声優・森川智之が演じるアニメキャラまとめ!帝王の圧倒的演技力!

アニメキャラのみならず、今や吹き替えやナレーター、タレントとしても大活躍の森川智之さん。今回はそんな森川さんが演じたアニメキャラについてご紹介します。クールな2枚目キャラから親父キャラまで多彩なキャラを演じ分ける森川さん、その一部をご紹介していきます。

声優・森川智之とは

森川智之さんは1967年1月26日生まれのO型、神奈川県の出身です。現在では声優としてのみならず、ナレーターや吹き替え、タレントとしても活躍しています。デビュー作は『ダッシュ!四駆郎』の加藤隼役です。2011年には声優事務所アクセルワンを立ち上げ、2015年には第9回声優アワード助演男優賞を受賞しています。
また2017年1月9日、テレビ朝日にて放送された「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」で第12位に選ばれました。この時に発言した「日本中の女子をお世話しています」という発言が大変話題になり、Twitterでは森川さんのファンの方が発狂する騒ぎとなりました。

更に森川さんは、当時病気療養中だった藤原啓治さんのいくつかの役を代役したことでも知られています。『クレヨンしんちゃん』のひろし役『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』のホランド役をこなしました。本人のキャラを崩さないように演技をすることはとても大変だと思いますが、森川さんはそれを見事に演じ切りました。
今回はそんな森川さんが演じたアニメキャラについてご紹介します。森川さんのファンの方はもちろん、最近気になり始めた方も必見です。どの作品を観れば森川さんの素敵な声に出会えるのか、みんなで見ていきましょう。

シャギア・フロスト『機動戦士ガンダムX』

私の愛馬は凶暴です。

最初にご紹介するのは『機動戦士ガンダムX』のシャギア・フロスト。『機動戦士ガンダムX』は1996年に放送されたガンダムシリーズのひとつです。「月は出ているか」で有名な作品ですね……。
本作はスペースコロニーの独立運動に発端する、地球連合軍と宇宙革命軍との間で大戦争を描いています。「ガンダムを考えるガンダム」をテーマに作られ、ニュータイプの定義が他の作品と少し違っていることが特徴的です。
シャギア フロストは新連邦のエースとしてガンダムヴァサーゴに搭乗しています。いわゆるライバルキャラ。双子のオルバとはツインズシンクロにティという特殊能力で意思疎通や視覚情報感覚などの共有が可能です。
その能力故にニュータイプの訓練を受けていましたが、結局カテゴリーF(まがい物)とされて隅に追いやられてしまいました。シャギアはそのことから、自分たちを追いやった世界に復讐をしようと企み始めるのですが……。
残念だが、さよならだ」など森川智之声が似合う台詞が多い魅力的なキャラクターです!影がある兄というのもいいですね……。

玉藻京介『地獄先生ぬ~べ~』

もう一人の主人公??

次にご紹介するのは『地獄先生ぬ~べ~』に登場する玉藻京介です。『地獄先生ぬ~べ~』とは1993年から1999年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、1996年にはアニメ化もされた大人気作品です。鬼の手を持つ小学校教師「ぬ~べ~」こと鵺野鳴介が、児童を守るために妖怪や悪霊と戦うストーリーとなっています。
玉藻先生は400歳の妖狐で、教育実習生や外科医として登場します。妖力が非常に高く、狐の中では最高ランクの地位を獲得しています。プライドが高く、冷静で堅物な性格などまさに森川智之キャラにぴったり……。細面の美男子といえる見た目から、当時大好きだったというファンの方も多いのではないでしょうか……!
ぬ~べ~の敵として初登場しながらも、最後は良いライバル関係になるのもポイントが高いですよね。ぬ〜べ〜の後日談では鳴介のかわりに子どもたちを守護し、共通した世界観を持つ『霊媒師いずな』でも師匠ポジで登場するなど、圧倒的面倒見の良さに惚れます……。

こちらの記事もチェック!

明智健悟『金田一少年の事件簿』

スピンオフでは主人公!金田一一のライバル

次にご紹介するのは『金田一少年の事件簿』の明智健悟です。『金田一少年の事件簿』とは1994年から2001年にかけて週刊少年マガジンにて連載された大人気ミステリーで、何度かアニメ化やドラマ化がされています。名探偵金田一耕助を祖父に持つ高校生、金田一一が様々な事件を解決していくストーリー。
明智健悟は警視庁刑事部捜査一課のイケメン警視。東京大学法学部出身で、在学中に司法試験に合格してしまうほどの超エリートとと完璧人間。一の推理力を認めながらも、そのプライドの高さから嫌味な言動を見せることも多くあります。
そんな一面を見せながらもド近眼だったり、手先が不器用だったり遅刻の常習犯だったり……はたまた不思議な組み合わせの朝食をとっていたりと天然(残念)なところもあります……。ま、まあそのギャップも女性には人気のポイント……ですよね??
『明智警部の事件簿』では若き日の明智健悟が見れますよ。こちらも(残念)イケメンぷりを発揮しているのでファンは必見!

こちらの記事もチェック!

波風ミナト『NARUTO』

命を賭けて大切なものを守った「木ノ葉の黄色い閃光」

次にご紹介するのは『NARUTO』の波風ミナト。『NARUTO』は1999年から2014年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた、だれもが知る大人気作品ですよね。2002年から2007年にかけてアニメも放送されました。
体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者であるうずまきナルトが、里一番の忍者の証である火影を目指して奮闘するストーリーです。日本だけでなく、海外でも大変な人気を集めている作品の一つでもあります!
波風ミナトは四代目火影であり、ナルトの父親です。金髪碧眼で容姿端麗な、森川智之キャラには珍しい正統派イケメンです!妻のクシナとも仲が良く、ナルトの出産にも立ち会いました。しかしナルトを出産した直後に襲撃に遭ってしまいます……。九尾まで現れて絶体絶命の中、禁術を使って九尾をナルトの中に封印し、自身の精神とチャクラもナルトの中に残しました。
全てを賭して里と家族を守った勇姿に涙を抑えられなかったファンも多いと思います……。

こちらの記事もチェック!

奈落『犬夜叉』

逃亡常習犯なところがカワイイ?

次にご紹介するのは『犬夜叉』の奈落。『犬夜叉』は週刊少年サンデーにて連載された和風ファンタジーで、2度にわたりアニメ化もされました。また舞台化もされ、大好評ののち大団円を迎えましたね。
妖怪と人間が共存する戦国時代にタイムスリップしてしまった中学生の日暮かごめが、半妖の犬夜叉やその仲間と共に四魂のかけらを探して旅をする物語です。
森川智之演じる奈落は四魂のかけらを狙う、いわばラスボス。四魂の玉を守っていた桔梗に一目ぼれをし、恋心から妖怪へと生まれ変わってしまいました。頭だけになっても生きていたり、体から触手のようなものが生えてきたりと不気味なシーンが多いですが、ふとした瞬間に見せる表情が実はイケメンだったりします!
強大な力を持ち、ラスボスにふさわしい存在でしたが、犬夜叉などに追い詰められると逃亡するところがなんとも可愛かったりします。逃亡回数は20回を超えるとか……。成り上がりっぷりはグリフィスに近いものがありましたね。わたしは奈落のキャラ好きでしたよ。みなさんはいかがですか!?

こちらの記事もチェック!

テリー・ザ・キッド『キン肉マンⅡ世』

偉大な父を持つ万太郎の戦友!

次にご紹介するのは『キン肉マンⅡ世』のテリー・ザ・キッド。『キン肉マンⅡ世』とは、あの大人気作品『キン肉マン』の続編で、1997年から2011年にかけて連載されました。3度に渡ってアニメ化もされています。この作品ではキン肉マンの息子であるキン肉万太郎が主人公。キン肉マンに登場した超人たちの息子も登場する、ファンにはたまらない作品となっています!
テリー・ザ・キッドとは、かつてキン肉マンとライバル関係にあったテリーマンの息子です。超人としては地味でキン肉マンの陰に隠れてしまった父親のことを毛嫌いしていましたが、徐々にテリーの偉大さに気付いていきます。
そしてテリー一族の技を見事に引き継いでいくのです!「俺はパパとは違うんだ!」が口癖で負けず嫌いな一面がありますが、激闘を超えて万太郎とは無二の戦友に!ときにはギャグもしっかりこなす森川智之に脱帽!

こちらの記事もチェック!

思わず本編が読みたくなる!キン肉マンの名言&名シーン21選! | festy(フェスティー)

■1980年代のジャンプ黄金期を支えた漫画の一つで、現在週プレNEWSにて続編が大好評連載中の「キン肉マン」。そのキン肉マンの必見名場面を「怪獣退治編」から「黄金のマスク篇」の中から厳選し独断と偏見により選び抜きました!

ウェラー卿コンラート『今日からマ王!』

行方不明になったりするけど陛下が1番です!

次にご紹介するのは『今日からマ王!』のウェラー卿コンラート。原作は角川書店から出版されているライトノベルで、「今日からマのつく○○」というタイトルで出版されていることから「まるマシリーズ」と言われています。主人公の渋谷有利はひょんなとこ(便所)から異世界に飛ばされてしまいます。そこで王の魂を持って生まれたとして、双黒の魔王になるべく奮闘するというストーリーです。
そこに登場するウェラー卿コンラート、通称コンラッドは有利の暮らす現代の世界情勢も知っている数少ない人物。実は有利の名付け親だったりします。魔族が多いこの世界には珍しく魔力は全くありませんが、剣の腕は超一流!
面倒見のいい性格で、有利の話もよく聞いてくれます。お兄さん的な存在のコンラッドに、当時のわたしも一目ぼれしてしまっていました……。有利の魂がコンラッドの大切な人のものであったり、行方不明の後敵側にいたりとハラハラさせてくれましたが……アニメ版最終回の抜刀シーンは必見です!

黒崎一心、東仙要『BLEACH』

異なるタイプの2キャラを演じ分けるセンス!

次にご紹介するのは『BLEACH』の黒崎一心と東仙要です。『BLEACH』は2001年から2016年にかけて週刊少年ジャンプで連載された作品で、2004年から2012年にかけてアニメ化もされました。ひょんなことから死神になってしまった主人公の黒崎一護が、現世と霊界の均衡を保つために奮闘するストーリー!連載が終了するときにはTwitter上で悲しみの声が溢れていたことを覚えています……。
『BLEACH』に登場する黒崎一心は一護の父親。大きな手術以外は何でもこなすクロサキ医院を開業している医者です。連載当初は霊力など持っていないように思われていた一心ですが……実は死神だったことが発覚!毎日エネルギッシュでハイテンションな性格で、さらに家族想いなところがあります。亡くなった妻の真咲のことを本当に愛しており、ポスターのような遺影を貼ったり墓参りを毎年かかさず行ったりしている健気な一面も。

一方東仙要は元護廷十三番隊九番隊隊長でした。生まれつき盲目でありますが、相手の体格や表情などを認識することができます。昔慕っていた女性が死神同士のトラブルにより、彼女の夫に殺害されてしまったことから死神を恨んでいます。元々死神を恨んでいたということから謀反を起こし、最終的に虚側につくことになってしまいます…‥。
森川さんは同じ作品の中でこの全く違うタイプのキャラをきちんと演じ分けています。ハイテンションでいつも元気な親父キャラな黒崎一心と、正義とは何かを追求し続けた東仙要、この2キャラを演じ分けるのはとても難しいと思います。しかし森川さんだからこそ、この全く違う2キャラを演じ分けられたのではないでしょうか!

こちらの記事もチェック!

一ノ瀬巧『NANA』

トラネスのリーダー!

次に紹介するのは『NANA』の一ノ瀬巧です。『NANA』は2000年に連載が開始された作品ですが、まさに一大ブームを引き起こした名作と言えるのではないでしょうか。当時の女子中高生はみんな読んでいた記憶があります……。
東京に住む彼氏と同居するために上京した小松奈々とミュージシャンを目指して上京した大崎ナナがひょんなことからシェアハウスをするのですが、それをきっかけに2人は数奇な運命に巻き込まれ……。
一ノ瀬巧は大人気バンド「TRAPNEST」のリーダーでベース担当です。巧のファンだった奈々がナナを通じて巧と知り合い、妊娠させてしまいます。将来的には奈々と結婚し、2児のパパになっています。
かっこいい容姿からか女癖が悪く、高校時代にも女性を妊娠・中絶させてしまっています。そんな(ちょっとどうなのよ!な)巧ですが、奈々を妊娠させてしまった後は奈々のことを気遣って紳士的になるシーンもあります。

吉良吉影、川尻浩作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』

静かな生活を望むシリアルキラー・スタンド使い!

次にご紹介するのは『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する吉良吉影と川尻浩作です。『ジョジョの奇妙な冒険』1987年2004年までは週刊少年ジャンプ、2005年からはウルトラジャンプにれ連載中の作品です。2度に渡りアニメ化もされました。ジョースター一族と、吸血鬼になってしまったディオとその後継者たちが2世紀以上にわたって戦いを繰り広げていく冒険活劇です!
吉良吉影は『ジョジョの奇妙な冒険』のPart4にあたる「ダイヤモンドは砕けない」に登場。見た目は普通のサラリーマンで、「平穏な生活」を望んでいる人物ですが……しかし実は生まれながらに殺人衝動を持つ連続殺人鬼でした。
手の綺麗な女性を次々と襲い、その女性の手首だけを切り取って持ち歩いていています。死体は自身のスタンド「キラークイーン」によって消滅させているまさに「外道」!!

出典:https://www.amazon.co.jp

川尻浩作とは、吉良吉影がスタンド使いとの戦いで逃げている最中に捕まえた人物。ケガが酷かった吉良は背丈や体格が自分とほぼ同じだった川尻浩作を捕まえ、顔を作り替えるエステティシャンのスタンドを持つ辻彩を脅迫して顔と指紋を自分のものと入れ替えさせました。スッカリ入れ替わってしまった吉良ですが、川尻の息子・早人には感づかれてしまいます。
果たして吉良吉影の「静かな生活」は守られるのか?森川智之キャラの真髄であるダークさに注目です!
また『ジョジョの奇妙な冒険』は社会現象になるほどの人気作です。特にこの吉良吉影はジョジョ好きの中でも人気のあるキャラです。作者の荒木飛呂彦先生の出身地でもあり、ジョジョの舞台となった杜王町のモデルである宮城県仙台市では度々個展が開かれています。更に街中のマンホールがジョジョの絵になっているところも確認しました。ジョジョが好きな方はぜひ訪れてみてくださいね。

こちらの記事もチェック!

仙石要『ボールルームへようこそ』

気鋭のプロダンサー!

次にご紹介するのは『ボールルームへようこそ』の仙石要です。『ボールルームへようこそ』とは2011年から月刊少年マガジンで連載されている作品で、2017年にはアニメ化もされました。将来の目標もなく無気力だった中学生の富士田多々良はひょんなことからプロダンサーの仙石要と出会います。そのことがきっかけで社交ダンスと出会い、才能に目覚めていくというストーリーになっています。
仙石要は主人公の多々良を社交ダンスに出会わせた張本人。プロのダンサーで、ラテンとスタンダードの2冠王者でもあります。強引な性格でよく人を叩いてしまうことがあります。指導者としては未熟なところがありつつも、多々良への厳しく愛のある指導が印象的な人物です!
そして自分のダンスになるとまさに王子様気質丸出しな素敵な演技を披露してくれます。その実力は圧倒的で、踊る様は観るものの視線を釘付けにします!

こちらの記事もチェック!

あのトム・クルーズの専属吹き替えも担当!森川智之のクールキャラに女性メロメロ!

ここまで森川さんが演じたアニメキャラについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。森川さんはイケメンキャラを演じることが多く、多くの女性をメロメロにしてきたことで有名です。森川さんが演じたキャラはアニメのみならず、ゲームにも存在します。その代表と言えるのがこの「ファイナルファンタジーⅦ」のセフィロスなのではないでしょうか。
FFⅦは、FFファンの中でも特に人気の高い作品です。そこに登場するセフィロスはまさに世界中のFFファンを虜にしてきました。FFだけでなく、最近はスマホゲームにも多数出演しています。『白猫プロジェクト』や『グランブルーファンタジー』、『魔法使いと黒猫のウィズ』『ボーイフレンド』等数多くのゲームでかっこいいキャラを担当しています。

こちらの記事もチェック!

そして森川さんは吹き替え作品にも多数出演しています。担当俳優の数もとても多いのですが、中でも有名なのはトム・クルーズなのではないでしょうか。世界中でも大人気で、まさにイケメンハリウッドスターの一人であるトム・クルーズの専属吹き替えをも担当しているのです。俳優のイメージを壊さない素敵な声で、映画好きの日本の女性をまさに虜にしています。
森川智之さんはアニメファンのみならず、ゲームファンや映画ファンにも大人気の声優の一人ということがわかりますね。まさに「帝王」と呼ばれるにふさわしい人物なのではないでしょうか。思わず胸がドキドキしてしまうような素敵な声をお持ちの森川さん、これからもどのようなキャラでわたしたちを楽しませてくれるか期待したいですね。