『トリニティセブン』強さランキングTOP15!最強の魔導師は誰だ?

大人気アニメ『トリニティセブン』に登場する様々な魔術師たち。それぞれに魅力的ですが実際に戦えばいったい誰が強いのか?今回はそんな最強魔術師を独断と偏見で発表していきたいと思います!

『トリニティセブン』の最強は難しい?

出典:https://www.amazon.co.jp

トリニティセブン』は、原作・サトウケンジさん、作画・奈央晃徳さんによる漫画で、2014年10月にテレビアニメ化された学園魔導バトルファンタジー作品です。バトルマンガの宿命というか、やはり誰が一番強いのか気になるところですよね。皆さんも考えたことがあるかもしれませんがこの作品の最強を決めるのは本当に難しい!
というのも原作本編でのまだまだ全キャラクターが実力の全てを明かされていないのです。またゴリゴリのバトルマンガではなく、主人公とヒロイン達のラブコメがメインの作品の為、それぞれの強さが相対的にどの程度なのかというのもあまり描かれておらず判断材料が少ないことも大きいのではないでしょうか。なので今回は多分に独断と偏見が含まれると思いますがご了承ください。それでははじめていきましょう!

15位:セリナ・シャルロック

出典:https://www.amazon.co.jp

セリナ・シャルロックは、「トリニティセブン」の一人であるリーゼロッテ・シャルロックの双子の妹で、研究している魔導の「書庫」は「怠惰」、テーマは「束縛」です。専門術式は数奇術で、カメラ型の魔導書「アルキタスの複写本」を使い相手の動きを封じる魔法を得意としています。
今回のランキングを始めるに当たり、15位、つまり最下位は最初に決まりました。というのも作中で一番強さに対する描写が少なく、彼女の「束縛」も強力な魔術には違いないのですが、自身より高位の魔力を持つ者には通用しない事や、やはり「トリニティセブン」や彼女らに匹敵する力をもつ敵対勢力よりは力は弱いだろうと思いこの順位になりました。

14位:倉田ユイ

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位は倉田ユイです。「トリニティセブン」の一人で、「書庫」は「強欲」、テーマは「友情」です。専門術式は重唱術で、指揮棒型の魔導書「アレイストの魔譜」を操ります。彼女の魔力は学園長の次ぐ枢機クラスであり、「夢の世界」を創り出し、その中に人を引き込むこともできます。また他の魔導士と連携し、力を上乗せすることも可能です。
トリニティセブン」の一人であるユイがこの順位になった理由は、作中での彼女の役割がRPGで言うところの「バフ」要員だからです。学園長に次ぐ魔力の持ち主ではありますが基本一人で戦うシーンはなく、支援型の魔導士なので今回のランキングではこの順位になりました。

13位:山奈ミラ

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位は「トリニティセブン」の一人、山奈ミラです。研究する「書庫」は「傲慢」で、テーマは「正義」です。専門術式は映晶術で、水晶型の魔導書「鏡の国の書」を使い、あらゆる魔力を反射し、打ち返すことが出来ます。王立図書館検閲官主席であり、その実力は「魔王候補」と対となる「英雄候補」と言われる潜在能力を秘めています。
ミラは今回かなり悩んだキャラクターの一人です。あらゆる魔力を反射する魔術や「英雄候補」と数々の実力を示す描写はあるものの、アクシデントに弱く上位陣に比べるとやはり個人で戦うというよりは反射する為には相手の魔力の解析が必要な事もあり、集団戦において実力を発揮するイメージがありこの順位になりました。

12位:神無月アリン

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位は、「魔王の伴侶神無月アリンです。「トリニティセブン」の一人で、「書庫」は「憤怒」、研究テーマは「崩壊」です。指輪型の魔導書「黄昏の真説」を使い、神話武装「魔槍ゲイボルグ」を操ります。ユイの支援がある時のみもう一つのテーマ「勝利」を制御し、戦神武装「神王槍グングニル」を起動する事が出来ます。
彼女の順位も迷いました。アリンはローテンションなだけかもしれませんが、冷静に見え、戦闘能力も低くなく、一対一でも十分な戦闘が可能なのですが、数々の肩書の割りには彼女の強さを示すような戦闘シーンが少なく、判断材料が少ないためこの順位に落ち着きました。今後の活躍に期待しましょう!余談ですが内田彩さんの演じるアリンの「難しいのね」はめちゃくちゃ可愛いです!

関連記事をご紹介!

11位:ルーグ

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位はルーグ福音探究会のメンバーの一人で、「書庫」は「嫉妬」、テーマは「誠意」です。「光輝術」という光の速度で移動する魔術を用い、高速戦闘を得意とします。登場時には魔王因子を用いて「勇気」「誠意」「解放」の三つのテーマの神話武装を操り、「トリニティ」に達しています。
ルーグは個人戦闘能力が非常に高いキャラクターで、登場時にはレヴィと互角の勝負を繰り広げました。その時はむしろ優勢な様子で、上位に食い込むのではと思われましたが、神話武装を破壊されてからは、戦闘シーンそのものが少ないこともありますが登場時ほどの戦闘能力は発揮できないようです。というような理由からこの順位にしました。

10位:春日聖

出典:https://www.amazon.co.jp

さあ、ついにトップ10に入ってきました。第10位は春日聖です。アラタの従兄妹で、福音研究会のメンバー。「書庫」は「憤怒」で、魔王因子を用いて「崩壊」「創造」「分解」の三つのテーマを極め「トリニティ」に達しています。その為メイガスモードを超える上位武装「セイタン」を纏い、書庫に存在する様々な魔術を駆使できます。
も登場時や、解説を見ると「こいつ最強じゃね?」と思ったのですが、展開を見るとどうもそうでもなく、の性格なのか、状況のせいなのか苦戦しているシーンが目立ちます。この作品では魔力の強さがそのまま実力に繋がるものではなく、相性が大きく影響するので今回は臨機応変な強さを持ったキャラクターが上位となっており、がこの位置になっています。

9位:アナスタシア・L

出典:https://www.amazon.co.jp

アナスタシア・Lが第9位に輝きました。アカーシャ学園の生徒で、書庫は「色欲」、テーマは「終焉」です。「復活の聖女」と呼ばれており、17年前、リリスが別世界から送られたことにより一時消滅したこの世界の「トリニティセブン」の一人だった少女で精霊を操る魔術を得意としています。
アナスタシアの強さも分かりにくいものがあるのですが、作中で彼女が苦戦したシーンはあまりなく、常に冷静に戦っていました。精霊を用いた術は汎用性が高い様で、攻撃も防御、剣術も使えると割とオールラウンダーな魔導士と言えるでしょう。また、「終焉」は現在は失われたテーマであり、唯一無二の魔術という点も評価し、この順位となりました。

8位:不動アキオ

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位は不動アキオです。「トリニティセブン」の一人で、元秘法巫女(スプリガン)。「書庫」は「暴食」、テーマは「信仰」です。専門術式は真言術で、足に魔術と意思を込め相手に叩き込むシンプルかつ強力な魔術を操ります。他の魔導士と違い戦闘時にメイガスモードを取るのではなく基本常時メイガスモード状態で常に魔力をコントロールしています。
完全に肉体派な魔導士で、戦闘においては圧倒的な実力を誇ります。魔術もシンプルゆえに強力で、あらゆる防御を蹴り一発で粉砕するいわゆる脳筋なキャラクター。しかしそれゆえに自分より格上には対応できないんじゃないかということでこの順位に落ち着きました。

7位:浅見リリス

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位は浅見リリスです。17歳ながら学園の先生で「トリニティセブン」の一人です。「書庫」は「色欲」、テーマは「生命」です。専門術式は錬金術で銃に変化する魔導書「ヘルメス外典」を用いての銃撃を得意としています。実は別世界の魔王、アビィス・トリニティの娘、リリス・アザゼルであり魔王因子を持っています。その魔王因子を使い、「生命」「消滅」「虚無」の三つのテーマを極めた上位武装「アエーシャマ」を纏う事が出来ます。
トリニティセブン」の中で唯一の先生で、「魔王の娘」といういわばエリート魔導士であるリリスがここにランクインしました。実際魔王に次ぐ存在と言えるのですが、肉弾戦には弱いのかなという印象からこの位置に落ち着きました。

関連記事をご紹介!

6位:春日アラタ


第6位は我らが主人公・春日アラタです。「魔王候補」の少年で、「書庫」は「傲慢」、テーマは「支配」です。伝説の魔導書「アスティルの写本」「イーリアス断章」を所持しており、魔王兵器「黒皇剣ジュデッカ」を用いて戦います。一時は「傲慢」「色欲」「暴食」「怠惰」の4つの「書庫」を「支配」し真の魔王装束「トリニティフォーム」に達しました。現在は魔王因子を失っていますがジュデッカと融合することで「魔導剣聖」にクラスチェンジしています。
はい、ここで主人公の登場です。もっと上でもいいかなとも思ったのですが、本編の展開ゆえ仕方がないのですが短期間に力をつけたり失ったりと、安定性がないのと、今後の展開でまだまだ強くなるだろうと思い、第6位となりました。

5位:リーゼロッテ・シャルロック

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位は「トリニティセブン」のお色気担当、リーゼロッテ・シャルロックです。「書庫」は「怠惰」で、テーマは「停滞」です。専門術式はセリナと同じ数秘術で、魔導極法である秘奥義「時空裂界」を使用した代償で「超高速の世界」に閉じ込められることに。のちにアラタによって助け出され第16巻では「怠惰」の上位武装「ベルフェゴールフォーム」を編み出しています。
リーゼの強みは何と言っても時間を操る魔術で、登場時には同じ「トリニティセブン」にたった一人で苦戦を強いる程の実力を持っています。そんなわけで各学園の学園長に次ぐ第5位となりました。ちなみに声優は東山奈央さんで珍しい色っぽい演技がご覧になれます。

関連記事をご紹介!

4位:マスターアカーシャ

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位はアカーシャ学園の学園長であるマスター・アカーシャです。「書庫」は「傲慢」で、テーマは「審判」です。専門術式は魔装術で、ありとあらゆる魔装全てを操る事が出来ます。魔導士の最高位である「大魔公(パラディン)」の一人です。魔導書は「アインソフオウル」で「ティアマットの十一神魔剣」と呼ばれる魔剣を使用しています。
ここで学園長クラスが登場します。やはりこの作品において学園長の地位にあるものが最強の魔導士と言っていいでしょう。その中でもアカーシャは最年少という事もあり学園長の中では最下位となりました。またまともな戦闘描写があるのもアカーシャだけというのも理由の一つです。

3位:風間レヴィ

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位は「トリニティセブン」の一人、風間レヴィです。「書庫」は「嫉妬」で、テーマは「期待」です。専門術式は忍法術で、様々な忍術を駆使する「忍者」です。秘奥義は「混沌渦界(リヴァイア・サン)」。「魔術師殺し」と呼ばれる魔力を断つ術を得意とし、もう一つのテーマ「希望」も極めており、戦闘能力だけなら5本の指に入る実力を持っています。
トリニティセブン」の中で最高位、さらに学園長クラスに食い込んだのは忍者のレヴィです。戦闘シーンの多い彼女ですが、まだまだ底知れない実力を感じる描写が多く、今後の展開に期待が持てるキャラクターです。あと第6巻で自ら「世界で3番目ぐらいに強い」と言っていたのもこの順位に選んだ理由の一つです。

関連記事をご紹介!

2位:マスターリベル

第2位はマスター・リベルです。元・王立リベル学園の学園長で福音研究会のメンバーの一人です。「大魔公(パラディン)」の一人で、「書庫」は「暴食」、テーマは「神聖」です。専門術式は星辰術で、「未来予測」を得意とすることや「邪神軍」を操るという事が明かされています。
さて、マスター・リベルに関しては戦闘シーンはいまだに描かれておりませんが、学園長が「戦えば世界が崩壊してしまう」と答えているところから明らかに匹敵する実力を持っている事がうかがえます。今後戦闘に登場するのかは分かりませんが、どんな相手を前にしても余裕の態度を崩さないところからラスボス的なキャラクターなのは間違いないでしょう。

1位:学園長


さて第1位、つまり最強の魔導士に輝いたのは王立ビブリア学園学園長です!「書庫」は「憤怒」で、テーマは「調和」です。専門術式は言霊術で、口を動かすだけでほとんどの魔術が使えます。魔導を極めた「大魔公(パラディン)」の一人で、魔導書「王の門(ソロモンズ・ゲート)」は一定以上の魔力を持たない者には見る事が出来ず、高位の魔導士でも長く見過ぎると発狂してしまうといわれています。
第1位は学園長になりました。いまだ本名すら明かされていないキャラクターではありますが、魔導書の特性や、普段の飄々とした態度、どんな状況でも笑みを絶やさないところなど、絶対強者にふさわしい人物になっています。そもそも声優が三木眞一郎さんである時点で強くないわけがない!

最強に輝いたのは学園長!


今回は学園長が第1位に輝きました。まだまだ戦闘シーンも少ないのですが、作品を通して、起こっている事が全て学園長の企みでは?という描写もあり今後のの展開に期待が高まる『トリニティセブン』。まだ観ていない方もぜひご覧になってみてください!美少女もたくさん登場しますよ!
さて、いかがでしたでしょうか。今回のランキングは非常に悩みました。そもそも戦っていないキャラクターもいる中で、最強を決めるというのは難しくもあり、いろんな妄想が出来て楽しいひと時でした。皆さんにも同じようにあーでもないこーでもないと妄想しながら楽しんでもらえれば幸いです。