【ドラえもん】ひみつ道具危険度ランキングTOP20!間違えれば世界が滅ぶ?

藤子・F・不二雄先生の国民的漫画作品『ドラえもん』。夢のあるひみつ道具を披露してくれるドラえもんは子供に大人気ですが、意外とホラー&ブラックユーモアあふれる危険なひみつ道具も持っているんです……。今回はドラえもんが出してくれる22世紀のひみつ道具の中から、「使い方を間違えるととても危険な物」をランキング形式でお届けします!

四次元ポケットから出される道具について


皆様は普段の生活の中で「あーぁドラえもんがいればなぁ」、って思ったことありませんか?筆者は何度も、「もしもドラえもんがいたらな妄想」をしたもんです。机の引き出しをそっと開けて「タイムマシン」になってないかなぁとか…。
例えば学生時代のテストの時、勉強しなくても頭が良くなる道具ないかなぁとか、通学の際でも「タケコプター」や「どこでもドア」があればなぁなど、楽できることは何でも考えたもんです。
ドラえもんの道具は「四次元ポケット」から取り出すことができます物を無限に収納できる「四次元ポケット」から出される未来の道具は、常識の力をことごとく超えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

筆者がドラえもんをリアルタイムで観ていたのは1980年代〜90年代です。大人になってからも、しばしばテレビで視聴することがありました。理髪店や病院などにもドラえもんの単行本って置いてあったりして、ものすごくポピュラーですよね。
ドラえもんが連載されたのは1969年で、藤子・F・不二雄先生が作った作品。日本人で知らない人は、殆どいないと言ってよい名作中の名作は、今となっては諸外国でも人気があります。
今回はドラえもんが出す道具で、使い方を間違えると、大変危険で世界が滅んでしまうような物にランキングをつけて観ました。普段は何気なく登場する道具からレアな道具まで、ちょっと捻った大人な視点で観ていきます!
こちらの記事もチェック!

第20位 もしもボックス


「もしもボックス」はドラえもんの道具の中でもかなり有名な道具ですよね。公衆電話のような箱の中に入って、受話器を取って「もしも〇〇だったら」と言うとパラレルワールドが形成されるといった代物。
因みにですがこの道具はドラえもんの妹、ドラミちゃんも持っていて彼女の「もしもボックス」は花柄です。もしもボックスの初登場は1975年小学四年生1月号、てんとう虫コミックスだと11巻のことでした。
今回選出した理由としては、この道具さえあれば、良いことも悪いこともどんな事だって出来てしまいます。今回20位と順位は低めですが、考え方によっては最強の道具かもしれません。

第19位 どこでもドア

出典:https://www.amazon.co.jp

ドラえもんのひみつ道具の中のレギュラー選手といっても良いでしょう「どこでもドア」。どこでもドアは、ドアに内蔵されている宇宙地図の範囲で10光年以内の距離ならどこへでも行く事ができます。
圧巻は目的地を音声で伝える以外にも思念を察知する機能が備わっている事です。例えばのび太がシズちゃんの家に行こうとして風呂場が出口になってしまうのは、のび太の思念を読み取るからなのです。
今回のお題にての、「どこでもドア」によって世界が滅んだりはしませんが、この道具がもし、凶悪犯の手に渡ったら怖いかもしれません。この道具が健全に有効に活用されるにであれば、人類にとって必要不可欠な超便利な道具ですね。

第18位 タイムマシン


「タイムマシン」も定番中の定番。映画にも出てきますし、アニメにも頻繁に登場しているドラえもんの最重要道具ですね。また、小学生である、のび太やシズちゃんでも操縦する事ができる簡易システムとなっているのも特徴です。
「タイムマシン」に関するエピソードは結構あり、てんとう虫コミックスのドラえもん5巻や、てんとう虫コミックスのドラえもんプラスでも多々登場しています。
ドラえもんはこの「タイムマシン」に乗って未来から過去へやって来ました、過去や未来へ自由に行き来できるので、冒険度や危険度はかなり高めです、過去を変えたり、未来で過去の馬券を見たりもできます、18位にランクイン!

第17位 スモールライト

出典:https://www.amazon.co.jp

「スモールライト」の初登場は、てんとう虫コミックスの第5巻「ゾウとおじさん」です物語は第二次大戦中に殺されてしまった、ゾウのハナ夫をタイムマシンに乗って助けに行くといったお話です。
この時に活躍したアイテムが「スモールライト」です。大きなゾウの体を小さくして、ハナ夫を故郷のインドに連れていったという感動的なお話。皆さんも、ご存知の通り、スモールライトは映画や他エピソードでも活躍しています。
今回17位にランクインした理由はこの道具自体から危険な匂いはしませんが、「もしもボックス」同様に、利用しようと思えば、どんな事にだって使えてしまうといった考えから選出致しました。筆者は重い荷物を小さくして仕事などを楽にしたいです…(笑)。

第16位 ねがい星


それではこの辺りからは定番道具というよりは少々マニアックな道具で危険度も増していきます。第16位にランクインしたのは、てんとう虫コミックスの第10巻に登場した「ねがい星」です。
一見、どんな願いでも叶えてくれそうなこの道具は、必ず勘違いをしてしまう、といったトンチンカンな道具です。例えば、お金が欲しいと願うと、鉄屑が降って来たり、香水を願うと洪水になったりします。
いかにも藤子・F・不二雄先生らしいダジャレが効いている道具ですが、怪我ない様過ごせます様にと願うと、おそらく頭の毛がなくなってしまうでしょうね…。危険すぎるのでランクインです。

第15位 正義のパトカー


「正義のパトカー」はてんとう虫コミックスのドラえもんプラス3巻に収録されています。悪事を見つけると自動的に駆けつけて警棒で叩きのめされます。この時点でも結構な怖さです。
この道具は一度ポケットから出すとしまう事ができないという事で、ドラえもんも出すのをためらっていましたが、物語ではジャイアンの傍若無人に街中の子供たちは困惑していました。
正義のパトカーのおかげでジャイアンは静まりましたが、のび太が10円を拾ったらネコババ扱い、帰宅時「ただいま」を言わないだけでも警棒で殴られるなど、ちょっと面倒くさい道具です。

第14位 人間貯金箱製造機

出典:https://www.amazon.co.jp

「人間貯金箱製造機」はてんとう虫コミックスの40巻に収録されています。この道具は読んで字のごとく人間を貯金箱に変えてしまう道具です。アニメで、のび太は母親を人間貯金箱にしていました。
この道具をランクインさせた理由につきましては、道具自体の性能の怖さというよりは、未来にはこの様なシステムがあるのですねといった、ドラえもん世界の文明に対する関心と少々のシュールさを感じました。
この道具の怖さは貯金箱になった本人も暗証番号を言うとお金を降ろすことができる点でしょうか。ユニークな発想と貯金箱になった時の人間のロボットっぽさにリアルさとシュールさを感じランクイン!

第13位 秘密書類焼き捨て銃


「秘密書類焼き捨て銃」は、てんとう虫コミックス第28巻に登場する道具で、スパイに盗まれた秘密書類を遠方から狙撃して処分することができますが、威力が半端なく、周囲の物や人物も吹き飛ばしてしまうという危険な道具です。
物語の「大ピンチ!スネ夫の答案」では成績の悪い、のび太と、特にジャイアンの手前100点をとったなんて言えない、スネ夫が答案用紙を山に隠して、自分は成績が悪かったという演技をします。
しかしスネ夫のママが答案用紙はどうしたの?的な事になって、本当は100点満点の答案用紙を探し始めました。スネ夫が悪い点を取ったと思っている、ドラえもん達は、
友達のスネ夫を助けようと秘密書類焼き捨て銃を使って、100点満点の答案用紙を爆発とともに消しました。爆破威力の高危険度にて13位にランクイン!

第12位 クエーヌパン


「クエーヌパン」はてんとう虫コミックスのドラえもんプラスの6巻に登場した道具で、食いしん坊で、人の食べている食べ物を横取りしているジャイアンを懲らしめる為、登場したパンです。
このパンを食べたら、他に物を食べようとしても口から跳ね返されてしまい、食事する事ができなくなってしまいます。本来はダイエットする人の為のクエーヌパンなのですが…。
今回はジャイアンの行いの悪さに、ドラえもんも怒って、この道具をのび太に教えたのでしょう。食い意地のはった、いじめっ子を懲らしめるには良い道具ですが、ダイエットする人にはもっと良い道具ですね。

第11位 ヒットラー錠

出典:https://www.amazon.co.jp

なにやら危険な香りがする名前です。「ヒットラー錠」は、DVD「TV版ドラえもん」第50巻「名画しらべ機」に登場した道具です。瓶のラベルにはヒットラーに似た顔のステッカーが貼ってあります。
錠剤の効能は、飲んで名を名乗ると、対面した相手は誰でも、「ハイル・〇〇」(〇〇は服用者)とナチス式敬礼し命令にしたがってしまうという、なんだか怖い錠剤。
藤子・F・不二雄先生の得意とするブラックユーモアな発想から生まれたと考えられます。それにしてもかなり、ギリギリなところまで突っ込んだ道具ですね。11位にランクイン!

第10位 バイバイン


さぁいよいよトップ10の発表です。まず10位は「バイバイン」です。てんとう虫コミックスの17巻に登場する、この道具は目薬の容器に入った薬品で増やしたい物に1滴垂らすと無限に増えるといった効能。
物語ではのび太の「栗饅頭を食べてもなくならないようにできないかなぁ」という願いを叶えるためにドラえもんが出した「バイバイン」ですが、5分で2個、10分で4個、15分で8個、といった感じで増えていきます。
のび太が5分以内に栗饅頭を食べきっていれば、増加は止まったのですが、最終的に1億個以上になってもまだ増える為、ロケットで宇宙空間に捨てたというお話。結局宇宙でどうなったのでしょうか?宇宙って本当に広いですね…。

第9位 無敵砲台


「無敵砲台」はてんとう虫コミックスの第38巻「スネ夫の無敵砲台」に登場する道具です。しかし厳密にいうと無敵砲台はドラえもん持参の道具ではなくて、スネ夫がいじめ防止に、良い道具を譲ってほしいと、のび太に頼んだ道具です。
のび太は未来デパートのカタログから、防御不可、回避不可、設置した人間が発射と言うだけで、無敵の砲弾を放つ事ができる「無敵砲台」を勝手に注文しました。
この無敵砲台を持ったスネ夫がジャイアンをも倒し、やりたい放題やるといった内容です。それにしても未来デパートではこのような危険な道具を「安さ爆発」とセールで売っていました。おそるべし未来デパート…。

第8位 人間切断機


「人間切断機」はてんとう虫コミックスの10巻に収録されている道具です。この人間切断機は、手術台のようなベッドにてカッターで上半身と下半身を真二つに切り裂きます。
上半身と下半身は別々に行動する事ができて、下半身には人工頭脳を取り付ける事ができます。物語では下半身のび太が街へ出てママに頼まれた電球を買いにいき、上半身のび太は家でテレビを楽しんでいました。
この物語が描かれたのは1976年なので今から40年以上も昔です、我々人類は今、体の部分を機械にするといった方向に向かいつつあります、藤子・F・不二雄先生はこの頃すでに未来を予言していたのかもしれません。

第7位 人間製造機


第7位にランクインしたには「人間製造機」で、てんとう虫コミックス8巻に収録されています。その名の通り身の回りにあるものを材料として、人間を製造してしまう信じられないような機械です。
物語で使われた材料は石鹸、釘、マッチ、鉛筆、石炭、硫黄、マグネシウム、水です。誰にでも集める事ができそうな簡単な材料で、人間が作れてしまうなんて夢のような機械です。
しかしこの機械は欠陥品で、人間製造機でできた人間は超特殊能力を持ち、地球を征服しようとするミュータントが出来てしまうのです。当然、未来デパートでも販売中となった、かなり危険な道具だったのです。

第6位 百苦タイマー


「百苦タイマー」はてんとう虫コミックス第18巻に収録されています。見た目はごく普通の目覚し時計に見えますが、一度スイッチを入れたら最後、100分間に100の苦しみを味わう苦行者向けの道具です。
のび太は自分が仲間外れにされた腹いせに勝手に持ち出して、何も知らずにスイッチを押してしまいます。いつもの事です…。(苦笑)苦が始まるわけですが。まずはドラえもんやセワシ君に殴られます。
さらにお決まりジャイアンに殴られる、鉄骨の下敷きになるなど散々な目に会い、シズちゃんに助けを求めると彼女に包丁を持って追い掛けられるなどの苦の連発は止まりません。最後はセワシ君に助けてもらう、のびたですが恐ろしい道具です。

第5位 ホームメイロ


「ホームメイロ」はてんとう虫コミックスの第18巻に登場する道具です。この道具はなんだか面白そうな道具のような気もしますが、のび太のように調子にのるとえらい目に遭うようです。
物語では、のび太の家で、回せば回すほど複雑になるホームメイロを、やはり、のび太が調子に乗って何回も回します。家の外観は変わりませんが、家の中の空間は広がり、家は脱出困難な大迷路と化します。
のび太の家に遊びに来ていたスネ夫とジャイアンを巻き込んで野比家での大迷路大会になり、大変なことになります。でもこの道具は逆に回せば元に戻るのでまだ安心です。物語が中々面白いという評判で5位にランクイン。

第4位 のぞみ実現機


「のぞみ実現機」もまた使い方によっては怖くなる道具の一つです。てんとう虫コミックス42巻に登場しました。この道具は自分の望みをいうと、どんなことでも自然な形で叶えてくれます。
この自然な形というのがミソ。ドラえもんでも少々調節が難しい道具で、ドラえもんは、どら焼きを望んだら、ドラミが巨大どら焼きを未来から持って来て、どら焼きの下敷きになってしまいました。
一方、のび太はテストを受けたくないと願うと、大地震が起きたり、ジャイアンをやっつけたいと願うと、ジャイアンは車にひかれたり、調節次第では大惨事を招いてしまう道具、第4位にランクイン!
因みに調節を小にして、テストを受けたくないと願った場合は、遅刻して廊下に立たされる程度でした。調節次第では便利な道具!?

第3位 ヤメラレン


いよいよベスト3の発表です。第3位は「ヤメラレン」です。てんとう虫コミックス24巻に収録された「ヤメラレン」は、人をあるものの中毒にしてしまう効き目の強い薬です。
この「ヤメラレン」は苦手なものを克服するための道具で、使い方は、この薬を飲んで、例えば苦手な勉強をするとします。すると勉強がやめられなくなって、薬が切れた頃には勉強の苦手を克服しているといった感じです。
物語ではジャイアンの歌を克服しようと、ドラえもんとのび太が使用しますが、今度はジャイアンの歌をやめられなくなった二人が、歌を聞かせて聞かせてと、しつこく迫りジャイアンが逃げるといったお話でした。ジャイアンが逃げ出すほどの効力は3位にランクインです。

第2位 ポータブル国会


さぁ2位にランクインしたのは「ポータブル国会」です。てんとう虫コミックス15巻に登場します。この道具は国会議事堂型のポストのような口に、自分が考えた法律を書いて入れると全国でその通りになります。
しかし、面白いことに特定の人があまりにも有利になる法律だと、無茶を感じ自動的に壊れる「解散システム」があるようです。一応安全装置がついているのです…。
物語ではのび太が、悪知恵を働かせて自分に都合の良いような法律を作っていきます。のび太の悪知恵さ加減に危険を感じ、第2位にランクインさせました。

第1位 四次元ポケットスペア

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位にランクインした危険度が最も高いと思われる道具はドラえもんの「四次元ポケットスペア」です。初登場はてんとう虫コミックスの25巻で以後しばしば登場します。
2つの四次元ポケットは内部で繋がっていて、どちらか一方から入れたものを、もう片方のポケットから取り出したりできます。ドラえもんが留守にするときにのび太に貸したりしています。
何故スペアポケットが1位なのかは、全ての道具はこの四次元ポケットから出される、といったシンプルな考えからです。全ては四次元ポケットと未来デパートじゃないでしょうか!四次元ポケットスペア欲しいな…。

素晴らしき未来とドラえもん


さぁここまでドラえもんの、ブラックユーモア感溢れる、使い方次第では危険を呼んでしまう道具に順位を、つけさせて頂きましたが如何でしたか?順位は筆者の独断ですのでご理解を…。
さてここまでは前哨戦です!(嘘だろ…。前哨戦長くないか?自分ツッコミ。)本題はこの春公開される「映画ドラえもん のび太の宝島」が公開されるということで皆さん楽しみですよね!?
女優の長澤まさみさんも声優に抜擢されているということもあって、絶対に劇場に足を運びたいです。今回の記事はドラえもんには色んな道具があるんですよといった豆知識をご紹介しました。
ぜひ映画館に「映画ドラえもん のび太の宝島」を観に行きましょう!それでは〜。