【咲-saki-】園城寺怜の儚さと強さを知る5つの魅力!関西最強校・先鋒の実力とは?

麻雀に情熱を傾ける女の子たちの戦いを描いた「咲-saki-(サキ)」シリーズ。登場する園城寺怜は、サブキャラクターから飛び出してスピンオフ「怜-Toki-(トキ)」のヒロインになった女の子でした。そこで、関西の最強校・先鋒で戦う園城寺怜の儚さと強さ、さらには実力はどれほどなのかを語ります!

園城寺怜とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2006年から小林立先生が描いたスクエア・エニックス「ヤングガンガン」で連載されている漫画「咲-saki-」は、2017年11月までに第17巻まで刊行されています。
2011年には小林立(原作)×五十嵐あぐり(原画)両先生で、月刊少年ガンガンにて漫画「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A (エピソードオブサイドエー)」が連載されました。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アニメ化は、2009年「咲-saki-」2012年「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」2014年「咲-saki- 全国編」がいずれもテレビ東京系列で放送されています。
さらにはTBS(テービーエス)で2016年「咲-saki-」2018年「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」実写テレビドラマが放送されました。「咲-saki-」シリーズに登場する円城寺怜は、小林立(原案)×めきめき(作画)両先生のスピンオフ作品「怜-Toki-(トキ)」の主人公でもあります。

プロフィール

「咲-saki-」シリーズに登場する園城寺怜は、高校3年生で05月10日生まれの18歳。身長は154cm、両親と3人家族の怜は、関西の強豪校・千里山女子高校麻雀部の先鋒を担当し、病弱で病院医師の許可をもらって麻雀を続けています。小学校時代には清水谷竜華、中学校時代に入ってからは江口セーラと友達になりました。
高校2年生の秋大会に無名の3軍からエースに抜擢され、高校3年生になった全国大会では死闘を重ね、団体戦第2回戦では最多得点を記録します。「咲-saki-」シリーズのキャラクターは、能力者が多数いますが怜もその1人です。


病弱なためか、大人しく控えめな性格ですが、(本人は真剣だと思いますが……)怜の口から出る関西弁の言葉はその場で聞いていた人物たちを戸惑わせる(笑わせる)セリフが多いく、和んでしまう場面も多々みられました。
こちらの記事もチェック!

魅力1:声優は小倉唯さん!

出典:https://www.amazon.co.jp

園城寺怜を演じているのは、声優の小倉唯さんです。小倉唯さんは、「クレヨンしんちゃん」クロ役、「ヤマノススメ」青羽ここな役、「この素晴らしい世界に祝福を!2」アクシズ教徒役、同級生を名乗る女役などで活躍している声優さん。
怜のキャラクターソング(キャラソン)「One Vision(ワンビジョン)」は、儚げな小倉唯さんの歌声と、聞こえてくる関西弁怜らしい竜華の太ももなどのフレーズのギャップがくすりと笑ってしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

そして、小倉唯さんは、怜の愛すべき太ももの持ち主清水谷竜華を演じる声優・石原夏織さんとユニット「ゆいかおり」を結成していました(2017年で活動休止しています)。キャラクターの仲が良いだけではなく、中の人たちも仲が良かったというのは怜と竜華が好きなファン、ゆいかおりを好きなファンにはたまりませんよね!
こちらの記事もチェック!

魅力2:実写版キャストはチームしゃちほこ・咲良菜緒さん

出典:https://www.amazon.co.jp

実写版「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」で園城寺怜を演じたのは、アイドルグループ・チームしゃちほこのメンバー・咲良菜緒さんでした。咲良菜緒さんは、2016年に公開された映画「クハナ!」で映画初出演
2017年にはドラマ「校則アイドル~淑女の学園~」でドラマ初主演も果たしています。公式サイトに寄せたコメントでは、「咲-saki-」シリーズを知っていてオファーが来たことをとても喜んでいました
ですが、漫画の実写化に出演するのは初めてで緊張をしたとも語っています。見所は竜華の太ももとおっしゃっていたのは、さすが!竜華の太ももを愛する怜の演じる咲良菜緒さんだからこそのコメントですよね!

魅力3:病弱で策士な性格

ひざソムリエ


怜とは切っても切れない「竜華の膝枕」は何度も登場してきます。倒れそうになるのを竜華の膝枕で回復してきたエネルギーチャージの役割を担っている、重要な竜華の太ももですが、「ええか!細すぎず太すぎず筋肉質でもあかん。適度な肉つきと程よい弾力!これらが絶妙にマッチングしてないのはただの足や!」と熱く語る怜は真剣そのものでした。
千里山女子高麻雀部の太ももを、ひざソムリエしています「竜華の膝枕が最高なんやない、竜華が最高なんや」という発言もしていたことがあり、やっぱり竜華の太ももは一番だというがヒシヒシと伝わってきますよね。

生死をさまよう経験


怜と言えば病弱なのが何度も劇中で登場してきます。「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」の初登場時には(竜華がすぐ現れましたが)、高速道路のSA(サービスエリア)で倒れて阿知賀女子学院麻雀部に介抱してもらいました
一体何の病気で病弱なのかは「咲-saki-」、「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」共に判明していませんでした。明らかにされているのは、3軍だった高校2年生の時に病気で倒れ生死をさまよう経験……
退院後、エースとして先鋒を任されるのですが、病院の先生からは様子を見つつ対局をするというのを条件に許されているようでした。本人も自分が病弱なのは理解しているものの、普段から怜を気遣ってくれる竜華や千里山女子高校麻雀部の仲間たちのバックアップ「怜シフト(料理などをフォローする)」に応えたいという気持ちが強くなっていきます。


とうとう全国大会Aブロック準決勝先鋒戦では、試合直後に倒れて緊急搬送されてしました。「咲-saki-」では、大会中に緊急搬送されたというエピソードがあります。
咲視点で、誰が倒れたんだろうとみんなが考える場面がありましたよね(話の流れで怜だと印象付けてはいます)。「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」では怜視点で、緊急搬送され、入院した病院での竜華の様子など詳細な部分が描かれていた印象深いエピソードとなっています

竜華のためなら飛んででもやって来る


全国大会Aブロック準決勝先鋒戦終了後、緊急搬送され病院に入院してしまった怜……。竜華が大将として対局するのに、怜は一緒に戦ってあげられないともどかしい気持ちを抱いています。
竜華が心配すぎて、意識を飛ばし戦略を伝えるという荒業(通称・竜華の太ももにためておける怜ちゃんパワー)も披露していました。この能力は、怜と竜華の信頼関係が強固なものだから使える能力……。
さすがの怜も「用量・用法をよく守って大事に怜ちゃんをつかってなぁ~」と薬の注意書きのような説明を入れたり、怜を使用できる回数が余り無いとも言っていました。一言だけで助言は終わったり助言の回数が増えていくと怜が縮んで2頭身化したりと、能力は確立されていないようです。

怜が大好きな清水谷竜華についてはこちらをチェック!

魅力4:麻雀の強さは計り知れない

圧倒的な強さ「一巡先が見える」特異能力を持つ


生死をさまよう体験をした後に芽生えた「一巡先が見える」特異能力は、全国大会Aブロック準決勝先鋒戦の宮永照との対局でも駆使されました。能力を使用すると目の色が変化し(アニメ版ではグリーン)、流れを理解し有利に対局できます。
咲の「嶺上開花(リンシャンカイホウ)」や、天江衣の「海底撈月(ハイテイラオユエ)」など、麻雀を有利にさせる技を持つ他の特異能力者とは違い、未来が見える怜の能力はチート気味ともいえますが、怜の能力は生死をかけて覚醒したもの……


また対局の未来を見れる能力は、体力消耗も激しく、「生きるって……つらいな……」重く感じる牌を持ちながら辛そうに呟いていました。体力が極限まできてもあきらめないのは、いつも友達でいてくれる竜華、江口セーラ、麻雀部の役に立ちたいと願う怜だから……。さらに禁忌の領域以上の三巡先(トリプル)まで見るのに挑戦しています。

イナズマが走るリーチ【ネタバレ】


怜の先制リーチで始まった対局は、宮永咲の姉でチャンピオン・宮永照の闘志に火をつけるのに十分でした。怜が行ったリーチをかけずに振りこむという渾身の攻撃は、公式試合では全国大会Aブロック準決勝先鋒戦が初めてです一巡先が見える特異能力がさらに覚醒し、三巡先まで見ながら対局する怜に照はイナズマが走るリーチで応戦します。
そのイナズマは照の体にも流れ、そして牌にも流れ続けると言う強力なものでした。照の容赦ない戦術に他の3人が圧倒されてしまいました。対局相手、阿知賀女子学院の先鋒・松実玄「すばら」が口ぐせの新道寺女子高校の花田煌などの切る牌など、三巡先の全ての流れを読みつつ、自分の切る牌を命を掛けて出す怜の姿は気迫が感じられます。


結果は、阿知賀女子学院の先鋒・松実玄が自分の命ともいえるドラを切り(玄はドラを呼ぶ特異能力者)、照の裏をかいて先鋒戦を勝利しています。これは三巡先を見た怜が流れを合わせ、照を削る流れを理解した花田煌が容認し、打倒!チャンピオン・照を倒そうとした3人の連携プレーがもたらした勝利でした。
圧巻の戦いは、連携プレーを行いつつも点差を広がらせないということを重点に考えた、策士である怜だからできた戦略方法。主人公級の活躍をした怜は凄い女の子だと思いますよね!

魅力5:関西弁で話す名言が周りを驚かせる

百巡先まで見えるようになる?


「仮病だから」というセリフは怜のジョークとして、阿知賀女子学院麻雀部と初対面時から呟いていました。関西弁でポツリと呟く言葉は、本気なのか冗談なのかの境界線は微妙で、一番仲の良い竜華でも判別付かない場合もあります。
「仮病だから」というセリフで竜華は、軽く受け流したりツッコミを入れたりしていました。怜は病弱でみんなに迷惑をかけている自分を重く受けてもらいたくないという気持ちも作用しているのだと感じますよね。


全国大会Aブロック準決勝先鋒戦終了直後に倒れた怜は「大丈夫、仮病やから心配せんとって……」と言ったいつもどおりのジョークからは、周りに心配させたくないという怜の優しさが込められているセリフになっていました。
さらに「学校より床が冷たい……」と、つらい状況ながらも場の空気を和ませるために言った言葉が周りを驚かせています。病院で意識が回復した時には「倒れたから百巡先まで見えるようになったかも」と、いつもの怜を取り戻し得意げに語っています。百巡先まで見えたら神の領域以上だと思いますよね。
また百巡も見えたら対局全てが見えてしまいそうで、麻雀の楽しみがなくなってしまう、そして倒れるどころではなく死亡してしまうのでは?と思うのですが、百巡先よりも竜華の元へと行ける能力を覚醒させたほうが驚きとしか言えません!

【咲-saki-】園城寺怜はエース級の活躍を魅せる女の子だった


「咲-saki-」シリーズに登場する千里山女子高校麻雀部・先鋒を担当する園城寺怜。親友の清水谷竜華の太ももをこよなく愛し、関西弁で話す言葉は愛嬌がありましたよね。
麻雀が大好きで、フォローしてくれる麻雀部の仲間の役に立ちたいと、命を削りながら「一巡先を見る能力」を駆使してエース級の活躍を見せてくれました。チャンピオン・宮永照には能力を「三巡を見る能力」へと覚醒させ、他の対局者たちと連係プレーと言う策を練って翻弄させます。
一番大好きな親友・竜華には病院のベッドから意識だけを飛ばし、絶妙なタイミングで助言を行うという荒業をみせていました。主人公ではないものの主人公を凌駕するほどの活躍に怜ファンが増殖していったのも納得ですよね!