【SAO】シノンの魅力が丸分かりになる8つの知識!可愛くて格好いいGGO最強スナイパーを徹底紹介!【ソードアート・オンライン】

「ソードアートオンライン」シリーズのファントム・バレット編のヒロイン・シノンは、GGO内でも稀な女性スナイパーです。ストイックなまでのプレイは男性プレイヤーからも一目置かれていました。ある事件をきっかけにGGOにのめり込み、心に傷を持っています。GGOでも最強の狙撃手・シノンの強さと弱さをアニメ版を中心に徹底紹介します!

『ソードアートオンライン』シノンとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

電撃文庫から刊行されている「ソードアートオンライン」シリーズは、ライトノベル作家の川原礫先生描いたの仮想現実空間で繰り広げられるファンタジー作品です。2012年にはTOKYO-MXなどでアニメ「ソードアートオンライン(以下、SAO)」が放送されました。
2013年には「ソードアートオンラインⅡ(以下、SAOⅡ)」が放送され、2017年には劇場版「ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(以下、SAOOS)」が公開
2018年04月には「キノの旅」の原作者・時雨沢恵一先生が執筆したファントム・バレット編のスピンオフ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(以下、SAOAGGO)」アニメ放送がスタートします。

プロフィール

ファントム・バレット編のヒロイン・シノンは、アニメ「ソードアートオンラインⅡ・ファントム・バレット編(以下、SOAGGOまたはGGO)」で行われている「ガンゲイル・オンライン(以下、GGO)」に登場して華麗なガンアクションを披露しています。
現実社会での本名は、朝田 詩乃(あさだ しの)という名前です。身長150cm、体重42kg、B74cm、W55cm、H78cm という均整の取れた体格の女子高校生で、誕生日は2009年08月21日です。
幼い頃に父親は交通事故で他界、ある事件がきっかけでPTSD(ピーティーエスディー・心的外傷後ストレス症候群)となり、地元の東北から逃げるように東京の高校へ進学し、母親とは別居生活をしています。

アニメ版の声優は沢城みゆきさんが担当

アニメ版「ソードアートオンライン」第2シーズンでシノン役を演じているのは、声優の沢城みゆきさんです。沢城みゆきさんは、アニメ「ルパン三世」の3代目峰不二子役、「攻殻機動隊 ARISE(アライズ)」ロジコマ役、「宇宙兄弟」では伊東せりか、子供時代の南波六太、アポ、真壁風佳役など多彩に演じていました。
「ソードアートオンライン」第2シーズンのアフレコ前に行われた、2014年03月のイベントで、原作者の川原礫先生、これまで出演してきた声優陣から「キリト役の松岡禎丞さんはアフレコ中には気をつけろ!」とコメントが寄せられています。
松岡禎丞さんは、突然鼻血を出したり、涙などを流したりなど数々の伝説を残しているのだとか。ヒロインとしてアフレコも一緒に過ごすことが多い沢城みゆきさんも遭遇していそうですよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

SAOの伊藤智彦監督は「強い奴らを全員殺してやる」セリフが似合う声優さんを、最初に思い浮かべたのが沢城みゆきさんだったと過去のインタビューで語っていました。数々のシノンのかっこいいセリフ、かなりハマッテましたよね!
沢城みゆきさんが歌うシノンのキャラクターソング「SOLITARY BULLET(サラテェリィ バレット)」は、調べてみるとSOLITARYはたった1つ・唯一BULLETは弾丸・銃弾などという意味があるようです。シノンのGGOにおけるポリシーが題名にも反映されていますよね。
GGO最強スナイパーのシノンらしく速いテンポの曲調と、シノンの性格を反映した歌詞がかっこいいキャラソンでした。

沢城みゆきさんの記事はコチラがオススメ!

カッコかわいいキャラにファン萌え萌え!

現実社会でのシノンこと詩乃黒髪をサイドだけ長くし、サイド部分に白いリボンを着け、大人しい女子高生らしく清楚な雰囲気の容姿をしています。またGGOとは違いメガネをしていますが、実は度が入っていません。
どうして度が入っていないメガネをかけているのか、アニメ版では明言はなく、自分を隠したいという深層心理もあるのかもしれませんよね。GGOでも似た髪形をして、機械の部品をイメージしたヘアアクセサリーをしています。
現実社会でもGGOでも珍しい髪型とヘアアクセサリーですが、この髪型も1人で何かをするというシノンのキャラクターにぴったりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

そしてもう1つのシノンのアイテムは白いマフラー。基本ショートカットヘアのシノンは、SOAのヒロイン・アスナの様に、長髪をなびかせて華麗な戦いをファンに魅せる……というのはできないからなのか、シノンの躍動感を表現する重要なアイテムとして描かれています。
クールさを押し出しているシノンのキャラは、SAOシリーズでも群を抜いてカッコかわいく萌も萌えなファンが多いのも納得ですよね!

愛銃「ヘカートⅡ」を操る最強の狙撃手!

GGOのレアアイテム


1500mの離れた場所からでも敵を狙撃する腕を持つシノンの愛銃は、GGOでもレアガンと呼ばれるヘカートⅡ(PGM・ウルティマラティオ・ヘカートⅡ)。全長138cm、重量13.8キロ、50口径(直径12.7ミリの巨大弾丸)現実社会では車両や建物を貫く威力を持つ、対物狙撃銃(アンチマテリアル・スナイパーライフル)のカテゴリーに属している銃です。
対物狙撃銃は、車両や建物を貫く威力を持つ銃で対人狙撃に使用するのは禁止されていました。GGOをプレイし始めて約3ヶ月が経過したある日、ソロで出かけた巨大遺跡のダンジョンでシュートトラップに落ちてしまいます。
最高レベルに最悪な場所で、さらにボスモンスターも現れるというピンチな状況運と集中力を発揮し3時間と言う長丁場で倒しました。

現実社会で女子高生の1人暮らしをしているシノンは、かなり高額取引が可能なヘカートⅡを売ろうか悩みました。自分より強いプレイヤーを倒し、PTSDの悩みを抱えている自分の弱さを克服しようと思ってGGOをプレイしていたシノンヘカートⅡに強い心を持っていると感じたシノンは、唯一無二の相棒にしようと考えました。
後にヘカートⅡの「Hecate」は、ギリシャ神話に登場する冥界を司る女神から名付けられていると知ります。シノンは思いっきり反則とも言われていると、ヘカートⅡに関して言っていましたが、シノンは体の一部として巧みに操っていますよね。
「使うほうにしてみれば、それなりに色々苦労してるんだけどね」とも言っていました。ヘカートⅡを手にしたシノンは、GGOでも最強のスナイパーとしても有名になっています

キリトと出会って世界が変わる!

死銃と対峙しているキリトに心魅かれる……


GGOをプレイしている最中はPTSDのトラウマから現実逃避していたシノンは、GGO内で起こったトラブルの調査のためにコンバートしてきたキリトと出会います。最初はアバターの姿から女だと思ったシノンは、面倒だと思いつつもGGO内の案内や銃の購入などのアドバイスなど協力をしていました。
しばらくして、女性として見ていたキリトが男だったと知った時には、驚きつつも本気で嫌がってはいないようでしたよね。女性にモテモテの)キリトの優しさや、親しみやすさなどもあり、GGOでは行動を共にしています。


最強のガンナーを決める第3回バレット・オブ・バレッツ(以下、BoB)に参加する予定だったシノンは、初めて参加するキリトを連れてエントリーを済ませます。キリトがコンバートした目的や、変死事件の調査に深く関わっていると思われる「死銃(デス・ガン)」も参加しているBoB……。
シノンは強敵ばかりの中、GGO最強スナイパーとして着実に予選を勝ち抜いていました。キリトがデスガンと対峙し苦悩する姿を見て、シノンが抱えている問題と似た心の闇を持っているキリトと自分を重ね合わせています。

それまでは自分しか信用していない部分が多くあったシノンですが、キリトと直接対決した場面では、銃口を向けられも動じないキリトに動揺を見せていましたよね。バーチャルゲームの枠を超えて戦うキリトの強さ、そしてSAOでの過去を知って次第に男性として魅かれて行くシノンの様子が描かれています。

シノンの過去が切なすぎる……

郵便局強盗事件


シノンの現実社会の名前は朝日詩乃11歳の頃、東北の小さな郵便局に母親と来ていたシノンは突然やって来た強盗と遭遇しています。母親を守るために強盗犯が落とした銃を手にして、パニックになりながら3発の銃弾を強盗に浴びせ強盗犯を銃殺しました。
事件後の報道では銃の暴発による死亡となりましたが、11歳の女の子が殺してしまったという出来事は瞬く間に知れ渡ってしまいます。銃を見ると吐いたり倒れたりしているシノン……。
学校の同級生には、過去の強盗事件を絡めた壮絶ないじめに遭っています。現実社会で生きづらい生活を強いられバーチャルの世界・GGOへと逃げ込んでいました。


GGOでは詩乃とは違うシノンでいられるためか、銃は怖くありませんでしたいスナイパーになれれば、きっと現実でも強くなれる……。過去の自分に打ち勝つためにもがいていたシノンは、現実社会でもGGOでも戦っていたんですね。

シノンのその後はどうなったの?【ネタバレ】

GGOの結末


無事にBoBの勝者となったシノンとキリトは、リアル世界でも会う約束をしGGOからログアウトします。以前からシノンに告白していた新川恭二は、キリトにゲームクリアまで牢獄に拘束された苦い経験を持つ兄・新川昌一と、SAOでギルドグループ「ラフィン・コフィン」のメンバーだった金本敦一緒にデス・ガンを作り上げた共犯者でした。
現実社会のシノンこと詩乃を好きすぎて、住んでいるアパートに心配を装って入り、ストーカー化して襲ってきます。危ないところに住所を聞いていたキリトがやって来ましたが、新川に返り討ちに遭ってしまいました。
シノンは勇気を振り絞り新川を気絶させ一連のGGO事件が解決に向かいました。GGO事件の全貌が明らかにされ、あとはシノンのトラウマだけが残っています。

母親は郵便局強盗事件当時妊娠していて娘と自分を助けてくれたシノンにずっと感謝していたと伝えました。ずっと人殺しだと悔やんでいたシノンに、娘もシノンに感謝の気持ちを伝え、一生懸命描いた絵をプレゼントしています。
正当防衛だとはいえ、1人の人間は殺してしまった……。けど大切な2人の命を救っていたという事実が、PTSDに変化をもたらしたのは、シノンの大粒の涙が語っていましたよね。

ALOでは猫に!


GGO事件が解決し、アスナやALOメンバーと親しくなったシノンは、妖精の世界をゲームにしたアルヴヘイム・オンライン(以下、ALO)のアカウントを取得しています。ALOでのシノンの種族はケットシーで、大きい耳と尻尾付きのアバターでした。
時々動く大きい耳がかなり萌えポイントですが、ALOのシノンの武器は、銃ではなく弓となっています。弓はALOの武器でも扱いが難しいのですが、最強スナイパーのシノンには何の問題もありません。


SAOⅡの第17話ではかなりのレアアイテム・エクスキャリバーのクエストに挑戦します。ダンジョン取脱出時に、苦労して手に入れたエクスキャリバーを空中から手放してしまいました。落ちてゆくエクスキャリバーを見て「200m位か……」と呟き、弓術を唱えながらあっという間に弓でエクスキャリバーを取り戻しました。
「この剣を抜くたびに、心の中で私のことを思い出してね」という言葉と共にキリトにプレゼントしています。シノンの弓の腕も見れましたが、なぜキリトは取得したエクスキャリバーを捨ててしまったのか?


それは、原作者の川原礫先生が公式ツイッターで解説していました。苦渋の選択でキリトはエクスキャリバーを捨てていたということがわかります。
そのキリトの様子を見て、あっという間に取り戻したシノン。キリトを好きなアスナや女性陣の嫉妬心は出ちゃいましたが、さらりとやってのけるシノンはかっこよすぎます!

劇場版では頼りがいのある存在に


2017年02月に公開された劇場版「ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」で登場したシノンは、アルバイトをしていると話していました。

劇場版ではARゲーム「オーディナルスケール」が流行していますが、SAOにプレイヤーとして登場し、キリトにずっと仲間として協力しているクラインと、クライン率いるギルドグループ・風林火山が襲われます。

SAOに関係している何者かは、SAO時代からの仲間・シリカも襲い、アスナがシリカを庇って負傷……。アスナはSAOの記憶を無くし、徐々に他の記憶も失っていきました。


シノンは、キリトや仲間と一緒にAR(エーアール・拡張現実世界。フルダイブしなくてもゲームなどバーチャルが体験できます)での戦いに挑みます。劇場版ではALOの弓を使うケットシーの猫姿シノンと詩乃が混ざり合った容姿を披露し、にシノンらしさが感じられますよね。
ラスボスとの最終決戦では、GGO時代のシノンにユイが戻し弓から得意な銃・ヘカートⅡへと戦闘を変化させバツグンの狙撃をみせていました。

SAOAGGOでは登場するの?


2018年04月に放送がスタートする「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」は、GGOの世界の中のキャラクターが活躍するスピンオフです。GGOのヒロインだったシノンが登場するのか?が気になるところですが、原作版ではシノンが登場することはありません。
シノンがBoB優勝者で、有名なスナイパーというのは、SAOAGGOでも触れられていました。また原作版第3巻で、主人公・レンのライバル・アマゾネス集団ギルドグループ「SHINC(シンク)」との会話でシノンに、強いライフルの入手のアドバイスを受けたりしています。
シノンのアドバイスで入手できた対戦車ライフル・デグチャレフPTRD1941(デグチャレフピーティーアールエスディ1941)は、レンを間接的に助けた重要なライフルとして登場していました。

常にストイックなシノンの名言がかっこいい!

「闇風は私が相手する。デスガンには殺させない!」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

デス・ガンにリアル世界でも命を狙われているシノンは、キリトと一緒にデス・ガンを倒すことを計画します。シノンの前に立ちはだかるのは、仲間の闇風……。「闇風は私が相手する。デス・ガンには殺させない!」直前までおびえて泣いていたシノンとは違い、強気の発言をしています。
しっかりと「闇風をしとめた後、デス・ガンもしとめる」と言ったシノンの様子は、GGO最強のスナイパーとしての意地が感じられましたよね。そして、それまでキリトに反発していたシノンが、キリトに心を許して、頼りにしている心情の変化も伺えます。
この名言の後、しっかりとスナイパーとしての役割を果たし、キリトにデス・ガン討伐のバトンを手渡したのはさすがだと感じますよね!

「なら!私をあなたが一生守ってよ!」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

「1人で戦って、1人で死ぬのか?」と問うキリトに、シノンは過去の自分の経験から自分の運命だったと悟っていました。それは、とても切ない悟り……キリトも何とか間違いを正そうとしていましたが、シノンは硬く心を閉ざしていましたよね。
「人が死ぬ時は、他の誰かの中に居るソイツも同時に死ぬんだ!俺の中にもうシノンが居るんだ」そう言って引き下がらないキリトに「なら!私をあなたが一生守ってよ!」と叫び泣き出しました。これまで自分の殻に閉じ篭っていたシノンの涙……。
誰かに自分を知ってもらいたいけど、人を殺してしまったシノンの重責が外へ飛び出た瞬間となりました。

シノンの名言についてはコチラがオススメ!

シノンがフィギュアに!再現度が素敵過ぎるっ!

イラストレーター・abecさんの色彩を忠実に再現

出典:https://www.amazon.co.jp

これまで多彩なキャラクターを再現しているフィギア制作・販売をしている「有限会社アルター」から、2018年10月にGGOのヒロイン・シノンの劇場版モデル・1/7スケールフィギュアが販売予定。大きさは約250mmになる予定で、アルターらしい大きいサイズとなりそう
シノンといえば、愛銃・へムートⅡ、マフラー、ヘアアクセがトレードマークですが、3つのアイテムは忠実に再現されていました。風になびく瞬間を切り取ったマフラーの先端には、撃たれた跡もついているのがかなりリアル
SAOシリーズの原作版の挿絵からアニメのキャラデザまで担当しているイラストレーター・abec(アベシ)先生色彩に近いシノンのフィギュアは、ファンなら手に入れたい一品になるのは間違いありませんね!

【SAO】シノンはかっこかわいいスナイパー!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

SAOのGGOに登場するヒロインのシノンは、現実社会では1人の女子高生・朝田詩乃として生きていますが、大きな事件でのPTSDが原因で影のある人物として描かれていました。
銃に恐怖を感じていたシノンは、GGOの中では銃を武器に女性では稀なスナイパーとして登場しています。キリトに出会ってから、PTSDを抱える前の優しくて面倒見の良い性格がどんどん出て来て、かわいらしい表情を浮かべる機会が多くなっていきました。
キリトと共にBoBの勝者となり、PTSDも少しずつ快方へと向かっています。GGOでも最強スナイパーとして活躍しているシノンは、本当はかわいくて優しい女の子でしたよね。

コチラの記事もオススメ!