【咲-saki-】花田煌の「すばらっ!」な4つの魅力!九州雀士は鋼メンタル!

人気麻雀漫画「咲-saki-」に出てくる花田煌、レギュラーメンバーではない中、そのキャラの濃さから知名度も高いキャラクターです。今回はそんな花田煌の4つの魅力をご紹介していきます。


『咲-saki-』花田煌ってどんなキャラ?



小林立原作の麻雀漫画『咲-Saki-』の登場キャラクターの一人・花田煌は福岡県代表新道寺女子高校の2年生で先鋒を務めています。10月24日生まれで身長は151cm、中学時代は長野県に住んでおり、高遠原中学校麻雀部に所属していました。

後輩には原村和と片岡優希がいましたが、彼女たちが入部する頃にはすでに花田煌は3年で、インターミドルの県予選も既に終わっていたので、一緒に団体戦に出場することはありませんでした。

入れ替わりに入部することが決まった夢乃マホや、和たち残りの部員に高遠原中学校麻雀部の運命を託し、卒業と同時に福岡に引っ越しています。髪型はクワガタの角を思わせるような短いツインテールをしているのが特徴的なので、覚えやすいキャラクターです。こちらの記事もチェック!


声優は新井里美さんが担当!



新井里美さんは1980年7月4日生まれ、埼玉県出身の声優さんです。アニメファンなら彼女の異才っぷりを声で堪能していることでしょうね。新井里美さんは人以外のキャラクターをもこなす……というか、趣味で人以外のものの声を練習しているというほど変わったところがあります。

しかし、この変人っぷりがアニメでは爆発的な存在感をもたらしており、たとえ脇役でも新井里美さんが声をすると主役級になってしまうというほどです。そんな伝説はデビューからすでに始まっていました。

なんと新井さんはデビューしにて主役を飾るという珍しい経歴を持っており、さらにそのデビュー作が外国テレビドラマの吹き替えだったのです。花田煌はメインキャラクターではありませんが、新井里美さんが演じたことでより注目されるキャラクターになっています。『とある科学の超電磁砲』で演じた白井黒子も非常に印象的なキャラでした。

花田煌と白井黒子との関係は?



先述の、新井さんが声優を務めた『とある魔術の禁書目録』『とある科学の超電磁砲』に登場する白井黒子ですが、ツインテールという点が花田煌と似ていることもあり、ファンの間では作品を超えてセット感覚になっているようです。

そのため、白井黒子を描いて「すばら!」と言わせてみたりしているイラストがネット上に良く上がっており、「とある」シリーズを見たことがない人からすれば、白井黒子も同じ口癖を持っているのか…?と勘違いしてしまいがちです。

中の人がこんなに影響するなんて、さすが新井里美さんですよね!作品を超えた印象を残す無二の女性声優ではないでしょうか?


実写化では矢野優花さんが熱演!

実写版で花田煌を演じているのは矢野優花さん、1998年1月6日生まれの宮崎県出身、身長158㎝の女優さんです。2008年から活動していましたが、2015年「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の伊賀崎風花(シロニンジャー役)が初レギュラーとなっています。

趣味はダンスということで、ニンニンジャーの主題歌に合わせて、制服で踊っている動画も好評です。普段は肩につくくらいのボブですが、花田煌のときはツインテールにしており、いつもとはちょっと違う矢野さんを見ることができますよ!


花田煌の魅力1:ポジティブすぎる鋼メンタル!


花田煌といえば、見習いたいほどのポジションシンキングを持つ鋼の心が特徴的と言えるでしょう。対戦相手の宮永照にフルボッコにされても、前向きに立ち向かっていく姿には、感動した人も多いかもしれませんね。

さらに泣けるのは、全国大会でレギュラーに入れたという嬉しい選考の裏には、捨て駒要因として先鋒を任されたという事実があったことを知ってしまう場面。

しかし、捨て駒としてでも自分は必要とされているのだから、精いっぱい頑張ろうと悲観的になるどころか気合を入れ直す花田煌…カッコイイ…!

一見幼く見えますが、強い心を持ち、芯がしっかりとしている頼もしい雀士の一人だということがよくわかります。こんな姿をみせられたら、思わず応援したくなってしまいますよね…!

花田煌の魅力2:名台詞が独り歩きした「すばら先輩」


花田煌は、阿知賀編オープニングアニメに数秒ピンで登場していましたが、特に名前なども出ることはなく影の存在でした。しかし、その後、名前が明かされるまで時間が置かれていたため、その間の仮の名としてファンの間では「すばら先輩」と呼ばれていました。

口癖が「すばら!」(素晴らしい)であることと、原村和と片岡優希の先輩であることから「先輩」がついて、もはやすばらが苗字で先輩が名前なのではないかと思えてしまうほど、ファンの間では定着していました。

そのため、花田煌と言われても、イマイチピンとこない人もいるかもしれませんね…!口癖が独り歩きしてニックネームになるなんて、花田煌は愛されていますね……。

花田煌の魅力3:礼儀正しさが好印象!

花田煌はどんなに年下でも同級生であっても、必ず敬語を使うという特徴もあります。誰に対しても丁寧な受け答えはとても好印象ですよね!全国大会で再開した友人の鶴田姫子と話すシーンでは敬語を使っていないので、かなりレアです…!


花田煌の魅力4:プロ試合でマイナス無しの能力!

花田煌の能力は、消してマイナスにならないということです。その実力は、プロとの戦いであっても、点棒全てを失ったことがないというところから、全国大会で捨て駒に選ばれる理由にもなったほどです。

勝ち続けることはもちろんすごいことですが、花田煌のように負けることがないってよく考えれば凄いことですよね…!こういう人材がチームにひとりでもいれば、かなり心強いはずです。


花田煌は素晴らしいマインドのキャラ!



いかがでしたか?花田煌が決して脇役キャラではないことがこの記事でわかっていただけたことでしょう。声優を新井里美さんにお願いしているだけあって、かなり人気のあるキャラクターです。

どんな状況に置かれても、折れない鋼の心は私たち現代人も学びたいところですよね。素晴らしすぎる「すばら先輩」にこれからも注目していきましょう!こちらの記事もチェック!