【Fate/GO】ナーサリーライムがかわいい6つのポイント!かわいくも儚い様子が魅力的!

ナーサリーライムは童歌。『Fate/EXTRA』さんにんめのサーヴァント。ワタシはアナタ、アナタはワタシ。アナタの姿をそっくり映す、トミーサムの可愛い絵本。寂しいアナタに悲しいワタシ。最期の望みを、叶えましょう――。

ナーサリーライムとは

『ナーサリーライムは童歌。トミーサムの可愛い絵本』


アリスもといナーサリーライムはFateシリーズに登場するサーヴァントの1人です。初出は『Fate/EXTRA』。そこで彼女はありすという彼女と瓜そっくりな見た目の可愛らしいマスターと共に仲睦まじく活躍。特に彼女のマスターはザビーズにとてもよく懐き、その様子は大変可愛らしかったですが……。
小さな子どもだからこそ見せる無邪気な残虐性や、ありすとの唯一無二な関係がとても魅力的なキャラクターでした。今回はそんなナーサリーライムの魅力について紹介します。ちなみに、FGOをプレイしていれば自然と分かるので大変今更ですが、この記事はエクストラの醍醐味である相手のマトリクス部分のネタバレを含みますので、一応注意してください。

こちらの記事もチェック!

ナーサリーの魅力1:声優が野中藍さん


まず初めに紹介するナーサリーの魅力はその声優について。ありすと共にナーサリーライムを演じたのは野中藍さん。2000年頃から活動している声優さんで、代表作は『魔法先生ネギま!』近衛木乃香役『CLANNAD-クラナド-』伊吹風子役『魔法少女まどか☆マギカ』佐倉杏子役など。
とても可愛らしい声をしており、少女キャラや天然キャラの演技に定評があります。可愛い声でお互いを呼び合うありすとアリスは本当に最高でした。ちなみに、Fateシリーズでは他にメアリー・リード、メディアリリィ、フランケンシュタイン役などを務めています。

こちらの記事もチェック!

ナーサリーの魅力2:マスターによって姿を変える童謡のサーヴァント

実体のない固有結界そのもののようなサーヴァント


続いて紹介する彼女の魅力は、その設定などについて。ご存知の方も多いかと思いますが、彼女は設定がかなり特殊で魅力的です。普段は少女の見た目をしている彼女ですが、その正体は実体のない固有結界そのものと言うべき異質なサーヴァント。
そもそも「ナーサリーライム」という名前も英霊の名前ではなく、絵本の総称。童歌として子どもたちに愛されていく過程で1つの概念として成立、「子どもたちの英雄」としてサーヴァント化したのが彼女です。

不思議の国のアリスがモチーフの可愛らしいスキルの数々


子どもたちの夢を受け止める存在という性質から、マスターの心を映し、マスターが夢見た形の疑似サーヴァントとして召喚されます。エクストラの場合はマスターのありすが好きだった『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』の影響を受けてこの姿になりました。
能力も、規格外の強さを持つ「ジャバウォック」意味消失を起こす固有結界「名無しの森」など、この小説が元になっています。可愛い見た目に反してその能力はどれも規格外。ゲーム本編でも強敵として立ちふさがりました。なお、「名無しの森」での「フランシスコ…ザビ…!?」はあまりに有名。そりゃ誰だって、あの選択肢を出されたら迷わず押す。

「永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)」


そして、こちらはそのエクストラで使用した宝具。発動すると戦闘を1ターン目に戻すというウルトラチート能力。回数制限はなく、発動前に倒せないと彼女たちと永遠に戦い続けることになる、まさに夢のようなry――悪夢のような強力宝具です。
ちなみに、1ターン目に戻るというのはHPだけの話ではなく、ナーサリーライムたちの攻撃パターンもまるまる1周目と同じなため、メモしておくと2周目からは完封も可能になります。――『物語は永遠に続く。か細い指を一頁目に戻すように。あるいは二巻目を手に取るように。悲しい読み手が、現実を拒み続けるかぎり』

こちらの記事もチェック!

ナーサリーの魅力3:FGOではちびっ子たちと一緒に大活躍!

1部4章から登場するも…


そんな性質のため、実はFGOでは実装前に「ナーサリーはどういった形で召喚されるのか?」と一部のファンの間で話題になっていたりしました。もしかしたらぐだーずの姿になるという召喚で実装されるのでは……なんて憶測もなされていましたが、無事(?)エクストラシリーズの姿で実装。
ただし、初期の再臨段階ではその性質から「実体のない本のみ」という姿が描かれており、何も知らずに召喚して面食らったマスターも多いのではないでしょうか? ストーリーでは1部4章から登場したものの、ぶっちゃけこの章での活躍は不遇。「ありすはどこ?」と悲しそうにつぶやくその姿は本当に痛ましかったです。

1年目クリスマスイベントでジャックと共演!


しかし、そこはお祭りゲーのFGO。続く、1年目のクリスマスイベントでは似た性質を持つジャックと共演。2人で寂しい夜を過ごしていましたが……サンタの粋な計らいにより、そんな彼女たちにも笑顔が! ありがとうサンタさん!
更にこのクリスマス以降は、ジャックと共にカルデアのやんちゃキッズとしてその姿を描かれることが多くなりました。現在では、ジャリィちゃんにバヤリン、バラッキーから果てにメッフィーとまで交流がある様子が描かれ、今では名物キャラとして大活躍中です。……よかったよう……よかったよう。

ナーサリーの魅力4:再臨姿もかわいい!キャラデザがワダアルコさん


そして、ナーサリーはその再臨姿も魅力的。前項でも少し紹介しましたが、第一再臨はその性質上「宙に浮く本」という姿をしていたりと、ナーサリーの再臨姿は大変ユニークで魅力的です。そんなナーサリーのFGOでのイラストレーターはエクストラに続きワダアルコさん。
ちなみに、ワダアルコさんのメモによると、第3段階のスカート部分の柄はナーサリーの持っている本によって変化するイメージで描かれているのだとか。――誰だ、今エイプリルフールのリヨナーサリーについて考えた奴。

ナーサリーの魅力5:性能も強力!キャスタートップクラスのアタッカー

ナーサリーライムの基本ステータス


そして、なんとナーサリーはこんな見た目ですがFGOの性能が滅茶苦茶高く、星4キャスター最強の一角。無駄のないスキル構成から繰り出される宝具とクリティカルの暴力はとても強力です。ということで、この項目ではそんな彼女の性能について紹介します。
まずは基本ステータスから。80レベ時のステータスはHP11882、ATK8629。コマンドカードがArts3枚の典型的なキャスター構成です。ちなみに、Artsカードの性能をアップクラススキル「陣地作成」はAなので火力も結構あります。

無駄のない優秀なスキル構成


スキルは自身のクリティカル威力とスター集中をアップする「自己改造(A)」。最初の1ターンの防御力が高い、3ターンの防御力をアップと弱体耐性をアップを付与する「変化(A+)」。そして、自身のNPを増やし、HPを回復、弱体状態も解除する「一方その頃(A)」です。
どのスキルも大変優秀ですが、その中でも特に重宝するのが「一方その頃」。レベルマックス時のNPチャージは40%なのに加え、地味にHP回復と弱体解除が強力。玉藻とコンビを組めば、このスキルをこまめに使用することもでき、高難易度クエストでも弱体状態をまったく気にせずに殴れる滅茶苦茶優秀なスキルになっています。

宝具「誰かの為の物語(ナーサリー・ライム)」


ナーサリーの宝具は全体Arts攻撃の「誰かの為の物語(ナーサリー・ライム)」。敵全体に強力な攻撃を行った後、確率で敵全体の宝具チャージを減少し、敵全体の防御力を下げる効果を持っています。地味に見えますが、この確率でチャージを減らす効果が強力。
連発性能も高いので孔明などと合わせれば、何ターンも相手の宝具を延長し、撃たせずに完封することもできます。スターを集中するスキルがあるので瞬間火力も高く、宝具を連発して耐久するも良し。スターを集めてぶん殴るも良し。と、とても器用。
Artsパのアタッカーとして本当に優秀で、Artsパ常連の孔明、玉藻、マシュ、アンデルセンなどと組むことで火力耐久とも申し分ない、素晴らしい強さを発揮します。なので、持っている方はぜひ使ってみて下さい。

こちらの記事もチェック!

ナーサリーの魅力6:可愛くも儚い名言集

「こんにちは、素敵なあなた。夢見るように出会いましょう」


また童話のサーヴァントということもあってか、ナーサリーのセリフはどれも絵本のように独特でとても魅力的。ということで、この項目ではそんなセリフをいくつかピックアップして紹介したいと思います。最初に紹介するのはFGOでの召喚ボイス。ただ、初期の本状態でこのセリフが表示されるので、その絵面はちょっとしたホラーです……。

「ハッピーエンドは大好きよ! だって私には無い物だもの」


こちらは好きなもので聞けるボイス。ちなみに、嫌いなものでは「バッドエンドはこりごりね。もう見飽きてしまったわ」と言ってくれます。……最近ではよくイベントで笑顔を見せてくれるナーサリーですが、時折見せるこういった本来の不穏な顔もたまりません。全力で可愛がりたい。ぜひカルデアで幸せになってもらいたいですね。

「ありす、どこ? ここには……ありすがいない……」


1部4章でのセリフ。はぐれサーヴァントとして実体化もできないまま彷徨っていたナーサリー。実体がないため倒せない敵として主人公の前に立ちふさがりました。後にアンデルセンがそんな彼女の正体を「ナーサリーライム」だと看破し、その名を告げますが……。
実体化した彼女は「ナーサリーライム」という名前を否定。本来固有の人格を持たないはずの彼女は、かつての名前「アリス(わたし)」を自ら名乗り、ありすの姿を探しますが、当然そこに少女の姿はなく……。

ナーサリーライムがあの姿で笑うだけでもう尊い…


ということで、ここまでナーサリーの魅力をお伝えしてきましたがいかがでしたか? ナーサリーは本当に可愛く魅力的なサーヴァントです。特にありすとの関係が尊くって最高。ちなみに、ありすアリスファンにとって彼女の幕間は必見です。FGOで彼女がアリスの姿をしている件について自問する姿が描かれており、大変素晴らしいシナリオとなっています。
また、現在そんなナーサリーの活躍することが予想されるアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』2018年1月から放送中。かなり異質なシナリオとなっているこの作品でどんな活躍を見せるのか、今から楽しみで仕方がありません。ということでナーサリーについてでした。

こちらの記事もチェック!