【マジェスティックプリンス】アニメ&劇場版の魅力を紹介!傑作SFの全てがここに!

残念な5人組によるドタバタ劇が面白い『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』。ヒーローものにしてロボットものという贅沢なSFアニメとなっています!ヒタチ・イズルら個性的なメンバーが織りなす『マジェプリ』の世界をご紹介します!

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは?

『誰もが残念で、誰もがヒーロー』

出典:https://www.amazon.co.jp

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』はTOHO animationによって制作され、2013年に放送されたアニメ作品です。監督は『刀語』や『ヨルムンガンド』など多くのヒット作を生み出した元永慶太郎
キャラクターデザインに『機動戦士ガンダムSEED』の平井久司メカニックデザインに『魔装機神サイバスター』の森木靖泰など、豪華制作陣が名を連ねています。TOHO animationが制作した記念すべきアニメ第一作でもあります!
劇場版やアニメ版など多くのメディアミックス作品が登場し、いまなお人気が続く東宝の主力作品となっています。バーガーキングや東武鉄道など実在の企業とのタイアップも有名ですよね。
今回はそんな『マジェプリ』の魅力を徹底紹介したいと思います!

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

宇宙に進出した人類にウルガルと名乗る謎の勢力が攻撃をしかけ、人類は滅亡の危機に瀕していました。これに対応して遺伝子操作で能力を特化させた少年少女によるチーム・ラビッツが結成されます。
チーム・ラビッツは個々の実力は申し分ないが、決定的な弱点があり、その弱点のせいでまとまりがないチームとして成績は最低レベルでした……。それでも戦闘の激化で戦場に駆り出されたチーム・ラビッツですが、なんとか戦いを生き延びることができます。
激しい戦いの中、絆を強め成長していくラビッツの面々。しかしウルガルは独自に人間を創造し、よりより人間を造るために人類から遺伝子を奪う目的で戦争をしかけてくるのです!人類とチームラビッツの存亡はいかに!?

残念だけど実力は最高!『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の魅力

出典:https://www.amazon.co.jp

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』最大の魅力は実力は申し分ないけど、残念な欠点を持つ主人公たち「チームラビッツ(通称:ザンネン5)」です。パイロットとして優秀すぎるがアガリ症で胃薬が手放せないキャラや、コックピットで性格が変わってしまうキャラなど変わった欠点を持つキャラクターたちが魅力となっています!
手書き作画のごとく縦横無尽に動き回るメカ同士による戦闘シーンもファンの間で評価が高いですね!各個人に与えられる専用機はハイスペックで、かなりかっこいい活躍をみせてくれます。チーム同士の連携だけでなく、敵との一騎打ちなど、アツいバトルシーンはとにかく興奮もの……!
メカのデザインもかなり凝っており、天使のような意匠を持つ機体や可変機構を持つものまで多種多様。ザンネンな主人公たちが登場しますが、時に連携してウルガルに立向かう様はギャップがあって非常にかっこいい……!

ザンネンな主要メンバーから登場人物紹介

漫画大好き天然系主人公ヒタチ・イズル 【CV:相葉裕樹】

出典:https://www.amazon.co.jp

ヒタチ・イズルはチーム・ラビッツのリーダーです。「ザンネン5」と揶揄されるチームのリーダーと理由で軽視されがちですが、そのポジティブな思考からチームを引っ張っていくリーダーたる適性があります。
イズルの残念な点は漫画ばかりを描いているということです。それだけなら趣味で終わるのですが、絵が下手で、ストーリーの評価もあまり良くありません……。さらに行動が漫画に感化されており、「ヒーローは負けたら修行する」など、素直故にフシギな行動をとることも。
搭乗機体はオールラウンドな汎用機AHSMB-005 レッドファイブ。

胃腸弱い系アサギ・トシカズ 【CV:浅沼晋太郎】

出典:https://www.amazon.co.jp

アサギ・トシカズはパイロットとして操縦技術に非常に優れており、戦闘に関する知識も豊富なので、チームのエースとして活躍するキャラクターのはずでした。が、アガリ症で胃薬を常に持っており、実力を発揮できません……
しかもプライドが高いので、周囲の人間を下に見るきらいがあり、コミュニケーション能力も残念です。顔は良いので「ザンネンイケメン」という不名誉な異名も持っています。リーダーに選ばれたイズルとの確執もありましたが、やがてイズルに対して兄のような感情を抱くのでした!
搭乗機体はファイブの兄弟機AHSMB-001 ブルーワン
こちらの記事もチェック!

恐怖の味覚音痴系クギミヤ・ケイ【CV:日笠陽子】

出典:https://www.amazon.co.jp

クギミヤ・ケイは索敵と情報解析の能力に秀でており、チームの司令塔として貢献できるキャラクターです。聴覚が発達しすぎているため、人の雑音が苦手という欠点があります。が、そこが残念ポイントではありません。
ケイはお菓子の味付けに砂糖100%を使用し、不健康そうなほど鮮やかな着色をする残念パティシエだったのです!感情よりも理性で行動しようと努力していますが、かみ合わないメンバーに感情的になりこともあります。ちなみにメンバーに対しては毒舌です。
搭乗機体は哨戒専用のAHSMB-002 パープル2
こちらの記事もチェック!

惚れっぽい系体質イリエ・タマキ【CV:井口裕香】

出典:https://www.amazon.co.jp

イリエ・タマキはスピード狂であり、その卓越した動体視力とGへの耐性でチームのブースターとして活躍するキャラクターです。しかしイケメンをみかけると、手当たり次第にコクりまくる、天然系恋愛ザンネン少女です。
性格は何も考えずに直感で動くようで、ときたま核心を突くような発言をして驚かせてくれます。小柄で舌足らずという子供のようなキャラクターですが、胸だけは立派に発育しておりそのギャップも良いですね。
搭乗機体は撹乱専用機AHSMB-003 ローズスリー。
こちらの記事もチェック!

鈍器大好き系スルガ・アタル【CV:池田純矢】

出典:https://www.amazon.co.jp

スルガ・アタルは長距離射撃が得意なスナイパーで、記憶力も抜群というかっこいい特性を持ったキャラクターです。武器のスペックなどに造詣が深く、射撃武器ならなんでも使いこなしてしまいます。
しかし、武器について語りだしたら止まらない「おしゃべりザンネンスナイパー」でした。女性を口説く時もマニアックな銃に例えたりと、相手にその真意が伝わらないのも残念でした……。
搭乗機体は狙撃専用のAHSMB-004 ゴールドフォー。

人格豹変系クロキ・アンジュ 【CV:渡辺明乃】


クロキ・アンジュは6人目のラビッツとして物語中盤からやってくる新キャラです。運動能力においても、戦闘能力においてもチームメンバーより上で、大抵のことはそつなくこなす器用さも併せ持っています。
しかし協調性にかけ、チームプレイが苦手なようです。それに加えて、マシンに乗ると人格が凶変してしまうという「人格残念ルーキー」でした。かっこよさとおっかなさを併せ持つキャラクターです。Mっ気があるひとは好きになるかも……?
搭乗機体は先行量産型のAHSMB-006 ブラック・シックス。
こちらの記事もチェック!

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』も魅力全開!

パワーアップしたアクションは必見!

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビアニメ版の続編である『マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』は、激アツすぎるストーリー展開とロボットによる戦闘が最大の魅力となっています。アニメ版のラストでウルガルの出現するゲートを破壊したチーム・ラビッツ。
主人公のイズルが意識不明の状態で物語はスタートします。チームのまとめ役であったリーダー不在の中で現存するウルガルの勢力が襲ってくるのですが、残ったチームでなんとかしようとする展開が熱い……!
また戦闘では敵側にエース級パイロットが多数登場し、味方側が総力をあげて強敵に立ち向かう姿も魅力となっています。主役級ではないキャラクターまでもが力の限り戦い、全人類が協力して繰り広げられるバトルシーンは圧巻です!
劇場版『覚醒の遺伝子』に搭乗するアッシュ「レッドファイブプラス」「ホワイトゼロ」の活躍もぜひ見てみてください!

漫画版『マジェスティックプリンス』はパラレルワールドの学園もの!?

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画版はテレビアニメに先駆けて2011年の創刊からから「月刊ヒーローズ」にて連載されました。アニメ版では宇宙が舞台でしたが、漫画版『マジェスティックプリンス』は設定がガラリと変わり、地球にある学園が舞台になっています。
主要キャラクターたちはアニメ版と名前は同じですが、性格が異なり、アニメとは別人物となっています。学園モノという色もありますが、スポ根の要素もあり、かなり熱い漫画であることは間違いありません。
新島光による作画で、ロボットのデザインも繊細かつ力強い線で描かれています。アニメと同様にロボット同士の戦闘シーンも熱く、『マジェスティックプリンス』の世界観がより広がる作品です。

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』はドタバタSF劇が魅力!

出典:https://www.amazon.co.jp

実力は申し分ないけど、残念なメンバーたちが活躍する『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』は、テレビアニメ版に加えて続編となる劇場版に、違ったアプローチが楽しめる漫画版など、メディアが豊富です。
ザンネン5と呼ばれるチームですが、個々のポテンシャルは高く、連携できないチームの弱点を克服しようと悪戦苦闘します。しかしただのドタバタ劇に留まらず、熱い戦闘シーンなど、完成度の高いSF作品です。
イタい性格のメンバーばかりですが、個々にすごい実力を持っており、彼らがチームとして成長していくのが見守れるのも魅力となっています。他の作品に埋もれてしまっていますが、間違いなくSFアニメの傑作です!