【ヘルシング/HELLSING】強さランキングTOP16!最強の戦闘狂はコイツだ!

この記事では『ヘルシング』に登場するキャラクターを強さのランキング形式でご紹介します。ランキングを予想しながら最後までご覧ください。

平野耕太の傑作ヴァンパイアアクション『ヘルシング』とは?

虐殺!裏切り!魍魎跋扈の激戦が始まる!

出典:https://www.amazon.co.jp

平野耕太原作の『ヘルシング』とは、主に20世紀末のイギリスを舞台としたバトルアクション漫画です。アニメ化もしており、ブラム・ストーカーの有名な小説『吸血鬼ドラキュラ』に登場するヴァン・ヘルシング教授の「ヘルシング」がタイトルの由来となっています。

『ヘルシング』には、吸血鬼を狩るヘルシング機関、イギリスの秘密結社・大英帝国円卓会議、ヴァチカンの法王庁特務局第13課・イスカリオテ機関、ナチスの残党・ミレニアムなどといった組織が多く登場します。これらの組織の戦いが『ヘルシング』の面白いところであり、それぞれの登場人物の強さが表れるところでもあります。

さて、それでは、多角的に『ヘルシング』の登場人物をランク付けしていきましょう。こちらの記事もチェック!

第16位:少佐

諸君、私は戦争が好きだ

諸君、私は戦争が好きだ

諸君、私は戦争が大好きだ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

少佐は、眼鏡と白いスーツが特徴的なミレニアムのリーダーです。手段のために目的を選ばない戦争狂で、ミレニアムのリーダーらしくかなり頭が切れます。一方、射撃の腕は皆無に等しく、近距離でインテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングを撃っても一発しか当たりませんでした。ダメだドク、当たらん。

少佐の本名は『ヘルシング』では明かされませんが、原型となった『COYOTE』モンティナ・マックスであると考えられます。また、少佐の正体は機械で構成されたサイボーグであり、吸血鬼化を拒んでアーカードを倒すことを目的としています。少佐の戦争好きを顕著に表す有名な演説もありますので、気になった方は検索してみてください。

少佐の強さはその頭脳にあります。射撃が下手ながらもインテグラの左目を奪ったことから第16位にランクインしました。その苛烈な性格とカリスマ性から『HELLSING』でも一二を争う大人気(?)キャラクターです。こちらの記事もチェック!

第15位:インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング

見敵必殺(サーチアンドデストロイ)!!見敵必殺(サーチアンドデストロイ)だ!!従僕!!

インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングは、ヘルシング家の当主であり大英帝国国教騎士団長です。基本的に冷静沈着で葉巻がよく似合います。まだ少女の頃に叔父に殺されそうになりますが、地下に封印された吸血鬼・アーカードを解放して叔父を殺しました。普段はインテグラと呼ばれています。

剣と銃の腕が立ちますが、基本的にはアーカードに命令を下して戦わせます。少佐に敵と認められてミレニアムの旗艦・「デウス・エクス・マキナ」に乗り込んだ際には、少佐との一騎討ちに臨みます。左目を負傷しますが、少佐にとどめを刺して戦争を終結させます。

インテグラはあまり戦いませんが、あの少佐を倒したこととアーカードのバックにいることから第15位にランクインしました。こちらの記事もチェック!

第14位:由美江

日本刀を使いこなす戦闘シスター


由美江は、日本刀を使うイスカリオテの暗殺者です。シスター服を着ていますが、暗殺者であるという矛盾が特徴的な登場人物でもあります。短編『CROSS FIRE』では二重人格で、大人しい高木由美子と傲岸不遜な由美江という2つの人格が存在します。ただし、『ヘルシング』では由美江の人格しか登場していません。

島原抜刀流という剣術を使い、敵をバラバラに斬り裂きます。しかし、ストーリーの終盤では鋼線を使うウォルター・C・ドルネーズによってバラバラにされてしまいました

由美江はイスカリオテの中心人物でもあり、ウォルターに敗北したとはいえ剣術の実力はあったことから第14位にランクインしました。

第13位:ハインケル・ウーフー

結局頬は塞がらず……


ハインケル・ウーフーは、二挺拳銃を使うイスカリオテの暗殺者神父服を着ており、由美江とコンビを組んでいます。男性にも女性にも見えますが、オフィシャルガイドブックによるとふたなりと表記されています。『CROSS FIRE』では女性として描かれていますが、『ヘルシング』では男性らしく描かれています。

由美江同様、イスカリオテでは中心的な立ち位置となっており、由美江がウォルターに殺された際には激高して襲いかかろうとしますが、返り討ちにあい頬を撃ち抜かれて左腕と左脚を鋼線で切断されてしまいます。最後に登場した際には頬に包帯を巻いており、少し滑舌が悪くなっています

敗北したものの、ハインケルは生き残ったため、また亡きアンデルセンの後を継いだこともあり第13位にランクインしました。

第12位:ヤン・ヴァレンタイン

作者にも愛される最高のかませ犬!!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ヤン・ヴァレンタインは、ヴァレンタイン兄弟の弟です。吸血鬼であり、瞬発力の高さが特徴的です。グールの部隊と共にヘルシング機関を襲撃し、インテグラの部下たちを壊滅させました。

ヤンはヘルシング機関で多くの人間を部下を殺したことからインテグラの怒りを買います。ウォルターの鋼線によって右腕を切断され、円卓会議の部屋に入るやいなや弾丸の雨を全身に浴びます最後は発火装置によって燃えてしまいました

ヤンの強さ自体はそう大したことはありませんが、ヘルシング機関を襲撃した際の圧倒的な絶望感から第12位にランクインしました。ちなみに、ヤンは兄と共におまけのページにギャグキャラとしても登場しています。

第11位:ルーク・ヴァレンタイン

実力はあったものの最後は……

ルーク・ヴァレンタインは、ヴァレンタイン兄弟の兄です。ミレニアムでの階級は准尉で、吸血鬼が持つ全ての能力をそれ以上に持っていると豪語するほどの実力があります。アーカードからもA級と評価されました。

弟のヤンと共にヘルシング機関を襲撃し、アーカードに戦いを挑みました。序盤は実力を見せつけるものの、アーカードが拘束制御術式の一部を解放されるとすぐに追い込まれてしまいました黒犬獣に食べられた後は、終盤のウォルターとの戦いの際に再び現れました。最期はアーカードの囮として役に立って(??)死亡

ルークは一応アーカードの拘束制御術式を解放させたことから第11位にランクイン。最終的には噛ませ犬のまま死んでしまいましたが、終盤にも登場したことから割と恵まれた立ち位置でした。もっぱら作品外のギャグパートでは大活躍ですが……。

第10位:ピップ・ベルナドット

傭兵部隊【ワイルドギース】隊長!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ピップ・ベルナドットは、傭兵部隊「ワイルドギース」の隊長です。左目に眼帯をつけており、武器はAK-74やコルトSAAを使います。傭兵としても隊長としても優秀で、部下からはよく慕われています。

ミレニアムとの戦いでは多くの吸血鬼を倒して退けますが、ゾーリン・ブリッツによって壊滅状態に陥ります最期はセラス・ヴィクトリアを庇って死にますが、セラスに血を吸わせて彼女と同化します。セラスとミレニアム最強と言っても過言ではない大尉が戦った際には、銀の差し歯を拳ごと撃ってとどめを刺しました

ベルナドットは大尉にとどめを刺したこととヘルシング機関を守る影となったことから第10位にランクイン。劇中でも吸血鬼相手に奮戦し、かなり有能でしたね。セラスとの顛末など、『ヘルシング』の中でもベルナドットは印象深い登場人物でもあります。

第9位:シュレディンガー

アーカードに一杯食わせた唯一のキャラ??


シュレディンガーは、ミレニアムのヴェアヴォルフのコードネームを持つ一人です。名前の由来はシュレディンガーの猫どこにでもいてどこにもいないという特殊な能力を持っています。そのため、銃で頭を吹き飛ばされても死ぬことはありません。階級は准尉です。

シュレディンガーはアーカードを倒すための切り札として利用されます。アーカードが拘束制御術式零号を解放して死の河を回収、数百万の命を戻す際に紛れ込み、アーカードと同化しました。シュレディンガーを吸収したことで、数百万の命の中で自身を認識できなくなったため、アーカードは消滅の危機に。

作中でシュレディンガーは唯一無二の特殊な能力を持っており、アーカードを倒した(?)唯一の存在であることから第9位にランクインしました。こちらの記事もチェック!

第8位:ゾーリン・ブリッツ

もみじおろしになりました……

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ゾーリン・ブリッツは、幻術を使うヴェアヴォルフの一人右半身に文字のタトゥーを入れており、巨大な鎌を武器として使います。幻術は相手次第では無敵の効果を発揮しますが、目に頼らない吸血鬼には効果がありません。

ヘルシング機関を襲撃した際には、ベルナドットの部隊を壊滅させてセラスを瀕死の状態まで追い込みます。しかし、ベルナドットの血を吸って真の吸血鬼となったセラスによって、頭を壁で擦り潰されてしまいます。ちなみに、おまけのページでは死因は「もみじおろし」とされています。

ゾーリンは幻術の強さとヘルシング機関で一時無双したことから第8位にランクインしました。幻術の使い方や相手次第ではかなりの強敵となる可能性もあります。

第7位:トバルカイン・アルハンブラ

豚のような悲鳴をあげながら惨敗!

トバルカイン・アルハンブラは、ミレニアムの吸血鬼です。階級は中尉で、「伊達男」と呼ばれています。武器にはトランプを使い、「伊達男」の異名の通り紳士的な格好と態度が特徴的です。

アルハンブラは、ミレニアムの情報を得るためにブラジルを訪れたアーカードと戦いました。トランプによって傷付いたアーカードは出血が止まらず序盤は互角に戦えていましたが、結局は血を吸われてアーカードに取り込まれてしまいます。終盤ではアーカードの拘束制御術式零号の解放と共にアーカード側の戦力として戦いました

アルハンブラは少佐からアーカードを相手にある程度の戦火を上げた男と評価されたことから第7位にランクインしました。セラスの援護がなければもう少しアーカードと戦えていたかもしれません……。

第6位:リップヴァーン・ウィンクル

有象無象の区別無く、私の弾頭は許しはしないわ…


リップヴァーン・ウィンクルは、ヴェアヴォルフの一人で階級は中尉です。武器はマスケット銃を使い、「魔弾の射手」の称号を少佐から与えられています。魔弾は1人だけでなく複数人の敵を撃ち抜くこともできます。

リップヴァーンは英国海軍の空母を乗っ取り、陽動作戦を担いました。偵察機に乗ったアーカードに空母を襲撃され、部下を皆殺しにされた上でリップヴァーンはマスケット銃を心臓に突き刺されて食われてしまいました。しかし、アーカードをロンドンから引き離すというミレニアムの目的は達成されました。

リップヴァーンは一方的にやられたとはいえ、アーカードを足止めして任務を果たしたことから第6位にランクインしました。

第5位:ウォルター・C・ドルネーズ

おさらばです、お嬢様・・・

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ウォルターC(クム)・ドルネーズは、ヘルシング家の執事であり元ゴミ処理係です。武器には切れ味のいい鋼線を使い、ヴァレンタイン兄弟にヘルシング機関を襲撃された際にはグールの部隊を一掃しました。

インテグラに忠実だったウォルターですが、最後は裏切ってミレニアムに寝返ります無茶な吸血鬼化を施したため、青年期、少年期に肉体が戻り、最終的には身体が持たずに死を迎えます。終盤では、由美江をバラバラに切り裂き、ハインケルを戦闘不能にしました。アーカードを倒すことに固執していましたが、自らの手でとどめを刺すことはできませんでした。

ウォルターは鋼線で多くの敵を倒しアーカードを倒しかけたことから第5位にランクインしました。インテグラを裏切ったとはいえ、後悔はあったのではないかと感じられます。こちらの記事もチェック!

第4位:大尉

ミレニアムの最大戦力

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

大尉は、ミレニアム最強のヴェアヴォルフです。襟の立ったオーバーコートと規格帽が特徴的で、作中では大尉としか呼ばれていないため本名は不明となっています。武器にはモーゼルM712を使い、作中では一言も台詞がありません。

ウォルターに敵わないと言わしめ、人工ではない人狼です。その実力は本物で、終盤まで負けることなく苦戦すらすることはありませんでした。しかし、最後はセラスと戦い、銀の差し歯を撃ち込まれて死亡しました。死に際は笑いながら迎え、銀の差し歯もセラスに渡してこれで殺せと言わんばかりでした。本気で戦っていれば負けることはなかったかもしれません

大尉はミレニアムの最高戦力であり破格の戦闘能力を持つことから第4位にランクインしました。ウォルターとの強さ比較が難しいキャラクターですが、ここではウォルターより上にいたしました。

第3位:セラス・ヴィクトリア

成長する強さを持った最強婦警!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

セラス・ヴィクトリアは、アーカードをマスターに持つ吸血鬼でありヘルシングの機関員です。アーカードからは「婦警」と呼ばれています。武器にはハルコンネンという巨大な銃を使います。

ゾーリンとの戦いでは、幻術によって苦戦を強いられます。戦いの中で左腕と両目を失い、ベルナドットも殺されてしまいます。しかし、ベルナドットの血を吸って真の吸血鬼に覚醒し、ゾーリンと大尉を倒します

セラスは覚醒して大尉さえも倒したことから第3位にランクインしました。作中では活躍の場面が多く、アーカードとの出会いからどんどん強くなっています。普段は気が弱いですが、戦っている時は人格が変わったようになります。こちらの記事もチェック!

第2位:アレクサンド・アンデルセン

Amen……!!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アレクサンド・アンデルセンは、イスカリオテ機関の神父です。異名には「聖堂騎士(パラディン)」、「銃剣(バイヨネット)」、「天使の塵(エンジェルダスト)」、「殺し屋」、「首切り判事」、「再生者(リジェネレーター)」など多くあります。武器には銃剣を使います。

アーカードの唯一の宿敵であり、最後の戦いでは聖遺物「エレナの聖釘」を心臓に打ち込みました。人間であることをやめて怪物と化し、アーカードをギリギリまで追い込みます。しかし、心臓を潰されて死亡します。

アンデルセンはアーカードの宿敵であることから第2位にランクインしました。アンデルセンは何度もアーカードを追い詰めており、最後の戦いも満身創痍になりながら戦い抜きました。こちらの記事もチェック!

第1位:アーカード

化物を倒すのはいつだって人間だ。人間でなくては、いけないのだ!!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

アーカードは、インテグラに使役される吸血鬼でありヘルシング機関の切り札です。武器には「.454カスール カスタムオートマチック」と「ジャッカル」という二挺拳銃を使います。普段は拘束制御術式「クロムウェル」によって力を制御されています。また、これまで殺した数百万の人間の数だけ命があるため、アーカードを殺すことはほとんど不可能に等しいです。

ストーリーの終盤ではシュレディンガーと同化し、自身を認識できなくなって消滅してしまいます。しかし、30年後、シュレディンガー以外の命を殺し尽くし、再びインテグラの前に現れます。作中では何度も殺されましたが、実質的には一度も死ぬことがなかったためまさに最強でした。

アーカードは何度殺しても死ななかったことから第1位にランクインしました。こちらの記事もチェック!

最強はやはりアーカード!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

いかがでしたでしょうか。第1位に輝いたのはアーカードでした。『ヘルシング』にはたくさんの戦闘狂が登場しますが、その中でもアーカードはダントツと言っても過言ではないでしょう。『ヘルシング』の中だけでなくそのリアリティのある不死性は最強クラスです。

それぞれの組織ごとに最強をまとめますと、ヘルシング機関はアーカード、イスカリオテ機関はアンデルセン、ミレニアムは大尉となりました。時と場合によってはランキングが変動しますが、この3人は群を抜いて強い登場人物でした。

吸血鬼が登場する他の作品とアーカードを比較してみても面白いかもしれません。それでは、最後まで閲覧いただきましてありがとうございました。