【魔法少女リリカルなのは】ミウラ・リナルディの4つの秘密!ぼくっ子格闘技選手の全て

「魔法少女リリカルなのは」シリーズ第4シーズンから登場したミウラ・リナルディはなのはシリーズのぼくっ子少女です。かわいい性格と、どんな強敵にも立ち向かう前向きな精神はサブキャラの域を超えていました。そこで、4つの秘密からぼくっ子格闘技選手・ミウラ・リナルディのかわいさをアニメ版を中心に迫っていきます!



ミウラ・リナルディとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2009年05月から2017年10月まで「月刊コンプエース」で連載されていた、初代ヒロイン・高町なのはの養女高町ヴィヴィオが主人公の漫画「魔法少女りりかるなのは ViVid(ヴィヴィット)」は、都築真紀(原作)×藤真拓哉(作画)の格闘技に熱い情熱を燃やす魔法少女たちの作品です。
2015年にTOKYO-MX(トウキョウ-エムエックス)などで放送されたアニメ「魔法少女リリカルなのは ViVid」は、これまで放送されたアニメ「魔法少女リリカルなのはシリーズの第4期となりました。ヴィヴィオたちが参加するインターミドルチャンピオンシップに、ミウラ・リナルディも明るいぼくっ子キャラとして登場しています。

秘密1:プロフィール


八神はやてが主宰する八神道場の秘蔵っ子・ミウラ・リナルディは、区立学校中等科1年生の12歳で(原作漫画初登場時)、ストライクアーツは八神家流、スキルは「抜剣」、マジックはミッドマチルダ。
ザフィーラやシグナム、ヴィータなど「魔法少女リリカルなのは」シリーズに登場している名だたる人物と練習試合をしていると、ヴィヴィオたちに噂されていました。
アニメ「ViVid Strike!(ヴィヴィットストライク)」になると中等科2年生へ進級し、同時にナカヤマジムに移籍します。ヴィヴィオ、コロナ・ティミル、リオ・ウェズリー、アインハルト・ストラトス、フーカ・レヴェントンと一緒に「チームナカジマ」を結成しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

インターミドルチャンピオンシップに参加し一人称は「ボク」でした。普段は明るく優しい性格ですが、緊張すると挙動不審な言動や行動を取ってしまうこともあります。名前の由来は「魔法少女リリカルなのは」シリーズのキャラクターが車種から名付けられているので、イタリアのランボルギーニ・ミウラではないかとファンの間では噂されていました。

秘密2:声優は伊藤かな恵さんが担当

出典:https://www.amazon.co.jp

ぼくっ子キャラ・ミウラ・リナルディを演じているのは、声優の伊藤かな恵さんです。伊藤かな恵さんは、アニメ「しゅごキャラ!」シリーズの日奈森あむ、ダイヤ役、アニメ「ソードアート・オンライン」ユイ役、アニメ「オオカミ少女と黒王子」篠原エリカ役などを演じていました。
リンネ・ベルリネッタとフーカ・レヴェントンを中心に描いたアニメ「ViVid Strike!」の公式サイトでのコメントで、前作に引き続きミウラを演じることをとても喜んでいました小さい少年から、大人しい女の子まで幅広く演じている伊藤かな恵さんだからこそ、ぼくっ子キャラのミウラははまり役だと言えますよね。
関連記事をご紹介!

秘密3:素顔がとてもかわいい

明るく元気な女の子


初めてのインターミドルチャンピオンシップでは、ヴィヴィオたちチームナカジマの面々と初対面しています。初めて会話したヴィヴィオには同じ師匠・ザフィーラのことを話していました(以前ヴィヴィオはザフィーラに少しだけ教わっていました)。
また、ヴィヴィオのデバイス「セイクリッド・ハート(愛称クリス)」のうさぎ型を見てかわいいと頬をすり寄せていたり見知りはしていませんでしたよね。そんな明るく元気な女の子ミウラは、緊張するとガチガチになってしまうタイプ。試合でもガチガチになってしまい、判定勝ちという危ない橋を渡ったことも……


緊張して震えが止まらないミウラに、チームナカジマのメンバーは1通の励ましメールを送っています。原作漫画では、緊張していたミウラも涙を出しながら爆笑!ヴィヴィオさんと戦えたらきっと楽しいですよね。そのためにもボク頑張ります!」と言っていました。
ライバル同士のヴィヴィオともメールアドレスの交換をし、試合以外ではチームナカジマのメンバーとも楽しく接するミウラは、間違いなく愛されキャラといえます!

料理上手!


ミウラの趣味や特技は料理を作ることでした。実家は「リストランテ・リナルディ」というレストランを海辺で経営しているためか、ノーヴェの自宅に泊まりに来た時に、ミウラも得意料理の腕を披露しています。初めてミウラの料理を食べたフーカも、美味しくてたくさん料理を食べていましたよね。
フーカが食べている姿を見ながら「料理人冥利に尽きますね!」と嬉しそうな笑顔を浮かべていたのが印象的でした。ご飯を食べた後は、後片付けもしっかりとしたミウラを見て、フーカは申し訳ないとナカジマジムの会長兼トレーナーであるノーヴェ・ナカジマに伝えています。
ミウラのテンションコントロールだノーヴェはフーカに伝えていました。調理から後片付けまでこなす姿はとても楽しそうでしたよね。食卓に並べられていたサラダやパスタはとても美味しそうでした。

格闘技を始めた理由


幼い頃、不器用で人見知り、口下手で、ドジでおっちょこちょいと、ボロボロの自己評価をしていたミウラ……。自己嫌悪に陥りながら毎日を過ごしていると、ある日の夕方小さい子供たちが海辺で格闘技の練習をしている姿を見かけました。
子供たちの目は真剣さと前向きさがあり、ミウラはその姿に思わず見とれてしまいます。そこでミウラに話しかけて来た2人の女性たち……。自分たちの道場の子たちだという2人の女性は、「良かったらもっと近くで見てみるか……?」と手を差し伸べてもらったのです。


あの日差し出してもらった手が、師匠や格闘戦技との出会いが、ボクのはじまりで、ボクがここにいる理由!」とミウラが前向きになるきっかけになったのでした。それからのミウラは前向きに格闘技にどんどんのめり込みストライクアーク八神家流の選手として活躍を始めています。
こちらの記事もオススメ!

秘密4:スターセイバーで戦うひたむきな格闘技

必殺技の数々を紹介

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ「魔法少女リリカルなのは ViVid」では、ミウラの変身シーンは表現されていませんでした。「ViVid Strike!」で披露された変身シーンでは、星の形をしたデバイス「スターセイバー」を使い、レスリング選手を思い起こさせるスポーティーな衣装に変身しています。
届く距離まで近づいて蹴る……」と、初戦では緊張をほぐすために何度も呟いていたミウラ。相手選手にもミウラの緊張感はバレていたほどです。試合が始まれば日頃の練習を思い出し、届く距離まで近づき、右腕で相手のボディにハンマーシュラークを一撃放っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

このハンマーシュラークはミウラオリジナルですが、ヴィータの技にも「シュラーク」と名付けられた技がいくつかあります。ヴィータにも指導を受けていることから、ハンマーシュラークはヴィータの技を参考にしたのだと思われますよね。
突進と強打が持ち味のミウラの最後の切り札は、スターセイバーを使用して繰り出される「抜剣(バッケン)」。足に周辺魔法を集結し、高密度に圧縮した魔力をためる集束系魔法(ブレイカー)の抜剣の威力は絶大です。

ベテランとルーキー対決「ミカヤ・シュベル」戦


インターミドルチャンピオンシップ地区予選第4戦で行われた、熟練格闘技選手のミカヤ・シュベルとの戦いでは、圧倒的なミカヤの強さにより序盤でリングアウトをしてしまいます。それでも立ち上がったミウラ……。瞬時にミカヤの斬撃を防ぎながらリングアウトしていたのでした。
これにはベテランのミカヤも簡単にミウラを倒せないと実感します。致命傷の怪我を負っているのにまだ勝利を得ようとしているのか……。それは、勝ち進んでライバル・ヴィヴィオと戦いたいためです。


窮地に立ったミウラが繰り出した逆転必勝の技「抜剣・飛燕(バッケン・ヒエン)」は、ミカヤの晴嵐(セイラン)の刃が削げるほどの威力を持っていました。さらに魔力集束打撃・一閃必墜「抜剣・星煌刃(バッケン・セイオウハ)」を出し、ベテランのミカヤの衣装をボロボロにするまで破壊して1ラウンドKO(ワンラウンドケーオー)にしています。
試合後、傍で見ていたザフィーラに「指導事項は山ほどある」怒られていました。師匠に怒られるほど威力があった攻撃ができるミウラは凄いですよね。

念願のヴィヴィオ戦【ネタバレ】


舞台は予選4組第3回戦アニメ版では描かれなかったライバル・ヴィヴィオとの直接対決!ミウラは「同じストライクアーツ選手同士ずっと楽しみにしていた試合です」と語っているように、試合開始から全力でヴィヴィオに向かっていきました
強打者(ハードヒッター)のミウラ技巧派のヴィヴィオの戦いは、スタートからヴィヴィオが攻め込みミウラをダウンをさせています。ダウンさせられたことで、闘志に火が着いたミウラは猛攻撃をかけ、両者怒涛の攻撃戦には漫画ファンもページをめくるのにワクワクしたのではないでしょうか。


ミウラの蹴り攻撃「空牙」を受けたヴィヴィオはかなりのダメージを受けているのにも関わらず、ミウラとの戦いが楽しすぎて笑顔を見せ、笑顔の意味を理解したミウラも満面の笑みで答えています。渾身の攻撃の連続の中で、ミウラは両手両足に集束魔法を発動する抜剣「四天星煌(シテンセイオウ)」を出しました。
大会会場を揺るがす魔力量で場内を驚かせ、怒涛の攻撃をしかけた結果「天衝星煌刃(テンショウセイオウハ)」でヴィヴィオに勝つことに成功します。主人公のヴィヴィオをノックダウンさせてしまう攻撃を持つミウラは「主人公は必ず勝つ神話」を崩したキャラクターの1人といっても過言ではないですよね!
関連記事をご紹介!

孤高の格闘技選手・リンネ・ベルリネッタ戦

出典:https://www.amazon.co.jp

格闘技選手としての未来を考えていたザフィーラは、ノーヴェにミウラを託しナカジマジムへと移籍させています。ナカジマジムへ移籍したミウラは、ウィンターカップへ出場。ABブロックの最終戦で、孤高の格闘技選手・リンネ・ベルリネッタと対戦が行われました。ヴィヴィオと再戦するためにリンネを倒すことが必須だったミウラ……。
そして、ウィンターカップがU-15(アンダーフィフティーン)として出場する最後だと言っています。さらに、自分が勝ったらリンネとフーカとの試合をウィンターカップ後に実現して欲しいとも語っていましたよね。試合開始直前には、どんなことがあっても勝ちたいミウラに、リンネは掴み技は使わず打撃のみで戦うと宣言しています。


それでも「ボクのやることは変わりません。届く距離まで近づいて斬り伏せるだけです」ミウラらしい攻撃で戦いを挑んでいきましたカウンターでダウンをさせ、猛攻撃を仕掛けていきます。ミウラらしい戦術で、2ダウンを先制し勝負の「抜剣」を放ちました
勝負ポイントだと感じたリンネは、渾身の一打をミウラのボディに撃ち肋骨まで折る致命傷を与えます。これでノーヴェがタオルを投げ試合終了……
ミウラらしさは見えたもののリンネの強さには叶いませんでした。試合終了後、そのまま担架に運ばれて病院に入院したミウラは、チームナカジマのメンバーの前で元気な素振りを見せたり、フーカに謝ったりと仲間に気遣いもみせています。
負けたのが悔しくてもみんなの前では気丈に振舞い居なくなったらそっと涙を浮かべる姿は、ネガティブだった幼い頃とは違う前向きな涙だったと思います。
関連記事をご紹介!

【魔法少女リリカルなのは】ミウラ・リナルディはかわいいぼくっ子格闘技選手だった


八神道場の秘蔵っ子ミウラ・リナルディは、人懐っこい笑顔と「ぼくっ子」キャラの明るく元気な天然少女でした。幼い頃にダメな人間だと感じていたミウラの背中を押してくれた八神道場と、格闘技との出会いはターニングポイントとなります。
星の形をしたデバイス「スターセイバー」を駆使し、放たれる渾身の技「抜剣」は、対戦した名だたる選手たちを脅かすのに十分な威力を持っていました。八神道場から移籍したナカジマジムはライバル・ヴィヴィオが所属しています。
2人はライバルではありましたが、同時に良き友人としてお互いの技を一緒に磨き続けていました。アニメ版がまた放送されるならば、是非原作漫画で描かれたヴィヴィオとの再戦シーンの映像化を期待しちゃいます!
こちらの記事もオススメ!