創真の父・才波城一郎の過去に迫る!1人の天才が辿った苦難の料理道

週刊少年ジャンプの人気作品「食戟のソーマ」より、幸平創真の父・才波城一郎の過去を大特集!元十傑第二席であり、最強の料理人と呼ばれた男の歩んだ道とは・・・?

才波城一郎は作中最強クラスの料理人!

今回ご紹介する才波城一郎とは、「食戟のソーマ」の主人公・幸平創真の父親である。この記事は彼の過去編の紹介をメインとしているため「才波」と呼称するが、結婚して苗字が変わっているため、現在の時間軸では「幸平城一郎」が正しい。原作者の附田裕斗先生によれば、創真の母はすでに故人であるとの事。

学生時代から数々の功績を残し、料理界の名門「薙切」の姓を持つ仙左衛門、えりな、薊らからもその腕を認められ、幼い創真に我流で料理の基礎を教えた。本編でも正式な食戟やコンクールなどでの敗北の描写はない。作中最強と呼ぶにふさわしい天才料理人・才波城一郎についてまとめてみよう。

才波城一郎が影響を与えた重要人物たち

幸平創真

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

城一郎はその類稀なる料理の才覚掴み所のない性格から、様々な人間に影響を与えてきた。もちろん創真もその一人である。

「食事処 ゆきひら」の厨房に立つ城一郎の背中を見て育った創真は、彼から料理に関するたくさんの知識や技術を教わった。遠月学園にて見聞を広めてゆく中で、創真は改めて城一郎の偉大さと自分との力量の差を思い知る事になる。

尊敬する料理人として、越えるべき高い壁として、創真の目指す先にはいつでも城一郎の姿があるのだ。

薙切えりな

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

遠月学園の元生徒であり、薙切仙左衛門と繋がりのある城一郎は、幼い日のえりなとも出会っている。

神の舌とまで呼ばれる人間離れした味覚を持つが故に、幼少期から一流料理店の味見役と、徹底した英才教育を受けてきたえりな。閉塞的な生活の中で彼女は、徐々に料理への熱を失いつつあった。そんな時、仙左衛門のツテで薙切家を訪れた城一郎と出会う。

城一郎の奇抜な創作料理は、えりなの心を震撼させた。「どうしてこんな料理が作れるのか?」と尋ねたところ、城一郎は「答えが分かっていたら楽しくないだろ」と笑った。感銘を受けたえりなは以降、彼を「才波様」と呼び崇拝に近い域で憧れを抱いている。

堂島銀&薙切薊

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

このあと詳しく紹介するが、城一郎は堂島銀の同級生であり、薙切薊より2学年上の先輩である。極星寮の黄金時代を築き、十傑にも名を連ねていたが、遠月学園を卒業する事なく自主退学している。

堂島は当時、城一郎を救ってやれなかった事を激しく後悔し、自分の進路すらまともに考えられないほど落ち込んでいた。それから仙左衛門に声をかけられ、遠月リゾートのシェフとなり、遠月学園の生徒たちを育てる道を選んだ。

一方で、城一郎を心から慕っていた薊は、「現代の腐った料理界が才波先輩を駄目にした」と思うようになる。この思想が長い間をかけて肥大化し、えりなへの歪んだ英才教育遠月学園改革の提唱へと繋がってゆく。
関連記事をご紹介!

“修羅”と呼ばれた料理人・才波城一郎の過去

遠月学園の69期生

かつて城一郎は遠月学園に在籍していた。在学中は創真と同じ極星寮に所属しており、彼のいた世代は極星寮の黄金時代と呼ばれている。食戟によって設備や所有地を勝ち取って勢力を広げてゆく独立国家のような存在であったという。

彼の代の十傑の席次は、堂島が第一席城一郎が第二席である。しかし、二人で日常的に行っていた料理勝負の最終的な戦績は121戦101勝で城一郎の圧勝だった。ただ彼は、息子の創真にも受け継がれてしまっている自由奔放な言動を問題視されたため、生真面目な堂島が第一席に収まっていたようだ。

他を寄せ付けない圧倒的すぎる実力

名実ともに遠月学園第69期生最強の料理人だった城一郎。飄々とした態度をとったり、食戟の場でゲテモノ料理を出したりと問題行動も多かったが、それでも料理の腕は本物だった。誰にも真似できない独創的な品は学外の食通たちまでも唸らせ、在学中からその名は料理界に広く知れ渡ってゆく。

堂島と競い合い、後輩にあたる汐見潤をゲテモノ料理の実験台にし、薊から純粋な尊敬の目を向けられる。城一郎の周りにはいつも、料理と仲間の笑顔があった

城一郎がゲテモノ料理を作るようになったのは、高二の頃からである。入学当時からその才能を発揮してきた彼が、突然あきらかに不味いものを皿にのせるようになったのだ。堂島はそれを彼なりのガス抜きのようなものだと思い、止める事はしなかった。しかし、それから少しずつ城一郎の様子が変わり始める

誰の目から見ても、城一郎は料理の天才だった。そのため中には「どうせ天才には敵わない」と、戦う前から諦めてしまう生徒もいる。城一郎はそんな相手に食って掛かり、完膚なきまでに叩き潰し、容赦なく屈服させた。尊敬が畏怖へと変わり、彼はいつしか「修羅」と呼ばれるようになってゆく。

理想と現実の乖離

3年生になってからも、城一郎の躍進は留まるところを知らなかった。学外の数多のコンクールで優勝を飾り、ついには世界若手料理人選手権コンクールBLUE」でも金賞候補に数えられるほど。盛り上がる大人たちを他所に、しかし本人はひどく険しい表情を浮かべるようになる。

素晴らしい品を生み出せば、次はそれよりさらに素晴らしい品を期待される。他人から望まれるものと、自分が本当に作りたいもの。自分と世間が、理想と現実が食い違ってゆく。多大な期待や称賛が重圧としてのしかかり、まだ若い城一郎の精神は摩耗していった

いつしか自分の進むべき道を見失った城一郎は、ゲテモノ料理を作る余裕さえ無くなるほど憔悴してしまう。そうしてついに、参加するはずだった世界若手料理人選手権コンクール「BLUE」の舞台を放棄した。その後、当時遠月学園の総裁だった薙切仙左衛門に声をかけられ、城一郎は遠月学園を中退。一度料理から離れ、自分を見つめ直す旅に出る

彼の背を見送った者たちの心境もそれぞれで、堂島は城一郎が追い込まれていた事に気付けなかった自分を責め続け、薊は尊敬する才波城一郎を潰した料理界そのものを嫌悪した。複雑な思いを抱えたまま学園を卒業し、各々が自分の道を歩き出したのだった。

「食事処 ゆきひら」の店主に

遠月学園を離れた城一郎は、その身一つで世界各地を渡り歩いた。その過程で少しずつ料理への熱を取り戻し、各国の一流店で腕を振るう「流浪の料理人」と呼ばれ有名な存在となる。しかし、ある日を境に突如として料理界の最前線から姿を消してしまった

それから時が経ち、創真が物心ついた頃にはすでに城一郎は「食事処 ゆきひら」の店主として厨房に立っていた。そのあたりの詳しい経緯は原作でも語られていない。ともあれ、彼の生み出す創作料理のルーツは、遠月学園での日々と、世界各国での修行や出会いの中で育まれたものなのである。

創真たちの成長を見守る

自然と店を手伝うようになり、心から楽しそうに料理と触れ合う創真を、城一郎は後ろから見守っていた。創真に料理の才能があるとは思えなかったし、料理人になってほしいと思っていたわけでもなかったが、やはり何かしら思う所はあったのだろう。目を輝かせて手元を覗き込んでくる創真へ、調理の技法や知識を気まぐれに教えていたようだ。

創真が中学を卒業するのとほぼ同時に店を閉めると、城一郎は再び海外で仕事を始めた。秋の選抜の前後には、帰国して極星寮に顔を出したり、電話で創真と連絡を取ったりもしている。道から逸れてしまった当時の自分の姿を重ねながら、彼なりに息子の成長を応援しているのだろう。

才波城一郎の声優は小山力也さん!

アニメで才波城一郎を演じているのは小山力也さん!主な代表作は、名探偵コナン毛利小五郎<2代目>)、NARUTO-ナルト-疾風伝ヤマト)、血界戦線クラウス・V・ラインヘルツ)、うしおととらとら)など。24 -TWENTY FOUR-ジャック・バウアーを筆頭に、洋画の吹き替えでもお馴染み。1963年12月18日生まれで、御年54歳のベテラン声優である。

小山さんは立命館大学の出身で、在学中から演技について学び始めた。その後、短期大学を経て劇団俳優座に入団し、舞台俳優として活動する。声優としての仕事が増えるにつれて俳優としての顔出しの出演は少なくなったが、幅広い役柄を演じ分ける確かな演技力が舞台の上で培われていた事は言うまでもない。

親子の共闘が実現!過去と未来に決着を・・・!

が遠月学園を乗っ取り横暴な改革を押し進める事に、創真や仲間たちが猛反発!反逆者として学園での立場を失くし、一人、また一人と退学に追い込まれてゆく

十傑の権限があれば退学を取り下げさせる事ができると考えた創真たちは、薊率いる中枢美食機関に食戟を申し込んだが、薊はこれを拒絶した。受けるメリットがないからだ。正式な食戟でなければ十傑の席次を動かす事はできないが、そもそも双方の合意がなければ食戟自体が執行されない。

万事休すかと思われたその時、創真たちの前に現れたのは城一郎だった。

創真たちの言葉に耳を貸さない薊に対して、城一郎はとある交換条件を持ち掛ける。なんと彼は、公正な食戟を行い、創真たちが負けたら自分が薊の元に下る、と言うのだった!真の美食を追求しつつ、未だ「才波城一郎」を尊敬してやまない薊にとって、それは何よりも魅力的な提案なのだ。

自分を担保に食戟を取り付けた城一郎は、自分たちの過去と薊の目的を話して聞かせ、堂島らと共に創真たちに訓練をつけた。見て真似をするのではなく、本格的な手解きを受けるのは創真も初めての事である。厳しい戦いを前に、子供たちはまた新たな力を身に着けてゆく。

勝敗の行方は?遠月学園を取り戻す事はできるのか?気になる展開はコミックスをチェック!4月からはアニメ4期も控えているのでお見逃しなく!こちらの記事もオススメ!