柊沢エリオルの正体に驚愕!怪しい魅力を徹底解説【カードキャプターさくら】

2018年1月から「クリアカード編」のアニメがスタートし、大きな注目を集めている大人気作『カードキャプターさくら』。その中に登場する柊沢エリオルは、「さくらカード編」から主人公・木之本桜の通う学校に転入した少年です。そんな彼には、どうやら大きな秘密があるようで・・・? 彼の魅力について、ネタバレも込みでご紹介していきます!

『カードキャプターさくら』柊沢エリオルとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

「CCさくら」の略称で知られる『カードキャプターさくら』は、漫画家集団・CLAMP(クランプ)による漫画作品。1996年から2000年にかけて、月間少女漫画雑誌「なかよし」にて、「クロウカード編」「さくらカード編」が連載。1998年から2000年にかけては、原作者の1人である大川七瀬がシリーズ構成に参加した上で、たくさんのオリジナル展開が盛り込まれたアニメが制作されました。
その人気は連載開始から20年が経過した今でも続き、2016年からは新作である「クリアカード編」の連載が開始。2018年1月からは、当時とほぼ変わらない監督・スタッフ・キャストで制作された「クリアカード編」のアニメが放送され、大きな話題を呼んでいます。


柊沢エリオルは、「さくらカード編」から登場した少年です。主人公・木之本桜の通う小学校の同じクラスに、イギリスからの転入生としてやってきました。誕生日は3月23日で、血液型はAB型。好きな色はで、好きな花は。好きな食べ物は甘いもので、お菓子類をつくることが得意です。そんな彼には実は大きな秘密があるようで・・・? ここからは、そんなエリオルの魅力について、ご紹介していきます! 尚、「さくらカード編」の重大なネタバレを含みますので、ご注意ください!

こちらの記事もチェック!

16年ぶりの新作!カードキャプターさくらの名言・名シーン30選! | festy(フェスティー)

■16年ぶりにクリアカード編が公開されたカードキャプターさくら。懐かしいあのシーン、涙した名シーン…男女問わず長年愛され続けるカードキャプターさくらの思い出が蘇る!原作・アニメの両方から名言・名シーンを30選しました!

エリオルの魅力1:低音が魅力!佐々木望が声を担当!


エリオルの声は、声優の佐々木望が担当しています。1967年1月25日生まれ51歳(2018年1月現在)。『AKIRA』の鉄雄役や、『幽☆遊☆白書』の浦飯幽助役などで有名です。同じCLAMP作品では、『魔法騎士レイアース』で導師クレフ役を演じていました。

こちらの記事もチェック!

エリオルの魅力2:小学校では山崎くんとナイスコンビ!


山崎くんこと山崎貴史(やまざきたかし)は、さくらとエリオルのクラスメートの少年です。めったに開くことのない細い目が特徴で、さくらたちの前ににゅっと姿を現しては、よく聞けば嘘だとわかる薀蓄(うんちく)話を披露していました。
そんな彼とエリオルはどうやら気が合うようで、事前に示し合わせたわけでもないのに、とても息の合ったコンビネーション嘘の薀蓄話を人前で披露。エリオルが加わったことで話の信憑性が増してしまい、元から人の話を信じてしまいやすいさくらは、嘘の薀蓄話をより信じてしまいやすくなってしまいました。

エリオルの魅力3:従者のスピネル・サンとルビー・ムーンがかわいい


エリオルには、スピネル・サンルビー・ムーンという従者がいます。彼らはエリオルによって創られた存在で、エリオルのとある目的に協力しています。エリオルと従者の2人は同じ家で生活し、家族のように親しい関係を築いています。以下では、その2人についてご紹介します。

スピネル・サン


「スッピー」の愛称でも呼ばれるスピネル・サンは、「太陽」をシンボルとした陰(闇)属性の従者。真の姿は黒豹に大きな蝶の羽が生えたような見た目をしていますが、仮の姿は黒猫に羽が生えたような可愛らしい見た目をしています。冷静沈着静かな場所を好むというクールな一面がありますが、アニメ版では甘いものをいったん口にすると、見境なしに甘いものを食べ回って暴走するという可愛い一面が描かれたこともありました。

ルビー・ムーン


ルビー・ムーンは、「月」をシンボルとした陽(光)属性の従者です。真の姿は紅色の長い髪と、大きな蝶の羽を持った人間のような姿をしています。仮の姿の名前は秋月奈久留明るい性格で、抜群の運動神経の持ち主。さくらの兄である桃矢の通う星條高校に転入し、桃矢の魔力を狙ってちょっかいを出し続けていました。

エリオルの魅力4:「さくらカード編」の黒幕!?その正体と目的は?


「クロウカード編」で、さくらはこの世に災いを呼ぶと言われる魔力を持ったカード「クロウカード」を封印・収集していました。その後の「さくらカード編」では、自分の周りで起こるさまざまな事件を解決するために、収集した「クロウカード」を自らの魔力で「さくらカード」に創り直していきます。「さくらカード編」で起こった数々の事件の黒幕こそがエリオルです。何故彼はさくらの周りでそのようなことをしたのか。それは彼の正体と関係があります。

エリオルの正体とは?


エリオルの正体は、クロウ・リードの生まれ変わりです。クロウ・リードは強大な魔力を持った魔術師兼占い師で、クロウカード、そしてクロウカードの守護者であるケルベロス月(ユエ)を産み出しました。彼は死に際に自らの魂を2つに分け、その魂のうちの1つがエリオルとなりました(アニメ版では、エリオルのみがクロウ・カードの生まれ変わりという設定になっています)。エリオルはその際、前世のクロウ・リードの記憶を引き継いでいます。

こちらの記事もチェック!

ケロちゃんことケルベロスを知る6つの魅力!今までの活躍を振り返る!【カードキャプターさくら】 | festy(フェスティー)

■2018年1月より新作アニメ「クリアカード編」の放送が始まった漫画『カードキャプターさくら』。その中に登場するケロちゃんことケルベロスは、この世に災いをもたらすと言われる「クロウカード」の守護者であり、主人公の木之本桜を「魔法少女」へと導いた存在。そんなケルベロスの魅力をご紹介していきます!

エリオルの目的とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

エリオルの目的は大きく分けて2つ。1つ目は、クロウカードをさくらカードへと新しく生まれ変わらせることです。クロウカードはクロウ・リードの「闇の力」を元にしてつくられたカードです。しかし、新しい主であるさくらは「星の力」の持ち主。クロウカードはこのままでは魔力を失い、ただのカードに戻ってしまう。それを防ぐため、エリオルはさくらの周りでさまざまな事件を起こすことで、さくらに次々とクロウカードをさくらカードに生まれ変わらせるように仕向けたのでした。
2つ目の目的は、「最高の魔術師でない自分」になること。クロウ・リードは自身の魂を2つに分ける前、未来のことがすべて見通せてしまえるほどの強大な魔力を有していることに、少々困った気持ちを抱いていました。彼は自身の魂を2つに分けることで、自身の強大な魔力も2つに分けようとしたのですが、彼自身の力を持ってしてもそれは叶わず、その魔力はエリオルのみに引き継がれてしまったのでした。

こちらの記事もチェック!


クロウ・リードが2つに分けたうちのもう1つの魂は、実はさくらの父である木之本藤隆でした。クロウカードをさくらカードへと生まれ変わらせていくなかで、魔力を強大なものへと成長させていったさくらは、エリオルの中にある魔力を、エリオルと藤隆の2人に分割することに成功します。藤隆はなんのことかよくわからないまま分割された魔力を有してしまいましたが、そのことにより、自分の亡くなった最愛の妻である撫子の魂が見えるようになり、藤隆と撫子は久々の再会を喜び合ったのでした。

エリオルの魅力5:観月先生との気になる関係は・・・?


観月先生こと観月歌帆は、一時期さくらの学校で算数の先生をしていた人物です。月峰神社の宮司の娘で、実は強い魔力の持ち主。「クロウカード編」では、大きな試練に直面したさくらに、助け舟を出すような役割を担いました。
エリオルと観月先生は、観月先生がイギリスに留学していた時に出会い、お互いを「エリオル」「歌帆」と呼び合う仲になりました。さくらの親友で洞察力のある知世は、2人が視線を交わし合ったときの様子だけで気がついていましたが、実は両思いの関係。見た目の上ではエリオルの方が随分年下ですが、エリオルは実は自分の力で姿を小学生に留めています。実際はさくらの父親である藤隆と同じくらいの年齢のはずなので、中身の上ではエリオルの方が結構年上の関係、ということになるのでしょう。


目的を終えたエリオルは、「さくらカード編」の終盤でイギリスに戻ります。「クリアカード編」では、イギリスにいるエリオルが観月先生と一緒に暮らしている様子が描かれているので、仲の良い関係は変わらず続いているようです。

エリオルは「クリアカード編」にも登場!活躍に期待!


ここまでエリオルの魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
「さくらカード編」で自身の目的を達成するために暗躍していたエリオルですが、どうやら新作である「クリアカード編」でも、何か秘密を握っている様子。それがいったいどのようなものであるのかは、今後の展開のお楽しみですね。これからのエリオルの活躍に、期待です!