【fateシリーズ】歴代主人公まとめ!fate作品の主役たちを厳選ピックアップ!

様々な関連作品が展開されているFateシリーズ。そんなFateシリーズはどんな作品があり、どんな主人公たちが活躍しているのか? 今回はそんな主人公たちについて厳選ピックアップして紹介したいと思います。

歴代主人公&キャストを厳選紹介!

今、FGOなどの影響で大人気のFateシリーズ。元々は奈須きのこさんの手掛けるPCゲームとして2004年に発売した『Fate/stay night 』でしたが、これが大ヒット。以降、そのSN(ステイナイト)の前日譚『Fate/Zero』や、Fateの設定を踏まえつつ全く新たな世界が舞台の『Fate/EXTRA』など様々な派生作品を展開してます。
しかし、最近ではその関連作品もとても増えてしまい「どのキャラがどこで活躍しているか分からない」という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はそんな数多あるFateシリーズ作品のキャラクターの中でも、歴代主人公のみをピックアップしみましたので、声優さんも含めて一覧で紹介していきたいと思います。

『Fate/stay night』の主人公

衛宮士郎

まず紹介する主人公はもちろん彼。すべての始まり。原点にして頂点。最初のFate作品『Fate/stay night』に登場する主人公「衛宮士郎」です。赤銅色の髪が特徴的な彼はちょっと強化の魔術がだけの普通の高校生でしたが、月夜にセイバーと出会い、聖杯戦争に巻き込まれていくことになります。
身長167cm、体重58kg。特技はガラクタいじりと家庭料理で、好きな物も同じく家庭料理。そして、なぜか苦手な物は梅昆布茶。「昆布茶のドロッとした感じがダメ」なのだとか。口癖は彼の代名詞でもある「なんでさ」。

正義の味方に憧れ、足掻く姿が魅力的

そして、そんな彼の魅力といえばやはり「正義の味方」に憧れるその在り方! 過去のある出来事をきっかけに「正義の味方」に憧れる衛宮くん。日々人助けに励むお人好しで「穂群原のブラウニー」などというあだ名も付いていますが、その在り方はどこか歪で……。――といった感じなのですが、正直彼の魅力はとても一言で表せる類のものではありません。
そんな彼の魅力に3ルートごとの異なるアプローチで迫るSNのストーリー構成は本当に見事の一言。なので、ぜひ未プレイの方はゲーム版のSNをセイバールートから順にやっていただきたい。ちょっとクセは強いですが、噛めば噛むほど味の出る素晴らしい主人公です。その痛々しくもまっすぐな姿に胸を打たれます。

こちらの記事もチェック!

衛宮士郎の声優は杉山紀彰さん

そんな士郎の声優は杉山紀彰さんで、代表作は『NARUTO -ナルト-』のうちはサスケ役。1995年頃にデビューした声優さんですが、元々はドラマの吹き替えなどの仕事を多くやっていたそうですが、サスケ役でアニメ声優としての知名度をアップ。この士郎役で初主人公を演じ、現在でも様々な作品で活躍しています。
なお、『Fate/stay night』ゲーム中には数々のバッドエンドが用意されており、すぐに死んでしまうことで有名な彼。杉山さんは、そんな士郎を演じたことで悲鳴のバリエーションがとても増えたのだとか……。

こちらの記事もチェック!

『Fate/Zero』の主人公

衛宮切嗣


『Fate/Zero』の主人公「衛宮切嗣」は名字からもわかる通り、士郎の義父にあたる存在です。冒頭でもお伝えしましたが、ZeroはSNの10年前に開催された第4次聖杯戦争を描く前日譚。彼はその第4次聖杯戦争でアインツベルン陣営のセイバーのマスターとして活躍します。
彼の魅力といえばその外道っぷり。聖杯戦争に参加する以前は、魔術師を殺すことに特化したフリーランスの魔術師として活躍していたのですが、その仕事の方法が何から何までエグイ。
まず、魔術師なのに愛用しているのは銃器類。殺害方法も「狙撃」「裏切り」「ターゲットのいるビル丸ごとの爆破」など凄まじいものばかり。そのあまりに外道な様子から当時大きな話題を呼びました。

多を救うために少を切り捨てる反英雄


しかし、そんな色々と黒い彼ですが、聖杯へかける望みは「人類の恒久的平和」。被害を抑えるために自ら率先して引き金を引き、多くの人々を助けるために少数を切り捨てるダークヒーローです。
また「魔術師殺し」と恐れられていたのも昔の話。愛する妻「アイリ」と娘の「イリヤ」といった守るべき家族もでき、本編では負ければ家族がどうなるか分からないという重圧に弱音を吐いたりもしていました。根はやさしい、とても人間味あふれるキャラクターです。
ちなみに完全に余談ですが、実は彼、ジャンクフード好きでアインツベルンの高級料理よりもハンバーガーのほうがいい(意訳)とか言っちゃう味覚音痴さん。これには騎士王さんもご立腹不可避。しかも、寝る時もある魔術を使うため夢を見ないという、あらゆる意味でサーヴァントフラグブレイカー。

こちらの記事もチェック!

衛宮切嗣の声優は小山力也さん


そんな切嗣を演じる声優は小山力也さん。渋い声に定評のある、言わずと知れた人気声優さんで代表作は『うたわれるもの』ハクオロ役など。最近では『名探偵コナン』の二代目・毛利小五郎役にも抜擢されています。
そんなアニメ界でも大活躍な彼ですが、元々は吹き替えなどで活躍していた声優さん。『24 -TWENTY FOUR-』ジャック・バウアー役など、多くの海外映画の吹き替えを務めている他、ナレーターや舞台俳優としても幅広く活躍しています。

こちらの記事もチェック!

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』の主人公

ロード・エルメロイⅡ世


ロードエルメロイⅡ世は魔術師の総本山「時計塔」に君臨するロードの1人にして、名物講師。彼本人は決して優秀な魔術師ではないのですが、弟子を育成する能力にとても優れ、多くの優秀な生徒を輩出。その驚異の育成能力は、「もし、彼が弟子たちに一声かければ時計塔の歴史が動く」と言われているほど。
別名「プロフェッサー・カリスマ」「マスター・V」「グレートビッグベン☆ロンドンスター」「絶対領域マジシャン先生」「女生徒が選ぶ時計塔で一番抱かれたい男」などなど。『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』では、その「本質を見極める」能力を駆使し、魔術師たちの絡む難解な殺人事件を解決する主人公兼探偵役として活躍しています。

『Fate/Zero』ではウェイバー・ベルベットとして活躍!


そんな彼のまたの名は「ウェイバー・ベルベット」。そう『Fate/Zero』でライダーと共に活躍したあの可愛らしい男の子です。……どうしてこうなった。時の流れは残酷だなぁ。自身の講師だったケイネス・エルメロイ・アーチボルトの聖遺物を奪い、第4次聖杯戦争に参加していたウェイバー。
しかし、ケイネスはこの戦いで死亡。その後、そのことの負い目もあってエルメロイの次期当主ライネス・エルメロイ・アーチゾルテと契約。エルメロイ家の君主代行として、ケイネスの死で没落した家の復興に尽力することになります。
そして、様々な苦労があってⅡ世の姿に。そんな彼の活躍する『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』は、Zeroを通して立派になった彼の活躍を見ることができる素晴らしい作品です。

ロード・エルメロイⅡ世の声優は浪川大輔さん


そんなウェイバーもとい、ロードエルメロイⅡ世を演じた声優はどちらも浪川大輔さん。小学2年生の終わり頃1985年頃から劇団に所属し、声優としても活躍。以降、2000年頃から本格的に声優業へ腰を入れるようになり、人気を爆発させていきました。
代表作は『君に届け』風早翔太役などで、2011年からは井上真樹夫の演じていた『ルパン三世』シリーズの石川五ェ門役も引き継いでいます。少年のキャラから渋い青年のキャラまで様々なキャラを演じている声優さんで、Fateシリーズでも声の高い少年時代のウェイバーと渋いロードエルメロイの声を見事に演じ切っています。

こちらの記事もチェック!

『Fate/EXTRA』の主人公

岸波白野


岸波白野は『Fate/EXTRA』の主人公。男性版と女性版がいますがどちらも同じ名前で「岸波白野(きしなみはくの)」という名前は「君の名白紙(きみのなはくし)」のアナグラムになっています。ファンからの愛称は「ザビ男」または「ザビ子」で、由来は言わずもがな、小学生たちのアイドル「フランシスコザビエル」である。
プレイヤーの分身としてムーンセルの聖杯戦争に参加するマスターとして活躍しますが……。作中では聖杯戦争に参加する前の記憶を失っており、自分の正体がわからないままバトルロワイヤルに参加する彼の苦悩や決意が描かれていました。なお、デザインコンセプトは「クラスで三番目に美男子&美女子くらい」。クラスのレベル高すぎぃ……。

こちらの記事もチェック!

『Fate/EXTRA Last Encore』岸浪ハクノの声優は阿部敦さん


そして、アニメで主人公を演じる声優は阿部敦さん。2006年頃から活躍し、『とある魔術の禁書目録』の上条当麻役なども務める人気声優さんです。勿論演じたのは「ザビ男」の方で2018年1月アニメ放送1話終了時では、まだ「ザビ子」の声優さんは公開されていません。
そんな阿部さんの演じるアニメ版のザビなのですが……ゲームの彼に比べ「憎い」という感情が目立っていたりとかなり不穏……。そもそも「岸波白野」と「岸浪ハクノ」で名前も若干違いますからね。彼の正体もアニメの見どころに1つとして注目したいです。

こちらの記事もチェック!

『Fate/Prototype』の主人公

沙条綾香


沙条綾香は『Fate/Prototype』に登場する主人公兼ヒロインです。彼女の活躍する『Fate/Prototype』は元々Fate作品の創造主奈須きのこさんが学生時代に書いていた未完の作品で、SNの原型になった作品だとされています。
そんなプロトに登場する主人公の綾香は、いわばFateのヒロインの原型。黒髪メガネの文学系ヒロインで、性格は若干おとなしめですがメガネを取ると性格に加えビジュアルが若干変化。魔術の名門沙条家の娘ですが、彼女の腕前は平凡。
最弱のマスターだけど、本編ではランサーに追い詰められたところ最強のサーヴァントセイバーを召喚する……など、彼女の要素には、以降のキャラに引き継がれたものが多く見られます。――そしてギャグ時空でのネタキャラ化も型月キャラの宿命なのじゃ。

沙条綾香を演じる声優は花澤香菜さん

出典:https://www.amazon.co.jp

そんな未完の作品プロトも何の因果か、現在までに設定などが公開され、『カーニバルファンタズム』内ではショートムービーとして映像化。その他、プロトの前日譚として作家の桜井光さんの手掛ける『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』も発売され、こちらはドラマCD化もされています。
そのプロトの沙条綾香を演じたのが声優の花澤香菜。2006年『ゼーガペイン』 カミナギ・リョーコ役で本格デビューを果たした声優さんです。可愛らしい声に定評のある声優さんで『〈物語〉シリーズ』千石撫子役『STEINS;GATE』椎名まゆり役など、様々な人気キャラクターを演じています。

こちらの記事もチェック!

『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』の主人公

沙条愛歌


そして、先ほど紹介したプロトの前日譚『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』で活躍する主人公兼プロト本編のラスボスが「沙条愛歌」。ええ、ラスボスです。彼女は綾香の姉で、蒼銀ではセイバーを召喚して彼に一目ぼれ。以降、彼の願い「ブリテンの救済」を叶えるために暗躍することになりますが……。
本編ラスボスということもあり、その能力は規格外。生まれながらにして根源の渦に接続してる超越者で真の全知全能。ギャグ時空ではきのこが仕事をさぼってダークなソウルに熱中しているところまで見たりとやりたい放題。蒼銀にて死亡後、聖杯の力で蘇生。ビーストのサーヴァントを引き連れ、ラスボスとして君臨します。……ファブリーズしなきゃ。

沙条愛歌を演じる声優は豊崎愛生さん

出典:https://www.amazon.co.jp

そんな沙条愛歌を演じた声優は豊崎愛生さん。『けいおん!』の平沢唯役『めだかボックス』黒神めだか役『とある科学の超電磁砲』初春飾利役など、様々な人気キャラを務める大人気の声優さんです。
ちなみに、完全に余談ですが、そんな豊崎さんや花澤さんの他、更にプロトセイバーには桜井孝宏さんなどなど、滅茶苦茶豪華な声優陣のプロトキャスト。近年積極にドラマCDが公開されている他、設定面でも「人理」や「ビースト」などFGOで拾われている部分も多く、これは……? と話題になってたりなってなかったり。

こちらの記事もチェック!

『Fate/Apocrypha』 の主人公

ジーク


ユグドミレニアVS時計塔陣営(?)の聖杯大戦を描いた『Fate/Apocrypha』。この作品の主人公ジーク君は、この聖杯大戦のためにユグドミレニア陣営が製造したホムンクルスです。ただ、サーヴァントの魔力を生成するためだけに生み出されましたが、ひょんなことから自我が目覚め逃走。色々な幸福に恵まれ、聖杯大戦を駆け抜けます。
「すぐ死ぬ」「命を削るリスキーパワー」などの要素を持った王道型月主人公。やはり型月主人公はこうでなくては。様々な出会いを経て、初めは中性的な可愛らしい見た目だった彼も、最終的にはとても男前に成長しました。また、彼のジャンヌとの絡みは本当に素晴らしい。特に1話の冒頭とかもう最高。アポクリファイベントはまだですか……。

こちらの記事もチェック!

【ネタバレ】『Fate/Apocrypha』完全ストーリーまとめ!聖杯大戦の全てがここに! | festy(フェスティー)

■2017年7月よりアニメ放がスタートした「Fate/Apocrypha」。今回はそんなアポクリファの小説ストーリーを最初から最後までざっくりと紹介していきます。当然、ネタバレを含むので注意してください。

ジークを演じる声優は花江夏樹さん

出典:https://www.amazon.co.jp

そんなジークをアニメで演じたのは声優の花江夏樹さん。2011年頃にデビューした声優さんですが、2012年に『TARI TARI』のウィーン役でテレビアニメ初レギュラー。さらに続く2013年には『断裁分離のクライムエッジ』灰村切役でテレビアニメ初主演と、瞬く間に知名度アップ。
以降、『東京喰種トーキョーグール』金木研役や、『四月は君の嘘』有馬公生役など、様々なアニメで大活躍。2017年には第11回声優アワードでパーソナリティ賞を受賞した新進気鋭の声優さんです。

こちらの記事もチェック!

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の主人公

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン


イリヤとは、言わずと知れたFate界最強ヒロイン冬木の美人英語教師と双璧をなすSNの最かわヒロイン。彼女の個別ルートは最早伝説。さっちんルートと共にいつまでも語り継がれる全て遠き理想郷。――と、思っていたら1人の勇者によって漫画化されてしまったイリヤルートとも呼べる作品、それが『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』です。
この作品では1○歳のイリヤがまさか小学生として活躍! 魔術とは無縁の普通の小学生として高校生のお兄ちゃん衛宮士郎と幸せに暮らしていたプリヤのイリヤ。そんなある日、おかしなカレイドステッキ「ルビー」と出会い、クラスカードを集めるべく、かわいい魔法少女に変身して大活躍します。かわいい魔法少女に変身して大活躍します!

こちらの記事もチェック!

イリヤを演じる声優は門脇舞以さん


そんなイリヤを演じているのはもちろん声優の門脇舞以さん。SNから引き続きプリヤでもイリヤを演じてくれています。門脇さんがアニメデビューを果たしたのは2002年頃で、代表作は『ストライクウィッチーズ』サーニャ・V・リトヴャク役など。
またアニメの他に、『ロロナのアトリエ』ロロナ役等ゲームのキャラも多く勤めています。プロフィールによれば「生活や自然をテーマにしたドキュメンタリー作品のナレーションに惹かれ、大学で油彩を学んだのち、声優になりました」とのこと。

こちらの記事もチェック!

『Fate/strange Fake』の主人公:その1

ティーネ・チェルク


彼女は『Fate/strange Fake』におけるギルガメッシュのマスターです。褐色の肌と黒髪を持つ少女で年は大体12歳前後。冬木の聖杯戦争を模した偽りの聖杯戦争が繰り広げられる本作。彼女はそんな物語の舞台である「スノーフィールド」に住む部族の代表です。
彼女たちの部族は一千年以上前からこの「スノーフィールド」の霊脈と共存関係にありましたが、約70年前頃から突如偽りの聖杯戦争を目論む魔術師たちがこの土地に参入。彼らの手で聖杯戦争の舞台として急速に土地開発を進められてしまいます。
その土地を奪い解すべく、ギルガメッシュを召喚したマスターから令呪を奪取。ギルガメッシュに協力を要請しますが……。若干大人びているものの、まだまだ子どものティーネさん。ギルに振り回されたりいる姿がとても可愛らしいです。……褐色、いいよね。

『Fate/strange Fake』の主人公:その2

サジョウ・アヤカ


彼女は日本からスノーフィールド市へやってきた旅行者で、2人目の主人公。白い人に5つの令呪を体に刻まれ、なんやかんやありセイバーを召喚。偽りの聖杯戦争に巻き込まれていくことになります。
そして、お気づきかと思いますが、彼女はプロトの主人公である沙条綾香さんと同姓同名。金髪であることを除けば、見た目も瓜そっくり。なので、彼女はプロトの「沙条綾香」と同一人物――というわけではなく、実は完全に別人。
また、エレベーターに乗ることを怖がったり、赤ずきんの少女の幻影を見たりと 『Fate/hollow ataraxia』の冒頭で唐突に語られる謎の怪談の主人公「A氏」を思わせる描写も多いですが……。その正体はFake4巻現在でも不明であり、かなり謎の多い存在です。

『Fate/strange Fake』の主人公:その3

シグマ


更にもう1人。彼はフランチェスカによって雇われた傭兵で元々はランサーを召喚する予定でしたが、意図せず「ウォッチャー」を召喚。彼らは、自分たちのことを「シグマが生きながらランサーとなるための障壁にして見張り番」と語りますが……。つまりどういうことだってばよ。
感情の起伏が少ない少年で、無個性系主人公に見えますが、実は結構個性豊か。本人に自覚はありませんが、喜劇が好きな様子。特にチャップリンがお気に入りなのか、作中で毎回妙な場面で名前を挙げては周りの人々を困惑させています。
そして、なんと彼はZeroゼロで切嗣の助手として活躍した久宇舞弥さんの息子! Zero時から息子がいるとは言っていましたが、まさかそんなところまで回収してくるとは……。このほかにもFakeは小ネタが多く、ファンにはたまらない作品です。

『Fate/Grand Order』の主人公

藤丸立香


そして、彼らはFGOの主人公で愛称は「ぐだ男」&「ぐだ子」。名前は男女ともに藤丸立香です。デザインモチーフは衛宮士郎と遠坂凛の性別をそれぞれ反転したもので、どことなく彼らの面影があります。そのことで、リリース当時は彼らの息子&娘なのではというネタで盛り上がりました。
きのこ作品特有の一般人詐欺ではなく、今度こそ正真正銘本物の一般人。魔術のこともなにも知らず、数合わせとして偶然カルデアにやってきました。――が、最近はちょっと怪しいような……。果たして2部ではどうなるのでしょうか。

ぐだおの声優は島﨑信長さん


そして、大みそかのアニメでぐだ男の声優を務めたのは島﨑信長さん。2009年頃から活動する声優さんで、代表作は『あの夏で待ってる』霧島海人役など。FGOではぐだ男の他に、アルジュナや巌窟王役なども務めています。
そんな彼は、鋼の大地等コアなファンしか知らないような単語もバンバン出す重度の型月ファン。特にFGOへの課金が凄まじく、あらゆる星5サーヴァントの宝具レベルを瞬く間に5にするヤバいお人。「回す方のノッブ」「グランドガーチャー」などと呼ばれ、ファンから慕われています。

『マンガでわかる!Fate/Grand Order』の主人公

リヨぐだ

出典:https://www.amazon.co.jp

――で、こちらがFGOファンにはお馴染み、本編の主人公とは似て非なるなにか。リヨさんの生み出してしまった怪物「リヨぐだ」です。『マンガで分かる! Fate/Grand Order』という公式サポート漫画のキャラクターのはずなのですが……。彼女にかかれば運営批判なんて日常茶飯事。
「素手でサーヴァントを屠る」「恐怖政治でカルデアを支配」「1万2千年間生き続ける」「うどん粉からサーヴァントを作り出す」などやりたい放題な恐ろしい存在です。そのあまりにもやりたい放題なその様子や、狂気を孕みつつもよく見ると何だかんだかわいいその見た目から多くのファンに愛されています。

Fateシリーズは主役もみんな個性豊かで魅力的!


ということで、ここまでFate作品の主人公たちを紹介してきましたがいかがでしたか? 文量の関係で紹介は一言二言になってしまいましたが、Fate作品の主役たちみんな個性豊かで、本当に魅力あふれる人たちばかり。
彼らの活躍する作品はどれも本当に面白く、魅力的なのでもしよろしければぜひ実際に手に取ってみてください。この記事が、そんなFate作品の数々に少しでも興味を持っていただけるきっかけになったら嬉しいです。以上、Fate作品の主人公ピックアップ紹介でした。