【SAO】キャラ強さランキングTOP15!ALO最強プレイヤーはキリト?ユウキ?【ソードアート・オンライン】

大人気アニメ『ソードアート・オンライン』、2017年には劇場版も公開された今作品は、MMORPGを題材にした作品になっています。そこで今回は作中のオンラインゲームの一つ「ALO」を基準に最強キャラランキングを作成してみたいと思います。独断と偏見が多分に入っていると思いますが、一つの意見としてお気軽にご覧ください。

大人気小説『ソードアート・オンライン』

出典:https://www.amazon.co.jp

ソードアート・オンライン』は、川原礫さんの大人気ライトノベルで、電撃文庫で2018年2月現在で20巻までが刊行されています。2012年7月にはテレビアニメが2クールで放送され、2014年7月には第二期がこちらも2クールで放送されました。

VRMMORPGという架空の完全な仮想空間におけるオンラインゲーム「ソードアート・オンライン」が舞台になっており、また本作に影響を受けるかのように現在では『ファイナルファンタジー』や『モンスターハンター:ワールド』などオンラインゲームが流行となり、また「プレイステーションVR」などVR技術も発展していきました。

『ALO』とは?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ALO」とは「アルヴヘイム・オンライン」の略称で、『ソードアート・オンライン』本編の第二部にあたる『フェアリィ・ダンス』編に登場する架空のオンラインゲームです。プレイヤーはサラマンダーやシルフといった妖精のアバターを操って剣や魔法だけでなく空を飛ぶ「飛行システム」が実装されたゲームです。

ソードアート・オンライン』では「SAO」をはじめ多くの実際にやってみたくなる様なゲームが登場しますが、今回は現在でも本編に登場し多くのキャラクターがプレイしている「ALO」に焦点を当て、最強キャラランキングを作成しました。

第15位:レコン/長田慎一

まずは第15位はレコンです。初登場時はリーファのパーティメンバーとして登場しました。種族はシルフで、武器は小刀を使用しています。得意魔法は姿を消したりする隠蔽魔法で、隠密、偵察行動で真価を発揮するタイプです。

今回のランキングにあたりやはり最弱となるのはレコンでした。とはいえレコンが特別弱いというわけではなく、周りが強すぎるという印象です。リーファとパーティを組んでいられたことからも、平均よりは高いそこそこの強さは持っていると予想できるのではないでしょうか。

リーファに恋する男の子

レコンはリアルでは長田慎一という桐ケ谷直葉の同級生です。もともとゲームオタクの彼が、「SAO事件」で兄を苦しめたバーチャルワールドに興味を持った直葉を「ALO」に誘い、レクチャーしたそうです。

また、「ALO」にキリトが登場した際はついていこうとするリーファの身を案じたり、リーファキリトの為にデスペナルティを顧みず、自爆魔法を発動するなどリーファの為に行動する純真な恋する男の子です。

第14位:リズベット/篠崎里香

第14位は、「SAO」からの生還者「SAOサバイバー」の一人、リズベットです。武器はメイスと盾を装備しており、種族はレプラコーン、「マスターメイサー」と呼ばれるほどの使い手です。魔法はほとんど使用せず、使うのは魔法負荷のかかったソードスキルのみのようです。

本職は鍛冶師で、ユグドラシルシティで鍛冶屋を営んでおり、キリト達の武器はすべてリズベットによって加工やメンテをしているなど、鍛冶師としてのスキルも高い。今回のランキングでも実力はありますが戦闘よりも鍛冶師が本職なのでこの順位になりました。

優秀な鍛冶師

リズベットの本名は篠崎里香で、アスナと同い年の17歳の高校生です。キリトら仲間内の中では成人組を除けば年長者にあたり、みんなのお姉さんのような立ち位置の存在になっています。

SAO」でも、「ALO」と同じく「リズベット武具店」を営んでおり、戦闘能力はありませんでしたが「攻略組」を支える職人として活躍しました。アスナとはそのころからの親友であり、またキリトの二本目の剣「ダークリパルサー」も彼女が作りました。

リズベットについてはこちらもオススメ!

鍛冶屋の少女・リズベットを知り尽くすための4つのポイント【SAO】

笑顔がかわいいリズベットは鍛冶屋としても超一流!メインヒロインはわたしよ!?頼れるお姉さんキャラは縁の下の力持ち!【メモデフ】…

第13位:シリカ/綾野珪子

第13位は、みんなのアイドル、シリカです。種族はケットシーで、武器はダガーを装備しています。魔法は支援系の魔法得意としており、またピナというドラゴン型のレアモンスター「フェザーリドラ」を仲間にしているビーストテイマーでもあります。

戦闘技術はそこまで高くなく決してトッププレイヤーではありませんが、リズベットと同じく「SAO」とは違い「ALO」では『キャリバー』編でキリト達のパーティで共に戦っているなどそれなりの実力を示していましたのでこの順位になりました。

ビーストテイマー

シリカの本名は、綾野珪子で、14歳の中学生です。リズベットと同じく「SAOサバイバー」であり、「SAO」でもピナを使い魔としているビーストテイマーでした。「SAO」時代でもビーストテイマーは非常に珍しく、中層域のプレイヤーたちにとってのアイドル的存在でした。

とはいえ実力は「攻略組」には及ばず、中層域に留まっていた為、「攻略組」であるアスナたちと接点はありませんでしたが、ある事件がきっかけでキリトと面識を持ち、それ以来キリトのことを兄のように慕っています。

シリカについてはこちらもオススメ!

竜使いなのに守ってあげたい!シリカ(綾野珪子)の名言&名シーン25選【SAO】

1.……す、すみません、迷惑かけちゃって出典:http://ruby.komica.org初めからすると、かなり進みましたね。…

第12位:エギル/アンドリュー・ギルバート・ミルズ

第12位は男の中の男、エギルです。種族はノームで、主要武器は斧を使っています。見た目通りのパワーファイターで、主要人物の中でも年長者らしくキリト達を優しく見守る落ち着いた性格の男性プレイヤーです。本業は商人で、リズベットと同じくユグドラシルシティに店を持っています。

エギルについてはあまり戦闘シーンが描かれていませんが、MMORPG歴は長く、「SAO」でも「攻略組」としてフロアボス戦に参加するなど高い実力を示しています。しかし、本業は商人であることもかんがみてこの順位に落ち着きました。

戦う商人

エギルの本名は、アンドリュー・ギルバート・ミルズというアフリカ系アメリカ人で、キリト達のたまり場になっている「ダイシー・カフェ」という喫茶店を営んでいます。「SAOサバイバー」の一人で、キリトにとっては第一層から知り合った数少ない気を許せる人物でした。

当初は積極的にフロアボス戦に参加していましたが途中から商人に転向し、人知れず売り上げを中層域のプレイヤーの育成のために使うなど後方支援に力を入れており、また「ビーター」として疎まれていたキリトの手助けをしていました。

第11位:カゲムネ

第11位はカゲムネです。種族はサラマンダーで、炎系の攻撃魔法を得意とするランス使いです。キリトが初めて「ALO」にログインした際に出会った人物で、リーファレコンを襲っていた部隊の隊長を務めていました。

カゲムネに関しては戦闘描写はほぼありませんが、「ALO」内で最大勢力と言われているサラマンダーの実行部隊の隊長の一人という肩書から、実力が低いわけはないということでこの順位になりました。

優秀な隊長

カゲムネサラマンダーの中でも実力者の一人で、ランス隊の隊長を務めるプレイヤーです。戦闘描写こそありませんが、ログインしたばかりのキリトの実力を見抜き、撤退したり、ユージーン将軍に対して一定の発言権があるなど実力を示す描写があります。

また、シルフ狩りの名人としても有名で、キリトに出会う前のリーファを追い詰めるほどの戦闘巧者であり、ケットシーシルフの調印式襲撃時には、キリトのハッタリに口裏を合わせるなど人情的な面もあります。

第10位:アリシャ・ルー

第10位はアリシャ・ルーです。種族はケットシーで、また領主でもあります。闇魔法を使うこと以外主要武器や得意魔法などの描写はありませんが、本作を題材にしたゲーム版では、闇魔法を得意としており、武器は杖やクロー系の武器を装備しています。

カゲムネと同じく戦闘描写こそありませんでしたが、一種族の領主ともなればそれなりの実力を備えているだろうということでこの順位になりました。また、キリトの助太刀に来た際に登場した「竜騎士(ドラグーン)隊」は、強力なブレスを用いており、ケットシー族の高い戦力を示しています。

ケットシーの領主

アリシャ・ルーは、ケットシー族の領主であり、同じくシルフ族の領主であるサクヤとは、友人関係の間柄です。また、人懐っこい性格で、出会ったばかりのキリトに対して他種族にもかかわらず、自分の陣営に勧誘するなど抜け目のない一面も持っています。

声優の斎藤千和さんによる独特の甘えたような口調のしゃべり方や、小柄で可愛らしい外見も相まって、登場回数は少ないながらも人気は高く、『フェアリィ・ダンス』編以降もサクヤと共にたびたび登場しており、劇場版にも登場しています。

第9位:クライン/壷井遼太郎

第9位はクラインです。種族はサラマンダーで、刀使いの男性プレイヤーです。サムライであることにこだわりがあり、魔法系のスキルは取っておらず、いわゆる「脳筋」と呼ばれるステータス構成になっています。

しかしその実力は高く、アスナを除けばキリトの相棒と呼べるほどのプレイヤーで、「ALO」でも「SAO」でもキリトの手助けになれる数少ない存在になっています。ランキング的にはもう少し高くてもいいかなとも思いましたが、「ALO」限定ということもあり、相対的にこの順位にしました。

熱血刀使い

クラインの本名は壷井遼太郎で、エギルと同じく成人組の社会人です。「SAOサバイバー」の一人で、キリトが「SAO」で最初に出会ったプレイヤー。序盤こそ慣れないフルダイブゲームに苦戦していたようですが、のちに「攻略組」に加わりました。

SAO」では、以前からの友人たちとギルド「風林火山」を設立し、ギルドリーダーを務めました。少数ギルドながら「攻略組」の一角として活躍し、デスゲームを生き抜きました。また、いつも一人で無茶をするキリトの身を案じているなど人情深い性格です。

第8位:サクヤ

第8位はサクヤです。種族はシルフで、領主を務めています。アリシャと同じく戦闘描写はなく、主要武器が背中に下げている大きな太刀であること以外は特に記載されていません。領主としては人望が厚く、統率力も高いようです。

前述の通り戦闘描写こそありませんが、ユージーン将軍ほどではありませんがデュエル大会では常に上位にランクインする実力者で、クラインと同じく刀スキルを扱うようです。ということでアリシャよりも少し上のこの順位に落ち着きました。

シルフの領主


サクヤシルフ族の領主で、アリシャとは友人関係の間柄。また、「ALO」では古参で、シルフ族でもあるリーファとも顔なじみです。基本的には領主として多忙であるためステータスはそこまで高くはありませんが、「ALO」内では屈指の実力者でもあります。

フェアリィ・ダンス』編の終盤では、アリシャと共にキリトの助太刀に現れ、シルフの軍勢を指揮しました。サクヤ自身の戦闘シーンがないのは残念ですが、その高い統率力から実力の高さが垣間見えていました。またアリシャと共に劇場版にも登場していました。

第7位:シノン/朝田詩乃

第7位はシノンです。種族はケットシーで、主要武器はロングボウを用いています。基本は槍以上魔法未満のせいぜい100メートル程度の射程である弓をケットシーの視力と持ち前のスナイピング技術で200メートルの射撃を成功させています。

相手の間合いに入る前に矢を打ち込めてしまう圧倒的な攻撃範囲を誇るシノンが相手だと、多くの実力のあるプレイヤーでも勝ち目がないのではないでしょうか。そんなわけで「ALO」においては新参であるシノンがこの順位になりました。

凄腕スナイパー

シノンの本名は朝田詩乃というリーファと同い年の女子高生です。『ファントム・バレット』編のヒロインであり、銃のフルダイブオンラインゲームである「ガンゲイル・オンライン」、通称「GGO」で凄腕のスナイパーとして有名なプレイヤーです。

GGO」で起きた「死銃事件」を通じてキリトと出会い、のちに「ALO」でもプレイするようになりました。「GGO」で培ったスナイピング技術もあり、数週間でトッププレイヤーに匹敵する実力を身に着けました。

シノンについてはこちらもオススメ!

【SAO】シノンの魅力が丸分かりになる8つの知識!可愛くて格好いいGGO最強スナイパーを徹底紹介!【ソードアート・オンライン】

『ソードアートオンライン』シノンとは?出典:https://www.amazon.co.jpSAOの伊藤智彦監督は「強い奴らを…

第6位:リーファ/桐ケ谷直葉

第6位はリーファです。種族はシルフであり、使用する武器は長刀、得意魔法は風系の攻撃魔法のほか回復魔法も使いこなす万能型の魔法剣士です。戦闘技術はシルフの種族内でも五本の指に入るほどの実力者で古参のプレイヤーでもあります。

登場キャラクターの中でもピカイチの剣技を誇るリーファが第6位に入りました。運動能力、反応速度に加え、「スピードホリック」と呼ばれるほど飛行速度も速く、スピード重視のスタイルの剣士です。また、前衛から後方支援までこなす万能さもポイントです。

剣の腕は兄以上?

リーファの本名は、桐ケ谷直葉キリトの妹にあたります。『フェアリィ・ダンス』編のヒロインでもあり、主要キャラクターの中では「ALO」最古参のプレイヤーになります。また、現実世界でも登場するキャラの中で、あまり現実と変わらない姿のアバターが多い中、大きく異なる外見のアバターを持っているキャラクターになっています。

小さいころからキリトと共に剣道を始め、キリトが辞めてしまってからも続けているため、現実世界での実力はキリト以上。「ALO」ではプレイヤースキルが大きく影響するため、リーファの実力の高さはこのことも要因になっています。

リーファについてはコチラもオススメ!

こんな妹が欲しかった!リーファ(桐ヶ谷直葉)の名言&名シーン22選【ソードアートオンラインSAO】

1.また、一緒にやろうよ!出典:http://karuu.c.blog.so-net.ne.jpキリトのベッドで寝てしまった直…

第5位:ユージーン

第5位はユージーンです。種族はサラマンダーで、サラマンダーの領主・モーティマーの弟であり「智の兄」に対し「武の弟」と呼ばれています。「伝説武器(レジェンダリィ・ウェポン)」である両手剣「魔剣グラム」を操る「ALO」最強と呼ばれるプレイヤーです。

サラマンダーユージーン将軍が第5位に輝きました。登場回数こそ少ないもののたびたび名前が登場したり、キリトと互角の戦いを繰り広げるなど実力の高さを示していました。劇場版にも登場するなど密かに人気のキャラクターです。

サラマンダーの指揮官

ユージーン将軍はサラマンダー部隊の指揮官で、個人の戦闘力も群を抜いています。「ALO」内でも名前が知れ渡っている存在で、キリトと同じく戦闘マニアな一面を持っています。

また「ALO」に新しく「ソードスキルシステム」が導入されてからは独自に開発した必殺技級の8連撃オリジナルソードスキル「ヴォルカニック・ブレイザー」を編み出すなど、名前や技だけではありますが最強らしいエピソードが描写されています。

第4位:アスナ/結城明日奈

第4位は本作のメインヒロイン、アスナです。「SAO」では最強ギルド「血盟騎士団」の副団長を務め、「攻略の鬼」と呼ばれていました。また、レイピアを使用した目にも留まらぬ高速の剣技から「閃光のアスナ」の二つ名は最強クラスの剣士として知れ渡っていました。

キリトとは第一層で知り合い、その後衝突を繰り返すことに。最初は固い態度を取っていましたが次第に心を通わせ合い、ついには「SAO」内でシステム上の結婚をする仲になりました。

バーサクヒーラー

ALO」での種族はウンディーネで、主要武器にはレイピアを使い「SAO」で培った剣技に加え、支援・回復魔法を得意とするヒーラーとして活躍しています。また「血盟騎士団」で培った指揮能力も高く、機をみて前線に飛び出していく姿から「バーサクヒーラー」と呼ばれています。

リーファと同じく前線から後方支援支援までこなす万能型のプレイヤーです。「脳筋」ばかりのキリト達のパーティ内ではヒーラーとして後方支援に徹することが多いのですが、その実力は圧倒的で、剣速と正確さはキリト以上であり納得の順位ではないでしょうか。

アスナについてはこちらをチェック!

【SAO】アスナは新時代の戦うヒロイン!キリトと歩み続ける正妻の軌跡!

SAOの女性プレイヤー「結城明日奈」とは?そろそろ寝ます〜(=゚ω゚)ノ! 明日も部活頑張ろ〜(^-^)/ 雨降らないかな〜(…

第3位:オベイロン/須郷伸之

第3位は妖精王オベイロンです。本名は須郷伸之、SAO事件で解散した運営会社「アーガス」に代わりSAOサーバーの維持管理を委託されたアスナの父の会社「レクト」のフルダイブ技術研究部門の主任研究員です。

アスナの父、彰三の信頼を利用し、目を覚まさないアスナと結婚し「レクト」を手に入れようとしており、また「ALO」内で「SAO」プレイヤーを使い人体実験を行うなど非道な人物で、『フェアリィ・ダンス』編のラスボス的な存在です。

ゲームマスター

オベイロンは「ALO」において管理者となるゲームマスターであり、システムを操作することのできる絶対的な権限を持っています。様々な武器、アイテム、魔法を自在に操ることができるなど圧倒的有利なキャラクターになっています。

今回のランキングにおいて大きく賛否が分かれるとすれば彼でしょう。確かにプレイヤースキルは皆無ですが、ステータス、システム面では大きなアドバンテージを持っており、並大抵のプレイヤーでは敵わないだろうということで、実際に勝ったキリトの下という順位にしました。

第2位:キリト/桐ケ谷和人

第2位は本作の主人公、キリトです。「ALO」での種族はスプリガンで、使用武器はリズベットが作った片手用直剣のほか、『キャリバー』編で入手した「伝説武器(レジェンダリィ・ウェポン)」の「聖剣エクスキャリバー」を使用しています。

SAO」時代と同じく二刀流で片手剣用ソードスキルを交互に放つ「スキルコネクト」や魔法を切り払う「スペルブラスト」など数々のシステム外スキルを編み出す発想力は随一で、命をかけた戦いでは無敵の強さを誇っています。

黒の剣士

キリトの本名は桐ケ谷和人で16歳の高校生です。「SAO」では「ビーター」と疎まれていることや、自身のトラウマからソロで攻略を続けており、人を遠ざけていました。それでもエギルクラインアスナたちが身を案じており、また自分も彼らを守るために必死に戦い続けました。

また、プレイヤー中最高の反応速度を誇るものに現れるというユニークスキル「二刀流」の保持者で、その実力の高さと真っ黒な外見から「黒の剣士」と呼ばれ畏怖されていました。しかしゲームクリアを成し遂げてからは「英雄」、「SAO最強の剣士」として知れ渡っていきます。

キリトについてはこちらもオススメ!

キリトの剣の名前は?武器について分析してみた【SAO】

ソードアート・オンラインエリュシデータ出典:http://prcm.jp名前:ダークリパルサー入手経路:第55層・西の山に生息…

第1位:ユウキ/紺野木綿季

第1位に輝いたのはユウキです。ギルド「スリーピング・ナイツ」のリーダーで、種族はインプ、武器は細身の片手用直剣を使用している女の子です。目にも留まらぬ速さの剣技で、自身のオリジナルソードスキルを賭けた辻デュエルでは多くの実力者を返り討ちにしました。

本名は紺野木綿季で、『マザーズ・ロザリオ』編のヒロインです。AIDSの闘病を続ける医療用VRマシン「メディキュボイド」の被験者であり、その過酷な人生からは想像もつかないほど前向きで明るい15歳の女の子です。

絶剣

ユウキはその圧倒的な強さから絶対無敵の剣「絶剣」と呼ばれており、キリトには「彼女がSAOにいたら二刀流スキルは彼女のものになっていた」と言わしめるほどの反応速度を誇っています。事実「二刀流」ではないとはいえキリトを2度も倒した唯一の人物になっています。

さらには最強の11連撃のオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を編み出しています。今回のランキングを作成するにあたり最初に決まったのは1位のユウキで、おそらく誰もが納得する順位ではないでしょうか。

ユウキのスキルついてはこちらをチェック!

【SAO】ユウキの持つ剣の名前は?ソードスキル・マザーズロザリオの秘密も紹介!

SAO作中で最強クラスの強さを誇るプレイヤー・ユウキとは?

出典:https://www.amazon.co.jp
ユ…

番外編:ラン/紺野藍子

ランキングには含めませんでしたがどうしても追記しておきたいのがユウキの姉、ランの存在です。本名は紺野藍子で、アスナユウキが出会う1年前に他界しています。しかし、「スリーピング・ナイツ」の初代リーダーであり、ユウキ曰く、「姉ちゃんはボクよりずっと強かった」らしく、もし物語に登場していれば最強は彼女だったのではないでしょうか。

また、今回は「スリーピング・ナイツ」の他メンバーもランキングに入れませんでした。おそらく実力的には全員上位に食い込むと思いますが、ギルド内での順位を決めるのが難しかった為、ユウキ以外は除外させていただきました。

ユウキについてはこちらもオススメ!

【SAO】ユウキの魅力が丸分かりになる6つの知識!強さの正体や剣の秘密を徹底紹介!【ソードアートオンライン】

『ソードアート・オンライン』ユウキとは?

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.…

ついに『アリシゼーション編』完結!第3期に期待!

出典:https://www.amazon.co.jp

いかがでしたでしょうか。『ソードアート・オンライン』は、バトルアクション物でありながら、ストーリーやテンポを重視した作品の為、各ゲーム内での詳細なステータスは明かされていません。そのためそれぞれの見方によってランキングも変動すると思いますので一意見としてとらえていただければ幸いです。

原作では、『マザーズ・ロザリオ』編の次の章、『アリシゼーション』編が遂に完結を迎え、2017年10月には『アリシゼーション』編のテレビアニメ化が発表されました。現在放送時期は未定ですが、原作の中でも最も長いシリーズとなるだけに期待は高まります。

劇場版も好評!

出典:https://www.amazon.co.jp

2017年2月に上映された映画『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』も好評で観客動員数初登場1位を獲得、興行収入は国内だけでも25億2000万にも上り、Blu-ray、DVDの売り上げもシリーズ過去最高記録となりました。

また、ゲームでも2018年2月には作中の「GGO」の世界を舞台にしたPS4、Xbox専用ソフト『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』が発売され、原作では『アリシゼーション』編の後の新章『ユナイタル・リング』が今後開始予定とまだまだ広がっていく『ソードアート・オンライン』の世界から目が離せません!

こちらの記事もオススメ!

【SAO3期ネタバレ】アリシゼーション編ストーリーまとめ(1)学院編までのあらすじを紹介!【ソードアート・オンライン】

【ネタバレ注意】ソードアート・オンライン「アリシゼーション編」のストーリーを紹介!
アニメSAO3期突入!小説版基準で「アリ…