歴代ポケモン映画神作ランキングTOP5!懐かしの作品を主題歌と共に紹介

『ポケットモンスター』とは1996年にゲームが発売され、1997年からはアニメ化もされた国民的作品のひとつです。今や世界中で大人気となっているポケモンですが、1998年から毎年映画も公開されています。そんな数多くある映画の中から今回は特におすすめの5作品をご紹介します。あなたの好きな作品はランクインされているでしょうか。

実は大人向け!?名作揃いのポケモン映画

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

今や世界的に人気となっている『ポケットモンスター』。最近ではスマホゲームアプリ『ポケモンGO』が話題になりましたね。今回はそんなポケモンから、1998年より毎年公開されている映画に注目してみました。特におすすめな5作品をランキングにしてご紹介します。
「ポケモンなんて子ども向けのアニメじゃない?」そんな風に思っている人にこそ観て欲しい!ポケモンの映画は内容が「本当に子ども向け?」と思うような考えさせられるテーマを扱っている場合は多くあるのです。劇場で思わず涙が出てしまったり考えさせられたり、そんな大人向けな内容の映画をご紹介します。これを読めばポケモンの映画がきっと観たくなっちゃいますよ!

第5位:キミにきめた!

あらすじ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

第5位にランクインしたのは2017年に公開された映画「キミに決めた!」です。ポケモン劇場版映画作品の記念すべき20作品目の映画となっております。当時はアニメで『ポケットモンスター サン&ムーン』が放送されていたので、そちらの内容になるかと誰もが予想していました。しかし20作品目ということで原点回帰をした内容の映画に仕上がっています。
今や最高のパートナーとなっているサトシとピカチュウですが、最初から仲が良かったわけではありません。この作品ではアニメ第1話で描かれたサトシとピカチュウとの出会いをベースに、二人の絆が深まるストーリーをパラレルワールドで展開しています。当時まだ生まれていなかった今の子どもたちにも、サトシとピカチュウの関係がより伝わりやすい映画になりました。

OP「めざせポケモンマスター-20th Anniversary-」

OP曲として選ばれたのはやはり初代の主題歌「めざせポケモンマスター」でした。ポケモンを語る上では外せない名曲のひとつですよね。この曲がより泣かせるメロディになって帰ってきました。歌っているのはもちろんサトシ役である松本梨香さんです。
当時からのアニメファンにとっては、自分が子どものころに楽しんでいたポケモンを思い出して思わず涙が溢れてしまうかもしれませんね。正直、わたしも聴いていて涙が出てきそうになりました。力強くも何か心に訴えかけてくる松本さんの歌声、本当に素敵です。

ED「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ED曲に選ばれたのは林明日香さんが歌う「オラシオンのテーマ」です。この曲は2007年に公開された映画『ディアルガVSパルキアVSダークライ』で使用された劇中歌に歌詞をつけたものになります。『キミにきめた』では過去に使われた挿入歌が劇中で多数使用されていますが、ED曲も過去のBGMを元に作られています。
当時からポケモンの映画を観ていた人には思い出補正もあり涙が止まらなくなるのではないでしょうか。初めて聴いた人にとっても、林明日香さんの綺麗な歌声が心に響いて思わずうるっと来てしまいます。個人的には歌詞の中の「一人で頑張らないで この先何があっても 一緒に叶える夢がいい」という部分が非常に好きです。サトシからピカチュウへのメッセージのような1曲です。

おすすめポイント

おすすめのポイントはやはりサトシとピカチュウとの出会いを振り返ることができるということでしょうか。今となっては最高のパートナーとなっている二人ですが、最初はあまりうまくいっていませんでした。大人はそのストーリーを振り返ることができ、また子どもはその出会いを初めて知ることができます。大人と子どもで違った感じ方をする映画なのではないでしょうか。
しかしパラレルワールドということで、映画を公開する前は「タケシとカスミが登場しないのはあり得ない」と批判が殺到していました。しかしそのようなことを言っていた人が映画を見に行った途端「素晴らしかった」「感動した」「涙が出た」と絶賛の声を上げていました。期待をせずに観に行った人たちの心境を変化させるまでの神映画はこれまでにあまり無いのではないでしょうか。

第4位:七夜の願い星 ジラーチ

あらすじ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

4位にランクインしたのは『七夜の願い星 ジラーチ』です。2003年に公開され、劇場版6作品目の映画になっています。1000年に一度、7日間だけ現れる千年彗星を見ようとポケモン遊園地を目指してきたサトシたち。しかしそこは何もない平原が広がる場所でした。落ち込むサトシたちの前にマジシャンのバトラーが現れます。
バトラーは一瞬にして遊園地を作り上げ、サトシたちを喜ばせました。しかしバトラーの真の狙いは他にありました。バトラーの恋人であるダイアンが持っていた繭、これこそがこの物語のカギとなります。この繭から復活したジラーチを利用してグラードンを復活させること、それがバトラーの狙いでした。しかしジラーチを復活させるためにはパートナーとなる少年が必要でした。そんな時、マサトは繭の声を聞くことができたのです…。

ED「小さきもの」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

EDに選ばれたのは林明日香さんの「小さきもの」です。林明日香さんといえば13歳でデビューし、その圧倒的な歌唱力から天才と言われた人物です。当時13歳とは思えない深い歌声に夢中になったファンも多いかと思います。わたしてきにはデビュー曲の「ake-kaze」も印象的なのですが、アニメファンにとってはこの「小さきもの」の印象が強く残っているようです。
サビ前の部分は穏やかに丁寧に歌われていますが、サビに入った瞬間壮大な音楽に切り替わります。映画を見ていない人もその素晴らしい歌声に思わず涙が出てきてしまうような曲です。劇中では、ハルカが母から教えてもらった子守歌として紹介しています。ジラーチとの別れのシーンで使用されており、さらに涙を誘う1曲になっています。

おすすめポイント

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『七夜の願い星 ジラーチ』のおすすめポイントは、悪役に回ってしまうバトラーにもきちんと理由がある点でしょうか。ジラーチを利用してグラードンを蘇らせようとしたことにはきちんとした理由があったのです。しかしジラーチの力で蘇ったグラードンは本来のグラードンではない化け物でした。そこでバトラーやサトシ、ジラーチがグラードンを鎮めるために協力します。酷いことをしてきたバトラーにジラーチまで力を貸すのです。
更にこの映画をより良いものにしているのは何といってもED曲の『小さきもの』ではないでしょうか。わたしはこの曲が好きすぎて今回ジラーチの映画をピックアップさせていただきました。良作には良曲が付き物、ぜひ聴いてみてくださいね。
そして実はこのジラーチの映画には都市伝説も存在します。上のツイートにも少し記載されている内容です。より詳しく知りたい方はぜひ調べてみてくださいね。

第3位:セレビィ 時を超えた遭遇

あらすじ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

3位にランクインしたのは『セレビィ 時を超えた遭遇』です。2001年に公開された、ポケモン映画4つめの作品になります。旅の途中、サトシたちはハテノ森にたどり着きます。そこでサトシたちはセレビィが時を超えたときに起こる現象「森の声」を目にすることになります。そのあと森の中で倒れている少年・ユキナリを発見します。ユキナリはなんとセレビィの力で40年前からタイムスリップしてきた少年でした。
ユキナリはハンターに捕らえられそうになったセレビィを助けようとしましたが、セレビィと一緒に時を超えてきてしまったようです。そしてサトシたちのいる現代でもセレビィを狙うロケット団が現れました。捕らえられてしまったセレビィは邪悪な心を植え付けられ、森をどんどん荒らしていきます。そこに伝説のポケモン・スイクンが現れるのです。

OP「めざせポケモンマスター 2001」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

OP曲に選ばれたのはやはり『めざせポケモンマスター』でした。こちらが2001年バージョンとして制作されました。歌っているのはもちろん松本梨香さんです。原曲の『めざせポケモンマスター』よりもバックミュージックに疾走感があります。ドラムの音が気持ちいい1曲です。
やはりポケモンを語る上では外せない1曲となっていますね。特に初期の映画では毎回この曲のアレンジが公開されていました。みなさんはどの曲が好みでしょうか。ぜひ聴き分けてみてくださいね。

ED「明日天気にしておくれ」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ED曲に選ばれたのは藤井フミヤさんの「明日天気にしておくれ」です。藤井フミヤさんといえば元チェッカーズのボーカルで、今や誰もが知るビックアーティストですよね。そんな方がポケモンの映画のED曲を歌っていました。落ち着いた声でまさにEDにふさわしい1曲になっています。
そして注目したいのがエンドロールでのシーンです。EDの最中にケンジとオーキド博士が研究所の整理をしているワンシーンが出てきます。そこでケンジはひとつのスケッチブックを見つけます。その中身を見てみると…なんと映画を観ていた人にとっては見覚えのある絵が登場します。月日が経ち、大分擦れてしまったその絵の謎…それはこのあとご説明しますね!ネタバレありなので注意してください!

おすすめポイント

わたしがこの映画を観たのは小学生の時、子どもながらに面白いと感じていたのは昔のモンスターボールです。サトシが現代で使っているモンスターボールは大きさもボタンひとつで自由に変えられ、ボールを投げるだけでポケモンが出入りしています。しかしタイムスリップしてきたユキナリのモンスターボールはネジの開閉によってポケモンが出入りしていました。時代によって移り変わるモンスターボールがとても印象的でした。
そしてEDのところで説明したスケッチブックの件です。研究所でケンジが見付けたスケッチブックは間違いなくユキナリのものでした。このことから当時ユキナリはオーキド博士なのではないかという噂が広がりました。しかし当時は疑惑でしかなかったのですが、現代になりなんとその噂が確信になりました。現在放送中の『サン&ムーン』でオーキド博士の本名が明らかになったのです。本名は『オーキド・ユキナリ』これで長年の疑問が解決したのです。幼いオーキドとサトシが出会っていたなんて、なんともロマンがあります。

第2位:水の都の護神 ラティアスとラティオス

あらすじ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

2位にランクインしたのは『水の都の護神 ラティアスとラティオス』です。こちらの映画は2002年に公開された映画で、ポケモン映画5本目の作品になっています。旅を続けていたサトシたちは水の都と呼ばれる美しい街「アルトマーレ」にやってきました。サトシとカスミはここでの名物「水上レース」に参加しました。
レース後、観光中だったサトシは何者かに襲われている女の子を発見します。サトシは助けに入りますが女のことははぐれてしまいました。しかし博物館でまたあの女の子を発見、後を追ってみると不思議な庭園へと辿り着きます。そこで女の子はラティアスが変身していたことを知り、そしてラティアスが姿を借りていた少女・カノンと出会います。サトシはカノンと祖父からこの街のおとぎ話を聞きました。しかしその裏で悪事を企てている者がいました…。

OP「めざせポケモンマスター 2002」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

OPに選ばれたのはやはり『めざせポケモンマスター』です。これが2002年バージョンになって登場しました。歌っているのはもちろんサトシ役の松本梨香さんです。曲に入る前の前奏が陽気なメロディになっており、まるで別の曲を聴いているような印象を受けます。曲のところどころに入るハモリがとても綺麗なのも特徴的です。
間奏部分で一度雰囲気がガラッと変わるのもいいですよね。舞台となったヴェネツィアが目に浮かぶようです。アコーディオンの演奏がとても綺麗です。『水の都の護神 ラティアスとラティオス』は大変ファンが多い作品でもあるので、このアレンジが一番好きという方もたくさんいます。

ED「ひとりぼっちじゃない」

ED曲になったのは「coba&宮沢和史」として発売された『ひとりぼっちじゃない』です。cobaさんとは世界的にも有名なアコーディオニスト、宮沢和史さんはTHE BOOMのボーカリストでシンガーソングライターです。この二人が夢の共演を果たしたのがこの「ひとりぼっちじゃない」でした。
cobaさんはOP曲の「めざせポケモンマスター」のアレンジも担当しました。本場ヴェネツィアでアコーディオンを勉強していた経験があるため、この映画のコンセプトにぴったりな演奏をしてくれています。cobaさんの演奏と宮沢さんの特徴的な歌声がマッチしたかっこいい1曲になっています。少しおしゃれなBARとかでも流れていそうですね。

挿入歌「SECRET GARDEN」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

挿入歌に採用されたのはMADOKA.さんの『SECRET GARDEN』です。MADOKA.さんとはCMなどに採用されたシングルを9枚発売し、現在ではダンスチームとして活動しています。この曲の歌詞は全て英語でとてもおしゃれな曲になっています。
歌詞の入りの歌声がとてもセクシーです。高音部分がとても綺麗に表現されています。美しいシーンが多いこの映画にはぴったりの1曲なのではないでしょうか。洋楽などを好んでよく聴く人にはおすすめの1曲です。

おすすめポイント

『水の都の護神 ラティアスとラティオス』はポケモンファンの中でも非常に人気の作品です。主にわたしよりも少し下の世代(ゲームで言えば初代や金銀よりもルビー&サファイア等をプレイしてきた世代)に人気のある印象です。そういった意味でも、ポケモンが好きな人にはぜひ一度観て欲しい作品になっています。
そして個人的に特におすすめなのは劇中に登場するアルトマーレの景色です。アルトマーレはイタリアのヴェネツィアに実在する街をモデルに作られています。実在する街をモデルにしたのはポケモン映画作品の中でこの時が初めてでした。モデルがあるだけに街並みがとてもリアルで美しいものになっています。本場ヴェネツィアに思わず旅行に行きたくなりますね。お金のある人は聖地巡礼なんてのも良いかもしれませんね(笑)

第1位:ミュウツーの逆襲

あらすじ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

第1位に輝いたのはやはり『ミュウツーの逆襲』です。個人的にこれ無しではポケモン映画を語ることはできません。まさに神映画です。『ミュウツーの逆襲』は1998年、記念すべきポケモン映画第1作品目として公開されました。国内興収は76億円と、ポケモン映画史上最高です。この映画は全世界で公開され、まさに一大ブームとなりました。
ミュウの体の一部の化石から作り出されたミュウツーは自分の存在意義について悩んでいました。やがて自分を生み出した人間を恨むようになり、逆襲を企てます。優秀なトレーナーに贈られたポケモン城への招待状、これこそが復讐の始まりでした。トレーナーたちはポケモン城の中でコピーされたポケモンと戦うことになります。そこに現れたのはミュウツーのオリジナルであるミュウでした。コピーのミュウツーとオリジナルのミュウ、どちらがより強いか決める決戦が開かれました。

OP「めざせポケモンマスター’98」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

OP曲に選ばれたのはサトシ役の松本梨香さんが歌う『めざせポケモンマスター’98』です。原曲よりも壮大なメロディになっています。途中で入るポケモンの声が原曲と違い、サトシの仲間になったことのあるポケモンの声になっています。
また特徴的なのがドラムの演奏でしょうか。曲に入る前の前奏でのドラムがかっこいいだけでなく、曲中もドラムの音が際立って聴こえる気がします。そのこともあってか、動画サイトにはこの98年バージョンのドラムを演奏してみた動画がたくさんあります。気になった方はぜひご覧になってみてくださいね。

ED「風といっしょに」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ED曲に選ばれたのは小林幸子さんが歌う『風といっしょに』です。この曲は本当に名曲です!ぜひ今の若い世代の方にも聴いてほしい1曲です。わたしはこの曲が好きすぎて子どもながらCDを当時持っていました。現在このCDは廃盤になってしまったようですが、コンピレーションアルバムなどで入手可能なようです。今になって売らなければ良かったと後悔しています…。
「歩き続けて どこまで行くの 風に尋ねられて 空を見る」「歩き続けて どこまで行こうか 風と一緒にまた 歩き出そう」「大地踏みしめ どこまでも行こう 目指したあの夢を掴むまで」サビの壮大なメロディと歌詞、本当に涙が溢れてきます原点にして頂点、そこまで言ってしまっても過言ではない1曲です。

おすすめポイント

『ミュウツーの逆襲』は本当に重たいテーマを扱っています。それまで子ども向けアニメだと思われていたポケモンが正直こんなストーリーを描いてくるとは思いませんでした。現代の日本ではクローンなどの開発も進められていますが、少し立ち止まってこの映画を観て欲しいですね。自然のポケモンとコピーによって生まれたポケモン、どちらが本物なんてありません。どちらも今を精一杯生きています
大人になってから観ると子どもの時とはまた違った見方ができる映画です。サトシのピカチュウとコピーのピカチュウが争うシーン、本当に涙が溢れてきます。これからの世界も直面するであろうテーマを、1998年の時点で扱っているのは本当に凄いことだと思います。生きるとは何か、命とは何か、それを考えさせられる映画です。ここまでの名作は他にないのではないかとわたしは思います。

【番外編】隠れた名作!短編映画にも注目

ここまではポケモン映画の本編、いわゆる長編ストーリーのものをご紹介してきました。しかしポケモン映画の魅力はそこだけではありません。2015年までは同時上映で短編映画も公開されていました。こちらの短編映画の主人公はなんと全てポケモンたち!サトシたちの人間は足から下の部分のみで描かれています。
この短編映画がとても面白いのです。ポケモン同士なのでロケット団のニャース以外はみんな「ピカピカ」「ゼニゼニ」などポケモン語を話しています。何を言っているかわからないはずなのに自然とポケモンたちの言っている言葉が理解できるようになってくるのです。普段とはちょっと違ったポケモン目線のストーリー、こちらもおすすめです。

新作映画も発表!大人も子どもも映画館に集まれ!

1998年から毎年映画を公開してきたポケモン、今年ももちろん公開されるようです。タイトルはまだ未発表ですが、劇場版のサトシやピカチュウの画像が公開されました。サトシの表情が乙女すぎるとSNSで話題になりましたね。サン&ムーンと違うタッチになっているので、またアニメとは切り離されたストーリーになるかもしれませんね。
さらに初めてポケモンの映画が公開されてから20周年ということもあり、また特別なストーリーが作成されているかもしれませんね。大人も子どもも楽しめるポケモンの映画、あなたもこの夏は映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

【ポケモン】初代アニメの神回TOP5 一番泣ける回はこれだ! | festy(フェスティー)

■20年続く日本が誇る大人気シリーズ『ポケットモンスター』、そのアニメ版も最新シリーズ『サン&ムーン』に突入し、合計話数がそろそろ1000話に到達しそうです。今回は少年サトシのポケモンマスターを目指すための冒険が始まった、あの初代アニメシリーズの神回について紹介していこうと思います。