【攻殻機動隊】ボーマは9課の爆発物担当!縁の下の力持ちの実力を紹介!

「攻殻機動隊」シリーズに登場する巨漢男・ボーマ。大柄をダイブルームに落ちつかせ、情報収集・分析を行っています。任務外では温和な性格でタチコマに続く「攻殻機動隊ゆるキャラ」にさえ見えるボーマの縁の下の力持ちの実力や、明らかにされた秘密などを紹介していきます!

『攻殻機動隊』ボーマとは?


漫画家・士郎正宗先生が描いた漫画「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL(ゴースト インザシェル)」1991年にコミックス第1巻を刊行しました。
1995年には押井守監督で「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)」が劇場アニメ化され、アメリカのビルボード誌のビデオチャートで第1位を獲得しています。
2002年には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(スタンドアローンコンプレックス、以下S.A.C.)」がスカパーのパーフェクトチョイスで放送されると話題になりました。2004年には「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(スタンドアローンコンプレックス セカンドギグ、以下2nd GIG)」が放送2004年には「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(スタンドアローンコンプレックス セカンドギグ、以下2nd GIG)」が放送


2006年には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(スタンドアローンコンプレックス ソリッドステートソサイエティ、以下S.A.C. SSS)」が神山健治監督で制作されています。
2013年には、声優陣、制作スタッフなどを一新した「攻殻機動隊 ARISE(アライズ、以下ARISE)」が全4部作で東宝で公開されました。
紹介したシリーズ以外にも2017年にはハリウッドで実写化され、多岐にわたるメディアミックスを展開しています。超人気作品に登場する赤い義眼を持つ大男・ボーマは、情報収集・分析が得意なキャラクターです。

プロフィール

「攻殻機動隊」シリーズに登場するボーマは、身長200cmと巨漢でスキンヘッド、赤い義眼を持つ義体化(サイボーグ)されている大柄な男性です。所属する公安9課では電脳戦、情報収集・分析を担当しています。過去に陸上自衛軍に所属し、軍時代には爆弾を仕掛ける専門だったと語っていました。
公安9課課員は謎多い人物ばかりですが、ボーマももれずに謎の多いキャラクターです。どうして義体化し、年齢はいくつなのか、電脳戦や情報収集のノウハウをどこで学んだのか、陸上自衛軍の前ににはどんな仕事に従事していたのか?など細かい情報は明らかになっていません。
こちらの記事もチェック!

アニメ版の声優陣を紹介!

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ版でボーマを演じている声優さんはお2人いらっしゃいます。まず1人目のボーマ役は山口太郎さんです。山口太郎さんは、アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シードデスティニー)」シリーズのサトー役、「げんしけん」鈴木健司役、「交響詩篇エウレカセブン」シリーズのハップ役を担当していました。
ご飯がおあずけになって寂しそうにしたりと、かわいい仕草も多いS.A.C.版や2nd GIG版のボーマを演じていました。「かわいい」と思ってしまうのは、山口太郎さんのボイスも手伝っていましたよね

出典:https://www.amazon.co.jp

もう1人は声優の中井和哉さんです。中井和哉さんは、アニメ「銀魂」シリーズの土方十四郎役、アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」シリーズのロロノア・ゾロ役が超有名な声優さん。
AIRISE版から登場している中井和哉さんバージョンのボーマは、山口太郎さんバージョンのボーマよりも長文で話すキャラクターとなっていました。中井和哉さんバージョン、山口太郎さんバージョンともボーマの公安9課をサポートする姿はたまりません!

実写版は俳優のタワンダ・マニモさん


2017年に公開されたハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、ハリウッド女優・スカーレット・ヨハンソンさんが草薙素子を演じて話題となりました。ボーマを演じたのはハリウッド俳優のタワンダ・マニモさんでした。
ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」で公安9課課員を演じているハリウッドの役者さんたちは、映画の代表作があまりない役者さんを起用しているようです。荒巻大輔役の北野武さんを始め、日本側の出演者は有名な役者陣を起用していますが、ハリウッド側からの役者陣は、意図的にまだ色の付いていない役者陣を多く揃えたのかもしれませんね。
2015年に日本で行われた舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE(アライズ ゴースト イン アライブ)」では、俳優の松崎裕さんがボーマを演じていました。

コワモテの容姿で公安9課の電脳戦を請け負う!

ちょっとかわいい?つぶらな瞳が魅力


大戦中には爆弾を仕掛けるのが専門だったと言っていたボーマですが、公安9課で得意なのは、情報収集・解析など電脳戦・電子系を生かした任務でした。爆弾処理のシーンでももちろん第一線で活躍しています。
同じ電脳戦のエキスパートのイシカワは、ボーマより優れていて(年齢も上のため?)、戦闘系の任務で人手が足りない時には、イシカワは残って情報収集や解析の任務を継続し、ボーマは戦闘に参加していました。
大勢で戦闘する場合には主に後方支援を担当し、場合によっては戦闘中であっても電脳戦を繰り広げることもあります。レンジャー出身の公安9課課員・バトーと同じ義眼の持ち主ですが、ボーマは赤い義眼です。

出典:https://www.amazon.co.jp

レンジャー出身なのボーマ自身が話しています。レンジャー所属の人間は、サーモセンサーやセンサーアレイ等を内蔵させた義眼を装備していました。レンジャー所属者・出身者は標準装備を義務付けられているのかプロとして自ら必要な道具として装備しているのかが、レンジャーの識別の一つになりそうですよね。
また2nd GIGの第22話「無人街」で核爆弾処理をするシーンでは、防護服を胸から上の部分にかぶっていますが、防護服の色も赤系の服でした。爆弾処理をする際に、便利な装備が赤い色の義眼には備わっているのかもしれません。


同じ義眼を持つバトーは、義眼から表情を読み取ることはできませんでした。ところがボーマの場合は、なぜか時々シュンとした表情や、怒る場面では義眼も同じ表情を取っているような錯覚が見えますよね。大柄で温和な性格も手伝ってのものだと思いますが、赤い義眼がボーマのかわいさ引き出すのは確実なようです。

少佐こと草薙素子との関係は?


AIRISE版では、素子の率いる公安9課が出来上がる前のストーリーで、素子と敵対関係にあるボーマ、イシカワ、バトー、サトーなどが登場します。「クソッタレ!」とあっという間に素子に拘束され、ボーマが悔しそうに言っていました。
この時に、すでに電子系のエキスパートとして位置付けられていたボーマでしたが、戦闘要員としても十分に活躍しています。ボーマの電脳に入った誤った情報を植えつけたウィルスのために勘違いして戦っていましたが、素子の手で公安に拘束されていました。拘束後に素子に能力を買われ、公安9課にスカウトされて課員になります。
公安9課で、電脳戦の絶妙なコンビネーションを見せているボーマとイシカワは、かなり前からコンビを組んでいたんですね。
こちらの記事もチェック!

ウィルスに感染でボーマの秘密が明かされる【ネタバレ】

出典:https://www.amazon.co.jp

2nd GIG版で、捜査中にあるファイルを開いたボーマに「個別の11人」のウィルス感染の脅威が襲い掛かります。
その前にあるファイルを調べていた時に、ボーマがぼーっとしていた瞬間もありましたよね(それもきっとウィルスの末端を見ていた可能性もあるかもしれません……)。ボーマはファイルを開いた途端に声を出し反応しています。イシカワはボーマを殴り気絶させ、事態の収拾を図っていました。
なぜ、ボーマはウィルスに感染してしまったのか?それは、ウィルスに関係している人物の内閣情報庁(内庁)戦略影響調査会議・代表補佐官・合田一人(ゴーダ)がバトーに語ったある事実が関係しています。ゴーダは、「生まれてから一度も女性と大人の関係になったことはない人間がウイルスに感染する」ことを示唆します……。

出典:https://www.amazon.co.jp

そうゴーダが明かした事実から、「個別の11人」のウィルスに感染したボーマは女性と大人の関係にならないまま義体化したと想像できますよね……。
バトーとゴーダの話として(素子は聞いていましたが)終わればいいですが、公安9課に帰ってバトーが報告したら、ボーマはどんな反応をしたのか……。とはいえボーマのキャラクター性や謎に満ちたこれまでの人生が垣間見える貴重なシーンであったことは言うまでもありません!

短い名言がボーマらしい?

この車廃棄しておいて。書類も全て廃棄ね

出典:https://www.amazon.co.jp

「クソッタレ!」などの感情を短い言葉で呟くボーマですが、話題を呼んだシーンがありました。それは2nd GIG第10話「イカレルオトコ」のラストシーン。トグサがある事件に巻き込まれ、公安9課の仲間たちはトグサを助けるために捜査していきます。
やり手の弁護士にやり込められるトグサは、公安9課を辞める覚悟を持って法廷で戦っていました。それでも、被害者が報われない結果にトグサは肩を落としています。
トグサの姿を見た公安9課課長・荒巻大輔「だが、天罰が下るかもしれん」と意味深な言葉を言っていました。次のシーンでは「この車廃棄しておいて。書類も全て廃棄ね」と、管理室にいる女性にボーマは言っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボーマの乗ってきた車は傷があり、トグサの事件に係わり合いのある弁護士と事件の当事者が車に乗って事故に合ったというニュースが、管理人室の女性が観ていたテレビで報道されていました。
……どうやら、荒巻は爆弾処理が得意なボーマに事故を装って2人は襲わせるように指示を出していたと思われます。弁護士と事件の当事者関係の書類も、ボーマは参考資料として持っていったのでしょう。
買い物から帰ってきたかのように、何事も無く平然と車と書類を破棄するように言ったボーマ……。荒巻の指示で事故を仕掛けたとはいえ、仲間のために当たり前のことをしただけだったのかもしれません(だから日常会話と同じトーンで話したのかも……?)

【攻殻機動隊】スキンヘッド大男・ボーマは軍出身の電脳派キャラだった


「攻殻機動隊」シリーズに登場した元軍所属だったスキンヘッドの大男・ボーマは、実質的リーダーの草薙素子(少佐)率いる公安9課に所属しています。
義体をフルに活用して男性陣よりも強い素子や、素子と同等の実力を持つバトー、集団で強烈なインパクトを残すAI(エーアイ)のタチコマなど、公安9課のメンバーは華麗に任務を遂行する個性的なキャラクターが目白押しでした。
電脳戦を得意とするボーマは、外で活躍するよりも情報内で戦うことが多く、登場しても印象が薄いイメージもあります。ですが、ひとたび指示されれば、寝る間も惜しんで任務遂行をし続けていました。時には電脳戦から飛び出して実践でも戦うという姿をみせていたボーマは、公安9課にはなくてはならない人物だと思いますよね!