【幽遊白書】元祖ツンデレ&厨二病!飛影の魅力に迫る!邪眼の力をなめるなよ…

冨樫義博による漫画作品『幽☆遊☆白書』に登場する人気キャラクターの一人・飛影。邪眼を持つ強力な妖怪でありながら、ツンデレで厨二病という側面もある飛影の魅力を徹底紹介!意外と知られていない秘密なども紹介しますので、最後までご覧ください!

『幽☆遊☆白書』の元祖ツンデレイケメン!飛影とは?

飛影(ひえい)は、『幽☆遊☆白書』に登場するメインキャラクター4人のうちの1人です。黒を基調としたシルエットと第三の眼・邪眼が特徴的で、モデルは『パタリロ!』のスカンキーです。

冷静な性格と強さが高い人気を呼び、『幽☆遊☆白書』のキャラクター人気投票では第1回および第2回では第2位と大差をつけて第1位に輝きました。作中では、どの戦闘シーンでもほとんど圧勝しており、苦戦している描写はほとんどありません。最強と言っても過言では登場人物でもあります。

それでは、そんな飛影の魅力についてご紹介していきます。

飛影の声優を担当しているのは檜山修之さん!

飛影の声優を担当しているのは檜山修之(ひやまのぶゆき)さんです。出身地は広島県、生年月日は1967年8月25日、血液型はA型、身長は166㎝、アーツビジョンという事務所に所属しています。

檜山修之さんは声優としては1988年から活動しており、『かいけつゾロリ』のミイラ男でデビューしました。ヒーロー役と悪役を演じることが多く、ヒーロー役の集大成は『勇者王ガオガイガー』の獅子王凱、悪役の集大成は『機動戦士ガンダムSEED』のムルタ・アズラエルとなっています。

他にも演じたことがあるキャラクターには、『頭文字D』の中里毅、『天元突破グレンラガン』のヴィラル、『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の平野コータ、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の材木座義輝などがあります。こちらの記事もチェック!

かつては高名な魔界の盗賊!蔵馬と共に霊界の秘宝を盗み、後に浦飯幽助の仲間に!

出典:https://www.amazon.co.jp

飛影はかつては魔界では名のある盗賊でした。剛鬼と蔵馬と共に霊界の秘宝を盗み、その秘宝を取り戻しに来た主人公・浦飯幽助と戦って敗北します。一度は逮捕されてしまいますが、保釈された後は幽助の仲間になりました。

蔵馬は妖狐の姿にもなれ、瀕死となった際に人間の胎児に憑依して南野秀一として生き延びました。蔵馬は『幽☆遊☆白書』の中でも飛影と並ぶ人気キャラクターで、人気投票でも上位に食い込んでいます。

初めは悪役らしい飛影でしたが、幽助の仲間となった後は気遣いや優しさの一面が垣間見られるようになりました。また、幽助たちと出会ってから剣術と黒炎の能力で戦うようになりました。こちらの記事もチェック!

邪王炎殺拳の使い手!奥義は邪王炎殺黒龍波!

飛影は邪王炎殺拳という拳法の使い手です。邪王炎殺拳は魔界の黒炎を操り、最大級の火力を放つ奥義は邪王炎殺黒龍波です。

邪王炎殺黒龍波はその名の通り黒い炎でできた龍を放つ技となっています。この技は奥義というだけあって、飛影の腕にも大きな負担をかけます。また、邪王炎殺黒龍波を使用した後、消耗した妖力と体力を回復するために「冬眠」と呼ばれるおよそ6時間の眠りに落ちます。ちなみに、『幽☆遊☆白書』原作ではこの技が使われたのは4回だけとなっています。

邪王炎殺拳には他にも技があります。拳に炎を纏って連打する邪王炎殺煉獄焦、炎と妖気を合わせて鋭利な剣にする邪王炎殺剣などがあります。どれも強力な技となっており、威力、迫力ともに群を抜いています。

飛影は本気になると変身する!?

飛影は本気になると変身します。全身が緑色になり、額の邪眼と共に身体中にいくつもの目玉が現れます。ちなみに、身体中の目玉は邪眼ではなく、邪眼をパワーアップさせる増幅装置のような役割を果たしています。この姿になると一気に妖怪らしさが上がりますね。

しかし、飛影が変身したのは幽助と初めて戦った時と劇場版の第2作目だけとなっています。飛影本人も気に入っていないようで、ファンからも黒歴史として扱われています。

第三の眼・邪眼の持ち主!

飛影の第三の眼・邪眼は生まれつきのものではありません。移植手術をして後天的に得られたものです。普段は鉢巻のようなもので覆い隠していますが、邪眼を開くと周囲の様子を探ったり戦闘能力を上げたりすることができます

飛影はA級妖怪にまで成長していましたが、あるものをなくしある人物を探すために邪眼の移植手術を受けることを決意しました。この移植手術は相当な激痛を伴うもので、手術後は妖力がかなり下がってD級になってしまいました。しかし、下がった妖力を補うために剣術を磨き、さらに強さのベースを上げます。

邪眼を移植する手術をしたのは何を探すため?

飛影が激痛を伴う邪眼の移植手術を受けたのは、あるものとある人物を探すためでした。それは、母の形見である氷泪石と妹のいる氷河の国を探すためです。初め、飛影は冷血で悪役らしい性格でしたが、心の浄化作用がある氷泪石を眺めているうちに心が浄化されます。

しかし、強敵と戦っているうちに油断し、氷泪石をなくしてしまいます。邪眼の移植手術の際に生じる激痛は、大切な氷泪石をなくしてしまった飛影自身に対する罰でもありました。妖力が最下級まで落ちるというリスクを背負いながらも氷泪石と妹を探すことを生きる目的とし、幽助の仲間となってより魅力のあるキャラクターとなりました。

雪菜と飛影の関係は?

出典:https://www.amazon.co.jp

雪菜は氷女の一族出身で、『幽☆遊☆白書』ではヒロインの一人として登場します。行方不明の兄を探しており、氷河の国を抜け出して人間界に行きました。しかし、氷女の流す涙は結晶化して氷泪石となるため、人間に捕まって監禁されてしまいます。

既にお気付きのもいるかと思いますが、飛影が探している妹というのは雪菜のことです。また、雪菜が探している行方不明の兄というのも飛影のことです。飛影は監禁された雪菜を幽助たちよりも早く助け出しましたが、自分が兄であると名乗りはしませんでした。

後に飛影は雪菜から母の形見である氷泪石を託されます。これによって飛影は生きる意味を失い一度は死を選びますが、自分の氷泪石を取り戻してS級妖怪にまで成長します。

氷女一族の出身!飛影の悲しい過去とは?

飛影は氷河の国の氷女一族の出身です。女とついている氷女一族ですが、飛影は男として生まれたため忌み子として扱われました。生まれた時、氷の妖気ではなく炎の妖気を纏っており、氷女が飛影を抱えることはできませんでした。そのため、生まれて間もなくして氷河の国から投げ落とされてしまいます

その後、飛影は盗賊に拾われて「飛影」と名付けられました。そして、自身も盗賊となってA級妖怪にまで成長します。しかし、力が強大となったため盗賊たちからも怖れられるようになり、飛影は孤独になります。

氷河の国の女たちを皆殺しにすることを生きる目的としていましたが、氷泪石を眺めているうちに故郷のことを想うようになります。それと同時に妹のことも気にようになったため、母の形見である氷泪石はある意味飛影の人生を正したものとも言えます。

邪眼の手術したのは魔界整体師・時雨!のちに飛影と対決!

時雨は、飛影に邪眼の移植手術を施した魔界整体師です。手術の前に妹の雪菜と再会しても兄と名乗らないことを条件付けており、D級妖怪になってしまった飛影に剣術を教えました。武器は魔牛の骨で作った円形の刀・燐火円礫刀を使います。

後に飛影と再会した際には戦うこととなり、頭を真っ二つにされてしまいます。飛影の師匠とも言える時雨ですが、77人いる躯の直属の戦士の中では最弱と言われています。ですが、実際にはかなりの実力を持っています。

暗黒武術会の決勝戦では武威と対決!



暗黒武術会の決勝戦では武威と戦いました。武威は鎧を纏っており、巨大な斧を使います。本気になった時は鎧を外して武装闘気(バトルオーラ)を解放します。真の姿は額に傷がある青い髪のキャラクターとなっています。

武威は飛影の邪王炎殺黒龍波を跳ね返しましたが、その邪王炎殺黒龍波を食らった飛影に逆転されて敗北しました。負けこそしたものの、暗黒武術会で唯一飛影に殺されなかった妖怪でもあります。

ちなみに、飛影に攻撃する際におかしな格好で飛んだことから、ファンの間では『北斗の拳』に登場するレイやサウザーにも似ていると言われています。

かっこよくときに可愛く?飛影の名言集!

「邪眼の力をなめるなよ」



「邪眼の力をなめるなよ」は、暗黒武術会で是流に対して言った台詞です。邪眼を馬鹿にした是流の技を火遊びと言い、自身の炎が本物であると言い放ちました。飛影の台詞の中でも一番有名なのではないでしょうか。

「残像だ」

「残像だ」は、暗黒武術会の準決勝で魔金太郎に対して言った台詞です。魔金太郎は魔唆狩拳で飛影を攻撃したと勘違いしており、実際には飛影は魔金太郎の上に立っていました。この台詞もなかなか有名なので、インターネット上でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

「ハッピーバースデー」

「ハッピーバースデー」は、痴皇を躯の誕生日にプレゼントした際に言った台詞です。一見すると普通の台詞に思えますが、かつて父の痴皇から性的虐待を受けていた躯を精神的な苦痛から解放した深い名言となっています。躯が新しい人生を歩むための「ハッピーバースデー」だったのかもしれません。こちらの記事もチェック!

飛影は高い人気を誇るS級妖怪!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

いかがでしたでしょうか。飛影の魅力について少しでも知ることができましたでしょうか。飛影は男女から人気を集めた強力な妖怪でした。『幽☆遊☆白書』のメインキャラクター4人のうちの1人でもあり、その中でも苦戦することがほとんどなかった強者でした。

時雨との戦いで相討ちとなり一度は死んでしまいますが、躯によって蘇生されてからは実力を伸ばして魔界統一トーナメントの際にはS級妖怪となりました。また、躯軍の中でもナンバー2の実力を持ちます

悲しい過去を持つ飛影ですが、幽助たちや躯とのやり取りで変わっていきます。『幽☆遊☆白書』をご覧になる際は飛影の成長劇に注目です。