【アイカツスターズ!】桜庭ローラから目が離せなくなる6つの魅力!

アイカツスターズ!」の桜庭ローラをご存知でしょうか?一見お嬢様キャラのようにも見えますが、実は結構男前な女の子なのです!今回は、知れば目が離せなくなる、桜庭ローラの6つの魅力をご紹介していきます!

「アイカツスターズ!」桜庭ローラってどんなキャラ?



中学1年生で主人公の虹野ゆめのクラスメイトでもあり、ライバル、親友でもある桜庭ローラは、11月4日生まれのA型です。特技はイントロクイズという音には強いようです。

高所恐怖症なところがありますが、クールなタイプでちょっとボーイッシュなところもあります。桃色のポニーテールの房を3つに分け、縦に巻いた髪型をしているのが特徴です。

瞳の色はブルーでイメージカラーもブルーです。桃色の髪にブルーの瞳というのは、小さな子どもたちには認識しやすいために覚えやすいキャラクターであるとも言えます。

こちらの記事もチェック!

声優は朝井彩加さんが担当


朝井彩加さんは1992年5月11日生まれ、静岡県出身の声優さんです。2013年イタリアのGCアニメ「カリメロ」で初主演を飾り、少女も少年もこなせることから、桜庭ローラのようなボーイッシュな女の子もお手の物です!

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」暁役、「温泉幼精ハコネちゃん」亜季役、「新妹魔王の契約者」成瀬澪役では初のヒロインを務めました。

初のレギュラーとなった「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」では岡田役を始めアナウンサーなどいくつもの声を担当しています。

歌唱担当はAIKATSU☆STARS!りえさん



歌唱担当はりえさん、AIKATSU☆STARS!のメンバーです。普段は藤城りえという名前で活動しています。「アイカツスターズ!」では桜庭ローラの他には騎咲レイ、「 アイカツ!」では氷上スミレの歌唱担当もしています。

Twitterでは1万人近いフォロワーがおり、ツイートにはココ壱番屋のカレーの写真がよく登場しています。アイカツ!メンバーともとても仲が良さそうで、これからが楽しみな声優歌手さんです!

桜庭ローラの魅力1:音楽一家のサラブレット



主人公の虹野ゆめと同じ花の歌組に所属している桜庭ローラは、先祖代々の音楽一家の血を引いています。父親はバイオリニストで、母親はピアニストというサラブレットということもあり、音感は抜群です。

音楽一家ということもあり、幼い頃から歌のレッスンを受けていたため、「花の歌組」のトップに立つという目標だけでなく、「S4」を超えるS4、「US4」になるという野望を持っています。この高い向上心が負けず嫌いの性格を形成しているのかもしれません。

好きな音楽のジャンルはロックで、メタルドールズという三人組ヘビメタガールズバンドがお気に入りです。「ねえ、信じた道を進もう!」がシステム起動のセリフになっていることから、猪突猛進で夢を掴んでくれそうなキャラクターです。

桜庭ローラの魅力2:始まりはいつも、「面白いじゃない!」

桜庭ローラのキメ台詞、口癖は「面白いじゃない!」ということで、好奇心旺盛であることがわかります。勝気なためにやらずに後悔することを良しとしていないようで、面白ければとりあえずチャレンジするというアグレッシブさがあります。

アネゴ肌で、花組でもトップの実力を持っていることから、桜庭ローラの好奇心はまわりにもいい影響を与えているようです。「面白いじゃない!」と付け加えてみるだけで、不安なことも不可能そうだと思うことも、出来てしまうような気になるので不思議です。

虹野ゆめが「アイドルの一番星になる!」と宣言した時も、「面白いじゃない!」と賛同していた桜庭ローラのノリの良さは、無限の可能性を秘めている魔法の言葉だといえるでしょう…!

桜庭ローラの魅力3:新商品まで開発?!止まらない酢昆布マニア

自室に常備するほど酢昆布が好きな桜庭ローラは、語りだしたら止まらなくなるほどのマニアです。とあるイベントでは「酢昆布アイスクリーム」を開発しており、キャンペーンガールを務めるジュエルアイスクリームにて商品化されています。

酢昆布とアイスクリームなんて、見るからに合わないように思いますが、ジュエルアイスクリームの社長によると一部からは圧倒的な人気を誇っているメニューになっているようです…。世の中、やってみないと分からないこともあるのですね。

昭和の食べ物と思われがちな酢昆布ですが、「銀魂」のヒロイン神楽ちゃんも酢昆布好きであることから、カワイイ女の子は意外と渋いものが好きというギャップのある設定に酢昆布が用いられることが多いようですね。

キャンペーンガールでたい焼きに変身?!

面白いじゃない!のノリで幸花堂キャンペーンガールでも大活躍しています。アイドルなら嫌がりそうなたい焼きの着ぐるみをきてPRしており、イベントではたい焼きローラの顔はめパネルも登場し、ファンたちも喜んでいます。

また、このことからファンの間ではたい焼き=桜庭ローラになってしまっている人も多く、たい焼き屋さんを見つけたので思わず買ってしまったという声もあり、現実世界でのたい焼きPRにも貢献しているようです。

人気が終わってもたい焼きの着ぐるみを身につけるシーンもあるようで、実は純粋にたい焼き姿が気に入っているのではないかという説も浮上しています。

桜庭ローラの魅力4:可愛いと男まさりのギャップ♡


ボーイッシュでアネゴ肌な桜庭ローラですが、私服のセンスがスゴイことでも話題になっています。ロックが好きということでちょっと過激なスタイルも多く、この画像のような胸元が横から見えそうなスタイルやかなりのミニスカートであったり、男性陣は目のやり場に困るかもしれませんね。

桜庭ローラの私服のセンスが良いという声も上がっており、内面と服装のギャップがとても好評です。大胆不敵でぶつかっていき、生意気なところもあり、クールに見せかけて面倒見がよかったり…結構ツンデレなところもあります。

この男らしさと女の子らしさの兼ね合いが上手くとれているキャラクターとも言えます。見ているとちょっと危なっかしい様子もあるので、応援したいと思わせてしまう天性的な魅力もあります。

桜庭ローラの魅力5:美しすぎる悔し涙でファンは虜!



トップの実力を誇っているが、今一つ突き抜けられない桜庭ローラは、惨敗して悔し涙を流すことも多いキャラです。頑張っているのに報われない、日常生活でもありそうなこの展開に多くの大人たちも自分事のように前のめりになったことでしょう。

そんな桜庭ローラが、出場して負ければその時点で脱落、勝算はほとんど無い状況に追い込まれた時、あるマラソンランナーに出逢い、「次が最後のレースじゃないし、ここで逃げれば弱い自分に対して負けを認めた事になる」という言葉に悔し涙を糧にしてきたことに気づきます。

たとえ勝ち目はなくても挑戦することに意味があると臨んだ本番では全力を出すものの敗退。ここで流した涙は今までとは違う新たな決意を感じさせるものでした。このシーンで絶対ローラにトップになってほしいと思った人も多いはずです。

桜庭ローラの魅力6:彼氏面ブロックが炸裂…!



桜庭ローラといえば彼氏面ブロックも有名です。なんと2週連続で彼氏面ブロックをするシーンがあり、相当お気に入りの必殺技だといわれています。もっぱらブロックする対象は親友である虹野ゆめであり、彼女にちょっかいを出そうものならすかさずローラの左腕が飛び出します。

この彼氏ブロックが話題になりすぎて、ついに中の人にまでネタにされてしまいました!ローラ本人はゆめを守ろうと真剣にやっているのでしょうが……あまりに見事なタイミングなので印象に残ってしまいます……!

それにしても、男性でもなかなかできない彼氏ブロックを繰り出すなんて、桜庭ローラの彼氏力(???)の高さが伺えます。このために、虹野ゆめと桜庭ローラがカップルだとして見る人もいるようです…。

桜庭ローラはファンを虜にするアイドル界のハリケーン!



いかがでしたか?桜庭ローラのことをいろいろ知ると、その魅力にいつの間にか気になってしまっている自分に気づくことでしょう…!主人公ではないけれど、主人公の虹野ゆめに一番絡んでくるキャラクターで、最初はなんだよこの子と思う人もいるかもしれません。

しかし、桜庭ローラのことを知っていくと、ひたむきな姿やちょっと不器用なところにだんだんと惹かれていくはずです。結構ギャルっぽい見た目にも関わらず、酢昆布が好きという渋さも大人には響くのではないでしょうか。

「面白いじゃない!」という口癖も、ローラに見習って使ってみると、人生が面白いことになってくるかもしれません…!桜庭ローラは、まだまだ目が離せないキャラクターです。こちらの記事もチェック!