【イナズマイレブン】円堂守が神の手を持つ最強GKである8つの理由

大人気サッカーアニメの『イナズマイレブン』。円堂守はそんな作中で活躍する主人公です。物語の舞台雷門中のキャプテンでGKを務めています。今回はそんな円堂くんの8つの魅力を紹介。

『イナズマイレブン』円堂守とは


円堂守は『イナズマイレブン』の主人公でみんなのキャプテン! オレンジのバンダナがトレードマークの雷門中学2年生で誕生日は8月22日。ちなみに、名前の由来は「エンド(ゴール)を守る」からつけられているとされています。
元は弱小チームだった雷門中をその持ち前の熱意と度胸で全国まで引っ張った伝説的なGKであり、この出来事は作中の様々な人々に影響を与えました。今回はそんな彼の魅力を8つにまとめてみたので紹介したいと思います。

円堂守が最強である理由1:諦めない心を持った宇宙一のサッカーバカ


円堂くんといえばやっぱりサッカー! ということで初めに紹介する円堂くんの魅力は彼のサッカーに対する熱い思いとその姿勢です。そもそも最初も最初、1話では弱小サッカー部のキャプテンとしてスタートした円堂くん。しかし、その後チームを全国優勝に導いただけでなく、世界まで羽ばたかせました。
その原動力となったのは彼の諦めない心。帝国学園に2桁差をつけられても。そんな帝国に圧勝したゼウスが相手でも。そんなゼウスよりも強いエイリアが相手でも。そんなエイリア編よりも強い世界の強豪が相手でも――。
どんな絶望的な状況でも決して諦めず、何度でも立ち上がるその熱い姿は多くのキャラや視聴者の胸を打ちました。そのサッカーへの熱い情熱は響木監督から「宇宙一のサッカーバカ」と称されるほど。円堂くんといえばそんな熱い情熱が何よりも魅力的です。

円堂守が最強である理由2:豪炎寺や風丸などチームメイトとの関係が熱い

豪炎寺との出会い


また、そんな彼はキャラたちとの関係も大変魅力的。先ほど紹介した通り、弱小サッカー部としてスタートした円堂くんの物語。そんな彼を大きく変えたのがエースストライカー豪炎寺修也との出会いでした。
豪炎寺は明るく元気な円堂くんとは対照的に、クールで知的なキャラとして登場。鬼道参入まではその頭脳でチームを引っ張る参謀的な仕事もしていました。彼も円堂同様雷門にはなくてはならない存在で、対極っぽくもありつつ、熱い点などどこか似てもいる、そんな2人の関係はとても魅力的です。

幼馴染の風丸との関係


そして、個人的に注目したいのが幼馴染の風丸との関係。元々は陸上部だった風丸でしたが、帝国戦を契機に円堂のサッカー部へ本格参入。元々仲が良かったこともあってか、以来初期から円堂の良き理解者として彼に寄り添っていました。
どんな相手にも立ち向かう不屈の心を持つ円堂くん。しかし、実は彼も結構落ち込んだりすることもあり、その都度諦めない精神で立ち直っているのですが……。そんな彼が、珍しく本格的に心を折ったシーンがあり、それがアニメ2期の風丸の離脱シーンでした。
円堂くんにとっていかに風丸が大きな存在だったか分かる、個人的に滅茶苦茶好きなシーンです。また、その後そんな円堂の前に豪炎寺が再び現れるのもたまりません。そんなキャラ同士の関係もとっても魅力的です。

円堂守が最強である理由3:バンダナを外した姿がかわいい!


また、彼のトレードマークといえばなんといっても、いつも額に巻いているオレンジ色のバンダナです。しかし、肌身離さず身に着けているバンダナだからこそ、これを取った際のギャップがまたたまりません。
ということで、円堂くんがバンダナを取ったシーンが上記のこちら。もともと童顔な彼ですが、バンダナを取るとより一層かわいい感じになります。ちなみに、キャラデザの長野拓造さんによると、バンダナをつけるか外すかは最後まで迷ったそう。

円堂守が最強である理由4:声優が竹内順子さん


そんな円堂くんの声をアニメやゲームで務めた声優は竹内順子さん。1996年頃から活動しているベテランの声優さんで、大人気アニメ『NARUTO -ナルト-』の主人公うずまきナルト役など、様々な人気キャラクターを演じています。
熱い少年キャラを多く演じている竹内順子さんと円堂くんの組み合わせはとてもぴったりで、よりパワフルな魅力あふれるキャラクターとなっていました。事実、2012年の「第6回声優アワード」ではイナズマイレブンで、作品として声優の魅力を最大限に発揮した作品に送られる「シナジー賞」を受賞していたりします。
こちらの記事もチェック!

円堂守が最強である理由5:大人になってからもかっこいい円堂監督!


そんな円堂くんは彼が主役の無印作品だけでなく、10年後が舞台の続編『イナズマイレブンGO』でも登場。この作品ではチームを導く監督として活躍。こちらも子ども時代とはまた違った魅力があり、とても素敵でした。
GOに登場した円堂くんは天馬たちを引っ張る指導者ということもあってか、子どもの頃に比べ若干おとなしくなっています。ただ、サッカーに対する情熱は変わらず、GO1期ではフィフスセクターの野望を打ち砕くべく暗躍。何だかんだ今作でも主役張りの活躍を見せました。ちなみに、大人バージョンも変わらず竹内さんが声を務めています。

円堂守が最強である理由6:誰と結婚した?なんとお嫁さんが○人!?


そして、無印の頃からは複数のヒロインに思いを寄せられてた円堂くん。GOではそんな彼が結婚したと発表され、その相手に注目が集まりましたが……。なんとゲームのバージョンによって変化し、シャインでは夏未が、ダークでは冬花がお嫁さんなるという仕様になっていました。――いや、そんなポケ○ン感覚でお嫁さんを決められても……。
アニメでは「メシマズ系でエピソードを作りやすかったから」という理由で夏未が正妻として登場。なお、秋さんは「アメリカの彼」がいるためこの争いからは流石に逃れた様子。よかったね一之瀬くん。――が、しかし……。

GO2ライメイでまさかの一夫多妻イベント発生


なんと、続くGO2ライメイにて、限定パラレルストーンイベント「円堂の妻センター決め総選挙」なるものが開催。この世界ではなんと『適正婚姻法』によって複数人との結婚が認められているらしく、3人の奥さんが天馬にそんな妻の中でもセンターとして相応しいのは誰かと問い詰められて……。
この選んだお嫁さんによって試合に役立つスキルをくれるというイベントでした。だから、そんなポ○モン感覚でお嫁さんを決められても……。当時、イナGOはいったいどこへ向かっていたのでしょう? 個人的には、この世界の一之瀬さんの心境が気になって仕方がありません。

円堂守が最強である理由7:必殺技もみんなかっこいい!必殺技一覧

始まりの技「ゴッドハンド」


また、イナズマイレブンといえば大迫力でカッコいい必殺技も魅力的。ということで、ここからはそんな円堂君の必殺技について紹介したいと思います。まずは何といってもこれ、「ゴッドハンド」です。
初めて習得したのは1期の帝国との練習試合。しょっぱなから「デスゾーン」を止める大活躍を見せました。その後も、彼の強技が「マジン・ザ・ハンド」に変わる1期終盤まで鉄壁の必殺技として活躍。
流石に以降は出番もめっきり減ってしまいましたが、2期のラストダークエンペラー戦でまさかの再登場。このシリーズのゲームから導入された必殺技の進化システムも取り入れた、とても素晴らしい演出で2期のラストを飾った彼の代名詞ともいえる必殺技です。

マジン・ザ・ハンド


続いては1期ゼウス戦で習得した「マジン・ザ・ハンド」。神を超える魔神さんです。大介さんも習得を断念した幻の必殺技として登場。対ゼウス戦に向け、猛特訓の末ギリギリで習得しました。みんな大好きマジンのおっさんが初めて登場した記念すべき必殺技です。
実はこの必殺技発動ポーズが初期の「心臓に手を置いて身をひねるもの」や「心臓に手を置かない改良版」等があり、バリエーションが結構豊富。また、この必殺技は様々な必殺技の源になっているキーのようで、マジンのおっさんはこの技以外にも「爆熱ストーム」や「いかりのてっつい」など様々な場面で描かれています。

正義の鉄拳


こちらは脅威の侵略者編で登場。大介さんの裏ノートに書かれていたパンチ系の究極奥義です。その際の説明は「パッと開かず、グッと握って、ダン!ギューン!ドカーン!!」意味不明である。
究極奥義ということもあってか、この必殺技も結構バリエーションが豊かで円堂くんの数少ないシュート技「メガトンヘッド」もこの必殺技の亜種だとされています。また、この必殺技を習得した際の「究極奥義に完成なし」というセリフは、進化システムと合わせえて作中でもよく引き合いに出されており、色々と有名な技。

ゴッドキャッチ


こちらは世界編で登場した必殺技で、中学時代の円堂君の最強必殺技になります。「マジン・ザ・ハンド」の進化系で究極のキャッチ技。進化したためかマジンのおっさんも神々しくなりマントを羽織っています。神を超えた魔神――よりも強い神です。
円堂くんの気が成長したことにより、片手だけでなく体全身で気をコントロールすることで繰り出せるようになった必殺技なのだとか。なお、アニメでの説明は「ガン! シャン! ドワーン!」。

魔神グレイト


こちらはイナGO2で登場した円堂君の化身。見た目はどう見たってマジンのおっさん。無印時代からスタンドだなんだと話題になっていた彼ですが、あんたやっぱり化身だったんじゃないですか……。地味に名前まで判明しています。化身技名は「グレイト・ザ・ハンド」 で、モーションも「マジン・ザ・ハンド」とうり二つです。

円堂守が最強である理由8:名ゼリフ集「キャプテン今日の格言」

「勝利の女神がどっちに微笑むか、最後までわからない」


更にイナズマイレブンではそんな円堂くんの名台詞をアニメのラストで紹介する「キャプテン今日の格言」なるコーナーがあり、こちらのセリフも大変魅力的でした。ということで、そんな今日の格言で紹介された彼の名ゼリフをいくつかピックアップしてお伝えします。
まずはこちら。これはアニメ2話の格言です。勝利の女神という単語は彼のお気に入りらしく、その後もしょっちゅう登場しています。彼の最後まであきらめない精神を象徴する名言です。

「日本一の次は宇宙一だ!」

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは28話の格言。上記の「勝利の女神」が円堂くんの精神を象徴するセリフなら、こちらはイナズマイレブンという作品を象徴するようなセリフ。これだけ聞くと意味不明ですが、ストーリー的には宇宙人を名乗る集団が攻めてきたことに対して、円堂君たちが奮起するという至極自然な流れで発せられたセリフです。……自然?
その後の展開も、実は宇宙人を名乗った彼らはちゃんと日本人でただのドーピング野郎だったことが発覚。この事件によって格段にレベルを上げた日本人プレイヤーたちはその後の3でようやく世界への扉をたたく……。
と、ハチャメチャに見えて実はストーリーラインが割としっかりしていたり。そんなところも無印の魅力の1つでした。――が、しかし。まさかGOでこのセリフ通りの展開になるとはまだ誰も夢にも思っていなかったのです……。

「いつもお前は遅いんだよ!」


こちらは52話の格言。脅威の侵略者編の序盤、ある事情からチームを離脱した豪炎寺。ながらく豪炎寺不在のままエイリアと戦っていた雷門イレブンでしたが、チーム「イプシロン」戦でついに絶対絶命のピンチを迎え……。
そんな窮地に「待たせたな」と颯爽と駆けつけたニクい炎のエースストライカーさんへ向けた円堂の一言。2話の帝国戦で豪炎寺が初めて円堂たちに力を貸した際のセリフ「遅すぎるぜ、お前」ともかかっており、滅茶苦茶熱い名シーンです。なお、このセリフによって豪炎寺にギャグシナリオで遅刻属性がついてしまったのはご愛敬。

「サッカーやろうぜ!」


そして、最後に紹介するのはこのセリフ。やはり円堂くんの名言といえば、このセリフは外せません。イナズマイレブンはこのセリフから始まりこのセリフに終わる、この作品そのものと言っても過言ではない名言「サッカーやろうぜ!」です。
作中で何度も繰り返されてきたこのセリフですが、今日の格言として紹介されたのは65話。脅威の侵略者編のラストを締めくくる形で紹介されました。また、今日の格言では紹介されていませんが世界編もこのセリフで締めくくられている、紛れもない名言です。

円堂守は最強のGKでみんなのキャプテン!


ということでここまで円堂くんの魅力について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。そんな彼の活躍する『イナズマイレブン』がなんと再始動! 新シリーズ『イナズマイレブン アレスの天秤』として、ゲームが2018年夏に配信予定の他、アニメ放送も2018年春から開始予定です。
このアレスの天秤はアニメ無印FF編後から分岐する新しい時間軸のストーリーで、再び中学生の円堂くんの活躍が見れるとあって早くも大きな注目を集めています。そんなイナズマイレブンと円堂守からまだまだ目が離せません! ――ということで円堂守の魅力についてでした。
こちらの記事もチェック!