【プリキュア アラモード】キャラ&声優まとめ!7人の伝説のパティシエを紹介!【キラプリ】

プリキュアシリーズ14作目の「キラキラプリキュアアラモード」はこれまでにない人物を声優に起用したことでも話題となりました。そこで今回は、キラプリに登場する7人のパティシエのキャラクターや声優についてご紹介します!

プリキュア アラモードってどんな作品?

異例の人物を声優に起用

出典:https://www.amazon.co.jp

『キラキラプリキュアアラモード』はプリキュアシリーズ第14作目、プリキュアも12代目になり、「キラプリ」「プリアラ」の愛称でも親しまれています。今回のプリキュアは「アニマル×スイーツ」がモチーフとなっており、プリキュアの名前にもスイーツの名前が使われています。
キラプリのストーリーは個性や価値観がそれぞれ違う5人の少女がパティシエとなってお菓子作りをしながらそれぞれの個性を表した動物と思い入れのあるスイーツを掛け合わせた姿のプリキュアとなって敵に立ち向かっていく物語です。
プリキュアシリーズは毎回メインキャラの声優にも注目が集まる作品ですが、キラプリは有名子役女優元タカラジェンヌなど、これまでに例のない人物を起用し、それまでのシリーズ以上に大きな話題を集めました。

宇佐美いちか/キュアホイップ

明るく元気なみんなのリーダー

出典:https://www.amazon.co.jp

宇佐美いちかはプリキュアのリーダー的存在で明るいお調子者の中学2年生、うさぎ×ショートケーキの「キュアホイップ」に変身します。ショートケーキは医師として海外を飛び回る母親との思い出のスイーツであり、久しぶりに海外から帰国する母のために作ったショートケーキがプリキュアに変身するきっかけにもなりました。
勉強が苦手ですがスイーツ作りは大好きで、やや技術的に劣るところはありますが、直感やひらめきで動物をモチーフにしたスイーツを開発するなどの能力も発揮しています。また皆が信頼を寄せるまとめ役でありムードメーカー的存在でもあります。

声優は有名子役・美山加恋


美山加恋は1996年東京出身の女優です。2002年に子役デビューし舞台などで活躍、2004年には草彅剛主演のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』の小柳凛役を演じて天才子役として大ブレークしました。その後もテレビドラマや映画、舞台などで活躍し、2012年には舞台の初主演も務めました。
元々趣味で漫画やアニメを見ており、声優業には2012年から挑戦しています。劇場アニメ『ももへの手紙』の主演として宮浦ももを演じた他、2016年にテレビアニメ『エンドライド』のヒロイン・アリシア役を経て2017年から『キラキラプリキュアアラモード』の宇佐美いちか・キュアホイップ役を務めています。

有栖川ひまり/キュアカスタード

スイーツを愛する臆病な科学者

出典:https://www.amazon.co.jp

有栖川ひまりはいちかと同じく中学2年生、りす×プリンの「キュアカスタード」に変身します。普段は臆病で大人しい性格ですが、スイーツ作りが大好きで、スイーツの話になると積極的で饒舌になります。
「スイーツは科学です!」が口癖の真面目な努力家であり、スイーツに関する膨大な知識量を持っています。ただしいちか同様スイーツを作った経験は浅く、初めてできた友達であるいちかと共に作り上げたプリンを守るためにキュアカスタードとして覚醒しました。

声優はまいんちゃんこと福原遥

出典:https://www.amazon.co.jp

福原遥は1998年埼玉県出身の女優です。2005年に子役デビューを果たし、2009年からEテレの子供向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のメインキャラである柊まいん(実写パートは主演、アニメパートでは声優)を演じ、その可愛らしい声とルックスでブレークしました。
番組の終了後は2012年から雑誌『ピチレモン』の専属モデルや女優業を中心に活躍しています。声優業では2016年から『なめこ〜せかいのともだち〜』の主演なめこ役を演じ、2017年からは有栖川ひまり・キュアカスタード役を演じている他、2018年は『恋は雨上がりのように』の西田ユイ役も演じています。

こちらの記事もチェック!

立神あおい/キュアジェラート

夢見るお嬢様シンガー

出典:https://www.amazon.co.jp

立神あおいはいちかやひまりと同じく中学2年生、らいおん×アイスの「キュアジェラート」に変身します。自由奔放で情熱的な性格をしており、歌うことが大好きで「ワイルドアジュール」というバンドのボーカルを務めています。
また、その性格や見た目に反して成績優秀で、大企業「立神コンツェルン」のご令嬢であり、礼儀作法なども全てマスターしています。バンドのコンテストに参加する際にいちかとひまりがくれた「らいおんアイス」で突破口を開き、自分らしさを思い出させてくれた「らいおんアイス」を守るためにキュアジェラートに覚醒しました。

声優は村中知


村中 知は1989年茨城県出身の声優です。2010年に声優デビューを果たし、翌年2011年にはアニメ『黒魔女さんが通る!!』のメインキャラの一人岩田大五郎役を演じ、2014年『モンスター列伝オレカバトル』の俺牙ファイヤ役で初主演を務めました。
また、上記の作品以降も2014~2016年『ワールドトリガー』の空閑遊真役や『超ロボット生命体 トランスフォーマーアドベンチャー』のラッセル役など少年役が多く、『フューチャーカード バディファイトDDD』の太陽の竜 バルドラゴンなどの声も演じています。

こちらの記事もチェック!

琴爪ゆかり/キュアマカロン

猫のような気まぐれマドンナ

出典:https://www.amazon.co.jp

琴爪ゆかりは猫のような気まぐれな性格の高校2年生、ねこ×マカロンの「キュアマカロン」に変身します。美人で文武両道、スポーツ万能で、学校でファンクラブが作られるほどの人気があります。全てにおいて完璧で、それら全てがどのようにすれば上手くいくか「何となく分かってしまう」という天才肌です。
しかしその一方で、全てそつなくこなせてしまうため、何かに興味を持つことができませんでした。そこでいちかと出会い、スイーツの中でも難しいマカロン作りを一緒に行う内にいちかに興味を持ち、敵の襲撃からマカロンを守ろうとするホイップの姿に心打たれてキュアマカロンへと覚醒しました。

声優は初音ミクの藤田咲


藤田咲は1984年東京出身の声優です。2005年に声優デビューし、翌年2006年に『つよきす Cool×Sweet』蟹沢きぬ役で初主演を務め、その後も様々なヒロインを演じている人気声優です。また、2007年に発売された人の声で歌を作り上げる音声合成ソフト『VOCALOID2』の女性版「初音ミク」の声を担当したことでも有名です。
藤田さんは一度前々作である『Go!プリンセスプリキュア』のチエリ役として出演していましたが、打ち上げの場での声優たちの挨拶を聞き、シリーズを通してキャラクターを務められる声優になると決意を新たにし、マネージャーと共に琴爪ゆかり・キュアマカロンの役を掴みとったのだそうです。

こちらの記事もチェック!

剣城あきら/キュアショコラ

妹思いの王子様

出典:https://www.amazon.co.jp

剣城あきらはゆかりと同じく高校2年生、いぬ×チョコレートの「キュアショコラ」に変身します。始めはいちかが男性だと勘違いするほどボーイッシュな見た目と立ち振る舞いをしており、ゆかり同様ファンクラブが存在するほどの人気があります。
妹の病気の看病のためにいちか達の町に引っ越してくるほどの妹思いで、大きな愛情を注いでいます。いちかと共に妹にプレゼントするチョコレートを作り、それを奪いに来た敵からいちか達を守るためにキュアショコラへと覚醒しました。

声優は元タカラジェンヌ森なな子


森なな子は1988年福岡出身の女優で、2005年から2009年まで宝塚歌劇団に入団していました。宝塚の退団後約2年間は会社員をしていましたが、上司の勧めで2012年にミス・ユニバース・ジャパンに応募し、ファイナリストにも選ばれています。
同年本格的に声優業を開始しており、スマホアプリの声などを担当しながらフリーで活動しています。端役ながら様々なテレビアニメに出演しており、2017年『キラキラプリキュアアラモード』の剣城あきら・キュアショコラ役で初のメインキャラクターを演じることとなりました。

キラ星シエル/キュアパルフェ

実は妖精の天才パティシエ

出典:https://www.amazon.co.jp

キラ星シエルはいちか達と同じ中学2年生、ペガサス×パフェの「キュアパルフェ」に変身します。キラ星シエルはフランスで若き天才パティシエとして活躍していましたが、いちか達の町にスイーツショップを開店するために来日しました。
しかし、その正体はペコリン同様いちか達の町にあるいちご山に住んでいた妖精キラリンが人間に変身した姿でした。キラリンはスイーツの修業をするため弟のピカリオと一緒にパリへ留学しましたが、キラリンだけが才能を認められ、ピカリオが闇に染まってしまったという過去がありました。
ピカリオが闇に染まってしまったのは自分のせいだとシエルは自分を責め、その心の闇を敵に付け込まれてしまいました。しかし、いちかに促されたピカリオが作ったワッフルを食べたことでスイーツを「大切な人のために作る」ことを思い出し、ワッフルを使ったパフェを作り上げキュアパルフェとして覚醒しました。

声は大人気声優・水瀬いのり

出典:https://www.amazon.co.jp

水瀬 いのりは1995年東京出身の声優です。2010年に声優デビューを果たし、2013年に『恋愛ラボ』のメインキャラの一人棚橋鈴音役を演じたことから出演作が増え、知名度を上げていきました。また同年NHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に成田りな役で出演し、紅白歌合戦に出場して話題となりました。
声優としては2014年に『ご注文はうさぎですか?』のチノ役、2015年に『がっこうぐらし!』の主人公丈槍由紀役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヘスティア役などで人気キャラを演じたことでその人気を不動のものにし、同年にはアーティストデビューも果たしました。

こちらの記事もチェック!

キュアペコリン

強い想いでプリキュアに変身


ペコリンはプリキュアに憧れているスイーツが大好きな妖精です。第1話からプリキュアたちと共に闘ってきたペコリンでしたが、敵のボスであるエリシオがいちか達の記憶や感情を奪った際に、ドーナッツを作りいちか達の大好きという気持ちを取り戻すために奮闘しました。
しかし、いちか達の感情を取り戻すためのドーナッツが敵に奪われてしまいそうになり、シリーズの終盤である47話において7人目のパティシエ「キュアペコリン」として覚醒し、いちか達の感情を取り戻すことに成功しました。

声優は大御所かないみか


かないみかは1964年東京出身の声優です。それまでも舞台女優として活躍していたかないさんでしたが、1989年に声優デビューし、翌年1990年に『アイドル天使ようこそようこ』田中ようこ役で初主演を演じました。
その後『楽しいムーミン一家』フローレン役、『きんぎょ注意報!』わぴこ役、『それいけ!アンパンマン』メロンパンナ役など数々の名作アニメに出演し、少女や動物役の声優として不動の地位を築きました。また、私生活においては同じく声優の山寺宏一と1993年に結婚、2006年に離婚したことで知られています。

こちらの記事もチェック!

キラキラ輝くプリキュア達のラストを見逃すな!

出典:https://www.amazon.co.jp

現在『キラキラプリキュアアラモード』は残り数話となり、最終局面を迎えています。47話ではそれまで一緒に戦ってきたペコリンが7人目のプリキュア「キュアペコリン」として覚醒し、最後の闘いに参戦するという驚きの展開を見せました。
キュアペコリンが加わったプリキュア達はどのように戦っていくのか、そしてどんな結末を迎えるのでしょうか?名残惜しい気持ちもありますが、最後までプリキュア達の雄姿を見届け、応援していきたいと思います!ぷいきゅあー!がんばえー!