実写映画『バイオハザード』全シリーズのみどころ&原作破壊度を徹底紹介!

ミラ・ジョヴォビッチ主演、大人気ホラーゲームを題材にした映画『バイオハザード』は世紀の原作破壊映画だった!?今回は実写映画版バイオハザードの簡単なあらすじとみどころを徹底紹介!ゲームファンも見逃せないブッ飛び映画は要チェック!

ついにファイナル!映画バイオは原作破壊を楽しむもの?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

世界を席巻したゾンビ映画バイオハザードシリーズは日本においてカプコンが制作、販売している「バイオハザード」という作品を原作としたサバイバルアクションホラーです。

第1作が2002年に公開され、興行収入1億ドル以上という驚異の数字を記録しました。その後もその人気から4本のシリーズ作品が制作され、2016年には最終章となる「バイオハザード ザ・ファイナル」が公開。

海外では「Resident Devil」というタイトルで放映されており、バイオハザードは邦題となっています。ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に据えたキャストもあまりにも有名ですよね。

映画版バイオハザードは映画業界の中でも成功している部類で、興行収入も高く、評価も軒並み高いシリーズでした。

ですが、ゲーム版のファンからしたらかなりブッ飛んだ内容になっていました!故に「映画版バイオハザードは原作破壊」などと言われもして……。

今回の記事では歴代のシリーズ作品ごとにあらすじや見どころを紹介していきます。ちなみにシリーズを通しての共通キャラは主人公のアリスとアンブレラ社という会社くらいで主要なキャストも次々と変わっています。ゲームでおなじみのキャラも意外な立ち位置で登場しますよ!

原作破壊度30%…バイオハザード

記念すべき第一作!原作の恐怖感を再現した意欲作

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『バイオハザード』の記念すべき第1作目!全米で最大の規模を誇る家庭用医薬品の複合企業アンブレラ社が物語のキーを握るのは原作通り。そして実はこのアンブレラ社は細菌兵器などを開発する軍事企業というのもおなじみの設定ですね。

ある日、アンブレラ社の地下研究所で「T-ウイルス」という細菌兵器が何者かによってばら撒かれバイオハザードが発生!舞台は移って洋館のとある一室で主人公(ヒロイン)のアリスという女性が目を覚まします。

アリスはなにもわからぬままに特殊部隊が襲来!曰くアリスは記憶喪失であり原因は屋敷の防衛システムによって散布された神経ガスの充満だと言いますが……。

そしてアリスが救出された際に一緒に助け出された男性がいました。彼の名前はマット・アディソン。警官だと言いますが、警察のデータベースに彼の情報はありません。特殊部隊隊員たちはアリスを連れてバイオハザードが発生したアンブレラ社の「ハイブ」という研究所に侵入することになります。

目的はアンブレラ社のスーパーコンピューター「レッドクイーン」をシャットダウンさせること。しかし彼らを待ち受けるのは想像を絶する恐怖とクリーチャーの群れなのでした……!

原作ゲーム破壊ポイント……アリスって誰ぞ???


ミラ・ジョヴォビッチ演じる主人公・アリスは原作ゲームには登場しないオリジナルキャラ。ルイス・キャロルの小説『鏡の国のアリス』をモチーフにしたキャラですが、ゲーム版主人公達に負けない大立ち回りを繰り広げます!仲間である特殊部隊員達の壮絶な死やマットとの交流、そしてラストボスである生物兵器(B・O・W)リッカーとの激闘を経てアリスは何とか地上に帰還しますが……。

「静かに近寄るゾンビ達」を再現していたり、アニマトロニクス技術で迫真の恐怖感を演出しているリッカーの存在など、主人公は違っても原作ファンは楽しめるはず!個人的にはミシェル・ロドリゲス演じる特殊部隊員、レインが素晴らしいです(オリキャラですが)。

隊長のジェームズの死に様はR-18クラスのトラウマですよ……。

原作破壊度20%…バイオハザードII アポカリプス

バイオハザード3 LAST ESCAPEを再現!ジルの再現度がやべえ!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

「バイオハザードⅡ アポカリプス」は前作の反響を受けて制作され、2004年に公開された正式な続編。一作の舞台であったアンブレラ社の地下施設、ハイブでの事件から2日が経ちましたが、汚水は食い止められたことで真上に位置するラクーンシティの住民は普段通りの生活を送ることができていました。

しかし、ハイブでの事件の調査のため、アンブレラ社の社員が地下入り口を開けてしまい(何やっとんじゃ!)クリーチャーが放出!ウイルスの感染が街にまで広がってしまいます。ゾンビは人々を襲い始め、市民らもまたゾンビ化していき、街はもはや壊滅状態……。さらに悪い事に事件を起こしている当事者のアンブレラ社はラクーンシティを閉鎖することを宣言します!



ラクーンシティ封鎖のために、アンブレラ社は中央警備局やU.B.C.Sなどを派遣しましたが、予想をはるかに超えるアンデッドの量に苦戦を強いられます。しかし街に取り残された人間の中にはまだウイルスに感染していないものも存在しました。そのうちの一人がジル・バレンタインという婦警!彼は他に生き残った一般市民らを連れ、教会へと逃げ込みます。

しかし、最終的には教会にもゾンビたちの魔の手がさしかかっていました。絶体絶命の窮地に追い込まれた彼らの前に突然オートバイにのった女性が現れます。その女性こそ、ハイブから唯一生還した人物、アリス!

アリスとジル、そして事件の鍵をにぎるチャールズ博士の愛娘・アンジェラら生存者は地獄と化したラクーンシティからの脱出を決意します。しかし彼らの前には驚異の戦闘能力を持ったB・O・W【ネメシス】が立ちはだかる……!

追跡者ネメシスが登場!シリーズ屈指の再現度で贈る白熱の脱出劇!

黒幕であるサミュエル・アイザックス博士により窮地に立たされるアリスたち。そして対峙するは追跡者ネメシス……。ゲーム『バイオハザード3』でプレイヤーを苦しめた強敵・ネメシスの再現度は一見の価値あり!またネメシスの正体が明かされるシーンは前作視聴者ならとても悲しくなりますね……。

ネメシスだけでなく、リッカーや犬型ゾンビのケルベロス、さらにカルロスニコライなどゲームのキャラも多数登場!ジル・バレンタインを演じたシエンナ・ギロリーゲームから飛び出したかのようなそっくりさんでファンを黙らせました。

総合的に見てシリーズで最も原作をリスペクトした作品ではないでしょうか!とにかくジルを見て下さい!!

原作破壊度40%…バイオハザードⅢ

前作から一転!驚天動地の超展開に呆然!雰囲気はまるでマッドマッ◯ス!?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

2007年に公開されたのがバイオハザードⅢ!サブタイトルとしてExtinction、すなわち絶滅というタイトルが付いています(不穏だ…)。作中では前回の作品から8年の月日が経過した設定になっています。T-ウイルスの侵食は結局解決しておらず、むしろ前よりもはるかに感染者が増え、人間や動物はおろか、自然までウイルスによって破壊されていました……んでもって世界は砂漠化!

一方のアンブレラ社は頑丈かつ豊富な備蓄を備えた地下施設に潜り、東京の本部のアルバート・ウェスカーを筆頭として世界中の支部と連携して現状の打破を目指していました。北米支部のアイザックス博士はアリスの血液を使って複製した彼女のクローンを使ってアンデッドのコントロールを目指しています。

その頃、地球上で生き残った人々は安住の地を求めて旅をしていました……。


やっぱり生き残っていた前作主人公・アリスはふと立ち寄ったガソリンスタンドでアラスカが安全だと書き残されたノートを見つけ、わずかな希望の元にアラスカを目指します!一方のクレア率いる車団はネバダに拠点を置いていましたが、T-ウイルスに感染したカラスに襲われピンチ!

アリスはたまたまその現場に居合わせ、彼女らと一緒に行動することとなります。翌日燃料を補給するためにラスベガスへ向かうとそこにはアンブレラ社のトラップが仕掛けられてあり、今までよりも強いアンデッドに襲撃されます(ゾンビの緩慢さをかなぐり捨てた猛ダッシュは当時流行りの走るゾンビをリスペクトしてますね)

メンバーの犧牲を経て、一行はなんとかその場を切り抜けアラスカに!アラスカに到着したアリスは黒幕・アイザック博士と対峙し、アンブレラ社との最後の戦いが幕をあけるのです!

原作ゲーム破壊ポイント……なんかいきなりマッド◯ックスに!

ラクーンシティへの核攻撃をへて、なんだか『マッ◯マックス』みたいになってしまった第3作。砂漠をバイクで疾走するミラ・ジョヴォビッチは文句なくカッコイイですが、ゲーム版バイオハザードとはもはや別物になっております!

強いて言うならゲームの大人気キャラクター・クレアウェスカーの登場でしょうか……ですがそんな人気キャラを超える大活躍を魅せるのがカルロス!

カルロスもまたゲームに登場しますが本作の彼は一味ちがいます。脱出用ヘリを奪取するため、自らゾンビの群れにトラックで突撃!「B級映画史に残るかっこいいドヤ顔で楽しむ人生最後の喫煙」シーンを観たらもうカルロスに惚れるしか無い!……あ、ちなみにラスボスはアイザック博士でアリスに倒されます。

原作破壊度60%…バイオハザードⅣ アフターライフ

ウェスカーVSアリス&レッドフィールド兄妹!超人同士のラストバトルは必見!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アフターライフは2010年に公開された作品です。なんと舞台の一つに東京は渋谷が登場して話題になりました!前作から1年後の世界を舞台として物語は展開されていきます。アンブレラ社は東京は渋谷の地下に巨大な要塞を築き、ウェスカーの指示の元、T-ウイルスの研究実験を繰り返していました。

アリスらはその研究所を襲撃し、壊滅的なダメージを与えますが、ウェスカーは逃亡します。それから半年後の5月にアリスはアラスカにあるというウイルスに侵されていない「アルカディア」という地域を訪れていました……。

しかし、そこに人の姿は見えず、アリスは落胆します。そしてこの地でひょんなことからクレアと再会を果たしますが、彼女は記憶喪失になっていました!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

翌日アリスと正気に戻ったクレアは飛行機でロサンゼルスへ。アリスはアルカディアは地名ではなく、ロス沖に停泊している船の名前だと教えられます。しかし、彼女らはロスの刑務所付近で一度着陸しており、離陸に苦労します。

そしてなんとかその場をしのぎ切った一向はアルカディアへと向かいますが……。

人知を超えた魔人・ウェスカーの活躍をその目に焼き付けろ!!



アフターライフでは、おなじみの元S.T.A.R.S隊長にしてアンブレラ幹部・アルバート・ウェスカーが登場!東京地下に位置する本部からT-ウイルスの研究などを行なって暗躍していた人物です。同作ではアリスたちの前に強大な敵として現れ行く手を阻みます!

のサングラスとオールバックの髪型が特徴的なウェスカー様。宿敵レッドフィールド兄妹と対峙し、フルパワーで攻撃を仕掛けてきます!原作ゲーム『バイオハザード5』でプレイヤーを驚愕させた「瞬間移動」を魅せキレッキレの悪役ぶり。(特に意味は無いですが)グラサンをクリスにぶん投げるシーンはぜひ3Dで観てほしいです!

原作破壊度100%…バイオハザートⅤ リトリビューション

『バイオハザード マーセナリーズ』の実写化って感じの第四作!!世界を舞台に敵を蹴散らせ!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『リトリビューション』は2012年に公開された作品で「報い」という意味。同作は前作のラストから直接繋がっている設定です。ウェスカーとの死闘を終え、アルカディア号に囚われていた生存者を助けようとするアリスなのですが、アンブレラ社に阻まれ海へ転落します。

そこから意識を取り戻すとアリスは幸せな家庭の一員でした(!?)。しかし、それもアンデッドにより悪夢に変わります。再び意識を取り戻すと彼女は実験施設で囚われの身となっていました。彼女はそこで元仲間を見つけますが、彼らはアンデッド化しており、アリスは過去の仲間と対峙することになります。

勇敢に死んだカルロスやレインが敵として登場する、なんとも胸がいたむ展開。苦戦を強いられるアリスのもとに駆けつけたのはなんと……!!!

印象的なキャラ

シリーズ5作目では、第1作ぶりにレッドクイーンが登場します。このレッドクイーンはアンブレラ社が一作目で開発した最先端の(美少女)人工知能。アンブレラ社の施設の管理権限を握っているので実質的なボスといっても過言ではないでしょう!

さらになんと本作では原作ゲームでクリスと人気を二分するキャラクター・レオンが参戦!さらにさらにこちら人気キャラのエイダ・ウォンバリー・バートンまで合流し、世界各国の都市を舞台にゾンビ無双!処刑マジニプラーガ、チェーンソー男などお馴染みのボス軍団、果ては中島美嘉ゾンビ(特別出演)までぶっ飛ばし気分はもうマーセナリーズ!

人気キャラ総出演のお祭り騒ぎはある意味超見ごたえがあります!久々にシエンナ演じるジルも登場し最初から最後までクライマックスノンスピードでスタンピードだッ!!!

原作破壊度120%…バイオハザード ザ・ファイナル

この戦いに決着を!孤高の戦士・アリス最後の【物語】!!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ついに最終章!バイオハザード ザ・ファイナル2016年末に先行公開されました!アリスが目を覚ますと彼女は荒廃したワシントンD.C。彼女は廃墟と化したホワイトハウスあたりをうろついているとパソコンが設置されている部屋を見つけます……。

そのパソコンの正体はアンブレラ社の人工知能、レッドクイーンでした。レッドクイーンはT-ウイルスに対抗できる抗ウイルス剤があるとして、アリスに地球を救ってほしいと訴えかけます!アリスは以前レッドクイーンに殺されかけているので半信半疑でしたが(そりゃそうだ)、結局ラクーンシティへと向かうことになります。

アンブレラ社のバイクに乗ろうとしたアリスですが、襲撃を受け気絶。アンブレラ社の装甲車内で目を覚まします。そこにはアイザックス博士がいました。彼を再び倒し、アリスはウェスカーとの最終戦へと望みますが……。

「あと48時間で世界が終わる……」「やっほぉ〜ローラだよぉ〜ウフフ!オッケー!!」

バイオハザード ファイナルには日本から女優でモデルのローラが出演して話題を呼びましたよね!なんとこの作品はローラがハリウッドデビューした作品でもあり、いつもとあまりにも違う演技で話題になりました。ローラが演じる凛々しい女戦士コバルトは素晴らしい(出番少ないですが)。ハチャメチャにかっこよいローラだけでも観る価値あり!

世界崩壊まであと数時間、押し寄せるアンデッドの大群、始まりの地・ラクーンシティで暴かれる真実……世界を救う鍵「抗ウイルスワクチン」をめぐり、無数の屍を乗り越えてアリスは宿命の敵アイザックスと相まみえる!!

孤高の女戦士アリスは世界を救う事ができるのか!もはや原作ゲームなど知らんという割り切りもいっそ好感が持てる究極の結末を目撃して下さい!

映画バイオハザード、ほんとにこれで終わりなのか?

今回の記事ではバイオハザードの歴代シリーズを一作ずつご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか!原作破壊と言われていましたがなんだかんだ原作ゲームが好きな人も楽しめる作りになっているし、細かいオマージュもあるので人気が出たのも頷けますね!

ミラ・ジョヴォビッチの女優魂も尊敬できるものなので、ミラ様ファンは問答無用でチェックです!