【文豪ストレイドッグス】公式スピンオフ!文豪ストレイドッグスわんの魅力

有名な文豪たちの名前のキャラクターが異能力を使用しながら事件を解決する「文豪ストレイドッグス」。公式スピンオフとして漫画家かないねこ先生が描く、2等身サイズの漫画「文豪ストレイドッグス」は、また違った視点から物語を描いています。そこで漫画「文豪ストレイドッグス」の魅力をご紹介していきます。

『文豪ストレイドッグス』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

KADOKAWA(カドカワ)「ヤングエース」で連載されている「文豪ストレイドッグス」は、朝霧カフカ(原作)×春河35(作画)両先生が異能力を使った武装探偵社を中心に巻き起こる事件の数々を描いた作品です。
登場人物は、中島敦、太宰治、芥川龍之介など有名な文豪たちの名前が名付けられていました。2013年からスタートした漫画「文豪ストレイドッグス」は2017年末までに第14巻まで刊行され、累計発行部数500万部突破している大ヒット漫画となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2014年には角川ビーンズ文庫から原作者・朝霧カフカ先生が執筆している小説「文豪ストレイドッグス」(イラストは春河35先生)が2017年末までに5冊(角川書店から刊行されている外伝を含む)刊行されています。2016年にはアニメ「文豪ストレイドッグス」が放送、2017年12月22日から2018年02月04日には舞台「文豪ストレイドッグス」が上演されていました。
2015年からヤングエース発の無料Web(ウエブ)コミック「ヤングエースUP(ヤングエースアップ)」で連載開始した公式スピンオフ「文豪ストレイドッグス わん」は、2017年末時点で第3巻まで刊行されています。2018年03月03日からは完全新作「劇場版文豪ストレイドッグス」が公開されるなど、まだまだ文豪旋風は止まりませんよね。

魅力1:漫画家・かないねこが担当


無料Webコミックサイト「ヤングエースUP」「文豪ストレイドッグス わん」の連載を担当しているのは漫画家・かないねこ先生です。かないねこ先生は同人誌やイラストを書いたり、月刊誌のアシスタント業を経て、2015年から「文豪ストレイドッグス わん」の連載を開始しました。
2017年08月発売のけもものフレンズアンソロジー「けものフレンズコミックアラカルト~ジャパリパーク編~」にも寄稿されています。また2016年のアニメ「文豪ストレイドッグス」のアフレコ現場をレポートした「文豪ストレイドッグスアニメアフレコレポート」「月刊ヤングエース」に4回にわたり寄稿していました。
2017年にはめでたく連載2周年を向かえ、単行本は第3巻まで刊行と公式スピンオフ作品「文豪ストレイドッグス わん」もまだまだ続きそうですよね!

魅力2:本編をコミカルになぞった設定

出典:https://www.amazon.co.jp

「文豪ストレイドッグス わん」のストーリーを語る前に、本編「文豪ストレイドッグス」のあらすじを簡単にご紹介していきましょう。主人公・中島敦は、孤児院を追い出されて当てもなくヨコハマを放浪していました。1人の男性・太宰治が川に流されていたところに遭遇します。
太宰治は「武装探偵社」という異能力を扱った探偵集団に所属していました。マフィア「ポートマフィア」と対峙しながら様々な事件を解決するというハードボイルド要素も詰まったストーリーでしたよね。

こちらの記事もチェック!

出典:https://www.amazon.co.jp

本編は殺人事件など血なまぐさいシーン描写されたり、文豪の名前を使っていることから原稿を使った演出など、昭和など昔を思い出さすようなノスタルジックな部分もありました。
一方の「文豪ストレイドッグス わん」では、殺人事件などのハードボイルドなど本編のシリアスな部分は一切省き「文豪ストレイドッグス」のキャラクターたちのコミカルな日常生活に焦点を当てています。特に第1話では、本編でもコメディタッチだった敦が太宰と初めて出会うシーンは、「文豪ストレイドッグス わん」でもコミカルに描かれていました。

魅力3:登場人物がすべて2等身

中島敦が所属する「武装探偵社」


「文豪ストレイドッグス わん」の最大の魅力は、登場するキャラクターが2頭身であるということですよね。主人公の中島敦は異能力で大きい白虎・月下獣(げっかじゅう)に変身できますが、変身した白虎姿も2頭身サイズで怖さは感じられません(むしろキュートさが勝ってしまいますよね)。
太宰治は本編よりも仕事をするのを嫌がり「理想」手帳に自分の理想を書いていた国木田独歩は、「文豪ストレイドッグス わん」でも理想手帳を持っている姿が描かれていました(理想手帳を面白くいじるエピソードもあります)。


中島敦が助けたことがきっかけで武装探偵に入社した泉鏡花は、本編で初登場した時に35人殺害した自分に苦悩していた大人しいイメージの女の子でしたよね。
「文豪ストレイドッグス わん」に登場する泉鏡花は、すっかり武装探偵社に溶け込み(または溶け込もうと努力中かもしれませんが……)、みんなと一緒に花見をするためにお弁当を持って場所取りまでしちゃうかわいい一面を除かせています。

ライバル「ポートマフィア」


ライバルのポートマフィア構成員・芥川龍之介や、ポートマフィア幹部・中原中也であっても2等身になってます。龍之介も中也も本編と同様にニヒルな表情を浮かべていますが、2等身になっているので、可愛らしさが勝ってしまい愛嬌のあるキャラクターへと変身していました。
芥川龍之介は、武装探偵社の面々にいじられることも多いキャラクターになっています。本人はニヒルなつもりでもどこか憎めないのは2等身だからなのか、それとも元々の芥川龍之介の持ち味なのか……。
本編で樋口一葉は、谷崎潤一郎・谷崎ナオミ兄妹を瀕死の状態にさせ、中島敦を窮地に立たせていましたよね。「文豪ストレイドッグス わん」では、表情豊かなかわいい女性として登場し、一目をおいている芥川龍之介をツッコミを入れたり時にはお姉さんのように優しく接したりと温和な性格も見せています。

こちらの記事もチェック!

魅力4:日常生活をほのぼのと描く【ネタバレ】

出典:https://www.amazon.co.jp

武装探偵社で起こる日常生活を描いた「文豪ストレイドッグス わん」。第13話ではドクター・与謝野晶子(時には瀕死の状態の人間を治療する異能力を持つ)がある日、診察用の新しいカルテとはさみを江戸川乱歩に買いに行くように頼みます
江戸川乱歩は宮沢賢治に与謝野晶子に頼まれた買い物を頼み、用事があった宮沢賢治は国木田独歩に頼まれた買い物を頼み(ここで空耳アワー的に、かるびとはらみに変化します)、国木田歩は太宰治に「かるびとはらみ」を買いに行くことを頼みます。
太宰治は中島敦にとうとう牛を買ってくるように伝えていました。最後には中島敦が1頭の牛を買ってくる……という壮大な伝言ゲームとなっていました


このエピソードでは、江戸川乱歩のちゃらんぽらんな性格や、ドクター・与謝野晶子の怒らずに「ヤレヤレ」と言いながら事実を受け止める落ち着いた性格が笑っちゃいましたよね。中島敦の疑いつつも本当に牛1匹買ってきてしまう素直な性格など、それぞれのキャラクターの性格がうまく絡み合っているエピソードになっていました。
この他にも、武装探偵社にあるそれぞれのロッカーをのぞいて見るエピソード、太宰にいじられまくる芥川龍之介の意外な一面やツンデレぶりなどもあり、登場人物の「ありそう」なエピソードの宝庫になっています。
本編の性格をベースにしてコミカルな日常を描いているのが特徴です。(本編では)ハードボイルドに戦っているけど「オフではほのぼのなやり取りが繰り広げられているのかも!?」と顔がほころんでしまうエピソードが入っていました。

魅力5:ストーリーはどう進んでいく?【ネタバレ】

出典:https://www.amazon.co.jp

2頭身で時々普通サイズ(それでも少し2等身気味)で描かれる「文豪ストレイドッグス わん」は、2017年末時点で60話以上配信されています。当初は少し遠慮気味に絡んでいた武装探偵社ポートマフィア(どちらかと言うとポートマフィアが絡むのを遠慮していた感じでしたが……)のコラボ。合同運動会を開催するなど、話数が進むごとに増えてきていますよね。
2018年01月に配信された第65話では、中原中也が犬のミュージカルを観劇した後に捨て犬になりきった太宰治に遭遇するというお話です。太宰治と中原中也の腐れ縁が好きな人は必見です。

こちらの記事もチェック!

【文豪ストレイドッグス】コミカルに描かれたスピンオフはかわいすぎた


異能力を使って様々な事件を解決していく「文豪ストレイドッグス」の公式スピンオフ「文豪ストレイドッグス わん」は、登場人物が2頭身になり日常生活を披露するほのぼの作品でした。
本編のハードボイルドなストーリーや、キャラクターたちとは違い、人間味溢れ、くすっと思わず笑ってしまうエピソードの数々に、一息ついた「文スト」ファンも多いのではないでしょうか。
今後も武装探偵社とポートマフィアの絡み、さらには本編では絡みの少ないキャラクター同士や、エキストラに近い立ち位置のキャラクターたちの日常生活が描かれて行くのだろうと思われます!また別角度で展開していく「文豪ストレイドッグス わん」の連載も楽しみになっていきますよね。