【アイカツスターズ!】病弱なんて言わせない!白銀リリィの6つの魅力

「アイカツスターズ!」に出てくる白銀リリィをご存知でしょうか。大人しそうでか弱く見える彼女ですが、実はスゴイ力を秘めている女の子なのです…!今回はそんな白銀リリィの6つの魅力に迫ります!

「アイカツスターズ!」白銀リリィってどんなキャラ?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

白銀リリィは白鳥ゆめ、主人公の虹野ゆめのアシスタントも務めている花の歌組の幹部です。1月22日生まれのAB型、クレープとウィンナ・コーヒーが好物というちょっと大人な中学2年生です。

基本クールなタイプで、髪型は青いグラデーションがかかった縦ロールの銀髪をしており、瞳の色は赤紫色です。

イメージカラーはルアングリーンという聞いたことのない色ですが、エメラルドグリーンにも近いような緑色で、「アナと雪の女王」のエルサのドレスのような色を想像いていただければと思います。

まさに白銀リリィは銀髪でクールな印象があることから、エルサを彷彿とさせるキャラクターでもありますね。

声は上田麗奈さんが担当!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

白銀リリィの声を務めるのは上田麗奈(うえだれいな)さんです。1994年1月17日生まれ、富山県富山市出身の声優さんです。その吐息混じりの甘い声は、可愛い中に色っぽさがあると同業者の間でも好評です。

縁起の幅も広いことから、ひとつの作品でいくつもの役をこなすという活躍も見せています。第9回声優アワード新人女優賞の受賞経験もあり、配役のない時でもメインキャストより早く現場に来て台本を熟読しているなど、努力家な一面があります。

その結果として憑依体質となり、別人かのような演技をすることも多いそうです。こんな上田さんが演じている白銀リリィはかなり見ものですよ…!


歌唱担当はAIKATSU☆STARS!のななせさん

「AIKATSU☆STARS!」は「アイカツ!-アイドルカツドウ!-」「アイカツスターズ!」の主題歌、ステージ楽曲の歌唱を務めるアイドルユニットです。アイカツシリーズに合わせて人数構成が変わったり、卒業をしているために、メンバーの人数は確定されていません。

その中のひとり、ななせさんが今回白銀リリィの歌唱担当として活躍しています。1996年9月10日生まれ、普段は松岡ななせという名前で活動しています。アニソンに出会ってから、歌うことが好きになったというななせさん、白銀リリィの曲もさぞ楽しく歌ってくれていることでしょう。

白銀リリィの魅力1:花の歌組の幹部!


歌唱担当のななせさん同様に、歌うことが好きだという白銀リリィは、花の歌組の幹部を務めています。白銀リリィにとって歌うことは勝敗を決めることではなく、自己表現に近いものであり、この考え方は勝敗にこだわる桜庭ローラに自信を与えています。

自分自身のために歌うという姿勢は、ひとつひとつの場を大切にしようとすることにも繋がるために、歌声を聞いた人たちの心をぐっと掴むのでしょうね。

白銀リリィの魅力2:フィジカル最弱?!だけど努力家


身体が弱い白銀リリィは、流行りの病にはもれなくかかってしまうほどフィジカル面が足を引っ張ってしまっています。運動神経もよろしくなく、体力もないので腕立て伏せはまさかの2回しかできないそうです。

しかし、病室では本を読む姿が多く見受けられ、体力を奪われやすい夏場などは高原で静養しており、多くの文学作品にも触れています。そうして人よりも遅れをとってしまうことも多いために、一人で黙々とレッスンをしたりと努力を惜しみません。

やはりそこには、真の強さがあるからこそできることであり、弱いフィジカルを強いメンタルで補っていけるのでしょうね…!芯が強いってとても素晴らしいことです。


白銀リリィの魅力3:名言やセリフからわかる文学的素養!

白銀リリィは、多くの本を読んでいることから、偉人たちの名言が飛び出すことが多いキャラクターでもあります。また、読む本のジャンルを特に固定していないために、幅広いジャンルの知識を持っており、繰り出される名言もバライティに富んでいます。

そのため、偉人の名言以外には、世界的ギタリストの言葉でだったり、往年のジャンプ漫画の台詞なども飛び出すことがあります。こんなにか弱い女の子から、ジャンプ漫画の台詞が聞けるなんて嬉しいギャップですね!

白銀リリィの魅力4:芯の強さが軸のアイドル観


身体は弱い白銀リリィですが、心の芯はしっかりとしている女の子です。自身のアイドル観についてしっかりと考えを持っており、その芯のあるアイドル精神がファンからも評価を得ている点でもあります。

システム起動のキメ台詞も「白銀リリィ、このひとときに魂を込めて」というものになっており、白銀リリィを見ていると、アイドルというものはただ外見が可愛く、歌やダンスができるだけではなく、心根の部分から憧れられる存在であることが大切なのだと思い知らされます。

人の意見に左右されない、いわば頑固なところはありますが、ノリはいい方なために七倉小春と組んだときには収集がつかなくなるほど暴走してしまったこともあります。クールなので冷静沈着なタイプに見えますが、意外と遊び心もある人間らしい部分も魅力です。

白銀リリィの魅力5:冬はアグレッシブ?チェーンソー振るうツンドラの女王


夏に弱い白銀リリィですが、冬になると別人かのように活動的になります。そのため別名「ツンドラの女王」とも称されています。そんな白銀リリィは、体力がなく腕立て伏せもできないにも関わらず、巨大な筆を使って文字を書くなど目を疑うようなシーンがあります。

中でも、学園の伝統行事である斧でもみの木を切ってツリーにするという回では、なかなか太刀打ちできないもみの木に対して、けたたましい音をさせて巨大なチェーンソーを持ち出してくるという荒業に出たり…。

あのか弱い白銀リリィはどこに行ったんだ…と誰もが思った瞬間でした。やはり雪の中ではパワー全開になるようです。

ときにはアトミッ◯バズーカも撃つよ!


さらには、アト◯ックバズーカも撃つこともあるという…本当に冬になると別人、というか本性を現すようですね。ソロモンの悪夢もこれには「二度と忘れん……!」すること間違い無し。能ある鷹は爪を隠すと言いますが、夏にはその正体をすっかりと隠してしまうだけのようです。

身体よりも大きいのではないかというバズーカを放ち、自由人な二階堂ゆずを見事捕獲するというワンシーンは衝撃。この時は雪の中ではありませんが、幼馴染で仲の良い二階堂ゆずの暴走を阻止するためには致し方ないようです。

あのか弱さは演技なのでは…?とも疑ってしまうほどのアグレッシブさが時々見えるのも楽しいギャップです。


白銀リリィの魅力6:夢は自作ドレスでライブ!

そんなたくましくもか弱い白銀リリィの夢は、自身が手掛けたドレスでトップアイドルとしてステージに立つことです。「S4」になると自分のステージ衣装をプロデュースできる特典を得られるために、日々そのゴールを目指して努力しているのです。

しかし、その夢へ進む直前の「S4」選抜トーナメントでは、体調不良で棄権してしまいます。その事情から、特別にヴィクトリアン&ロココテイストの新ブランドGothic Victoriaを持つ事が認められましたが、夢があるためにあえてプレミアムドレスは作っていないという、ここでも芯の強さを見せています。


白銀リリィはか弱くもたくましい女王様!

いかがでしたか?白銀リリィの魅力が少しでも伝われば幸いです。一見、冷たそうな女の子に見えますが、親友をバズーカーで捕獲するという真面目に大ボケともとれる行動に出てみたり、二階堂ゆずと暴走してみたり、お茶目なところも持っています。

そんな白銀リリィだからこそ、芯の強さを持つキリっとした姿とのギャップがさらに魅力的に見せてくれるのでしょうね。そして、ただただいるだけで美しく凛としているツンドラの女王の姿には圧巻です!