【攻殻機動隊】電脳戦のエキスパート!9課のご意見番イシカワを徹底調査!

「攻殻機動隊」シリーズに登場しているイシカワは、公安9課の電脳戦のエキスパートです。ボーマと共にデジタルの世界で調査する頼りになるイシカワは、メンバーにとって頼りになる「ご意見番」でした。ご意見番で電脳戦のエキスパートのイシカワを徹底的に調査していきます。

『攻殻機動隊』イシカワとは?


漫画家・士郎正宗先生が描いた漫画「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL(ゴースト インザシェル)」は、1991年にコミックス第1巻を刊行しました。
1995年には押井守監督で「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)」が劇場アニメ化され、アメリカのビルボード誌のビデオチャートで第1位を獲得しています。
2002年には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(スタンドアローンコンプレックス、以下S.A.C.)」がスカパーのパーフェクトチョイスで放送されると話題になりました。2004年には「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(スタンドアローンコンプレックス セカンドギグ、以下2nd GIG)」が放送


2006年には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(スタンドアローンコンプレックス ソリッドステートソサイエティ、以下S.A.C. SSS)」が神山健治監督で制作されています。
2013年には、声優陣、制作スタッフなどを一新した「攻殻機動隊 ARISE(アライズ、以下ARISE)」が全4部作で東宝で公開されました。
紹介したシリーズ以外にも2017年にはハリウッドで実写化され、多岐にわたるメディアミックスを展開しています。人気シリーズに登場する攻殻機動隊のキャラクター・イシカワは、公安9課の電脳戦のスペシャリストとして活躍していました。

プロフィール

イシカワは、身長180cm陸軍公安9課所属公安9課の実質リーダーで少佐・草薙素子を隊長とした自衛軍に所属していた過去があります。新米だったバトーとも自衛軍で一緒に戦っていました。自衛軍時代にもデジタルに強い反面後方から攻撃をし仲間を援護しています。
S.A.C.版では、副業でパチンコ店を経営していました。公安9課では素子と一番付き合いが長く実戦経験も豊富なため隊員たちに「ご老体」と呼ばれ困った時のイシカワ頼りの立ち位置ご意見番の役割もしています。
公安9課での主な任務はネットや、義体化(サイボーグされている人物)されている電脳や、ネットでの情報収集・解析を担当していました。口周辺に蓄えているひげが特徴の人物です。

こちらの記事もチェック!

アニメ版の声優陣を紹介!

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ版イシカワは、2人の声優さんが演じていました。まず1人目は、声優の仲野裕さん。仲野裕さんは、アニメ「ふぉうちゅんドッグす」ドン・コロコローネ役、映画の吹き替えでは「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」マグワイア役、「アイアンマン2」ハワード・スターク ( ジョン・スラッテリー)役などに出演しています。
2017年に公開されたハリウッド版映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」では、再びイシカワ役の吹き替えを担当していました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ARISE版、2015年に公開された映画「攻殻機動隊 新劇場版(以下、新劇場版)」イシカワを演じているのは、声優・咲野俊介さんです。
咲野俊介さんは、アニメ「ルパン三世」ニクス役、「BLEACH(ブリーチ)」宇田川稜役の他に、テレビ朝日版「チャーリーズ・エンジェル」ジェイソン(マット・ルブランク)役、ハリウッド俳優のマーク・ウォールバーグさんが演じている映画「テッド」シリーズの日本語吹き替えなども担当しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

元々ARISE版を担当していたのは声優の檀臣幸さんでした。檀臣幸さんは、2013年10月にお亡くなりになり、border3(ボーダー3)から咲野俊介さんが代りにイシカワを演じています。新劇場版の舞台挨拶で咲野俊介さんは、檀臣幸さんARISE版・イシカワを代打として受けて演じていたそう。
新劇場版の主人公・草薙素子を演じる坂本真綾 コーネリアスの「まだ動く」が心に染みたと語っています。色々な思いが交差した瞬間だったのかもしれませんね。

実写版は俳優・ラザルス・ラトゥーエルさん

出典:https://www.amazon.co.jp

2017年には、ハリウッド版映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開されました。主演女優はスカーレット・ヨハンソンさん(草薙素子役)、巨匠・北野武(荒巻大輔役)が出演したことも話題となりましたよね。
イシカワも実写化され、ハリウッド俳優・ラザルス・ラトゥーエルさんが演じました。ラザルス・ラトゥーエルさんは本作品が代表作になるのかもしれません。


2015年に日本で行われた舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE(アライズ ゴースト イン アライブ)」にもイシカワは登場しています。イシカワを演じているのは俳優・伊阪達也さん。伊阪達也さんは、フジテレビドラマ「シバトラ -童顔刑事!史上最大の危機 sp-(スペシャル」谷原役、フジテレビドラマ「WATER BOYS(ウォーターボーイズ)」長崎役などを担当していました。
舞台版も3D(スリーディー)を駆使して、攻殻機動隊の世界に引っ張り込める作品になっているので、是非観劇して欲しいとコメントを寄せられていました(2015年当時)。

電脳戦のエキスパート!解析にも強い縁の下の力持ち

「イシカワ!」素子の要望にも素早く対応!


自衛軍時代から素子と行動を共にしているイシカワは、電脳戦での調査や、データ収集・解析などを一手に引き受けています。巨漢の男・ボーマも、イシカワと同じく情報解析に長けているので、2人は公安9課のダイブルームで過ごしていました。素子に情報収集を指揮されると、最優先で作業に取り掛かります。
あるシーンでは、情報収集を終えて報告していると新たな指示を素子から受けていました。「やれやれ……徹夜から一気にランチミーティングか……」とポツリと呟いても、イシカワならこなしちゃうんだろうなぁと思っちゃいますよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

素子の「イシカワ!」の後に「もうやってるよ」と情報収集に着手している姿は「攻殻機動隊」シリーズで度々見られ、ファンの間ではおなじみのやり取りになっていますよね。
瞬時に戦略を練っている素子は、情報収集に関しても同様で、素子と長い間一緒に仕事をしているイシカワは、素子と同じ速度で行っている任務にどんな情報が適しているのか?というのを常時模索していなければ、このセリフにはなりませんよね。

元軍属で最古参。少佐をメスゴリラ呼びする肝の太さ


情報収集・解析のエキスパートだとしても、しっかりとボーマにも仕事を振ったりしていることから、情報収集・解析が素子や他の課員の要望するスピードで出せるか、というのも見極めているのがわかります。
イシカワの副業は、パチンコ店「パチンコPARLUR ISHIKAWWA(パーラーイシカワ)」でした。S.A.C.版第21話「置き去りの記憶」でイシカワは「セカンドバックアップは爺さん連中に頼むか……」と、周辺のサーバーがダウンするほどの情報量を見て呟いています。
この「爺さん連中」というのは、イシカワのお店で遊んでいるお客たちのことを指していて、お客たちの電脳を利用して情報の解析していました。持っているもの全ての手立てで問題を解決するのは、元軍所属のイシカワならではですよね!
また付き合いの長い少佐のことを「メスゴリラ」と呼んでしまう肝の太さもすごい……。肝の太さと細やかな技術を併せ持つイシカワは9課を体現する存在なのかもしてません!

こちらの記事もチェック!

イシカワの名言が渋いっ

「あのメスゴリラをよく見てみろ。本当のプロって言うのはああ言うヤツのことを言うんだ……」


メキシコ暫定政権に味方する義勇軍「赤いビアンコ」で傭兵として参戦していた公安9課・サイトーの話では、イシカワが草薙素子、バトーと一緒に参戦していたことが明らかにされていました。武装した素子と一緒に武闘派としてのイシカワが描かれ「イシカワ!」と素子に指示されればデジタルを駆使しています。
すでに、ネットやデジタル系に長けていたイシカワに信頼を寄せているのが、分かるシーンとなっていました。
そして、「攻殻機動隊」シリーズでは、任務で素子に寄り添うことが多いバトー「手際がいいな。あんたら古いのか」と感心していると「無駄口聞いている暇があったら索敵しろ!新入りが!」イシカワが一蹴し、荒っぽい性格も見せています。

素子も、公安9課に所属する前から傭兵たちの上で陣頭指揮を執っているのが描かれ、バトーが面倒臭がっていると「慌てるな。戦場では勇猛さよりも慎重さが生き延びる秘訣だ。あのメスゴリラをよく見てみろ。本当のプロって言うのはああ言うヤツのことを言うんだ」と言っています。
素子のことは「少佐」とこの時点ですでに呼んでいて、どうして「少佐」なのかはイシカワ本人もわからないと話していました。公安9課の少佐・草薙素子の命令を、忠実にこなしているイシカワの違った一面が見れる過去になっています。

「なめるんじゃねェよ!9課は荒事と情報戦を得意としているんだ!」


元軍所属で、戦闘の最前線にいたイシカワは素子を「メスゴリラ」だと言ったり、「もうやってるよ」と言ったりと短めのセリフも多いですが、男っぽい渋めの名言も残しています。
2nd GIG第26話 「憂国への帰還 ENDLESS ∞ GIG(エンドレス∞ギグ、∞は日本語で無限、無限大などを意味します)」で放ったイシカワの名言は、2nd GIG版の終盤に登場しました。
「公安9課のイシカワだな?そいつを渡してもらおう」と言った内庁員(合田一人が所属する内閣情報庁)に対して放たれた、イシカワの名言「なめるんじゃねェよ!9課は荒事と情報戦を得意としているんだ!」その通りです、イシカワさん!とうなずきたくなるようなイシカワの言葉でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

内庁職員もデジタルのエキスパート・イシカワに殴られるとは思っていなかったんでしょうね。拳銃を持って威嚇したのに、あっという間にノックダウンさせられていました。
SSS版では、公安9課から離脱し単独調査をしていた素子がイシカワの前に現れます。ちらりと素子を見たイシカワは「たくっ。今頃帰って来やがって」と作業をしながら呟きました。
公安9課から離れて単独捜査をいていたイシカワのセリフは、言葉では冷たそうですが、作業を素子を交えていつも通りにこなす動作は、よく帰って来たという安堵の裏返しなのも表現されています。

こちらの記事もチェック!

【攻殻機動隊】電脳戦のエキスパート・イシカワは渋さの際立つオジサマだった!


「攻殻機動隊」シリーズに登場するイシカワは、電脳戦を得意とするデジタル分野のエキスパートでした。自衛軍時代に公安9課の実質的リーダー・草薙素子と行動を共にし、絶大な信頼を得ています。口ひげを生やした風貌は野性味溢れる男性そのものですが、仕事に関しては情報を細かく収集・分析し、公安9課の任務を支えていました。
人生経験も豊富なイシカワは、課員の間でも信頼が厚くご意見番としても活躍しています。女性のような繊細な仕事をし、課員たちのちょっとした変化にも対応できるイシカワは、渋くてかっこいいオジサマだと思いますよね!