『幽☆遊☆白書』蔵馬はジャンプ最強のイケメン!魅力や能力を徹底解説!

『幽遊白書』とは1990年~1994年に週刊少年ジャンプで連載された大人気作品です。1992年~1995年にかけてアニメ化もされ、20017年にはアニメ化25周年プロジェクトも開催されました。そんな『幽遊白書』から、今回はイケメンキャラ蔵馬をピックアップします。日本中の女性ファンを魅了する蔵馬の魅力や秘密を徹底解説していきます!

『幽☆遊☆白書』一番のイケメン・蔵馬とは?

プロフィール

出典:https://www.amazon.co.jp

『幽☆遊☆白書』とは1990年~1994年にかけて週刊少年ジャンプで連載された大人気作品です。1992年~1995年にかけてアニメ化もされ、まさに一大ブームとなっています。そんな『幽遊白書』に登場するのがこの蔵馬です。まるで女性に間違えられそうなほど美しすぎる容姿と頭が切れることから女性から大人気なキャラの一人です。今回はこの蔵馬をピックアップしていきます。
蔵馬は元々魔界で有名な盗賊の妖狐でした。しかし戦いの中で深い傷を負い、人間界でまだ胎児だった南野秀一に憑依しました。そんな蔵馬ですが生年月日や身長など詳しいプロフィールは公表されていません。しかしファンの中で推測され、誕生日は3月3日、身長は180cm前後とされているようです(誕生日に関しては2月10日という説もありますが、ネット上では3月3日に祝われていることが多いようです)。

蔵馬の声優はイケメンキャラの大御所・緒方恵美さん!

蔵馬役を演じたのは、あの大物声優「緒方恵美さん」です。1965年6月6日生まれのB型、東京都の出身です。なんと蔵馬役が緒方さんのデビュー作になりました。オーディションにて地声で自己紹介したところ、「蔵馬だ!」と言われて決定したそうです。デビュー作とは思えない演技、まさに圧巻でしたね。
緒方さんと言えば『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ役、『遊戯王』の武藤遊戯役、『魔法騎士レイアース』のエメロード姫役、『美少女戦士セーラームーンシリーズ』の天王寺はるか/セーラーウラヌス役、『カードキャプターさくら』の月城雪兎/ユエ役など多くの大人気キャラを演じています。
こちらの記事もチェック!

蔵馬の真の姿!妖狐・蔵馬の強さとは?

蔵馬は暗黒武術会の中で2度妖狐の姿を見せています。この妖狐の姿が蔵馬の本来の姿になります。妖狐になると性格も一変、あの冷静沈着だった南野秀一から極悪非道の性格へと変貌するのです。その姿はまさに妖怪そのもの、まるで別人のようです。それもそのはず、妖狐蔵馬はA級妖怪、最終的にはS級妖怪になるほどの強さです(ちなみに初登場時の蔵馬はD級と下位でした)。
暗黒武術会では決勝まで上がった戸愚呂がB級で、それでも人間界ではとんでもない力を発揮していましたから妖狐の蔵馬は比べ物にならないほど強いことがわかります。しかしその戦闘スタイルは相手をじわじわ拷問のように追い詰めていくというもの……。そんな蔵馬の、人間の時の性格とのギャップに心が熱くなったファンも多いのではないでしょうか!
1 / 3