらの記事もチェック!

日野聡の奥さんは中島沙樹?2015年に結婚を発表!


日野聡は2015年に結婚を発表しています。そのお相手は同じ声優の中島沙樹でした。ふたりは『ハヤテのごとく!』で共演しています。この結婚報告以前にふたりの年越しそばエピソードが完全に一致していることから、ファンの間では「交際しているのでは?」という噂がありました。
日野聡と中島沙樹が結婚したのは2014年の2月でした。発表が2015年の1月なので、1年近く結婚の報告を隠していたことになります。2009年頃にふたりで舞台を観に行っている姿も目撃されており、交際期間も長かったようです。

日野聡の奥さん中島沙樹ってどんな声優?


日野聡と結婚した中島沙樹は多くのアニメやゲーム作品に活躍する女性声優です。他の声優たちとの交流を多く持っています。ベテラン声優の若本規夫と仲良くなり、おススメの耳鼻咽喉科を紹介する仲なのは有名な話です。
代表作に『デュエル・マスターズ』の黄昏ミミ役や、『ハヤテのごとく!』の貴嶋サキ役があります。『ハヤテのごとく!』では複数のキャラクターに声をあてていました。年上のお姉さんキャラを多く演じる声優です。

立花慎之介と音楽ユニット「ELEKITER ROUND 0」を結成!

出典:https://www.amazon.co.jp

日野聡は同じ声優の立花慎之介はふたりでラジオの冠番組で活躍していました。その名も「日野聡vs立花慎之介 平成ニッポン・国取り合戦ラジオ!!」です。ふたりはラジオパーソナリティーとして活躍していましたが、友人同士のようなゆるいやり取りが魅力となっています。
そのラジオ番組からふたりの音楽ユニットが誕生しました。「ELEKITER ROUND 0」です。正式名称は「ELEKITER ROUND φ」で、「ERφ」と略称で表記されることもあります。ユニット名の「ELEKITER」は平賀源内の発明であるエレキテルが由来です。「ROUND」には繋がりという意味があります。「φ(ゼロ)」はラジオ番組同様にゼロから作り上げたという意味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

日野聡と立花慎之介のふたりは曲を歌うだけでなく、作詞も担当しています。8つのミニアルバムを出しており、他の声優ユニットが参加したり、友人の声優がPVに出演したりと、人柄の良さと人望がうかがえるエピソードです。
歌う音楽のジャンルは幅広く、ふたりの美声を活かしたバラードもありながら、激しいロック曲もあります。「顔無紳士」のようにジャズを基調とした曲もありました。男性声優によるユニットなので女性人気がすごいです。
こちらの記事もチェック!

モモンガ以外に演じてるキャラは?日野聡の代表作を紹介!

『銀魂』/神威

出典:https://www.amazon.co.jp

ギャグアニメ『銀魂』では笑いの一切ないノンギャグキャラクターであり、恐ろしい神威を演じています。『灼眼のシャナ』より釘宮理恵との共演も多く、本作でも釘宮理恵が演じる神楽の兄役でふたりの掛け合いが楽しめます
神威は銀魂の中でも屈指の人気を誇るキャラクターです。夜兎族という宇宙の一強い種族で、戦闘狂な闘争本能を持っています。神威はその種族の特徴を色濃く反映したキャラクターです。父親の片腕を斬り落としたというエピソードがその象徴になっています。
そのルックスでも神威は人気です。いつも無表情な神威ですが、彼は殺意ある時に微笑します。かなりの冷笑で怖いですが、そこにかっこよさもあり人気の秘密となっています。日野は冷徹な声で神威を演じきりました

神威が猛威を振るう『銀魂』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

『銀魂』は「週刊少年ジャンプ」に連載されている空知英秋による漫画作品です。2006年にはアニメ化もされており、いまでも新たなシリーズが制作されています。2017年に実写映画が公開され、続編も予定されているほどの人気作です。
 
内容は時代劇風コメディで、様々な星から移住してきた異星人が闊歩するSF要素もあります。江戸政府は異星人たちのいいなりで、地球の人間よりも異星人の方が位が高いです。そんな世界で志村新八は木刀を腰にぶらさげ、糖尿気味なやる気のない男と出会います。彼はよろず屋を営んでおり、新八もそこで働くことになります。
 
他にも夜兎族の神楽も加わり、シリアスな陰謀に巻き込まれたり巻き込まれなかったり、騒がしい日々を暮らすギャグ漫画です。たまにシリアスな展開になるのも魅力となっています
こちらの記事もチェック!

『黒執事』/アッシュ・ランダース

出典:https://www.amazon.co.jp

日野聡が『黒執事』で演じたアッシュ・ランダースはアニメ版第1期だけのオリジナルキャラクターです。銀髪と長身が特徴的で、物腰の柔らかさが魅力となっています。アニメ版にぽっと出てきたサブキャラのように思えますが、世界を揺るがす秘密を抱えていました。
 
アッシュの正体は人間ではなく、不浄を嫌う天使です。この場合の不浄とは人間のことで、アッシュはその人間たちを滅ぼして穢れなく世界を作ろうとしていました。さらに状況や気分で顔や肉体を変化させることもできるキャラクターです。
 
その能力でアッシュはメイドのアンジェラ・ブランに変身していました。その時の声を担当していたのは『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子です。その複雑な設定と正体で、印象の大きいキャラクターを日野は演じきりました。

アッシュがアニメオリジナルで登場する『黒執事』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

『黒執事』は枢やなによって書かれた漫画作品です。『月刊Gファンタジー』に連載されており、当初は短期連載の予定でしたが長期連載に切り替わり、いまなお連載が続いています。2008年からテレビアニメ版の放送も開始されました。
2014年には実写映画化もされており、全世界で人気のある作品です。舞台は19世紀末期で、12歳にして広大な領地を治めるシエルと、その執事で実は悪魔という正体を持つセバスチャンとが難事件を解決するという内容になっています。
高身長で何でも完璧にこなすセバスチャンが周りの破滅的な家事を行うメイドたちに手を焼かされる姿が面白いです。物腰が柔らかなのに、主人のシエルに対して容赦ない毒舌を浴びせるギャップも魅力となっています。

声優にラジオに音楽ユニット!日野聡の今後に目が離せない!


『オーバーロード』では異形の主人公という新しい設定の役で話題になった日野聡ですが、デビュー当時は少年の役が多かったです。多くの役をこなしていくうちに、ドスのきいた声など演技の幅を広げていきました。
 
プレイべ―トでは中島沙樹と結婚するなど順風満帆な人生を送っています。声優以外にもラジオやユニットを組んだりと、人気声優としての地位を確立しました。立花慎之介と組んだユニットも人気が高いです。
 
『銀魂』の神威や『黒執事』のアッシュのようにクールでかっこいいキャラも多く演じているので、これからの活躍に期待している人もたくさんいます。歳を重ねるごとの演技の幅も期待したいです。