【SAO】キャラ強さランキングTOP15!アリシゼーション基準で最強プレイヤーを厳選!【ソードアート・オンライン】

遂にSAOTVアニメ版第3期のアニメプロジェクトが始動しました!今回はアンダーワールド(以下UW)と呼ばれる仮想空間を舞台にキリトが大冒険をするお話です!第3期アリシゼーション編が始まる前に、アリシゼーション編の登場キャラクターのラインキングTOP 15をご覧ください!

SAOアリシゼーション編の強いキャラクターTOP15を紹介!

ついにSAOアリシゼーション編のアニメ製作が始まりました!GGO編が終わってから映画版と、SAOファンの皆様は待ち遠しかった事でしょう、私もです! 今回のアリシゼーション編はアンダーワールド(以下UW)の世界にダイブして繰り広げられる冒険劇がストーリーの主軸になっています。
新しい世界観、新しいキャラクター、現実と大差ない美しい世界で繰り広げられる物語に、果たしてキリトはどう挑むのか!小説を読んだ方はあの美しい世界をどうアニメで再現するのか、とても楽しみですね!
今回はそんなアリシゼーション編に登場するキャラクター達の強さランキングTOP15でランク付けしました!アリシゼーション編が始まる前に、是非読んでいって下さい!

15位:ディー・アイ・エル

第15位にランクインしたのは暗黒界の十侯の1人、暗黒術師ギルドの総長ディー・アイ・エルです。妖艶な雰囲気を持つ美しい人族の女性ですが、とても残酷な性格をしています。自身が暗黒界の皇帝になるという野望を抱いていましたが、闇神ベクタの出現でその野望は潰え、彼に服従して異界戦争に参加しました。
術士というと魔法力が高く防御力が薄いというイメージが持たれがちですが、ディー・アイ・エルは整合騎士アリスの完全支配術でも生き残るほど高い防御力を誇っています。
また、肝心の術式ですが、異界大戦時には人界軍の壊滅を狙って膨大な空間リソースを使用した大規模術式を展開したり、味方陣営の兵士を生贄にした大規模術式を展開するなどが出来るほど強力な暗黒術師です。

美しき暗黒術師の最期


ディー・アイ・エルの残酷さは異界戦争に参加した諸侯達の中でも飛びぬけており、中でも第一波の大規模術式が整合騎士エルドリエの捨て身の犠牲によって失敗した後、枯渇した空間リソースを補う為に大勢のオーク族達を生贄にして大規模術式を展開させるなど、味方を味方とも思わない性質を持っています。
しかし、多くのオーク族達を犠牲にした第二波も整合騎士アリスによって相殺されてしまい、体の半身を失うほどの重症を負うもののディー・アイ・エルは生き残ります。最期はキリトを救う為に外部からダイブしてきたリーファを拘束し、自身の回復をする為に天命を奪おうとしましたが逆にリーファに斬られて死亡しました。

14位:イスカーン

14位イスカーンは暗黒界十侯の一人で拳闘士ギルド第十代チャンピオンの人族の男性です。非常に豪快な性格の持ち主で、心意により打撃以外の攻撃を受け付けないという力の持ち主です。異界戦争では整合騎士シェータと戦いましたが決着は付かず、互いに実力を認め合いました。
異界戦争には参加したものの、闇神ベクタの自分達の命をなんとも思っていない采配に抵抗を感じ、自ら右目の封印を目を抉り出す事で思考の封印を回避し、暗黒界の救出を条件にアメリカからのプレイヤー達を拳闘士団とともに食い止めました。
ガブリエルと対峙するキリトの心意の強さを見てキリトを認め、異界戦争後は暗黒界軍総司令官に就任し、人界との和平暗黒界内での五部族和平条約を締結しました。その後シェータと結婚し一人娘のリーゼッタを授かる事になります。

勇猛な拳闘士の強さとは


イスカーンの使用する武器は自らの拳で、まさに拳闘士というほど勇猛な戦いぶりを発揮する暗黒界の戦士です。彼の戦い方が蛮勇ではなかったことが、本人や戦争後の暗黒界の救いになっていきます。
イスカーンは強さについてキリトに出会う前は武力こそ全てだと考えており、心意に関してはあまり歯牙にかけていませんでした。しかし、異界戦争中にオーク族長のリルピリンリーファに誇らしげに付き従うのを見て、更にはガブリエルと対峙したキリトの心意を見てその考えを改め、強さに対する認識を改める事になります。
強さに対する認識を改めた事が力こそ全てだった暗黒界にとっての光明になり、戦争後イスカーンは暗黒界軍の総司令官の地位に立つ事に繋がっていきます。

13位:ビクスル・ウル・シャスター


13位ビクスル・ウル・シャスター暗黒騎士団の団長で十侯の一人の人族の男性です。暗黒将軍の異名を持っていますが、過去に整合騎士ベルクーリとの遭遇から人界と暗黒界の和解を望む穏健派でした。しかし、光臨した闇神ベクタ(ガブリエル)が自身の望む和平とは違い、戦争を望んでると知りベクタの暗殺を企みます。
しかし、十侯が揃っている場で愛人だったリピアの辱められた遺体を目にして激昂しベクタに刃を向けますが、暗殺者ギルドの首長フ・ザの毒に敗れました。
命が尽きる間際、彼の持つ神器の記憶開放現象を引き起こしてフ・ザやゴブリン族の長2人を道連れにしますが、ベクタの持つ虚無に満ちた心意に飲み込まれてしまい命を落としました。

武人シャスターの想い


シャスターは、暗黒界の十侯の中では珍しく穏健派の考えを持っていた男性です。暗黒騎士団団長という高い地位に立ちながら人界との和解を望んでおり、また物資の乏しく将来が先細る事が見えている暗黒界を救うには人界と和解し、人界の技術を取り込むことこそが必要だと考えていました。
所持していた武器は神器級オブジェクトの長刀朧霞で、心意の太刀という究極の剣技を極めています。剣技を修める際に自らの師を切った過去を持っていますが、そのことで力こそ全てだという暗黒界の理について疑念を持っていました。
以前に整合騎士ベルクーリと遭遇した事から暗黒界の未来について深く考えており、戦い勝ち取るだけが全てではない事に気が付いていた人物でしたが、暗黒神ベクタに敗れました。

12位:ファナティオ・シンセス・ツー


12位にランクインしたファナティオ・シンセス・ツー人界の整合騎士副騎士長を務める女性です。セントラル・カセドラルに攻め込んできたキリトとユージオに対峙して瀕死の重傷を負いますが、キリトの望みによりカーディナルの手によって治療されました。
異界戦争ではベルクーリの子供をお腹に宿していた為後方の守備に付いており、陣営背後から奇襲をかけてきた巨人族のシグロシグを返り討ちにしています。
戦争終了後は人界統一会議にてベルクーリの跡を継いで整合騎士団団長に就任し、一人息子のベルチェを育てています。

美しすぎる整合騎士ファナティオ


ファナティオはアンダーワールドの騎士として唯一の連続剣技の使い手で、一千枚の大鏡から生み出された神器級アイテム天穿剣を使用しています。また四旋剣と呼ばれる4人の直属の配下を連れており、彼らは複数での連携技を得意とした戦闘を行っています。
キリトたちに出会った頃は美しい女であるというだけで今まで戦った男達が自分に手加減していた事にコンプレックスを感じており、性別と素顔を兜で隠していました。戦闘方法も武装完全支配術などを用いて近接戦闘をしない戦闘スタイルにして極力女であることがばれないように配慮をしていましたが、キリトにはばれてしまいました。
しかし、女性なのがわかっても全力を出して戦ったキリトに対し感謝をしており、長年のコンプレックスから開放されました。

11位:PoH(ヴァサロ・カザルス 暗黒騎士)


第11位PoHことヴァサロ・カザルスは、暗黒騎士のスーパーアカウントを使用してUWにダイブしているグロージェン・ディフゼンス・システムズ(以下GDS)のメンバーの一人です。暗黒騎士としてUWにダイブしたヴァサロは闇神ベクタを演じるガブリエルと共に暗黒界側の戦士として異界戦争に参加しました。
一度はステイシアのアカウントを使用するアスナが引き起こした地割れに飲み込まれてログアウトしますが、SAOで使用していたPoHのアカウントをコンバートして再度現れ、中、韓のプレイヤーを煽動し異界戦争に更なる混乱を引き起こします。
キリトとの1:1の勝負に挑みますが敗退し、最期はキリトの持つ夜空の剣の力で一本の杉の木へと姿を変えられ、内部時間で50年以上もその中に閉じ込められる事になりました。

ラフィン・コフィンのリーダー PoH


PoHと聞いて思い出した人も多いかと思いますがヴァサロ・カルザスはSAOの参加者の一人ラフィン・コフィンのリーダーでした。現実世界で15歳から暗殺者として裏社会に生きていたヴァサロは、SAO事件に巻き込まれたターゲットを殺す為にSAOに途中からダイブした人物です。
SAOの事件後、アメリカで兵士相手のVR戦闘訓練を務め、教官にまでなりましたがSAOの世界が忘れられずオーシャン・タートル襲撃の任務に付きます。
心神喪失状態になっていたキリトを再び呼び戻し戦闘をしますが、友斬包丁をキリトに砕かれて敗れました。その後杉に姿を変えますが、撤退したGDSの中にヴァサロの遺体はありませんでした。

10位:カーディナル


10位にランクインしたのはカーディナルで、彼女はアドミニストレータが天命を伸ばす為にUW人のフラクトライトに自分の魂を上書きしようとして出来たキャラクターです。幼い少女の姿をしていますが、生み出されてから200歳以上になります。
UWの元になっているザ・シードの中にあるカーディナルプログラムのサブプロセスで、メインプログラムと融合したアドミニストレータの間違いを正せという命令に従って行動しています。
肉体を獲得した直後にアドミニストレータの削除を試みますが失敗して敗走し、以降人界時間で200年もの間通常フィールドから隔離された空間へ逃げ込み対抗策を練っていました。

人の温かさから隔離された少女カーディナル


そうか…これが…。
カーディナルは肉体を獲得してから200年もの間、ずっと切り離された空間でアドミニストレータへの対抗策を練っていました。沢山の本が乱雑に置かれたその空間で知識という知識、策という策の全てをしっているカーディナルですが、彼女が1つだけ知らなかった事、それは人の暖かさでした。
キリトとユージオをセントラル・カセドラルの庭から救出し、アドミニストレータと対抗する知恵を与えた際、1度だけ抱きしめてもらう事を望みます。生まれてから一度も一と接触をする事が無く、200年間ずっと一人だったカーディナルはたった1度のハグで自身のそれまでの200年間が報われたとキリトに語りました。

9位:ベルクーリ・シンセス・ワン


9位ベルクーリ・シンセス・ワンは人界の整合騎士の騎士長の男性です。整合騎士としては最も古参でおよそ300年前にルーリッド村を開拓初代衛士長になりました。その後、アドミニストレータによって記憶を改竄され整合騎士としての道を歩みますが、改竄後の騎士の出自や公理教会に疑念を抱いていたところにキリトたちに出会いました。
アドミニストレータ亡き後は公理教会の実権を一部握り、来る異界戦争に備えますが、その際には多くの苦戦を強いられる事になります。
異界戦争では闇神ベクタと戦闘で片腕飛竜の星咬を失いますが、自身の天命と愛剣時穿剣の天命の全てをかけた一撃でベクタを撃破し、囚われていた整合騎士アリスを無事に助け出しますが息絶えてしまいました。

人界最強の整合騎士ベルクーリ


ベルクーリの持つ時穿剣はUWが作られた当初からセントラル・カセドラルに備え付けられていた神器の時計の針で作られており、未来を斬る事ができる剣です。未来を斬るというのは相手の動きを予測して先にその空間を斬っておくことで、相手がそこに移動した時に斬撃を与えられるというものです。
相手の動きを予測するというのはとても難しく、相当の剣の腕と場数を踏んでいなければ扱えない代物です。ベルクーリの剣の腕に目を付けたアドミニストレーターは彼を捉え、初代整合騎士として記憶を改竄天命を凍結しました。
異界戦争前には整合騎士ファナティオの想いに答えファナティオはお腹に子供を宿しますが、闇神ベクトとの戦いに敗れてわが子の誕生を見届けることなく天命を全うする事になります。

8位:ユージオ


8位ユージオルーリッド村出身の元樵の男性アリシゼーション編の二人目の主人公です。キリトが最初に実験としてUWにダイブしていた時、アリスと共に幼少期を過した幼馴染で、幼少期のキリトに対しての記憶は消されていますが、再びキリトがUWにダイブした際に出会い親友になります。
ルーリッド村を出た後、キリトと共にノーランガルス帝立修剣学院上級修剣士になりますが、自分に師事する下級生のロニエティーゼを守る為に右目の封印を破って禁書目録に違反しました。
罪人としてセントラル・カセドラルに連行された後はキリトと共に公理教会に逆らい、単身で整合騎士ベルクーリを撃破します。しかしその後アドミニストレータによって記憶を改竄されユージオ・シンセス・サーティーツーとしてキリトの前に立ちはだかりました。

剣修士ユージオと青薔薇の剣


ユージオの持つ青薔薇の剣は、人界北部に位置するルーリッド村よりも更に北、北の峠の洞窟の中にありました。北の守護竜に認められたもののみが持つ事が許されるという青薔薇の剣は竜騎士専用の神器で、永久氷塊青薔薇の二つのリソースアイテムが元になっています。
青薔薇の剣は氷塊の持つ凍らせる能力と青薔薇の持つ命を咲かせる能力の二種類があり、ベルクーリと対峙した際には記憶開放術で浴場の湯を一瞬で凍りつかせるほどの冷気を発し、青薔薇の剣で天命を吸い取るというコンボを行いました。
キリトでさえ戦慄するほどの剣術の天武の才を秘めており、修剣学院ではキリトよりも上の第五位につきます。使う剣技は上級剣修士ゴルゴロッソから習ったバルディオ流と、キリトから教わったアインクラッド流(SAO時代のソードスキル)の二種類です。

ユージオについてはコチラをチェック!

7位:アリス・シンセス・サーティー


7位にランクインしたのはアリス・シンセス・サーティーで、30番目の整合騎士の女性です。UWが生まれたときから世界の中心に生えていたというUW界最古の樹木を元にして作られた神器金木犀の剣を使用しており、永劫不朽の属性を持っています。
金木犀の剣の完全支配術は刀身を幾千もの尖った黄金の花弁に変えて広範囲を攻撃するというもので、その花弁1枚1枚が巨人の一撃に匹敵するという桁違いの威力を持っています。
またアリスは幼い頃から神聖術に長けており、異界大戦時にはディー・アイ・エルの放った大規模術式の第2陣を空気中にあるすべての神聖力を枯渇させて防ぎディーに瀕死の重症を負わせる程の大規模術式から、複数の小規模神聖術をいくつも掛け合わせて肉まんを蒸すような小規模で繊細な術まで使用することが出来ます。

記憶を奪われた幼馴染 アリス

アリスは幼い頃ルーリッド村で生まれ育ったユージオとキリトの幼馴染です。幼い頃、北の峠に冒険に言った際に禁書目録を侵してしまい罪人としてセントラル・カセドラルに連行されました。
以降はルーリッド村に帰るために2年間修練に励んでいましたが、アドミニストレータによってシンセサイズされて記憶を失い、その5年ほどあとに第30番目の整合騎士になりました。
アリシゼーション編のヒロインの彼女は作中で出てきた女性キャラクターの中では唯一キリトを巡ってアスナと対立し続けている女性で、異界大戦の終盤に現実世界に脱出した後もキリトを諦めきれずに大胆な行動に出るなどアスナの恋のライバルでもあります。

アリスについてはコチラもチェック!

6位:アドミニストレーター


6位アドミニストレータ公理教会の最高司祭として人界を支配している女性です。元はクィネラという貴族の生まれの女性でしたが、誰よりも大きな利己心美貌の持ち主で神聖術にも長けていました。神聖術を独自解析し天命の回復術や天気予測などを行い周囲から聖女として崇められるようになりました。
公理教会貴族制度禁書目録等を作成自身の権力を絶対なものへと擁立しました。肉体の寿命が来た際に執念で現実世界にコンタクトを計り、ラースの柳井を篭絡してシステムコマンドの全コマンドリストを入手し、UW内を調整していたカーディナルシステムからシステム権限を全て剥奪しました。
彼女のフラクトライトを収めるライトキューブの寿命が迫ったときは魂のコピー試み、その際にカーディナルが誕生しました。

美しき魂の支配者アドミニストレータの最期


アドミニストレータはカーディナルの誕生の後、記憶の蓄積がライトキューブに負荷を与えると考え、カーディナル対策として整合騎士を作り出した後にセントラル・カセドラルの最上階で眠りに付くようになりました。
彼女を打倒しようと対峙したキリト達に対し、アドミニストレーターは150人もの民のフラクトライトを剣へと変換して作り出したソードゴーレムを差し向け、更に数百年にわたりアドミニストレータを写し続けてきた鏡を元にした神器シルヴァリー・エタニティーシステム権限を利用し激戦を繰り広げます。
命を懸けた戦いの最期はアドミニストレータの腹心のチュデルキンによって道連れにされて完全に消滅しました。

5位:シノン(太陽神ソルン)


第5位にランクインしたのはダイブ組みのシノンです。 彼女はスーパーアカウントの太陽神ソルスを使用してキリト救出の為にUWにダイブしました。UWでの武器は弓形のGM武器アヒレート・レイを使用しており、広範囲殲滅攻撃無限飛行の2つの権限を持っています。
サトライザとの対峙時には心意によって事象が上書きされる現象でGGO(ガン・ゲイル・オンライン)時の自身の姿へ、アヒレート・レイも愛銃ウルティマラティオ・ヘカートⅡへと変化させて一騎打ちをしますが、サトライザの心意に飲まれて奮闘するもかないませんでした。

孤高の強さを秘めたスナイパー シノン


シノンはSAO2の舞台になったオンラインゲームガン・ゲイル・オンライン(以下GGO)のプレイヤーの女性でSAO2のメインヒロインです。後に死銃事件といわれるGGO内で死亡したキャラクターが現実でもそのプレイヤーが死亡するという不可解な事件を通じてキリトと知り合いました。
先ほど少し紹介したウルティマラフィオ・ヘカートⅡは彼女がGGOゲーム内で使用している愛銃で大きなスナイパーライフルです。幼い頃に強盗事件に巻き込まれたシノンはハンドガンに対してPTSDを抱えています。その過去の出来事を克服する為にシューティングゲームのGGOを始めました。
死銃事件後はキリトの紹介でアスナや他の元SAOメンバーとも知り合い、銃への恐怖を多少克服して前向きに生活しています。

シノンについてはコチラをチェック!

4位:リーファ(大地神テラリア)


第4位リーファもシノンと同じダイブ組で、スーパーアカウントの地母神テラリアを使用してUWにダイブしました。使用したのはGM武器のヴァーデュラス・アニマで、無制限回復の権限を持っています。
異界大戦ではダイブ直後に暗黒界のオーク族の長リルピリンと出会い、一族の殆どをディー・アイ・エルに空間リソースにされてしまった彼を癒し、わざと暗黒軍捕虜として中枢に近づこうとします。しかし向かっている途中にディーに捕らえら、天命を吸われそうになるところをリルピリンが止めに入り隙を突いてディーを一刀両断しました。
その後はリルピリン達オーク族と共にアスナ達が降り立った人界軍の元へ急ぎますが、途中でアメリカ人組に囲まれているイスカーン達を見つけ、彼らを守るために戦い天命を全て削られてログアウトしました。

キリトの妹で剣の道に挑む少女 リーファ


リーファは現実世界のキリトこと桐ヶ谷和人の妹、桐ヶ谷直葉で、SAO第2章、フェアリー・ダンス編のヒロインです。SAO事件の最中、兄キリトの精神がSAOの中に囚われてしまい、それまでは嫌っていたネットゲームの世界に踏み入れました。
アルヴヘイム・オンライン(以下ALO)ではシルフ族の剣士を使用しており、キリトがアスナを助ける為にAOLにダイブして直ぐに互いの正体を知らずに出会いました。その後、SAO事件後も須藤によって囚われていたアスナの救出に力を貸しました。
現実世界でのリーファは8歳の頃から剣道を続けており、その実力は高校1年生にしてインターハイと玉竜戦のレギュラーに抜擢されるほどの凄まじい腕前を持っています。

リーファはコチラの記事もオススメ!

3位:星王妃アスナ(創世神ステイシア)


第3位アスナもシノン達と同じくダイブ組みで、UWには昏睡状態となったキリトを助けにダイブをしてきました。ダイブ時のアカウントはスーパーアカウントの創世神ステイシアを使用しており、武器はGM武器のラディアン・ライトに加え無限地形操作を行える権限を持っています。
異界戦争ではPoHの使用していた暗黒騎士を地形操作で地割れを起こして消失させましたが、その後SAOのアカウントをコンバートしてUWに戻ったPoHの行った中・韓プレイヤーたちの煽動で深く傷つきますが心神喪失状態から復活したキリトに助けられます。
異界戦争後、アリスが現実世界への脱出をした際には1分が10年の時間の長さで流れるように加速されたUWの中にキリトと共に残り、星王妃アスナとしてUWに平和と知恵をもたらしました。

閃光のアスナ


アスナはSAO時代からのキリトの恋人SAOシリーズのメインヒロインです。SAO時代ではギルドKoBの副団長として最前線で活躍した攻略組みの1人閃光と称えられていました。キリトと肩を並べるほど強く、使用していた愛剣はランベントライトというレイピア種の武器です。
剣速と正確さはキリトでも負けを認めるほどで、マザース・ロザリオ編ではユウキからSAOではありえなかった神速の11連撃のオリジナルソードスキルマザース・ロザリオを受け継ぎました。
ALOではウンディーネ族のアバターを使用しており治癒師として活躍していますが、接近戦闘も行う事ができる戦いぶりからバーサクヒーラという異名も持っています。

アスナについてはコチラをチェック!

2位:サトライザ(暗黒神ベクタ)


2位のサトライザことガブリエル・ミラーはヴァサロ・カルザルの属するGDSの最高作戦責任者を務める男性です。UWシステムを運行していたオーシャン・タートルの襲撃の責任者で、UW内で封印を突破したアリスのライトキューブを得る為暗黒神ベクタのスーパーアカウントを使用してUWにダイブしました。
ベクタの持つ権限、フラクトライトへの干渉と強い心意で暗黒界の十侯を圧倒し、人界へと攻め入りアリスを得る為に異界戦争を勃発させました。
唯一シノンとはGGOの大会第4回BoBで対戦しておりサトライザとしてシノンを負かせた人物でもあります。UW内で対峙した際にはシノンがBoBで自分が負かせた少女だと気付き、シノンのフラクトライトへ干渉して片腕を吹き飛ばされながらも再び彼女を負かせました。

虚無を抱く男 ガブリエル


アリシゼーション編最強の敵として描かれたガブリエル・ミラーは、幼い頃から心の内に強い虚無を持った男性です。魂に対して強い執着心が有り、10歳の時にその在り処を探る為にガールフレンドのアリシアという少女を殺害しています。
キリトですら畏怖を抱いたガブリエルの心意は、対峙する人間の心を盗み取り虚無に引きずり込んでしまうほどの強さを持っていました。しかし、世界を守りたいというUW人達の強い思いを背負ったキリトに敗北し、最期は最初に殺した少女、アリシアの魂に引き摺られ恐怖を顔に宿した状態で死亡しました。

1位:星王キリト


1位にランクインしたのは主人公のキリトです。アリシゼーション編では死銃事件で取り逃がしたジョニー・ブラックによって薬物を打たれて昏睡状態に陥り、その治療のために兼ねてからアルバイトとしてラースでダイブ実験を行っていたUWに入る事になります。
UWで目覚めたキリトはルーリッド村で樵をしていたユージオと出会い、彼と共にUW時間で2年間もの冒険をする事になります。外界へ接触するためにセントラル・カセドラルを目指しますが、UW人の守る禁書目録への疑念や整合騎士への疑念、そしてUWの人々の正体を知りアドミニストレータと対峙する道を選びます。
異界大戦では前半アドミニストレータとの大戦で負った傷や現実世界でのオーシャン・タートルの襲撃の際にフラクトライトに負荷がかかり心身を喪失した状態で馬車の中で守られていました。

黒の剣士と黒いの


今回キリトが愛剣として持つのは、UW内の北部にあるルーリッド村の近くに聳え立っていた神器オブジェクトの超硬度を誇る巨大な杉ギガスシダーの先端から作られた漆黒の片手剣です。ユージオによって夜空の剣と名づけられたこの剣はユージオが名づけるまではずっと黒いやつと呼ばれていました。
武装完全支配術はリソース吸収で、周辺空間に満ち溢れる空間リソースを余すことなく吸収してしまうという術を持っており、また記憶開放術では対象を杉の木と融合させてしまう術を持っており、PoHとの対戦時に杉の木へ彼を閉じ込めました。
SAO時代のソードスキルをアインクラッド流剣術と称して使用し、UWにそれまでなかった連続技のソードスキルをユージオに教えて共にセントラル・カセドラルを目指しました。

星王の称号と200年の加速時間


オーシャン・タートルに襲撃したGDSによってUW内の時間加速の制限が破壊され、キリトは500万倍(現実世界の十分が百年)に加速されたUWアスナと二人で残りました。その間二人はUW界の守護者として生きると覚悟を決めUWの発展に全力を注ぎます。
加速が始まってからキリトは試行錯誤の後に機竜(現実世界の戦闘機に当るもの)を作り出し、飛竜に乗らずにUW内の空を高速で移動できるようにしました。人界、暗黒界の外、UWが作られた当初から神獣たちが跋扈する未開の地の開拓をおこない星全土を掌握します。
その後星の名前をカルディナに定め、機竜を改良して気圏を脱しソルスを周回するもう一つの星アドミナを開拓地にしてUW初の星王位に付きました。


この画像の模様はキリトの持つ夜空の剣とアスナの持つラディアン・ライト、そして周囲にユージオの青い薔薇とアリスの金木犀が描かれた星王の紋章です。
UWでのキリトとアスナは外見年齢は代わらない為不老者とUW人には考えられており、UWは二人の統治で永遠に繁栄するものだと思われていました。しかし、二人はアリスにある事を伝える為にフラクトライトの容量を増やさないよう永い眠りに付き、現実世界での肉体の目覚めに伴って揃ってUWを後にしました。
その後、現実世界に帰還した星王キリトのフラクトライトだけがラースの研究員比嘉によって保持され、現実世界には星王キリトのフラクトライトとその記憶を消去したキリトが存在する事になります。

キリトについてはコチラもオススメ!

番外編:アビッサルホラー(宇宙獣)

番外編で紹介するのは、宇宙獣アビッサル・ホラーです。(画像は惑星カルディナ)アリシゼーション編の最終章で出てきた神獣で、カルディナ星とアドミナ星の間を定期巡回している神獣級の闇素系生物です。
登場したのはほんの一瞬で再度UWに訪れたキリトたち3人によってあっけなく倒されてしまいますが、UWに残り星王となったキリトですら完全消滅をさせるには至らなかった神獣で、その正体は高密度に集積した無数の闇素因で出来ており、全長はおよそ200メル球体から12本の触腕を伸ばした姿をしています。
再度UWにダイブしたキリト達が倒せたのは、アリスの持つ金木犀の剣の完全開放術があった為、無数に存在する闇素を全て蒸発させる事ができました。

SAO3期が待ち遠しい人はもう一度文庫版を読み直そう!


ここまで読んで下さりありがとうございます。今回はソードアート・オンライン、アリシゼーション編に登場したキャラクター達の強さをランキング形式でTOP15までを紹介しました。
アリシゼーション編はSAOの小説20巻が刊行(2018年2月現在)されている中でも一番長く、SAOの物語の中でも特に見ごたえのある物語になっています。UWという人間が作り出したもう一つの世界にダイブした主人公のキリトが出会い愛したキャラクター達は、キリトの知る現実世界の人間達と同じ感情を持ったAI達でした。
2018年1月に製作開始が発表されたアニメ版SAO第3期アリシゼーション編はキリトがUWで冒険し、彼らと共に戦いに身を投じる様が描かれています。アニメの放送が待ち遠しいですね!

SAOのコチラの記事もオススメ!

ALO 編基準での強さランキングはこちら!