【しろくまカフェ】漫画版とアニメ版の違いは?ゆるふわときどきワイルドが魅力の傑作を紹介\t

ゆるーく癒されたいけどピリっとも欲しい人に朗報です…!「しろくまカフェ」という作品がゆるふわでかつワイルドさもあるという魅力を兼ね備えているのです!今回は、その魅力に迫ります。

「しろくまカフェ」はダジャレ満載!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

シロクマくんが経営するしろくまカフェは、毎日どうぶつや人間たちでにぎわっている人気店です。主に常連のペンギンさんがカウンターに座って日がな一日を過ごしています。

主にペンギンさんの注文に対して必ず展開されるのがシロクマくんのダジャレです。「カフェモカおかわり」にはひまわり、日替わり(定食)、スイカ割りなど恰好もそれなりに着替えていきます。ペンギンさんがつっこんでくれたら次へとコロコロ変わっていくテンポの良さには、心地よさすら覚えてしまいます。

アルバイトの笹子さんがツッコミを入れる回は素晴らしくテンポが良くて最高です!こういったパターンが毎度のようにあるのですが、なぜか飽きることなく次はどんなダジャレがくるのか前のめりになってしまっている自分に気づきます…!

ダジャレはサービス精神?!

シロクマくんは一人、いえ、一頭で切り盛りしているにも関わらず、30人は入れるであろう店舗で常に淡々と仕事をこなしています。

毎度のダジャレを見ていると、いくつかダジャレを披露したあとに注文の品がでてくるところからすれば、待たせないためのサービスなのかとも思えてきます。

きっとシロクマくんはダジャレをしながら同時進行で準備もしているという、退屈させないサービス精神を持っているのでしょう…!さすが、繁盛しているお店だけありますね。

そう考えてみてみると、ペンギンさんが呆れながら「もうそれいいから」と言い放っているところに寂しささえ感じてしまいます。そう思ってしまったあなたもきっとハマってしまった一人ですね!

「しろくまカフェ」はゆるときどきワイルドがツボ!

どうぶつたちが人間のように生活している様はとてもほのぼのとして癒されます。しかし、キャラクター感覚のどうぶつではなく、リアルな描かれ方をされているために、それぞれのサイズ感などがとてもリアルです。

そのため、他のどうぶつたちがボケたときに冷静にツッコむシロクマくんが、ブチ切れて襲い掛かるのではないかという若干の殺気を感じることもあります。どうぶつということもあり、表情はあまり描かれていないこともあるのかもしれません。

シロクマくんは特に感情があまり読み取れないために見ている人間の方がヒヤヒヤしたりします。また、ペンギンさんの肩もみをしようとしたシロクマくんの鋭い爪が刺さってしまうシーンなどにも、ドキっとしてしまいます。この絶妙な緊張感が大人にうけるのかもしれませんね。

「しろくまカフェ」アニメ版は声優陣が豪華すぎる!



しろくまカフェの声優陣がとても上質ということでアニメ化でさらに注目を集めました。櫻井孝宏さんはシロクマくん、福山潤さんはパンダくん、神谷浩史さんはペンギンさんというレギュラーメンバーは名声優で固められています。

桜井さんの落ち着いた優しく少し高めの声が、体の大きなシロクマくんの圧倒感をふんわりと和らげてくれています。福山さんのパンダくんの声を一度きいてしまうと、本物のパンダをみても「笹ちょうだ~い」の声が聞こえてきてしまうはずです。

ペンギンさんをしている神谷さんの声は、最初神谷さんがしているとわからないくらい、ペンギンさんにフィットした声を出してくれています。声優陣がこうしてフィットする声を合わせてくれているからこそ、リアルなどうぶつたちをほのぼのと楽しめることができるのですね。関連記事を紹介!

「しろくまカフェ」は一時休載した過去がある

原作も大人気でアニメ化されてさらに人気になったしろくまカフェでしたが、アニメ放送された2ヶ月後ほどして原作者のヒガアロハさんご本人によってTwitterで休載が告げられました。

ファンたちが愕然とした休載の理由は、アニメ化に伴い、原作者が意見を言う場が設けられていなかったことが理由だったそうです。

キャラクターのデザインチェックや脚本の事前確認が十分になされていなかったことから、原作者のみならずファンまでもがっかりする結果となってしまいました。アニメ関連については原作者さんに1円も入ってこないという、契約書すらなかったそうです…。

数ヶ月経って、掲載が再開するという結果的には丸く収まったのですが、愛される作品だからこそみんながハッピーな立場であってほしいですよね。

「しろくまカフェ」は続編希望が殺到している究極癒し漫画!

いかがでしたか?しろくまカフェがどれだけ愛されているか、わかっていただけたでしょうか。紆余曲折ありながらも続けてくれた原作者さまにも感謝ですね…!

今でもファンたちから続編を望まれて、新しいファンも増え続けている作品なので、またどこかで出会えることがあるかもしれませんね。いろんなどうぶつたちが出てくるので、子どもの勉強にもなりますし、大人は癒されるので親子でも一緒に楽しめるはずです。

社会を見ていると、このどうぶつたちに当てはめて想像してしまっている自分がいます。あなたの周りにももしかしたら、パンダくんやペンギンさんみたいな人がいるかもしれませんね…!これからもしろくまカフェファンが増えることを願っています。関連記事をご紹介!

しろくまカフェが高田馬場に実在した!気になる行き方やメニューは? | festy(フェスティー)

■12年4月から1年に渡って放映されたアニメ「しろくまカフェ」をご存知だろうか?二足歩行する動物達と人が共存する世界で、しろくまが営むカフェにまつわる者達の日々を描いた物語だ。そんな「しろくまカフェ」が現実世界に存在する!という事でその実態に迫っていこう。