【咲-saki-】松実宥の思わず守ってあげたくなる7つの魅力!

人気麻雀漫画「咲-saki-」に出てくる癒しキャラ、松実 宥をご存知でしょうか。男性なら思わず守ってあげたくなるキャラクター・・・ですが意外な一面もあるのです。今回はそんな松実 宥の7つの魅力をご紹介します!

『咲-saki-』松実 宥ってどんなキャラ?


小林立の人気麻雀漫画『咲-Saki- 阿知賀編』に登場する松実宥は阿知賀女子学院麻雀部のメンバーの一人です。松実玄の姉で、モカベージュのような優しい髪色をしています。現在3年生のためメンバー内では最年長で、団体戦では次鋒を務め、先鋒の玄からバトンタッチを受けています。

麻雀は昔から打っており、阿知賀こども麻雀クラブにも興味はあったものの、年齢差を気にして参加できずじまいでした。そのため、麻雀部に誘いを受けたときは非常に感激していました。この喜び方も可愛いので注目していただきたいポイントです。

基本的にはおっとりしていますが、麻雀の腕前は確かなもので、落ち着いて対局に臨む勝負師な一面も見せてくれます。少なくともインターハイではマイナス収支で終えたことはないという強者です。

こちらの記事もチェック!

声優はMAKOさんが担当!



MAKOさんは1986年10月7日生まれ、東京都出身の元アーティストという経歴を持つ声優です。本名は桜井真子さん。既に解散していますが、BON-BON BLANCOの元リーダーとして活動していました。

マラカスを担当しており、当時メンバー最年長として引っ張っていました。このグループは「ワンピース」のアニメ主題歌として「BON VOYAGE」もリリースしており、おそらく世代の人は聞いたことがあることでしょう。

MAKOさんは解散後、声優として2005年に放送されたアニメ「かみちゅ!」の一橋ゆりえ役でデビューしています。躍動感ある楽曲を提供していたBON-BON BLANCOでの顔とはまた違う顔を声優として見せてくれたMAKOさんは、 今回の松実宥役で癒しを提供してくれています。

実写化では渡邉幸愛さんが熱演!



実写化で演じているのは渡邉幸愛(わたなべこうめ)さんです。幸せに愛されると書いて「コウメ」と読むなんて、とても素敵な名前ですね・・・!キラキラネームなのに、どこか昭和の懐かしい香りもするという、親近感のある名前から「うめこ」と呼ばれたり「はぴらぶ」と呼ばれて親しまれています。

とはいえ、もちろん平成生まれで、SUPER☆GiRLSのメンバーでもあり、元Party Rocketsの初代リーダーです。漫画のヒロインをアイドルが演じているなんて、夢がありますね‥・!

実際、そっくり!という声が多く上がっています。寒がるシーンやおっとりとした口調など、外見だけでなく所作まで完コピされており、ファンたちには大満足な配役となっています。

松実 宥の魅力1:マフラーキャラ?!寒がりすぎる!



松実宥のトレードマークは何と言っても「防寒」です!ピンク色のマフラーと手袋、タイツを履き、真夏にもかかわらずいつも震えているのです。マージャンをしている時もすぐに取り付けられるように、手袋も首にかけているところが抜かりないです。

自宅では年中こたつにもぐりこんでほっこりしている様子がとても可愛いですよ…!一番笑えたのは、マフラーに手袋、マスクに眼鏡と完全防備にもかかわらずまだ寒いと震えているシーンです。主人公の高鴨穏乃に不審者だと思われていたほどです…。

可愛いうえにプルプル震えて小動物みたいなところがさらに松実宥の可愛さを引き立てます。そんな姿に男性は本能的に反応し、思わず守ってあげたい…!と思ってしまうことでしょう。

松実 宥の魅力2:メンバーでは一番お姉さん!



麻雀部には松実宥の妹の玄がいます。この姉妹はお互いを信頼しており、みているだけでほっこりする可愛い姉妹なのですが、幼い頃から松実玄が姉の宥を守っている存在でした。

子どもの頃から防寒スタイルだった松実宥は、マフラーを絶対にはずさないことから、男の子たちから剥がしてやろう!と追いかけられたこともあります。そんな時に松実玄がすかさず現れて助けています。

普段はしっかり者の妹に守られる立場ですが、妹が挫けた時には優しく慰めて恩はキッチリ返すという、義理人情のある頼れる姉な一面も見せています。麻雀部でも最年長であり、「お姉ちゃんだから!」と張り切る名言は必聴ですよ。


松実 宥の魅力3:おっとり気弱なお姫様気質

松実宥の魅力は、その見るからにお嬢様で女の子らしい見た目だけではなく、しゃべり方にもマイナスイオンが出ているところです。ほんわかしており、おっとりしたしゃべり方なので、彼女の発言シーンになると春の木漏れ日のようなオーラになります。

こんなお姉ちゃんが家に帰ってこたつから「おかえり~」と言ってくれたら、膝から崩れ落ちる勢いで癒されるでしょうね…!

基本的に弱気で何かとあたふたとしがちですが、試合で見せる勝負師な顔、そして妹の松実玄が泣いて試合会場から戻って来た時は、誰よりも先に抱きしめるなど強さを見せるシーンもあります。

妹のためなら一肌脱ぐ!くらいの覚悟を心の奥に常に持っているのだろうという静かに燃えるような芯を感じるので、強くて優しい女神のような、見ているこちら側も頼りにしたくなるようなキャラクターです。

松実 宥の魅力4:立派な「おもち」を持っている

防寒対策を欠かさない松実宥ですが、その厚着な服装にも関わらず、バストが目立ってしまうというスタイルの良さも魅力です。妹の松実玄がその豊満なバストを「おもち」と表現し、「いいものをおもちで」とお持ちに掛けて発言したこともあります。

そのため、ファンたちからは松実宥のバストを指すときは「おもち」と呼ばれるようになっています。女性からすれば、そんなに巨乳の人なんて実在するとか…!と思うほどのバストバランスである意味現実離れした体型です。

冷静に見てみると、バストに脂肪が集中して他にいきわたっていないために結果的に寒がりなのではないかとも思えてしまいます…。しかし、女神のようなキャラクターでいいおもちをお持ちという最高コンボのため男性にかなり人気があります。

松実 宥の魅力5:時折見せるメガネ姿に萌える

普段はメガネはしていませんが、カナリレアな確率でメガネをかけているシーンに出逢えることがあるのが松実宥の見どころでもあります。阿知賀女子にはメガネっ娘キャラがいなかったため、この弘世菫の分析をするシーンで披露されたメガネシーンに歓喜した人もいたようです。

これはある意味サービスショットですね…!時に強く、時にインテリな一面も見せてくれる…松実宥からどんどん目が離せなくなる人が増えそうです。

松実 宥の魅力6:キャラソンが癒しすぎる♡

松実宥のキャラクターソングに「麻雀あったかぽっぷ」という曲があります。タイトルからしてなんだその可愛らしさと温かさがにじみ出ている曲は…!と思う人もいるかもしれませんね。

実際に聴いてみると、ほんわか幸せになれるような曲になっています。松実宥のあの癒しボイス、そして防寒への主張や温かさへのこだわりなど宥あるあるなシーンを歌詞に切り取ったような、クスっと笑ってしまう可愛らしさがあります。

「まじかる☆まーじゃん☆わーるどver.宥」 も収録されている1枚になっているので、まだ聞いたことがないという人は、ぜひとも耳から癒されてあったかくなってくださいね…!


松実 宥の魅力7:麻雀では最強?能力はあったか牌集め?!



温かさは必須な松実宥は、麻雀スタイルでもそのこだわりを見せています。温かそうな赤い牌を収集するクセがあるのです…!たしかに、赤い方が温かそうに見えますが、色にまでこだわるとはさすが…!

逆に、青は緑などの寒色の索子牌や筒子牌はあったかくないので好きではないとのことですが、赤い牌を集めるという特徴を見抜かれて対策をとられたとしても、あったかくない牌を使って手を仕上げる事ができるので、いわば最強と呼べるレベルです。

色で好き嫌いがあるのに、そんな子どものルールのようなやり方でも最終的にはすべての色を味方につけて勝ってしまう…どうやら松実宥はただの女神ではなく勝利の女神のようですね!「あったかいのいっぱ~い」と感激するシーンにはほっこりしてしまいます。


松実 宥は癒しポジの女神キャラ…!



いかがだったでしょうか。松実宥を思わず守ってあげたくなる魅力を実感していただけたなら幸いです。漫画で見る松実宥も良いですが、アニメになって声もついて動いている宥を見るのもこれまた至福ですよ。

そして、実写のドラマでの渡邉幸愛さん演じる松実宥は、アニメから出てきたのではないかと思えてしまうほど自然で、3次元に舞い降りた女神とも言えそうなレベルで熱演してくれているので必見です!

最近のヒロインは、ただか弱くて可愛いだけでなく、時に最強で、時に頼もしい一面を持つ男性的なギャップを兼ね備えているという要素があるのだということを、松実宥を見ていると考えさせられます。

強くて優しくて美しく、立派なおもちをお持ち…「咲-Saki‐」には可愛い女の子がたくさん出てきますが、松実宥が一番!という人も少なくないのでは…?