【魔法科高校の劣等生】柴田美月6つの魅力!癒し系眼鏡っ娘は幹比古の嫁?

「魔法科高校の劣等生」にでてくる柴田美月、メガネをかけた大人しそうな女の子ですが、実は知れば知るほどはまっちゃう魅力のあるキャラクターなのです。今回はそんな柴田美月の6つの魅力をご紹介します!

『魔法科高校の劣等生』柴田美月のプロフィール

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

佐島勤の人気ライトノベル『魔法科高校の劣等生』に登場するキャラクター・柴田美月は主人公の司波達也の友人でクラスメイトでもあります。美術部に所属しており、身長は158cm、体重52kgと普通の女の子よりはやや長身です。

魔法師の家庭の生まれではありませんが、隔世遺伝で魔法の素質が発現し、二科生ながら達也と同じく魔法工学技師を志望しています。

大人しそうな子に見えますが、実はいろんなことが見えているのかも…?今回はそんな柴田美月の魅力に迫ります!
こちらの記事もチェック!


柴田美月の魅力1:メガネには意味がある!

柴田美月は大きめの縁無しメガネをかけているのが特徴的ですが、実はこれは単に目が悪いわけではないのです。これはオーラ・カット・コーティング・レンズという、度の入っていない特殊なメガネになっており、霊視力の副作用を防いでいるのです。

並外れた霊視力を持っているがために、「霊子放射光過敏症」という症状に悩まされており、メガネはそれを緩和させるためのものとして使っています。魔力があるのもなかなか大変ですね…!

メガネ無し姿はまるで別人!

そんなメガネ必須な柴田美月ですが、時々メガネを外した姿を見ることもできます。しかし、メガネをかけていないと別人のキャラクターのようで、見慣れない人からすれば同一人物だと思えないかもしれません。

しかし、メガネを外しても両サイドにつけているリボンの飾りがあるので、それを手がかりにしていただければと思います。あの飾りはメガネの付属品だと思っている人も多いようですが、実は髪に結んでいる髪飾りなのです。

メガネが似合う人って外しても美人と聞きますが、柴田美月もなかなかの美人さんですよね。メガネがプラスアルファーでいい仕事しています。

柴田美月の魅力2:声優は佐藤聡美さん!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

声を務めるのは、ナレーターや歌手もこなす佐藤聡美(さとうさとみ)さんです。1986年5月8日生まれ、容姿がモデルの佐藤栞里さんに似ており、苗字も同じですが血縁関係はないそうです。

そんな佐藤さんは「ゲゲゲの鬼太郎」でアニメデビューし、「地獄少女」シリーズで御景ゆずき役をして初のメインデビューを果たしています。

その御景ゆずきといった大人しい性格の女の子の役が大半なのですが、「けいおん!」の田井中律のような社交的でマイペースなキャラや、「迷い猫オーバーラン!」の都築乙女役のような癒し係お姉さんもこなすなど、 幅を利かせています。

筆者個人的には、「ご注文はうさぎですか?」の宇治松千夜のような天然でおっとりしているように見えて時折パンチが効いているキャラクターもおすすめです。夫の寺島拓篤さんとは、今回の「魔法科高校の劣等生」などの共演を経てゴールインしたそうです。こちらの記事もチェック!


柴田美月の魅力3:男子釘付けの巨乳…!

作品に出てくるキャラクターには、主人公司波達也の妹の深雪や光井ほのかなどバストが豊満な人物が何人かいますが、その中でも柴田美月はトップクラスに君臨するバストを持っているようです。

しかし、ウエストに対して肩幅と腰幅は狭く、くびれが足りていないということであまり公に特徴としては出されていないようですが、男性陣からすればナイスな体型ではないでしょうか。メガネっ子というギャップをもっているところもポイントかもしれませんね…!


柴田美月の魅力4:奥手な吉田幹比古との恋の行方

柴田美月といえば、気になるお相手がいるのも注目すべき点です。お相手の吉田幹比古は右目の目尻にあるホクロがセクシーでイケメンであることから人気の高いキャラクターでもあります。

そんな2人がお互いを意識し合っているのですが、鈍感な美月と奥手すぎる幹比古なだけあって、見ているこちらがもどかしくなるほど進展していません。

とはいえ、お互いに少しずつ距離を縮めていこうとする初々しい描写にほっこりすることもあります。このおにぎりのシーンはたまりません…!


柴田美月の魅力5:希少な能力・水晶眼の持ち主!

並外れた霊視力のためにメガネを着用しなければならないほどの柴田美月ですが、古式魔法師にとって希少な才能とされる「水晶眼」の持ち主だとされています。

この能力に注目していたのが吉田幹比古で、最初はそれが目的で美月に興味を持ったのですが、女性としても意識するきっかけになったことから、水晶眼には恋すらも引き付けてしまう能力があるのかもしれませんね‥・!

系統外魔法を伝承する家系の直系に生まれた幹比古というエリートを選ぶとは、美月の眼には先見の明もあるのでしょうね。


柴田美月の魅力6:天然の裏に隠れる鋭さ!美月の名言を紹介

柴田美月は上級生の一部からは「癒し系の妹キャラ」として人気が高く、ルックスも申し分ないことからふんわりキャラとして地位を確立しつつありますが、時に名言を放つこともあります。

鈍感なために天然をかますこともあるのですが、そう見せかけて鋭い発言をするのです。本当はいろいろ見えているけれど、見えないふりをしているだけなのかもしれませんね…。普段が大人しいだけあって鶴の一声になる発言も多いようです。

大人しく見えても、怒る時は怒る!



柴田美月は一見大人しそうに見えますが、意外と言うときはズバっというタイプでもあります。理不尽なことについては、しっかりと意見し、感情を露にすることもあります。鈍いけれど芯のある女の子であることがよくわかります。

出逢った当初は暴走気味の千葉エリカにおされ気味でしたが、慣れてくるとその扱いもうまくなり、なだめ役としても一役買っています。こちらの記事もチェック!

視聴者ズッコケ!「なんのことですか?」

吉田幹比古が柴田美月の水晶眼を初めて目の当たりにし、興奮気味に瞳をのぞき込んだために顔を赤らめてしまうという、ツーショットが微笑ましいシーンがあるのですが、美月の水晶眼がいかにすごいものかというのを一緒にいた司波達也に力説します。

その説明が一通り終わったところで、美月がきょとんとした顔で「なんのことですか?」ととぼけるところでは、視聴者たちはズコー!っとこけてしまったことでしょう…。達也も自分の秘密を見透かされるのではないかと恐れるほどの水晶眼ですが、持ち主からすればたいしたものではないようです。こちらの記事もチェック!


柴田美月の可愛さから目が離せない!

いかがでしたか?柴田美月の魅力がいろいろとわかっていただけたのではないでしょうか。メガネをかけている理由がとても意外なものだったことは驚きですよね。

吉田幹比古との関係も気になりますが、視聴者からすればじわじわ進展して楽しませてほしいものです。スマホアプリのレアカードではメイド服姿も披露しているということで、ひそかにタキシードを着てご主人様風になっている幹比古の描写も気になります…。

ストーリーの面白さもさることながら、柴田美月というキャラクターに注目して見てみると、今まで見えなかったものがいろいろと見えてくるかもしれません!そういった意味でも柴田美月から目が離せませんね!