声優・関智一が演じるアニメキャラまとめ!英雄王からスネ夫まで多才すぎ!

声優ファンのみならず、一般の人でも知っている人がいる程の超有名な人気声優である関智一さん。今回は彼が今まで演じてきたアニメキャラをまとめてみました!

関智一のプロフィール

関智一とは?

出典:http://www.atomicmonkey.jp

関智一さんと言えば、一番有名なのはやはり『ドラえもん』のスネ夫ではないでしょうか。しかし声優ファンからすればさんと言えばやはりヒーロー役なのではないでしょうか。シリアスな役からコミカルな役まで何でもこなすオールマイティな演技力で人気の声優の一人です。

また、声優としてだけでなく「ヘロヘロQカムパニー」という劇団の座長を務めており、演出脚本を担当するなど舞台にも力を入れている他、2014年4月には『昭和元禄落語心中』のイベントで共演した落語家の立川志ら乃さんに弟子入りするなど、幅広い才能を発揮しています。

声優・関智一の軌跡!


関智一さんは、1972年9月8日生まれの45歳、東京都出身で、1991年、海外アニメ『レポーター・ブルース』の農夫役の吹き替えで声優デビューし、1993年には『機動戦士Vガンダム』のトマーシュ・マサリク役が初の名前付きの役を担当しました。デビューから2000年までは東京俳優生活協同組合に所属、そこから現在はアトミックモンキーに所属しています。

同期には『機動戦士ガンダムSEED』の保志総一朗さんや『カードキャプターさくら』の丹下桜さん、『ふたりはプリキュア』のゆかなさんなど現在も活躍されている人気声優が多数。さらに2017年にはテレビ朝日『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』の番組内にてさんは第5位に選ばれるなど業界内でも評価の高い声優です。

ドモン・カッシュ『機動戦士Gガンダム』

出典:https://www.amazon.co.jp

機動戦士Gガンダム』は、1994年4月に放送されたサンライズ製作のアニメで、それまでの戦争をテーマにしたガンダムシリーズとは違い、当時流行していた『ストリートファイターⅡ』をはじめ対戦格闘ゲームの要素を取り入れた「ガンダムファイト」という各国を代表する格闘家たちがガンダムに乗り、世界の覇権を賭けた格闘技大会を繰り広げるという斬新な設定が話題になりました。

関智一さん初主演!


この作品が関智一さんにとって初主演となり、同時に代表作の一つとなりました。ドモン・カッシュはネオジャパンコロニー出身のガンダムファイターで、シャイニングガンダム、およびゴッドガンダムに搭乗するネオジャパン代表。右手にはコロニー格闘技の覇者の証であるキング・オブ・ハートの紋章を持っています。

関さんは、初レギュラーとなった『機動戦士Vガンダム』をはじめ今作『機動戦士Gガンダム』、さらに『機動戦士ガンダムSEED』シリーズとガンダムシリーズに数多く出演しており、放送終了後もシュミレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズなどで現在でも再演する機会は多いようです。

こちらの記事もチェック!

高橋啓介『頭文字D』

出典:https://www.amazon.co.jp

頭文字D』は、実家の豆腐屋の手伝いで秋名山の峠道を走らせるうちに非凡なドライビングテクニックを身に付けた高校生・藤原拓海が、走り屋たちに目を付けられ、ライバルとなる高橋啓介をはじめ数々の走り屋たちとバトルを繰り広げていくストーリーです。

しげの秀一さんの漫画が原作で、1998年にテレビアニメ化され、なんと全81話という長編アニメになりました。その後もOVAや映画、さらには実写映画も制作されるなど人気が高い作品です。2014年から原作の雰囲気を重視し再製作された新劇場版が三部作で公開され、キャスト陣も一新しています。

主人公のライバル


今作でさんが演じたのは主人公・藤原拓海のライバルにして第二部ではもう一人の主人公となる高橋啓介です。赤城山をホームとする「赤城レッドサンズ」のナンバー2で、代表である「赤城の白い彗星高橋涼介の弟です。拓海の初の対戦相手で、敗れて以降、拓海をライバル視しています。

ちなみにさんは当時、自動車免許を持っていなかったのですが、この作品に参加したことがきっかけで、免許を取得したそうで、また拓海役の三木眞一郎さんは主人公の愛車であるトヨタのスプリンタートレノAE86型、通称「ハチロク」を購入したそうです。

木之本桃矢『カードキャプターさくら』

出典:https://www.amazon.co.jp

カードキャプターさくら』は、普通の小学生である主人公・木之本桜が、偶然魔術師クロウ・リードの作った魔法のカード「クロウカード」の封印を解いてしまい、このままでは「災い」が起こると語る封印の獣ケルベロスと共にクロウカードを回収していくという大人気魔法少女アニメです。

1998年4月に『クロウカード編』、1999年9月には『さくらカード編』、2018年1月には『クリアカード編』が放送され、1999年、2000年には劇場版が公開されました。原作は大人気漫画家であるCLAMPさんによる少女漫画で、この作品の登場人物はCLAMPさんの他の漫画でも登場しており、現在でもファンの多い作品で、20年ぶりの続編となる『クリアカード編』が発表されたときは大きな話題になりました。

妹想いのツンデレお兄ちゃん


木之本桃矢は、これまでさんが演じられてきたキャラクターとは少し違い、いわゆる男が好きな「男臭い」、「男らしい」キャラクターではなく、「イケメン」と呼ばれるようなキャラクターで、ここからさんのが好きになった女性ファンも多いのではないでしょうか。

普段は妹であるに対して憎まれ口ばかりなのに本心では本当に妹の事を大切に思っており、がカードキャプターである事も気付いているが心配しつつも黙っている優しさを持っています。また、親友である月城雪兎の事が好きという腐女子のみなさんが喜ぶ設定も持っています。

こちらの記事もチェック!

『CCさくら』木之本桃矢は究極のお兄ちゃん?思わず惚れる6つの魅力 | festy(フェスティー)

■2018年1月より、「クリアカード編」がアニメで放送される大人気漫画『カードキャプターさくら』。その中に登場する木之本桃矢は、主人公の魔法少女・さくらの頼れるお兄ちゃんです。そんな彼の魅力について、ご紹介していきます!

イザーク・ジュール『機動戦士ガンダムSEED』

出典:https://www.amazon.co.jp

機動戦士ガンダムSEED』は2002年10月に放送されたアニメで、さんの通算3本目となるガンダムシリーズ作品になります。新しい世代に向けたガンダムをコンセプトに「新世紀のファーストガンダム」という位置づけとなる作品です。

戦争」をテーマに、各登場人物がそれぞれの立場で葛藤していく姿を描く原点回帰したような作品になっており、2004年10月には続編となる『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が放送され、これでさんは4本のガンダム作品に出演したことになります。

プライドの高いエリート


イザーク・ジュールは、若手のエリート軍人でデュエルガンダムのパイロットです。プライドが高く、能力の低いものを見下す傾向がありますが、仲間に対しての情は厚く正義感の強い熱血漢な一面も持っています。この作品ではそれぞれが「戦争」の中で葛藤し成長していくのですが、イザークもまた戦いを通じ、精神的に成長していく様子が印象的でした。

こちらの記事もチェック!

相良宗介『フルメタル・パニック!』

出典:https://www.amazon.co.jp

フルメタル・パニック!』は2002年1月に放送されたSFミリタリーアクションストーリーです。原作は賀東招二さんのライトノベルで、当時まだまだ知名度の低いライトノベルというジャンルを世に知らしめた作品の一つで、2011年に完結を迎え現在は十数年後を描いた『フルメタル・パニック!アナザー』が刊行されています。

またアニメも2002年に学園生活を主軸としたコメディ作品『フルメタル・パニック!ふもっふ』が、2005年には本編の続編となる『フルメタルパニック!The Second Raid』が、2018年春には待望の続編が放送決定しました。

常識知らずな軍曹


相良宗介は、ミスリルに所属する傭兵で、幼少期から戦場に身を置き、死と隣り合わせの世界で育ってきた少年です。そのせいで、日本の一般常識に疎く、かなめのボディガードとして陣代高校に通うようになってからは、よくトラブルを起こしてしまいかなめにツッコみを受けています。

この作品もさんの代表作となった作品の一つで、ライトノベルというジャンルでは主人公よりライバルやヒロインが人気が高くなる傾向がある中、この作品では主人公である相良宗介の人気が高く、真面目で男らしいのにどこか抜けてて笑えるという魅力的なキャラクターになっています。

こちらの記事もチェック!

骨川スネ夫『ドラえもん』

出典:https://www.amazon.co.jp

ドラえもん』は、言わずと知れた国民的アニメで、1973年よりなんと約45年間放送されている長寿アニメです。原作は藤子・F・不二雄先生の漫画で、毎年3月上旬に公開される劇場版は春休みの風物詩となっています。

長寿アニメの為、主要キャラクターの声優は何度か交代しており、なかでも記憶に新しいのは1979年から2005年まで担当したドラえもん役の大山のぶ代さんをはじめとする声優陣が現在の水田わさびさんをはじめとする声優陣と代替わりを迎えたのは大きな話題になりました。

お金持ちの男の子


骨川スネ夫は、いじめっ子であるジャイアンの腰ギンチャクのような存在で、お金持ちのイヤミな男の子です。そんなスネ夫の声優はさんで実に4人目となり、前スネ夫役の肝付兼太さんとは他作品やリニューアル前の『ドラえもん』の映画作品でも共演しており、2016年10月20日に肝付さんが逝去された際には自身のtwitterで追悼のメッセージを残すなど親交も深かったようです。

こちらの記事もチェック!

ギルガメッシュ『Fate/stay night』

出典:https://www.amazon.co.jp

Fate/stay night』は、2006年に放送されたTYPE-MOONによるゲームが原作のアニメで、大人気のアプリゲーム『Fate/Grand Order』や、2017年に放送された『Fate/Apocrypha』など現在も数多くの派生作品が展開されている元となった作品です。

2014年には元々3ルートあるゲームシナリオの一つ『Unlimited Blade Works』が分割2クールで放送され、最後の1ルートとなる『Heaven’s Feel』が三部作の劇場版の製作が発表され、2017年10月より第1章が公開されました。

人類最古の英雄王


ギルガメッシュは、冬木市で行われた前回の「聖杯戦争」によって呼び出されたサーヴァントで、ある手段で現在まで現界し続けていた8人目のサーヴァント。世界最古の英雄王で、無数の宝具を持っており自分が真の王でありこの世のすべては自分の所有物だと断言しています。

まさに傍若無人な「王」といったキャラクターで、さんによる威厳ある声と演技も相まって、人気の高いキャラクターになっています。また、『Fate/stay night』に繋がる前日譚となる『Fate/Zero』ではアーチャーとして登場しており、なぜこの世に残ったのかということも描かれています。

こちらの記事もチェック!

千秋真一『のだめカンタービレ』

出典:https://www.amazon.co.jp

のだめカンタービレ』は、クラシック音楽をテーマに、ピアニストである野田恵(通称のだめ)と指揮者を目指す千秋真一とのラブコメディで、2007年に放送されたアニメで、その後2008年には『巴里編』が、2010年には『フィナーレ』が放送されました。

原作は二ノ宮知子さんによる少女漫画で、2006年にはのだめ役を上野樹里さんが、千秋役を玉木宏さんが演じテレビドラマ化され話題となったのでこちらの方が印象に残っている人も多いのではないでしょうか。


千秋真一は、指揮者を目指すエリート音大生で、帰国子女、マルチリンガルでお金持ち、容姿端麗、頭脳明晰、家事までこなすというおよそ考えうる限りの完璧超人です。しかし、幼少期のトラウマで飛行機や船に乗れないという可愛らしい一面も。

そんな今までと毛色の違うキャラクターで、また、アニメ放送前にドラマが大ヒットしたこともありさん自身もプレッシャーを感じていたようですが、実際放送されるとさすがの演技力で、また新しいさんの魅力を見せてくれました。

こちらの記事もチェック!

狡噛慎也『PSYCHO-PASS サイコパス』

出典:https://www.amazon.co.jp

PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.Gによるオリジナルアニメーションで、2012年10月に第一期が、2014年10月に第二期が放送されました。2015年には劇場版も公開され、コミカライズやノベライズ、ゲームも製作された人気SF警察アニメ作品です。

また、この作品は『踊る大捜査線』で知られる本広克行監督がアニメが好きで、いつかアニメを作りたいと語ったのがきっかけとなった珍しい経緯で実現した作品で、総監督に本広監督の名前がクレジットされています。

ぶっきら棒な執行官


狡噛慎也は、公安局刑事課一係の執行官で、ハードボイルドを絵にかいたようなキャラクターです。冷徹でぶっきら棒ですが、正義感が強く、強力な武器を使うに当たり、自身も強靭な精神と肉体が必要という信念を持っています。また頭も切れ、鋭い洞察力で事件の真相に迫っていきます。

この役はまさにハマり役と言えるのではないでしょうか。さんの声が作品とキャラクターの持つハードボイルドな世界観を際立たせ、女子にはたまらない狡噛の持つ大人の色気を表現していました。また花澤香菜さん演じるヒロイン・常守朱もめちゃくちゃカッコ可愛いので男子にもたまらない作品になっています。

こちらの記事もチェック!

ウィスパー『妖怪ウォッチ』

出典:https://www.amazon.co.jp

妖怪ウォッチ』は、2014年1月より放送されているアニメで、2014年12月より、毎年年末年始には劇場版が公開されています。元々はレベルファイブより発売されたニンテンドー3DS専用ソフト『妖怪ウォッチ』シリーズが原作で、現在もシリーズ作品やコミカライズなど多数展開されています。

発売当初は平凡な売れ行きの作品でしたが、アニメがきっかけとなり一躍大ヒットとなり、バンダイより発売されたゲームと連動する事が出来る『妖怪メダル』は小学生を中心にブームとなり、社会的な話題となりました。

ニョロロン族の妖怪


ウィスパーニョロロン族という白い火の玉のような形をした幽霊のような妖怪で、主人公をサポートする自称「妖怪執事」です。口癖は「うぃっす」で、必殺技は「口からでまかせブレス」です。

さんの演じられる役の中では珍しいマスコット役で、いつもの男らしい声とは違い、可愛らしく、いわゆる三枚目な役柄になっています。この役で改めてさんの演技の幅の広さに驚かされました。

ガッチャマン『Infini-T Force』

出典:https://www.amazon.co.jp

Infini-T Force』は、タツノコプロによるオリジナルアニメーションで、タツノコプロ55周年記念作品として製作されました。2017年10月に放送され話題となり、2018年2月24日には劇場版が公開予定となっています。

フル3DCGで製作されたこの作品は、タツノコプロの往年の作品である『科学忍者隊ガッチャマン』、『破裏拳ポリマー』、『新造人間キャシャーン』、『宇宙の騎士テッカマン』のキャラクターが登場しており、今のアニメファンもかつてのアニメファンも楽しめる作品になっています。

熱い心を持ったヒーロー


ガッチャマンこと鷲尾健は、熱い心を持ったヒーローで、料理や介護は女性の仕事という偏見を持っているなどかなり堅物な性格の男性です。そんな性格や白髪交じりで髭の生えた外見から「おっさん」とからかわれる事も。また、食事は肉を好んで野菜を嫌うなど子供っぽい一面も。

非常にスタイリッシュに生まれ変わったガッチャマンさんが声を吹き込むことで、めちゃくちゃカッコよく仕上がっています。現代に現れた往年のヒーローが、主人公である女子高生・界堂笑に何を伝えるのか。熱い展開と迫力あるアクションシーンは必見です!

様々な役を演じられた関智一さんの今後は?

出典:https://www.amazon.co.jp

さてさていかがでしたでしょうか。本当に一部ですがさんの演じられたキャラクターを紹介してきましたが、かっこいい役からコミカルな役、果てはマスコット役まで何でも演じる事が出来る関智一さんはまさに一流の声優ですよね。

また日本芸術専門学校特別講師をしたり、『声優に死す』というさんだからこそ出来る声優を目指す若者へのメッセージを綴った本を出版するなど、育成にも熱心で、一方でイベントなどで下ネタをぶっ込んでふざけたりと、そんな人柄が愛される秘密なのかもしれません。

現在出演が決まっているのは『Infini-T Force』と『Fate/stay night』の劇場版、テレビアニメでは『カードキャプターさくら クリアカード編』、もちろん『ドラえもん』や『妖怪ウォッチ』にも出演します。ぜひチェックしてください!