【咲-saki-】のどっちこと原村和の実力は?清澄の麻雀部副将を8つの魅力で紹介!

アニメ「咲-saki-」シリーズに登場する清澄高校麻雀部副将・原村和は、主人公ではありません。主人公の宮永咲や、阿知賀編の主人公・高鴨穏乃をも魅了する雀士の腕は高校生ではトップクラス!そこで原村和の実力やかわいさなど8つの魅力から紹介していきます!

原村和とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2006年からスクエア・エニックス「ヤングガンガン」で連載されている漫画「咲-saki-(サキ)」は、2017年11月までに第17巻まで刊行されています。
2011年には小林立(原作)×五十嵐あぐり(原画)両先生で、月刊少年ガンガンにて漫画「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A(エピソードオブサイドエー)」が連載されました。
アニメは、2009年「咲-saki-」2012年「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(エピソードオブサイドエー)」2014年「咲-saki- 全国編」がいずれもテレビ東京系列で放送されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

さらにはTBSで2016年「咲-saki-」2018年「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」実写テレビドラマが放送されました。そして2018年01月には映画「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」が公開されています。
「咲-saki-」シリーズは、主人公が毎回登場するのではなく、麻雀の試合で活躍している女の子たちにスポットを当てている作品。それでも登場回数が多い原村和は、存在自体が主人公だと錯覚してしまう魅力的なキャラクターでした。

プロフィール


原村和は10月04日生まれの15歳、身長154cmで左利きの料理上手な女の子です。清澄高校1年生で麻雀部・副将を務めています。両親と和の3人家族で、父親・原村恵は弁護士、母親・原村嘉帆は検察官という育ちからか、誰とでも綺麗な言葉使いで会話する印象がありますよね。
特に母親は2~3年で配置換えがあるので、和は何度も引っ越しを経験しています。小学校6年生の時に東京から奈良へ引っ越し、阿知賀女子学院中等部へ進学しました。中学2年には長野県へ引っ越し、高遠原中学校に転校しています。
中学校3年生になると、全国中学生麻雀大会個人戦で優勝を果たし、TVでも放送されたこともありました。あだ名はいくつかありますが、主に呼ばれるのは「のどかちゃん」「のどちゃん」「和」、親友の咲には「原村さん」と呼ばれていました
こちらの記事もチェック!

魅力1:アニメ版の声優は小清水亜美さんが担当

出典:https://www.amazon.co.jp

原村和を演じているのは、声優の小清水亜美さんです。小清水亜美さんは、アニメ「アリスと蔵六」一条雫役、「コンビニカレシ」糸川希未役、「美少女戦士セーラームーンCrystal(クリスタル)」木野まこと(セーラージュピター)役などを演じている声優さんです。
過去のインタビューでは、和のセリフの裏を読むという作業を小清水亜美さんは毎回行っていると話されていました。内心では別のことを考えているのかもしれないという、優等生の和ならではの奥に秘めている感情が伝わってくるお話ですよね。
こちらの記事もチェック!


またセガ・インタラクティブのアーケードゲーム「セガネットワーク対戦麻雀MJ5(エムジェーファイブ)」内で2012年に行われたイベント「第3回咲-Saki-CUP(サキカップ)」には「咲-saki-」の主人公・宮永咲(植田佳奈)さん、小野学監督と一緒に小清水亜美さんもゲストで参加されました。
原村和のごとき圧倒的な麻雀はできなかったようですが、初日のマイナスを取り返しプラスで終了したようです。

和の優等生キャラソンにも注目!

出典:https://www.amazon.co.jp

和の歌うキャラクターソング(キャラソン)は、「Angel zone(エンジェル ゾーン)」「セラフィック・ゲート」です。どちらの曲も和を演じる小清水亜美さんののかわいいボイスでのキャラクターソングでした。
デジタル麻雀「のどっち」を連想させるような歌詞や、真面目な感情を歌っていたりと、和らしいキャラソンになっています。和の大好きなエトペンを、初めて抱きながら麻雀対局するシーンの再現(セラフィック・ゲート)も入っていますので、のどっちファンにはたまらないキャラソンですよ!

魅力2:実写版はアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」浅川梨奈さんが担当


実写版で原村和を演じているのは、浅川梨奈さんです。浅川梨奈さんは、エイベックスのアイドルグループ「SUPER☆GiRLS(スーパーガールズ)」の2期メンバーとして加入し、ソロではグラビア雑誌で表紙・巻頭を飾っています。
2016年には「第3回 カバーガール大賞」コミック部門受賞が話題となりました。2018年03月に公開が予定されている映画「honey(ハニー)」にも出演し、アイドルとしてだけではなく女優としての活躍の場を広げています。


「咲-saki-」シリーズの実写化に際し、自身の公式ブログ「アイドル大好き★なぁぽんDays(デイズ)」で、原作での和の人気を知っていただけに相当なプレッシャーを受けたと綴っています。
いろんな意見を見聞きし、たくさんの発見をしてワクワクしているとも。2018年に公開される映画「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」での穏乃や阿知賀女子の麻雀部員たちとの絡みも注目したいですよね。

魅力3:原村和の性格はとても素直

物議を呼んだiPS細胞

出典:https://www.amazon.co.jp

中学3年の時の進路を悩むシーンでは、優希が進路に悩んだらうちに嫁に来ればいい(タコス作りは必須)と和に言っていました。タコスに絡めたいつもの冗談だったのですが「それもいいかもしれませんね……」と真剣に答えています。
優希は和が冗談に乗ってきたと思い、また冗談で返答しています「そういえば、iPS細胞というので同性の間でも子供ができるらしい」と、突如和は切り替えしてきました。iPS細胞が理解できなかった優希は、話をやめてタコスを食べに行こうと誘って終了となりましたが、和の発言はネットやファンの間で物議を呼びます
和が百合だったのではないか?など、咲と友達以上にラブラブな関係が描写されていたのもあり「原村和・百合説」が浮上。しかし、和は女の子よりも男の子が好きな普通の女子高生なので、冗談だったという説が有力ですよね……はたして真実は!?

「そんなオカルトありえません!」

出典:https://www.amazon.co.jp

かわいい表情の多い和ですが、怖い顔をする時があります。それは、咲の「プラマイゼロ」、「嶺上開花」、天江衣「海底撈月」など、雀士たちが持つ特異能力が発生した瞬間です。
「咲-saki-」シリーズでは何人もいる特異能力を、何度も他の人間たちが話題にしていました。「そんなオカルトありえません!」と、和だけは頑なに否定しています。オカルト系の話はまったくといって信じていない和は、信じていたら怖いという気持ちもあるからなのかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

「ドラが集まる」の特異能力を持つ松実玄が、亡くなった母の「玄はもっとドラを大事にしなさい」と言われたことを思い出しながらドラを集めていると、自然と集まっていったという話をしています。
新子憧に「和、あれ言わないの?いつもの」とツッコミを入れられていました「現象は信じていませんが、気持ちを否定したくないので……」と、オカルトは信じていないものの、バックボーン(この時は玄の気持ち)を尊重するという優しい性格をみせていました。

悔いの残る中学時代

出典:https://www.amazon.co.jp

中学2年生で長野に転校して来た直後は、1人でデジタル麻雀に没頭していました。中学2年生の春に、たまたま片岡優希と友達になったのがきっかけで、デジタル麻雀から少しずつ離れていきます。
仲間たちと5人で挑んだ全国中学生麻雀大会は、団体戦は敗退個人戦で優勝という結果に終わってしまいました。でも、本当は仲間と頂点を極めたかったと当時のことを思い出して悔やんでいます。
阿知賀から長野へ転校し、出会った仲間と楽しい麻雀をし、敗退をしてしまい、高校生になってもその事実を悔やんでいる和……。仲間思いの素直な性格が、清澄高校麻雀部副将の原村和を作り上げているのだと思いますよね。
こちらの記事もチェック!

魅力4:原村和のかわいさは登場キャラクターでトップクラス!

「咲-saki-」の萌キャラ

出典:https://www.amazon.co.jp

「咲-saki-」では主人公から脇の女の子キャラまで、タイプの違う女の子が登場しますが、その数多くいる女子キャラの中でも、トップクラスのかわいさと人気を誇るのが和だというファンも多いのではないでしょうか?
私服はピンクなどの淡い色、リボンと甘めのテイストの少女趣味系のファッションを好み「その洋服は東京で流行っているのか?」と阿知賀時代に言われた和は「これは私の趣味です……それも非常にマイノリティーな……」と自信を持って返答しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

マイノリティー(少数、少数派などの意味)だというのは、本人も理解している様子でした。アニメ版ではピンクの髪色の和によく似合っていますよね(かなりの勇気が要る服装だとは思いますが……)。制服姿でもツインテールに赤いリボンを合わせているのも和らしいですが、全国大会本戦からサイドアップの髪型にイメチェンしたのが描かれていました。
麻雀部の次期主将・染谷まこの実家の喫茶店を手伝った時には、短いスカートのメイド服を着ています長い丈のメイド服も着てみたい……と呟いた和には、メイド服は少女趣味をくすぐる、まさにど真ん中の衣装だったのかもしれません。

おもちとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

和が持っている「おもち」は、胸のことで阿知賀時代には松実玄に「お若いのに、うちのお姉ちゃんと同じか、それ以上のものをおもちで……」と言われるほど大きい胸を持っています。和本人は慣れているせいか、毎回言われていてもスルーか冗談でかわしていますよね。
和は、大好きなマイ枕・ぬいぐるみのエトペン(「エトピリカになりたかったペンギン」という絵本)を大会中に抱きながら対局をしています。エトペンの頭の上に乗せているのは、和の「おもち」の胸でしたよね。
デジタル麻雀をしていた時代からエトペンの頭の上に胸を乗せて対局していたという和。エトペンが埋もれてしまうほどの胸は「咲-saki-」シリーズのおもちキャラの中でもトップクラスだと思います!

魅力5:主人公たちをしのぐ麻雀の強さ

伝説の雀士「のどっち」

出典:https://www.amazon.co.jp

デジタル麻雀で伝説の雀士の存在として語り継がれているハンドルネーム「のどっち」。特異能力はありませんが、左手でマウスを駆使し(実際の対局では右手で打つのがマナーなので和も右手で対局)、即座に全てのパターンの答えを出しています。対局したプレイヤーは、対局が早すぎるため、プログラムだったのでは?と疑うほどの強さを見せていました。
清澄高校麻雀部が本格始動してからあまりネット対局はしなくなりましたが、阿知賀から引っ越した当初は、1人で麻雀を楽しむためにデジタル麻雀に没頭しています。
ところがデジタル麻雀に没頭したためか、人とのリアルな麻雀ではイージーミスが多かった和……。全国を目指すのであれば、イージーミスを少なくしていかなければいけません。その結果、「のどっち」の時に抱いていたエトペンを大会に持参して麻雀に挑んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

エトペンを手にした和「最強の原村和」となり、特異能力を持っている主人公たちをしのぐ麻雀の強さを見せていました。龍門渕高校の龍門渕透華は「のどっち」の大ファンで、以前から和が「のどっちなのではないか?」と思っています。エトペンを抱えた和の対局を見て「のどっちだ!」と確信していました。
オカルトや麻雀の特異能力を信じていない和は、エトペンが最大の特異能力(リラックス効果?)で、麻雀は実践で経験を積んでいるという「咲-saki-」シリーズのキャラクターで最も正攻法の雀士なのかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

龍門渕透華も崇拝している「のどっち」は、フィギュアの会社「ALTER(アルター)」から、和の「のどっちバージョン」が販売しています。アルターの塗装済みの「のどっち」は、フィギュアを手に入れたファンに大好評で、精巧な作りと大きめのサイズがさすがアルターといえますよね。
私服と大差ないデザイン……和の私服の破壊力を再確認できます。

魅力6:宮永咲との出会いが和を変えた

唯一無二の親友

出典:https://www.amazon.co.jp

和を語る上で欠かせない人物は、もちろん宮永咲ですよね。咲は家族麻雀で鍛えた腕を当初は隠し続けていました。清澄高校麻雀部で初対局した時には、咲はプラマイゼロで終了し和に勝利を譲っています。部長の竹井久は、咲のスコアを見てそれが意図的なプラマイゼロだったと気付いていました。
全力で対局をしていなかった咲の姿勢に気付いた和は、追いかけて抱きしめています。そしてもう一度対局したいと言った和に、麻雀は好きじゃないと言う咲……。再び対局できることになっても、和は手を抜かずにさらなる闘志を向けています。それはまるで、咲の眠っている麻雀魂を目覚めさせ自分と本気で戦って欲しいとさえ感じられました。
無意識に和の闘争心を感じた咲は、圧倒的な対局を魅せ、全国中学生麻雀大会個人戦優勝者の和を萎縮させています

出典:https://www.amazon.co.jp

竹井久の上手い策略で、麻雀への情熱を開花させた咲を素直に受け入れられなかったのは和でした。咲の麻雀に魅かれつつも「麻雀は好きじゃない」の言葉が引っかかっていた和。楽しいと言った咲に「私は悔しいです。私は麻雀が好きでもないあなたに」と投げかけていました。
和は大好きな麻雀を誰よりも強いと思っていたのに、好きじゃないと言っているのにさらっと勝利を持っていった(さらにプラマイゼロにもできちゃう技量)咲が許せなかったのでしょうね……。
麻雀をするならプラマイゼロを封印して全力でやって欲しいと咲に約束させます。初対面からそれほど時間を置かずにぶつかり合った和と咲は、この瞬間から、全国大会へ向けてお互いを高めあう唯一無二の親友になったのでした。

親友でも妥協は許さない

出典:https://www.amazon.co.jp

一緒に全国大会を目指して歩んでいる和と咲ですが、親友になったからと言って和は妥協は許しません。無意識にプラマイゼロで対局してしまう咲に対して「今の打ち方を続けるというのであれば、退部してもらえませんか」と厳しい一言を告げています。
和は手加減されると麻雀を楽しめないと咲に訴えていましたが、相手が手を抜いていたのでは、真剣勝負の意味が無いという気持ちは痛いほど伝わってきますよね。咲や清澄高校麻雀部として全国に行きたいと思っている和は、いくら友達であっても妥協は許さないという強い気持ちがあふれ出たシーンとなりました。
この他のシーンでも咲が弱気になっていると、励ましながらも厳しい姿勢を貫くのは「麻雀で頂点を取りたい!」という強い意志の表れですよね。
こちらの記事もチェック!

魅力7:『阿知賀編』でも重要なキャラクター

転校続きの幼少時代

出典:https://www.amazon.co.jp

母親・嘉帆の仕事の関係で2.3年おきに転校していた和は、阿知賀女子麻雀部の高鴨穏乃、新子憧など「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」ではメインキャラクターの人物とも友達になっていました。
麻雀を仲間たちと一緒に楽しむのを覚えた和は、麻雀にのめり込んでいきます。ところが和の通っていた阿知賀こども麻雀クラブを開いていた赤土晴枝が、スカウトを受け、福岡の実業団へ行くのを機に閉鎖……。
中学校へ進学すると、次第に穏乃たちと麻雀をする機会も失われていきました。中学2年生頭に長野へ引っ越した後は、穏乃や憧と連絡を取ることもほとんど無くなり、優希に出会うまで麻雀を一緒にしてくれる友達はいないのが描かれていましたよね。

全国で再会を果たす!

出典:https://www.amazon.co.jp

全国へ進出した清澄高校、そしてそれは阿知賀女子も同じでした。穏乃と憧は試合を見に来た和と再会を果たします。片岡優希に誰なのかと問われると「奈良にいた頃の友達です」と言っていました。
決勝で会いたいと言う穏乃「そんな約束はできませんが、私自身はできる限り頑張るつもりです」と応えていましたよね。ここで素直に「うん」と言わずに、「約束できない」と言ってしまうところは、堅物なまでの和の誠実さが伺えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

和も決勝で阿知賀女子と戦いたい気持ちは十分にあり、全力を出し切って決勝に進みたいと自分の気持ちもきちんと意思表示もしていました。3年ぶりの再会は短い時間となりましたが、3年間どんな麻雀生活を送ってきたのか、お互いにそれだけで分かり合えた様子です。
清澄高校と阿知賀女子の望んでいる決勝戦の戦いが待ち遠しくなるシーンとなりました。和が重要キャラクターと呼び声が高いのは、阿知賀女子とのかかわりだけではなく、新道寺高校の先鋒「すばらっ」でおなじみ・花田煌が高遠原中学の先輩後輩に咲の「嶺上開花」を真似する夢乃マホなど幅広く関係していることですよね。
強い選手の周りには強い選手が集まる……と主人公のようなバックボーンを持っているのが和なのです!
こちらの記事もチェック!

両親の登場で意外な事実が発覚【ネタバレ】

出典:https://www.amazon.co.jp

清澄高校麻雀部で活躍しいても和の家庭環境は変化せず父親・恵は大会で優勝しなければ東京に転校すると和に約束させていました。アニメ版でも漫画版でも冷たい印象のあった恵ですが、漫画「咲-saki-」第16巻(156局「両親」)で母親・嘉帆が登場し、印象ががらりと変化した読者も多かったと思います。
優勝しなければ東京へ転校と切り出した恵に、嘉帆は「何それ!?何その変な約束!」と驚きの表情を浮かべていました。嘉帆にはまったく知らない中でなされた約束……。「残りたければ残ればいい」と娘の意思を尊重していましたよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

恵も一方的に麻雀を否定していただけとは違い、仕事の利便性など自分の考えをきちんと伝えていました。自分も可能であれば那覇地検に行きたいとまで言った嘉帆(冬が暖かく、スギノキ花粉が少ないという理由)は、母親というよりも姉のような性格で、恵とは夫婦ではなく親子っぽい掛け合いもしています。
和とは少し性格が違うかな?と感じるファンもいると思いますが、胸はしっかりと「おもち」のようで、和が大人になったら嘉帆に近い感じになる気がしますよね。

魅力 8:ポジティブな名言が和らしい!

出典:https://www.amazon.co.jp

親友の咲に対しても妥協は許さない和は、ネガティブ発言をしないキャラクターでもあります。それは「トップを取りたい!」という強い気持ちからきていますよね。
マスコミのインタビューを受けた時には「どこまで(清澄高校が)行けると思っている?」と言う問いかけには「どこまで?!目指すのは全国優勝です!」と言い切っていました。
清澄高校麻雀部の部長・竹井久が大事な試合で悪い待ちで対局してしまうのを「大事な試合だからこそ、その1回の勝率を上げるために、最も論理的な打ち方をするべきです」と熱く言っていましたよね。
久は和が言った意図も理解し(久も自分の考えも言い、和もそれに納得していたのも和らしい……)、全国大会の試合で対局中に和のことを思い出しています。自分を奮い立たせながら、仲間のやる気を引き出す名言は和らしいといえますよね。

【咲-saki-】原村和は萌キャラクターで実力もトップクラスで光っていた

出典:https://www.amazon.co.jp

「咲-saki-」シリーズに登場する原村和は、幼い頃から大事にしているペンギンのぬいぐるみ「エトペン」を手に麻雀の対局を行う女の子です。ピンク系の淡くてフリフリのガーリーファッションを好み麻雀が大好きでした。
全国大会個人戦優勝者になってもおごることなく麻雀の技術を磨いています。ネガティブな発言をする咲や、自ら悪い待ちにする先輩の竹井久にも前向きな考えを伝えていましたよね。自分の好きな麻雀を周りの仲間にももっと好きになってもらいたい!上達して欲しい!という気持ちが感じられました。
和は主人公ではありませんが、登場人物の中でもトップクラスで光っている存在なのは間違いありません。今後の全国大会決勝戦での活躍に期待したいですよね!