【咲-saki-】ポニテ女子・高鴨穏乃の魅力5選!阿知賀女子麻雀部の頼れる大将の強さとは?

「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」は、「咲-saki-」シリーズの主人公・宮永咲に代わって高鴨穏乃が主人公のスピンオフ作品。阿知賀女子麻雀部を建て直し、大将まで務めるポニテ女子の頼れる魅力をご紹介しましょう!

高鴨穏乃とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2006年から小林立先生が描いたスクエア・エニックス「ヤングガンガン」で連載されている漫画「咲-saki-(サキ)」は、2017年11月までに第17巻まで刊行されています。
2011年には小林立(原作)×五十嵐あぐり(原画)両先生で、月刊少年ガンガンにて漫画「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A(エピソードオブサイドエー」が連載されました。
アニメは、2009年「咲-saki-」2012年「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」2014年「咲-saki- 全国編」がいずれもテレビ東京系列で放送されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

さらにはTBS(テービーエス)で2016年に「咲-saki-」2018年には「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」実写テレビドラマが放送されました
「咲-saki-」で少しだけ登場した高鴨穏乃は、「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」では主人公として登場します。「咲-saki-」の主人公・宮永咲の親友・ライバルの原村和とは幼なじみで一緒に麻雀をしていました
和を通して清澄高校麻雀部とも関わりを持ち、時系列も「咲-saki-」をなぞった部分があります。
こちらの記事もチェック!

プロフィール


高鴨穏乃は04月08日生まれの16歳、身長は139cmと「咲-saki-」シリーズの中でも小さい身長のキャラクターになりますよね。実家は和菓子屋を営み、奈良県にあるお嬢様学校・阿知賀女子学院の高等部1年生で、ポニーテールとかなり短いジャージがトレードマーク
阿知賀女子学院麻雀部が出場する団体戦では大将を務めています。2年半山奥で駆け回っていた元気印の女の子で、突然走り出したり、方向音痴だと部員の新憧子に暴露されていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

対局時に2段17枚の牌が積まれている状態を「牌山」と言い、それを教えてもらった穏乃は「山!つまり、これから駆け巡る山が、私の山が立ち上がるわけですね!」と、目をキラキラさせて熱く語っています
清澄高校麻雀部の原村和とは小学校時代に阿知賀こども麻雀クラブで一緒に過ごした幼なじみ明るく元気で、場の空気を華やかにさせるムードメーカー時折見せる涙が女の子らしさを感じます

魅力1:声優は悠木碧さんが担当した

出典:https://www.amazon.co.jp

高鴨穏乃役を演じているのは、声優の悠木碧さんです。悠木碧さんは、「君の名は。」名取早耶香役、「聲の形」西宮結絃役、「妖怪ウォッチ」未空イナホ役などが有名ですよね。
悠木碧さんといえば、2017年に放送されたアニメ「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series(キノノタビザ・ビューティフル・ワールド)」で演じた主人公・キノ役が印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

「YES!!READY to PLAY(イエス!!レディトゥプレイ)」は、高鴨穏乃のキャラクターソング(キャラソン)で元気いっぱいの歌詞と曲調でした。
ED「SquarePanicSerenade/Futuristic Player(スクウェアパニックセレナーデ/フューチャリスティックプレイヤー)」は、高鴨穏乃(悠木碧)を始め、阿知賀女子学院麻雀部のメンバーたちが歌っています。
アニメ「咲-saki-」シリーズでは学校ごとに歌うのが恒例となり、阿知賀女子学院麻雀部メンバーも明るくEDを披露していましたよね。
こちらの記事もチェック!

魅力2:実写版は桜田ひよりさんが演じる

出典:https://www.amazon.co.jp

実写版「「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」でポニテ女子高校生・高鴨穏乃を演じるのは、女優の桜田ひよりさんです。桜田ひよりさんは、木村拓哉さん主演の「HERO2(ヒーローツー)」斉藤レイナ役、沢村一樹さん主演の「DOCTORS3 (ドクターズスリー)最強の名医」真鍋ゆりえ役などを演じています。
映画「東京喰種 トーキョーグール」で演じた笛口雛実(ヒナミ)役を好演して話題にになりました。連続ドラマの主演は「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」が初めてとなります。
これまで以上に不安を感じたと言う桜田ひよりさんは、撮影に入る1ヶ月前から麻雀の指導を受けたそう。阿知賀女子学院の仲間との絆を感じてもらえたら嬉しいとも話していました。

魅力3:ジャージ姿がトレードマーク

注目の的になるジャージ


学校の授業以外はどこへ行くのもほとんどジャージ姿の穏乃ですが、阿知賀女子学院が10年ぶりに出場をした全国大会準決勝第1試合の大将戦の前には、憧子に制服を着るように怒られていました
穏乃はこの時制服を持参しておらず、憧の制服を借りて出場し「今日はジャージ着てないぞ!」と実況司会者に言われてしまうほど、ジャージ姿は公私共にトレードマークとなっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

山を猿のように駆け巡っていたシーンでもジャージ姿で登場したり、和と出会うきっかけになった序盤でも、木の上からジャージ姿で飛び降りていました元気印の穏乃の軽やかな動きを助けるジャージですが、短い丈なのでファンの間でも話題になるほど……。
穏乃が愛用しているのは長袖のジャージですが、この他のバリエーションで袖がないタンクトップ型ジャージもあるようです(恐らく長袖を脱ぐと着ているのかも?セット売りなのでしょうか)。
素足で着用して冬には寒すぎないのか?という、冷え性の多い女性たちの声が聞こえてきそうですが、スニーカーと合わせ着こなしているのは、スポーティーな穏乃だからなのかもしれませんよね。

魅力4:麻雀部の頼れる大将!山の奥の主と称される能力…

10年ぶり2度目の出場で全国大会出場


奈良県で全国大会に9年連続進出している晩成高校を破った阿知賀女子学院麻雀部。それまで晩成高校の40年の歴史から見ても1回以外はすべて全国大会に出場している高校でした。そんな晩成高校を破ったというのは、阿知賀女子学院の麻雀部のレベルがかなりのものだと証明されましたよね。
晩成高校を破った後には、全国の各予選大会で第2位になった学校へ出向き、道場破り的な練習を行っていました。そこで龍門渕高校の天江衣とも対局をしています(衣の勝利でしたが……)。龍門渕高校以外の学校には全勝してしまった阿知賀女子学院麻雀部は、強豪校と言っても言い過ぎではありません。


飛躍を遂げる阿知賀女子学院麻雀部は、実は一度消滅した部でした。穏乃は、転校していった麻雀友達の和が、全国の個人戦出場しているのを偶然テレビで観かけたのを気に、もう一度和と対局したい!という願いと、仲間と麻雀をしたいという気持ちで部を復活させました。
麻雀部にっとっては穏乃は部を復活させた立役者大将に選抜されたのは、(劇中ではどうして大将に選ばれたのかは描かれていません)麻雀の強さの他に信頼の厚い人物だったからみんなが選出したのかもしれませんよね。
そして宮永咲とすれ違った時には、咲の強さを感じています。この時には咲がどんな人物であるか知っているわけではなく、恐らく野生のカンで察知したのでは?と思いますよね。

山の奥を支配する能力の持ち主

出典:https://www.amazon.co.jp

天真爛漫な元気印・穏乃の能力は「山の奥を支配する能力」と呼ばれています。この能力は、牌山の深い部分を支配し、無効化させるというものでした。
衣の得意な海底撈月(ハイテイラオユエ)を5回中2回も回避したり、強豪校で西東京代表の白糸台高校1年生・大星淡のダブルリーチを回避しつつロンで反撃しています。どうやら支配が深ければ深いほど対局者の「山」が高いほど穏乃の能力は発揮されて、強固な威力を発するようでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

特に衣は穏乃の「山の奥を支配する能力」を脅威と感じ「現実の修行の山路も、有為の奥山も超え、その先にいる深山幽谷の化身……しずのを前に峰の上で花は咲くだろうか?」と、嶺上開花使いの宮永咲との対決がどうなるか危惧する発言を咲の前でしていました。
恐ろしいのは、この能力は日をまたいでも効力は消えないという事実です。序盤よりも、対局が進んでいくと有利に能力を使いこなせ相手の対局の仕方を体感した後で支配できるのも強力さを増して行くのかもしれません……。

魅力5:みんなを元気にさせる名言が熱い

山で猿のように駆け巡った


修験道に縁のある地出身で、祖父と日本中の山々を渡り歩いていたという穏乃ですが、祖父の亡き後、麻雀に夢中になっていったのでした。中学生時代には、修験者が修行のために歩いた険しい深山路を家の庭のように駆け回っていた穏乃は、一体何を感じていたのでしょうか。
「私は2年半山を駆け回っていただけ。和と比べて最初はへこんだけど、今は違うんだ。それもまた力になっているから」和が奈良県から長野へ転校し、穏乃や麻雀仲間と離れ孤独に麻雀をしていたのを何かのインタビューで見たのを思い出しながらの名言は、祖父を亡くした経験と共に語られていました
祖父の死後、悲しみを抱えてどう立ち直っていったのかが表現されています。さらに明るくて前向きな穏乃の性格をとてもよく表現している名言だと思いますよね。


和と友達になる時も、最初は「転校生さん」と呼んで和に「私は和です。原村和です!!」と強く反発されていました。それを聞いても気にする素振りは見せずに「なんか…いいね!じゃあ……友達になろう!……和!」と気さくに声を掛けていました。
麻雀を仲間たちと楽しむきっかけになったシーンでも(ここでは将来の阿知賀女子学院の麻雀部員・松実玄とも出会っています。)、これからの楽しい麻雀生活が楽しみで「ちょっと楽しみ増えてきた!」と明るく話していました。
穏乃が話す言葉は常に前向きで、会う人を和やかにさせています。大自然で育った猿みたいな穏乃だからこそ名言となっていると思いますよね!

【咲-saki-】明るく元気な高鴨穏乃は阿知賀女子麻雀部の頼りになる大将だった


「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」の主人公・高鴨穏乃は、大自然で猿のように駆け回っていた元気印の女の子でした。原村和や麻雀の仲間と行う麻雀が楽しいというのは劇中何度も話しています。
長野に転校していった和とは同じ麻雀部としては一緒に麻雀できませんでしたが、とうとう全国大会の決勝戦という大舞台で学校同士が対局!2017年末時点でどちらの学校に勝利がもたらされるのかまだ「咲-saki-」シリーズで描かれていません。
対局するのは大将で「咲-saki-」シリーズの「嶺上開花使い」主人公・宮永咲。「山の奥を支配する能力」の穏乃がどう戦うのか楽しみですよね!
こちらの記事もチェック!